2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2017.03.27

十割そばカフェ 乃庵

話は前後しますが、20日の春分の日の昼食は高岡でした。
以前から一度行ってみたいと思っていた「十割そばカフェ 乃庵」へ行ってきました。


Img_6756


Img_6758


十割そばを提供するような蕎麦屋さんは値段も高く、ちょっと敷居が高いようなお店も多いですが、こちらのお店は「カフェ」と店名にあるように、気軽に入りやすいお店になっていて、価格もかなりリーズナブルです。
美味しい蕎麦を安く提供するために、注文は食券制となっています。


Img_6775


また、水はセルフですし、そば湯は各テーブルやカウンターにポットに入れられた物が置かれています(席に着いた所で蕎麦茶が出てきますが、これは持ってきてくれます)。


Img_6767


また、そば湯で淹れたコーヒーや自家製の揚げそばもセルフで飲み放題・食べ放題です。


Img_6776


Img_6763


Img_6761


こちらも大変人気で、新しいのを持ってきてもすぐに無くなってしまうほどでした。


この日は蕎麦をがっつり食べたかったので、「三色そば ご飯セット」(1,130円)を頂いてきました。


Img_6783


更科、田舎、石臼引きの3種類の蕎麦が一度に味わえます。
ボリュームも十分で、高級な蕎麦屋の大盛りか、下手すると2倍くらいの量があります。


Img_6786


ご飯は日替わりの炊き込みご飯です。


Img_6788


この値段でこの量の十割蕎麦が食べられるお店というのはなかなか無いのでは無いかと思います。
蕎麦の香りはちょっと弱かったですが、とてもコシのある蕎麦は大変美味しかったです。機械打ちのため、蕎麦がとても長いというのも特徴かもしれません。


蕎麦を食べるのに、食券制やポットに入ったそば湯というのは面白く無いと思う人もいるようです。
しかしここのお店はとても人気で、この日も中待ちの人も出るくらいでした。店員さんの接客も十分ですし、一人でも気軽に入りやすいというのはとても嬉しいですね。
駐車場は店の前に8台ほどの他、50mほど先の交差点の所に広い駐車場があります。国道8号線沿いになので、富山方面から来た場合は交差点の所にある駐車場の方が入りやすいかもしれません。




この日の昼食、実は蕎麦は第二候補でした。
高岡には魚のすり身をお好み焼きのように焼いた「ととまる」という食べ物があると聞いて、それを食べたかったのです。
食べられるお店はいくつかあるようですが、多くが居酒屋のような所で、昼間はやっていないお店がほとんど。道の駅万葉の里高岡にもあるということだったのですが、以前に行ったときにそのようなメニューを見た記憶はありませんでした。そもそも道の駅のフードコートのメニューはかなり頻繁に入れ替わっているようですし。
そこで、まずは道の駅へ行ってみて、「ととまる」があればそれを食べ、無ければ蕎麦屋へ行こうと考えていました。
しかし予想通りというか、道の駅には「ととまる」のメニューは無く、蕎麦屋へ行くことにしたのですが、メニューの中に気になる物が。


Img_6751


「白えび塩天むす」というものがあるではありませんか。
元々「白えび天むす」というメニューはあったようです。


Img_6748


道の駅カモンパーク新湊のフードコートにも「白エビ天むす」というメニューがあって食べたことがありますが、それと似たようなものです。
しかし新メニューの「白えび塩天むす」には富山らしくとろろ昆布も使われていますし、なんだかとても美味しそうに見えたので、そばを食べる前にこちらを頂いてきました。


Img_6737


細長いおにぎりはそこそこのサイズがあります。
ちょっと小腹が空いた時や、蕎麦やうどんの麺類とセットにも良いのでは無いでしょうか。
お持ち帰りも可能とのことです。

2017.03.25

らうめん侍の黒香味

先週の土曜は映画を見に行った後に少し遅めの昼食で、イータウン金沢にある「らうめん侍」へ行ってきました。


Img_6705


金沢百番街にある「らうめん侍の侍」と同じ系列のお店で、確か以前は違う場所にお店があって、そこに一度だけ行ったことがあるような気がします(かなり前ですが)。
博多ラーメンのような細麺でスープは豚骨ですが、「金沢流和風とんこつ」だそうで、博多の豚骨とは違うようです。
今回は「黒香味」(750円)とトッピングのねぎ(150円)を頂いてきました。


Img_6707


麺はバリカタで、油の量は普通で注文。
スープが黒い訳では無く、香味油がかかっていて黒く見えるんですね。
ベースの和風とんこつスープは臭みも無く、意外とさっぱりしているようです。香味油を加えることで香ばしさが増します。
替え玉(100円)はハリガネで頂いてみました。


Img_6710


替え玉1個だとちょっと多いんですよね。半玉の替え玉があると嬉しいのですが。
店の前には「食し方七ヶ条」なる看板が。


Img_6719


ゴマはかけたほうが美味しいですね。




【おまけ】
お隣にあった「ささら屋」さんは、あられやかきもちを販売しているお店です。


Img_6713


その入口にこんな石像が。


Img_6715


日の出屋製菓のキャラクターなんでしょうか?

2017.03.23

トヨタ博物館のカレーなど

トヨタ博物館に着いたのはちょうど12時でした。
周辺にはこれと言って食べるような場所もないので、博物館のレストランで昼食を取ることに決めていました。


Img_6618


こういう場所なので決して安くはないのですが、それでもカレーが名物だと聞いていたので、ビーフカレー(辛口)を食べてきました。


Img_6644


まずはランチマットが運ばれてきます。


Img_6629


使うのがもったいないくらいです。
絵柄は時々変わっていくようで、企画展に合わせた絵柄になる事もあるようです。
そしてサラダが登場。


Img_6631


ドレッシングがとても美味しかったです。
サラダをつまんでいると、メインのカレーが出てきました。


Img_6648


Img_6652


カレーが別の器に入っています。こんなカレーを食べるのはかなり久しぶりでした。
ご飯の量はやはり少ないですね。
カレーにはビーフがたっぷり入っています。


Img_6657


辛口と言う割にはそれほど辛くはありませんでしたが、スパイスはかなり利いているようで、食べているとどんどん汗が出てきました。
量的に安いとは言えませんが、味はとても良かったです。それに、他のメニューに比べるとカレーはまだ安いほうでしたしね。


壁に掛かっているオブジェも車関連でした。


Img_6642


レストランは無料エリアにあるので、入場料を払わなくてもレストランだけを利用することも可能です。




昼食の量が少なめであることは想定していたので、途中の養老SAでちょっとなにか軽い物をと思っていたら、「津ギョーザ」(300円)というのが美味しそうだったので食べて見ました。


Img_6607


巨大な揚ギョーザです。普通のギョーザ5個分の大きさだとのことですが、そこまで大きい感じはしませんね。ただ、具の量は5個分くらいになるのかも。
味は付いているので、タレなどは付けずにこのままいただきます。
パリッと揚がった皮とジューシーな具がとても美味しかったです。




今度は帰りの養老SA。
やはり昼がちょっと少なめだったので、また何か軽く食べていこうかと思ってフードコートのメニューを見ていたら、オリエンタルカレーのお店がありました。


Img_6671


Img_6693


焼きスパというのがなんだかとても美味しそうです。
しかし、昼もカレーだったし、夕食までの時間を考えるとあまりガッツリと食べるのはどうかと思います。ところがメニューの写真をみていると、量はかなり少ないように見えました。


Img_6695


これくらいなら食べても大丈夫かと思い、カレーとスパのあい盛りを食べる事に。
ところが出てきたのは見事な大盛り状態でした。


Img_6681


あい盛りなので、カレーだけや焼きスパだけと比べるとそれぞれの量は少ないはずですが、ご飯の量だけでも昼に食べたカレーのご飯と同じくらいの量があるのでは無いかと思われるほど。ちょっとカレーが足りなくなるくらいでした。
メニューの写真は豪華なのに実際に出てきた物はちょっとショボいなんて事はよくありますが、全く逆でしたね。
とても美味しかったのですが、お腹もいっぱいになってしまい、結局家に帰ってから夕食は食べられませんでした(^^;)


スプーンとフォークの柄にはオリエンタルカレーのキャラクターが付いています。


Img_6684


名前はあるのかな?

2017.03.15

珍龍の塩焼きそばと餃子

中華料理店の多い小松ですが、今回は園町にある「珍龍」へ行ってきました。


Img_6551


Img_6568


創業は1971年で、地元では人気のお店です。
中華料理店なのでメニューは豊富ですし、ランチメニューやセットメニューも多いです。


Img_6552


しかし、小松で初訪問の中華屋さんでは、特別な理由が無い限り塩焼きそばと餃子を注文する事に決めています。人気メニューのベスト10も上位は餃子と塩焼きそばです。


Img_6553


今回も塩焼きそばと餃子を頂いてきました。


Img_6558


塩焼きそばは、他のお店に比べるとやや塩味が強く感じました。シャキシャキの野菜が美味しいです。
餃子は細長い形をしています。


Img_6561


餃子はこちらの人気メニューで、餃子を食べに来るお客さんも多いとのこと。餃子定食なんていうメニューもありましたからね。
皮は薄く、焼き面はパリッと、裏はもっちり。具はジューシーで、人気なのも肯ける美味しさでした。


少し早めの11時半頃に入店。先客は1組だけでしたが、その後次々とお客さんがやって来て、店を出る頃には駐車場がいっぱいになっていました。
他のメニューもとても美味しそうです。隣の人が食べていた麻婆豆腐定食も美味しそうだったし。それに、今度は餃子をお腹いっぱい食べて見たいですね。

2017.03.06

Sugakiyaの「スーちゃん祭」に参戦

3月4日、5日はスガキヤの「スーちゃん祭」が開催されていて、単品商品やセット商品が半額となっていました。


Img_6463


元々リーズナブルな価格のスガキヤですが、さらに半額とはなんという太っ腹。
この機会を逃すのはもったいないので、土曜の昼食はスガキヤとなりました。
今回はイオンもりの里店フードコートのスガキヤへ行ってきました。


Img_6466


さすがに半額となるとそこそこ混みそうだと思ったので、少し早めの11時10分過ぎにフードコートへ到着。それでもフードコートは1/3くらいの席が埋まっています。
スガキヤの前には数組の人が順番待ちをしていましたが、さほど待つことも無く注文完了。
いつもスガキヤではラーメン(320円)しか食べないのですが、今回は半額と言うことで大奮発して肉入ラーメン+サラダセットの大盤振る舞い。


Img_6471


それでも360円と、普段のラーメンから40円高いだけです。
待つこと数分で呼び出しが鳴りました。


Img_6477


値段が安い分、量も多いとは言えないスガキヤのラーメン。いつもは食事と言うより小腹が空いた時に食べる事が多いのですが、セット品では五目ごはんも付いてくるのでそこそこお腹も膨れます。
スガキヤと言えば当然「ラーメンフォーク」です。


Img_6485


食べ終わって食器を返却口へ持って行こうとすると、なんとスガキヤの前だけ20人近い行列が出来ていました。
やっぱり半額は魅力ですよね。


さて、セット品を食べたとは言え、まだ少し物足りない感じもします。
しかもここのフードコート、スガキヤの隣は「はなまるうどん」なんですね。


Img_6473


ということで、うどんも頂くことに。
しかし、せっかく半額スガキヤで安く上がったのに、あまり高いものを食べてしまっては元も子もありません。それに、そんなにたくさんは食べられませんから、ここは一番リーズナブルな「かけうどん」(130円)を頂きました。


Img_6488


天かすはちょっと多めに。
また、さすがにかけうどんだけではちょっと寂しいので、「ちくわ天(磯辺揚げ)」(110円)も一つ頂いてきました。


Img_6490


合わせて240円という安さ。スガキヤと合わせても600円でお腹いっぱいです。


どちらも大変美味しく頂きました。

2017.03.01

オッサン一人じゃちょっと入りにくいオシャレなコーヒー屋さん

1ヶ月ほど前だったか、テレビのローカル番組で金沢市内のコーヒー屋さんが紹介されていました。
倉庫として使われていた建物を改装したお店で、ヘアサロンやネイルサロン、アパレルのセレクトショップなどいくつかのお店が集まっており、その1Fにコーヒースタンドがあるという作りになっています。
若者(特に女性)向けのお店のようでしたし、そんな所に行くことは一生無いだろうと思って見ていたので、店の名前も場所も覚えてはいませんでした。


ところで私は今年の1月からまたよその会社で作業をしています。
自社とは反対方向の金沢へ通勤しているのですが、つい先日、そのテレビで紹介されていたお店が通勤コースの途中にあると言うことが判りました。
さすがに朝は寄れません(まだお店が開いていないので)が、昼休みに車で移動すれば行けない距離ではありません。コーヒーはテイクアウトが基本で、店内にイートインのスペースもあるので店内で飲むことも可能という感じなので、そのまま持ち帰って会社で飲めば、昼休みのうちに行ってくることは十分に可能です。
そこで、先日の昼休みにちょっと行ってみました。


Dsc_0277


外観は意図的に倉庫の雰囲気を残しています。
大きな看板が出ているのですが、毎日前を通っているのに、つい最近まで気がつきませんでした(^^;)。


Dsc_0273


1Fが「& STAND」コーヒースタンドになっています。


Dsc_0278


左側の細い通路を入って行くとネイルサロン、階段を上がって2階がヘアサロンになっています。
店内はシンプルな作りでイートインのスペースもかなり広く、コーヒー以外にスムージーやフラッペといったメニューもあります。
やはりオッサンが行くような店はなく若い女性がメインターゲットのお店なんだろうなと思います。
ヘアサロンやネイルサロンに来ているお客さんが待ち時間に注文したりすることも多いようで、この日もヘアサロンの店員さんがお客さんに頼まれてコーヒーか何かを注文していました。


ちょっと気後れしつつも店内に入り、CAFE LATTE HOT(450円)を注文。注文を受けてから豆を挽くので、出来上がるまで適当な席に座って待つこと数分で運ばれてきました。


Dsc_0280


テイクアウトが基本なので、紙制のカップにプラの蓋が付いたものに入っています。スタバとかと同じですね。作る方もカップを洗ったりしなくていいので楽なんでしょう。
ただ、これだと写真に撮っても中が見えませんね(^^;)。
コーヒーは美味しかったですし、種類も何種類かあるのでまた行ってみたいとは思うのですが、やっぱりオッサンが一人で入るにはちょっと勇気がいりますね。

2017.02.26

金沢の老舗洋食屋「グリル中村屋」はカツ丼が有名です

土曜はメガネを修理に出すために片町へ行くことになったので、昼食は柿木畠にある「グリル中村屋」へ行ってきました。


Img_6352


昭和13年創業という、金沢の老舗洋食屋さんです。
名前はよく聞いていたのですがこれまで行ったことはありませんでした。
メニューは豊富ですが、名物はカツ丼とコキール巻だそうです。


Img_6359


カツ丼は他のメニューと比べてもリーズナブルな価格設定ですから、尚更人気なんでしょうね。
今回はカレーもちょっと食べて見たかったので、「ミックス丼」を頂いてきました。


Img_6365


『丼』と言ってもどんぶりではなく皿で出てくる所が洋食屋さんらしいです。
一般的なカツ丼とはちょっと違って、とろみのある餡がかかっています。餡はかなり甘めの味付けで、やはり普通のカツ丼とはちょっと違った感じですね。
カレーは見た目は所謂金沢カレーに近いですが、色はさらに黒いです。味は金沢カレーとは全く違いますね。焦がしたような苦さも若干あり、ちょっと変わった味です。
カツは薄い肉を巻いたものです。


Img_6367


値段の安さもこのためかもしれません。しかしこれが柔らかくて美味しいのです。


観光客が行列を作るようなお店ではありませんが、地元の人に愛され続けているお店ですね。
次はもう一つの名物コキール巻を食べて見たいです。

2017.02.23

富山のセルフうどん「氷見うどん 美濃屋」

土曜の昼食は、高岡古城公園近くの「氷見うどん 美濃屋」へ行ってみました。


Img_6283


セルフのうどん屋さんで、氷見市で「美乃氷見うどん」を作っている「美濃屋」さんの直営店です。
「はなまるうどん」や「丸亀製麺」といった全国チェーンのセルフ讃岐うどん店はあちこちにありますが、「氷見うどん」のセルフ店というのは富山にしか無いでしょうね。
システムは一般的なセルフのうどん屋とほぼ同じで、入口を入った所にある麺の受け取り場所でうどんを受け取ります。定食やカレーうどんもここで注文します。
うどんを受け取り、お好みのトッピングを取り皿に取ってレジで会計した後、レジ横でうどんの丼に出汁を入れます(『出汁は多めに入れてください』と書かれていました)。


今回はうどん(大)を頂きました。


Img_6285


氷見うどんは讃岐うどんに比べると細い麺ですが、つるつるでもちもちとした食感が特徴です。
讃岐うどんほどではないもののコシもありますし、とても美味しいうどんです。
出汁は薄口の関西風で、私の好みです。富山では関東風の出汁を使っている店も多いですが、氷見辺りは石川とも隣接していますし、富山の中では関西風の味付けが多いですね(お店は高岡市内ですが)。
トッピングは天ぷらが多いのですが、アジフライがとても美味しそうだったので、アジフライと高岡コロッケを頂きました。


Img_6289


セルフのうどん屋さんはどこでもそうですが、トッピングは出来上がった物を店頭に並べているので、冷めてしまっている事が多いです。今回もコロッケはちょっと冷めてました。アジフライはちょうど出来上がって並べたばかりの物を頂くことが出来たので、熱々で美味しかったです。
セルフのうどん屋さんって、うどんそのものは安いのですが、ついついトッピングをたくさん選んでしまって値段が上がってしまうんですよね。今回の合計金額は600円でした。


大変美味しくいただきました。

2017.02.14

豚蔵 せせらぎ通り店

バレンタインデーですが、お題はラーメンですww


土曜の昼食は、「豚蔵 せせらぎ通り店」へ行ってきました。


Img_6199


横川の方の店には開店当初に二度ほど行ったことがあります。
メニューは横川のお店と同じだと思われます。


Img_6202


太麺と細麺がありますが、選べるのは並だけで、中・大は太麺のみとか、替え玉は細麺のみというところも同じです。
替え玉が細麺のみというのは麺のゆで時間が太麺だと少し長いからだと思われますが、中・大が太麺のみなのは何故なんでしょうね?


今回は「豚骨能登塩らーめん(並)」のねぎ増しを頂きました。


Img_6204


麺は太麺を選択。


Img_6206


量はそれほど多くはないので、太麺を選ぶのなら中を頼んだほうがいいかも。あるいはライスかミニチャーシュー丼を付けるとか。
「キャベ二郎」というのもありますが、塩より醤油のほうが合うかもしれません。
今回は、並の太麺と、替え玉で細麺を頂きました。


Img_6208


なんだか細麺のほうが量が多いように感じます。実際に重さは変わらないのだと思いますが、思ったよりも替え玉の量が多かったので、最後はちょっと苦しくなりました(^^;)。
後半は胡麻や魚粉を追加してちょっと味を変えてみます。


Img_6201


豚骨なのでさっぱりした味ではありませんが、塩と言うことで案外あっさりしています。濃い味付けが好きな人は醤油の方がいいかもしれません。
横川のお店も人気のようですが、こちらも午後1時を過ぎても次々とお客さんがやって来ていました。休日の昼ということと、場所柄もあってお客さんのほとんどは観光客など初来のお客さんだったようです。平日や夜などは常連のお客さんも多いのではないでしょうか。




昼食の前、兼六園を出た所で紺屋坂の通りにあるお店で「焼きいなり」(350円)を頂いてきました。


Imgp1826


焼きいなりは加賀市の「加賀守岡屋」で製造・販売されていますが、直営店が兼六園の近くにあります。
中のご飯は何種類かあるのですが、ここでテイクアウトできるのは「鶏ごぼう」だけのようです。


Img_6186


焼きたて熱々のジューシーな油揚げの中に炊き込みご飯が入っています。
油揚げは醤油味の出汁で味付けされていて、とても美味しかったです。


先日、「帰れまサンデー」で放送されていた時の写真がまだ残されていました。


Imgp1827


「マツコの知らない世界」でも紹介されたことがあるそうです。

2017.02.07

めん房なかもとの牛すじ煮込みカレーうどん

土曜の昼食は、金石にある「めん房なかもと」へ行ってきました。


Img_6106


金沢輸入車ショウを見に行った帰りに、どこか産業展示館の近くでいい店はないかと探していたら見つけました。
地元の人が集まる食堂という感じで、メニューはとても豊富です。


Img_6110


うどんのメニューだけでも20種類くらいありますし(そばも同じだけあります)、これ以外にラーメンや丼物、定食などもあります。ラーメンも丼物も10種類以上ありますので、メニューの総数は100種類くらいになるのではないでしょうか。
さらにはお得なセットメニューも。


Img_6117


しかし今回は一番人気という「牛すじ煮込みカレーうどん」を頂くことに決めていました。


Img_6108


牛すじ煮込みカレー丼というのもあってちょっと悩みましたが、ここは初志貫徹でうどんです。


Img_6121


大きな牛すじがたくさん入っています。


Img_6124


この牛すじがとても美味しいのです。じっくりと煮込まれた牛すじはとても柔らかく、噛まずとも溶けていきそうに思うほど。
カレーも出汁の利いた和風のカレーで、とても美味しかったです。
これだけでは物足りないと言う人なら、うどんを大盛り(100円増)にするか、残ったカレーにご飯を投入というのも良いのでは無いでしょうか。


駐車場は9台分ほどありますが、お昼時はすぐに一杯になってしまうそうです。


Img_6131


この日は土曜の午後1時過ぎでしたが、駐車場は2/3ほど埋まっていました。
値段も手頃ですし、人気なのも判りますね。



この後午後からは木場潟へ向かったのですが、その前に立ち寄った「道の駅こまつ木場潟」でちょっと休憩。
その時に「大麦コッペパン」というのを見つけたのでちょっと食べて見ました。


Img_6135


チョコレートクリームやりんごにオレンジなど何種類かあったのですが、今回はブルーベリーチーズを頂きました。


Img_6137


小松産の大麦を使ったコッペパンはとても柔らかく、とても美味しかったです。
道の駅こまつ木場潟では地元の食材を使った総菜やパンなどもいろいろ売られているので、立ち寄るとついつい何か買いたくなってしまうんですよね。

より以前の記事一覧

にほんブログ村

Amazon.co.jp