2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2017.04.27

有磯海SAでは4周年記念イベントが行われていました

入善からの帰りに立ち寄った有磯海SA(上り)では4周年記念イベントが行われていて、富山のチンドンが来ていました。


Img_7286


特に海外の観光客の方に大人気で、カメラで写真を撮ったりビデオを回したりしている外国人の方が大勢いました。
滑川のキャラクター「キラリン」とNEXCO中日本のキャラクター「みちまるくん」も来ていて、一緒にパレード(?)をしたりもしていました。


Img_7319


「キラリン」はとても人気で子供たちに囲まれることもしばしばでしたが、「みちまるくん」の人気は今ひとつという感じでしたね。


Img_7277


Img_7293


Img_7306


チェーンソーアートの実演も行われていました。


Img_7315


一本の木からチェーンソーだけで彫刻を作るというやつです。


Img_7309


Img_7312


こんなのがチェーンソーだけで作れるというのはすごい技術ですね。




有磯海SA(上り)は「新幹線が見えるサービスエリア」ということを売りにしています。


Img_7327


フードエリアの窓側の席では、正面に北陸新幹線の高架を見る事が出来ます。


Img_7339


4周年記念の特別価格でカレー丼が通常700円の所を500円で販売していました。


Img_7330


そこで外の景色を眺めながらカレー丼を頂くことに。


Img_7331


カレーが丼に入っているという、そのまんまのネーミングです。


Img_7335


何か特徴があると言うことも無かったのですが、カレーは意外と辛めでした。これで500円なら悪くは無いです。700円出すんだったら他のものを食べようと思うかのしれませんけど。
なお、食べている間には新幹線は通って行きませんでした……




【おまけ】
行きにトイレ休憩に寄った有磯海SA(下り)にあったベンチです。


Img_7242


ベンチに座って記念撮影を、ということですが、『お子さま専用』となっています。


Img_7243


荷重制限のあるベンチだそうで、同時に座れるのは子供2人までだそうです。
キャラクターは魚津のゆるキャラ「ミラたん」です。
上りのSAに来ていたキャラクターは滑川の「キラリン」でしたが、こちらは魚津のキャラクターです。有磯海SAは上り線と下り線で位置が少し離れているため、上りは滑川市にあるのですが、下りは魚津市なんですね。
それが関係しているのかどうかは判りませんが、4周年記念イベントが行われていたのは上りだけで、下りは通常営業でした。

2017.04.25

一週間でこんなにも変わってしまうとは

一週間前にはソメイヨシノが見頃だった卯辰山の400年の森。僅か一週間の間でソメイヨシノは全て散り果てていました。


Imgp8170


その代わり、先週は全く咲いていなかった公園中央の八重桜がかなり見頃になってきています。
しだれ桜は緑の葉が目立ち始めてはいますが、それでもまだ多くの花を残していました。


Imgp8175


Imgp8193


一週間前とは違って訪れる人もほとんど無く、私が行ったときには先客は1組のみでした。その後も訪れる人も無く、とても静かでした。
向かいの花木園にある八重桜も見頃です。


Imgp8236


紅葉(?)と桜のコラボ。


Imgp8265


また、花木園ではつつじが咲き始めていました。


Imgp8251


Imgp8256


まだ下の方のごく一部だけですが、これからだんだん上の方の花も咲き始めてくるでしょう。
しかし、この日はとてもいい天気で、青空もとてもきれいでした。先週がこんな天気なら良かったんですけどね。




奥卯辰山健民公園にも寄ってみました。
こちらも八重桜が見頃です。


Imgp8006


Imgp8013


こちらでも紅葉と桜のコラボが。


Imgp8064


年中赤い葉なので紅葉では無いのでしょうけどね。


奥卯辰山健民公園へは、池に桜の花びらが浮いている様子が見られるのでは無いかと思って行ってきたのですが、既に池の上には花びらは全くと言っていいほどありませんでした。


Imgp8071


花が盛んに散っている頃には池一面を埋め尽くすほどの花びらが見られるのですが、どこへ行ってしまうんでしょうね。
池にはこんな看板が。


Imgp8067


白鳥は「コロちゃん」という名前だったんですね。
昨年来たときには見かけなかったと思うので、ここ1年くらいの間に付けられた看板では無いかと思います。
そのコロちゃん、この日は小屋の中に入ったままで、外には出てきてくれませんでした。


Imgp8075


看板によると、コロちゃんの出身は高岡古城公園だったんですね。古城公園では鴨はたくさん見かけますが、あまり白鳥を見た記憶は無いのですが……




入善を予定よりもかなり早く出たため時間があったので、ついでに見晴らし台へも寄ってみました。


Imgp8133


Imgp8127


こちらでも駐車場に咲いている八重桜が見頃でした。


Imgp8163


雲もなんとなく夏の雲に近いような感じがします。


Imgp8062


これからは新緑が美しい季節ですね。

2017.04.22

善妙寺の銅像と桜

400年の森からの帰りはバスでJR金沢駅まで移動しました。


Img_7197


バスの本数は少なく、平日も土日も一日三往復しかありません。


Img_7193


観光客向けにダイヤを組んでいるのではないということでしょうけどね。
望湖台といえば展望台がある所です。


Imgp6809


駐車場もありますがそれほど広くは無いので、桜や紅葉の時期などはすぐにいっぱいになってしまいます。
もっとバスの便が良ければバスで行こうという気にもなるのですが、この状態ではなかなかバスで行こうという気にはなりません。今回は上手い具合に予定とバス時刻が合ったので良かったですが。
駐車場の向かいには屋台も少し出ていました。


Imgp6824


バス停への坂道には桜の花びらが。


Imgp7412


先日も雨が降ったりしたので、落ちた花びらが流れていった跡でしょうね。




バスが来るまで10分少々時間があったので、バス停のすぐ横にある善妙寺に立ち寄ってきました。


Imgp7405


泉鏡花となにやら所縁があるお寺のようです。


Imgp7408


入口を入ってすぐ左手には、大きな日蓮聖人の銅像が建っていました。


Imgp7387


Imgp7384


高さは約8mあるそうです。
この銅像の手前両脇に見事な桜が咲いていたのが印象的でした。


Imgp7378


ソメイヨシノではなく、しだれ桜のような感じでしたけど、ちょうど見頃だったこともあってきれいでした。
御清水にも桜の花びらが。


Imgp7394


こちらは境内の方にあるソメイヨシノの花びらかもしれません。
ここにお寺があることは以前から知っていましたし、卯辰山に写真を撮りに来たときに寄ったこともあるはずですが、桜の時期に来たのは初めてだったかもしれません。

2017.04.21

夜桜

話は10日ほど前に遡りますが、会社の帰りに松任総合運動公園横の北国街道の桜を見に行ってきました。


Imgp6082


会社帰りなので当然ながら真っ暗なのですが、ライトアップが行われていてぼんぼりも設置されています。


Imgp6109


月がきれいだったので月と一緒に撮ってみました。


Imgp6121


この北国街道の桜並木の向かいに見事な桜が一本あって、こちらも毎年ライトアップが行われています。


Imgp6089


下の方から照らしていて、全体が照らされるほどの照明は無いので中心部だけが照らされているような感じではありますが、実際に見てみるとそれなりにきれいです。


Imgp6010


かなり大きな木ですので年数もかなり経っているのだと思われます。何かの磐余がある物なのかどうかはわかりませんが、毎年きれいな花を咲かせていて、車で通った人もわざわざ降りてきて写真に撮ったりしているほどです。
今年はもう桜も終わってしまいましたが、来年もまた見事な花を咲かせてくれることでしょう。

2017.04.19

ついに石川県にもICOCAが導入されました

15日の土曜からJR北陸本線の金沢-大聖寺間などでICOCAの運用が開始されました。
そこで早速ICOCAを購入してみました。


Img_7232


購入したのはJR松任駅です。
金沢駅ではJR西デザインのICOCAとIRいしかわ鉄道デザインのICOCAのどちらでも購入する事が出来ましたが、最寄り駅は松任駅ですし、今の所はまだJRの駅ですから、JR西デザインのICOCAを購入しました。
しかしケースに使っているのはIRいしかわ鉄道の「いしてつ愛あーるクラブ」の更新時にもらったものです。


Img_7131


改札エラー防止機能付きということで、ケースの中央に銀色のシールが貼ってあります。


Img_7138


原理はよく判りませんが、これが何か効果があるんでしょうね。


JR西のICOCAを購入すると、「ICOCAエリア拡大 記念プレゼント」として記念台紙がもらえました。


Img_7216


こうやって使うらしいです。


Img_7224


でも、わざわざこんな事をして家で飾っておく人はいないと思いますけど。
ちなみに裏側は後ろ姿でした。


Img_7228


裏側と言っても、飾る際には底になってしまうんですが……


松任駅のきっぷ自販機でもICOCAのチャージが可能です。


Img_7212


購入時はデポジットの500円を引いた1,500円分の利用が可能ですが、追加で2,000円チャージしてきました。
金沢駅のきっぷ自販機ではICOCAそのものの購入も可能なようです。




せっかく購入したので早速使ってみようと金沢駅まで電車移動します(これが今回金沢へ行こうと思った理由だったんですけどね)。
金沢駅の改札ではHABのテレビカメラが取材に来ていました。


Img_7151


ICOCA運用開始初日のニュース映像を撮りに来たんでしょうね。
ただ、ICOCAを使っている人の割合はまだまだ少ないようです。たまにしか鉄道を利用しない人はきっぷを買ってますし、定期を使っている人達はまだ紙の定期のままの人が多いようです。今使っている定期が切れたタイミングでICOCAの定期券にしようと思っている人が多いんじゃないでしょうかね。
松任駅でも私以外にICOCAを買いに来ている人は見かけませんでしたし、金沢駅でもICOCAを買っている人の姿というのは見かけませんでした。


今回はJR西デザインのICOCAを購入しましたが、IRいしかわ鉄道デザインのICOCAでは、提示すると観光施設の入館料等が割引になるサービスも行われているようです。
但し、2ヶ月間の期間限定なので、使う機会も無いうちに終わってしまいそうだったので、素直にJR西デザインのものを購入したのでした。




来年の夏には福井の牛ノ谷-新疋田間でもICOCAが使えるようになる予定です。
石川県に自動改札機が導入され、JR西が管轄する府県で自動改札機が導入されていないのは福井だけになったそうです。福井県民としては、北陸新幹線よりも自動改札とICOCAの導入の方が嬉しいのかもしれませんね。
また、ICOCAって基本的に近郊の普通電車での利用を想定したものなので、あまり長距離での利用は考えてないみたいですね。JR西日本の中でもエリアがいくつかに分かれていて、エリアを跨ぐ利用というのは出来ないとのこと。
石川は「石川・富山エリア」になっていますが、福井がこのエリアに含まれるようになるかはまだ未定とのこと。
福井の場合は近畿圏エリアとも隣接することになるので、単純に石川・富山エリアに含むのも難しいのかもしれませんが、エリア外になってしまうと福井へ行くのにICOCAは使えない事になります。
会社境界で使えないというのならまだしも、同じJR西エリアの中なのに使えないというのはなんだかな、と言う気がしますね。

2017.04.15

金沢-富山間の北鉄バスに乗ってみた

今回、富山までの移動に高速バスを使ってみました。
北鉄バス富山地方鉄道が共同で運行しており、平日は1日18往復、土日祝日は1日20往復が運行されています。
運賃は片道大人930円、小人470円と、電車で富山まで行くよりも大人で片道300円弱安いです。東京や大阪などの長距離バスに比べて元々の運賃が安いので、電車との差額はあまりありませんから、メリットは少ないかもしれません。
ただ、電車と違って、乗降できる場所が複数あるのは便利なこともあります。今回はJR金沢駅から富山市役所前までの区間を利用しましたが、もし電車で行ってJR富山駅から松川あたりまで電車やバスで移動したとしたら、金額の差はさらに大きくなります。
ただ、バスと言うことであまりダイヤに信用がおけないですし、予約不要の自由席で、混み具合がどの程度なのかも判りません。そこで一度使ってみて、良ければ今後もまた使おうと思って一度乗ってみることにしました。




行きはJR金沢駅を9:20発のバスに乗ります。やって来たのは地鉄のバスでした。


Img_7035


始発は兼六園下なので、金沢駅に着く時間が既に遅れてしまうのでは無いかと思いましたが、ほぼ定刻通りに金沢駅に到着。既に10人弱の乗客がありました。
金沢駅では利用客も多く、乗車率は50%ほどになったようです。4列シートの型落ち観光バスを使っての運行のようですが、一人で乗ってもぎりぎり相席にはならずに済みそうな程度の乗客数でした。
意外だったのは、金沢駅以降の金沢東インターまでの停留場(東署前、高柳)でも2名ずつの乗車があったことです。兼六園下や香林坊から乗車する人はそれなりにいるだろうと思っていましたが、金沢駅以降には乗客はいないだろうと思っていたのです。


高速バスということで、座席前のポケットにはこんなシートが。


Img_7042


実際にシートベルトを着用している人は周囲を見回した範囲ではいなかったようですが……
北陸道金沢東インターから富山インターまでの移動はしょっちゅう通っている道ですし、特に風光明媚な所でもありませんから、特に車窓からの眺めがいいという事はありませんが、車高の高いバスの座席からの眺めはいつもとはちょっと違った風景に見えました。


富山インターを降りると、R41を通ってJR富山駅へ向かいます。
さすがにR41はちょっと混んでいて、各停車場への到着時刻は定刻より遅れ気味になっていきます。こちらもで途中の停留場で降りる人がかなりいました。ほとんどの人が総曲輪以降で降りるだろうと思っていましたが、富山インターを降りて最初の停留場(西上袋、アピタの辺り)で7~8人の人が降りていったのにはちょっと驚きです。
今回は終点の一つ前となる富山市役所前で降りました。到着したのは定刻から7分遅れの10:25。もう一つ手前の総曲輪で降りて歩いても良かったかもしれません。実際、総曲輪では数人の人が降りていきましたが、市役所前で降りたのは私一人でした。
R41や総曲輪以降の混み具合を考えると、7分遅れ程度はしょうがないと言う気はします。しかし、JR富山駅到着はさらに遅れが拡大したのではないでしょうか。降りた所が目的地であればいいのですが、さらに別の電車やバスに乗り継ぎとなる場合は、それなりに余裕を持っておかないと厳しいですね。




帰りは富山市役所前を16:02発のバスに乗りました。
やって来たのは北鉄バスです。


Img_7092


地鉄のバスには付いていなかったコンセントが付いています。


Img_7094


但し、利用は携帯電話の充電に限るとのこと。


Img_7097


あまり大きな電力が必要となる機器の接続は考慮されていないのでしょう。この辺りは新幹線などに付いているコンセントに比べるとやや見劣りするかもしれません。
バス自体は地鉄のバスよりもやや新しめのものを使っているように思いました。
帰りのバスは富山駅で既に50%くらいの乗車率となっていて、ぎりぎりで相席にならない席を確保することが出来ました。確実に相席にならないようにするには、富山駅から乗車した方がよさそうです。
ただ、帰りも途中で乗る人がかなり多く、結局富山インターで高速に乗る前には相席となってしまいました。
金沢駅への到着は、定刻から5分遅れの17:10。やはり定刻通りに運行するのは難しいようですね。しかも夕方の時間帯、終点の兼六園下まではかなりの混雑が予想されますので、到着時刻はさらに遅れていったのでは無いかと思われます。




運賃は電車利用よりも安いですが、劇的に差がある訳でもありません。JR金沢駅からJR富山駅までの所要時間は、電車利用に比べるとやや長いほどです。
両駅間の利用であれば電車利用に比べてメリットはあまり感じられませんが、途中からの乗降の場合は料金的にも時間的にもメリットがある場合がありますね。
次回も利用するかどうかは判りませんが、思っていたよりも多くの人が利用していました。定期券や回数券の設定もあるようですので、一定の利用客はあるんでしょうね。回数券(10枚つづり、大人のみ)の場合、片道の運賃は770円となるので、頻繁に利用するのであれば回数券を使う事で電車よりもかなり安くなります。
概ね1時間に1本(多い時間帯は30分に1本)と便数もそこそこありますので、使い勝手は良さそうです。高速バスですが予約も不要ですので、いきなり思い立って使う事も可能ですから、往復では無くても片道だけでも使う事はあるかもしれません。
座席は521系電車と比べてもやや窮屈ですね。乗車時間は1時間程度なのでなんとかなりますけど、補助席に座らないといけないような事になったらちょっと辛いかもしれませんね。
乗車率は便によって差があるでしょうし、平日だとまた違ってくるでしょう。到着時間についても、平日や日曜ではまた変わってくると思います。平日だとほとんど定刻で運行されているのかもしれませんし、日曜などはさらに遅れが広がるかもしれません。


なお、運賃の支払いについて、30円は小銭で事前に準備しておいた方が無難です。
支払いは北鉄の路線バスと同じで降りるときに支払いますが、支払い方法も路線バスと同じで、料金箱に料金を入れる方式です。当然お釣りは出ませんので、ちょうどの金額を入れる必要があります。
両替機は千円札の両替機がありますが、行きの地鉄バスで使ってみたところ、500円玉が1枚と100円玉が5枚に両替されました。つまり、10円玉は出てこないのです。以前、北鉄の路線バスで千円札を両替したときには、500円玉1枚に100円玉4枚、50円玉1枚と10円玉5枚というパターンで両替されたことがあったような記憶がありますが(記憶違いかもしれませんけど)、少なくとも地鉄のバスはそのような両替はしてくれませんでした。帰りの北鉄バスでは両替をしなかったので判りませんが、やはり100円未満の分の小銭は事前に準備しておいた方が無難だと思います。
ちなみに降りるときは降車ボタンを押して次の停留所で降りることを知らせます。路線バスと全く同じですね。違いと言えば、乗るのも降りるのも前(というか、観光バスと同じで前にしかドアが無い)ということと、均一料金なので整理券がいらないということくらいです。
Icaが使えるといいんですが、地鉄との共同運行なので難しいでしょうね。ICOCA等の交通系カードの利用はもっと無理でしょうし。

2017.04.10

JR松任駅の自動改札が稼働していました

土曜は富山まで公共交通機関を使って移動しました。
JR松任駅前の桜も満開でした。


Imgp4376


Imgp4404


開花したのは4日か5日頃だったと思いますが、開花から3日から4日でほぼ満開になったことになります。
開花から満開までは1週間ほどと言われていますが、気温が高い日が続いたこともあってかなり早かったようです。


そんなJR松任駅では自動改札機の運用が始まっていました。


Img_7005


Img_7002


15日からはICOCAの運用が始まります。


Img_7007


自動改札機も同時に運用開始となるのだと思っていましたが、自動改札機は一足早く4月1日から運用を開始したようです。
但し、北陸本線でICOCAが運用開始されるまではカードは使えません。


Img_7003


きっぷ自体はもう何十年も前から自動改札にも対応できる裏が磁気タイプのものが使われていましたので、改札機さえ設置すればもっと早くから使えたのかもしれません。
ホームの電光掲示板も運用を開始していました。


Img_7011


通過する列車の表示の方が多いようではあまり必要性を感じないような気もしますが、それでもあればあったで便利かもしれません。


当然ながら、JR金沢駅でも自動改札機が使われていました。


Img_7030


Img_7101


さすがに松任駅に比べると「取って付けた」感がありませんね。
また、これまでは東口側が入場、西口側が出場の改札口として使われていましたが、自動改札になったことでこの区分けが無くなり、どちらからでも入場・出場が出来るようになったのは便利かもしれません。


乗り越し精算機も稼働しています。


Img_7023


松任駅の改札を出た所にも同じ物がありました。
これでICOCAのチャージも出来るはずです。


石川県ではまだ珍しい自動改札機ですので、お年寄りの中には使い方がよく判らず戸惑っていた人もおられるようです。
また、定期券はケースから出して改札機に入れる必要があります。定期券を使っている人のほとんどは何らかのケースに入れて持ち歩いていると思われます。ICOCAの運用が始まってICOCA定期券に移行するまでの間だけではありますが、ちょっと面倒になりますね。




夕方、松任駅に戻ってくると、桜の下には早くも散り始めた花びらが落ち始めています。


Img_7118


しかも、花びらというより、花がまるごと一輪落ちているのが多いのです。


Img_7117


桜吹雪も花びらでは無く花が舞うようになるんでしょうかね。

2017.04.08

足ツボ遊具

徳光海浜公園にはいろいろな遊具があり、「フィットネス遊具」などというエリアもあります。


Img_6942


その中に、「足ツボ踏みリラクゼーション」という遊具(?)がありました。


Img_6926


Img_6930


めちゃくちゃ痛そうです。


Img_6927


私には絶対無理ですね。

2017.04.05

徳光PAの飲食・お土産販売コーナーの運営が株式会社ハチバンに

先週の土曜に北陸道徳光PAに寄ろうと思ったら、入口にこんな張り紙が。


Img_6977


設備メンテナンスと商品入れ替えのため休業していました。
売店だけで無く、スナックコーナーも閉まっています。すぐ隣にはくさん街道市場(旧まっとう車遊館)もありますので、閉まっていても困ることは無いのですが、この張り紙を見ていてちょっと驚いたのが、運営会社が「株式会社ハチバン」だったということです。


Img_6977b


ハチバンは8番らーめん以外にも八兆屋という居酒屋や長八という寿司屋などのお店もやってますが、高速のPAまでやっているとは知らなかったです。




この記事を書くためにハチバンのホームページを見てみると、プレスリリースに「徳光パーキングエリア」内の店舗運営開始のご案内というのが出ていました。
以前からやっていたわけでは無く、4月から新たにハチバンが営業することになったようですね。スナックコーナーの営業もハチバンになるようなので、もしかすると徳光PAで8番らーめんが食べられるようになるかもしれません。
でも、徳光PAと言えばそばとうどんが美味しかったので、これが変わってしまう(メニューとしてそばやうどんが無くなってしまうということは無いと思われます)のはちょっと残念ですね。

2017.04.01

これは消防車じゃないよね?

砺波チューリップ公園ではポケモンGOをやっている人もちらほら。
そこで私も(いろいろ当てが外れて少し時間もあったので)ポケモンGOをやりながら公園内を一回りしてみました。
すると、「チャンドラー号」というジムがあり、消防車の写真が出ていました。チューリップ公園には何度も来ていますが、こんなものがあるとは知らなかったのでジムがある場所へ行ってみました。
しかし、そこに展示(?)されていたのは消防車では無く農機具でした。


Img_6857


Img_6862


エイプリルフールだからと言って、さすがにこれが消防車ってことは無いですよね?
看板もありましたが、消防車とも農機具とも関係の無い看板でした。


Img_6860


何故か洗濯機もあります。


Img_6864


ちゃんと屋根のある場所なので、以前は本当に消防車が展示されていたのだと思います。


Img_6874


消防車の展示は無くなってしまい、今では物置代わりに使われているのでしょう。
農機具は大花壇などで使われるんでしょうね。

より以前の記事一覧

にほんブログ村

Amazon.co.jp