2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2017.06.23

熱暴走?

先日ゆりの里公園で写真を撮っていたときのこと。
焼きそばとソフトクリームを食べた後、レンズをDA 55-300mmF4.5-6.3ED PLMに交換して撮影していると、突然PENTAX KPの液晶画面に何も映らないという状態になってしまいました。
何度か電源を入れ直してみましたが、状況は変わりません。
液晶画面に何も映らなくなると撮影後のプレビュー画面が見られないのはもちろんのこと、設定も何も出来なくなります。PENTAX KPには肩液晶がないので、露出補正値もファインダーを覗かないと判らなくなりますし、カスタムイメージなどは何に設定されているのか全く判別が付かなくなります。
シャッターは切れていますが、撮影出来ているのかどうかも判りません。パソコンでも持っていればその場でSDカードの中身を見る事もできますが、さすがにパソコンまでは持ち歩いていません。
これはすぐに帰ってカメラのキタムラに直行か? と思いましたが、その前に一旦電池を抜いて、10秒ほど放置した後電池をセットして電源を入れてみると、液晶画面の表示が復活しました。


原因は全く判りません。かなり暑かったので熱暴走かとも思いましたが、シャッターは切れてますし、ファインダー内の表示も正常で、露出補正などの操作もできていました。
帰ってから写真を見てみると、撮影自体もできていたようです。


Imgp8662


数ヶ月使っていますが、このような現象は初めてです。
今後も何度も起きるようであればメーカー送りも検討しないといけなくなりますね。




この日はとにかく暑い日でしたので、ソフトクリームやかき氷が人気でした。


Imgp8370


Imgp8377


以前、薔薇の花びらが乗った「バラソフト」を食べたことがあるような気がします。「バラスペシャル」は食用バラの花が一輪まるごと乗っているようです。600円という値段にはちょっとびっくりですが。
今回は「ゆりソフト」(350円)というのを食べる事に。


Img_8286


砂糖漬け(?)の百合根が一切れ乗っています。砂糖漬けかどうかは判らないのですが、甘い味付けになっていました。
ソフトクリーム自体は普通のバニラアイスです。
日陰に入って写真を撮っていたにもかかわらず、撮っている間にも暑さでどんどん溶けていってしまいます。写真はそこそこに早速食べることにしました。




ゆりフェスタにはいくつもの屋台やケータリングカーが来ていました。
来る前に昼食は食べていたのでここでは何も食べる予定は無かったのですが、ネギ塩焼きそばというのが美味しそうだったので、一つ頂くことに。


Imgp8386


Imgp8392


値段も300円と、屋台の焼きそばとしては安いです。


Imgp8388


しかも2つ買えば500円という太っ腹な価格設定。さすがに2つは食べられないので一つにしましたが。
値段が安い代わりに、容器のサイズも一回り小さめでした。なるほど、だから安いのか、と思ったのですが、パックにびっしり山盛りの焼きそばを入れてくれます。


Imgp8398


結局、量的にも500円程度で売っているものと全く遜色ありませんでした。とてもリーズナブルな価格設定ですね。
味付けはやや濃い目に感じましたが、美味しかったです。思ったより量も多かったので、すっかりお腹いっぱいになってしまいました。




【おまけ】
かき氷を売っていた屋台でこんなものも売られていました。


Imgp8376a


「恐竜ラムネ」だそうです。


Imgp8376b


単にパッケージに恐竜のキャラクターが使われているだけで中は普通のラムネでしょうけど、化石の発掘をしている恐竜のキャラクターがちょっとカワイイです。

2017.06.22

「衣笠ど~ん」は何故「衣笠」?

土曜の昼食は北陸道女形谷PAへ。
丸岡には「竹田の油揚げ」で有名な谷口屋があり、女形谷PAでもこの油揚げを使ったメニューがあります。


Img_8261


前からここの「衣笠ど~ん」というのが気になっていたのですが、なかなな昼食時にここを通る機会が無かったので食べる事が出来ずにいました。


Img_8254


Img_8263


今回、ようやくチャンスが巡ってきて、女形谷PAで昼食を食べることに。
熱厚あげステーキ定食も気になりましたが、ここはやはり初志貫徹で、衣笠ど~んセット(ミニおろしそば付き)をいただいてきました。


Img_8266


ご飯の上には地元産のねぎと厚揚げ。その上からこちらも地元産の玉子がかかっています。


Img_8269


Img_8275


カツ丼のカツの代わりに厚揚げが乗っているという感じでしょうか。
この厚揚げがとても美味しいのです。
セットのミニおろしそばは福井の定番ですね。


Img_8272


おろしは辛みおろしではありませんでしたが、コシのあるそばはなかなか本格的なもの。さすがに手打ちではなさそうですが、高速のSAのものとは思えないほど。


谷口屋では売店の他にレストランもやっていますが、昼時には行列が出来るほどの人気なんだとか。
その竹田の油揚げが高速のPAで堪能出来る衣笠ど~んはオススメメニューだと思います。でも、ソースカツ丼セットや唐揚げセットを注文している人が多かったですけどね。
ただ、竹田の油揚げなのに何故「衣笠」なのかは謎です。

2017.06.12

イオンモール新小松はまだ混んでました

3月24日に開業したイオンモール新小松。開業から2ヶ月半以上経ちましたし、そろそろほとぼりも冷めているだろうと思い、土曜の昼食を食べに行ってみました。


Img_8203


渋滞などは全く無く、すんなりと駐車場にはたどり着きましたが、駐車場に空きがありません。
正面入口付近に4ブロックに分けた駐車場の空き状況を表示したパネル(ブロック単位で「空」、「満」を表示)があるのですが、2つ目のブロック以外は「空」表示となっているにもかかわらず、行ってみると全く空いていないのです。
駐車場の交通整理をしているのは一人だけ、それも正面入口の前です。しかも、特に空いている所へ誘導するような事もしていません。せめて各ブロックに一人ずつくらい配置して、空いている所に誘導してくれたらいいのにと思います。
結局、5分以上駐車場内を徘徊して、ようやく空きを見つけて車を駐めることができました。




今回の目的は昼食です。
飲食店があるのは、正面入口から右手の「小松食回廊」というエリアになります。


Img_8206


1階は店舗毎に飲食エリアを持つお店が並ぶレストラン区画です。
炙り牛たん万」や「鎌倉パスタ」などの多くのお店が並んでいます。
まだ11時半を少し回った所でしたが、人気のお店では店の前で待つ人の姿もちらほらと見られます。
特に「いきなり! ステーキ」の前にはとんでもない行列が出来ています。


Img_8221


後の方の人達はいったいどれだけ待つことになるんでしょうね。噂によると、常に2時間待ちの状態なんだとか。
テレビの取材も来ていて、行列をカメラで撮影していました。


Img_8225


そんな行列を尻目に、今回の目的は「チャンピオンカレーヌードル」でした。


Img_8207


『金沢カレー』として有名な「チャンピオンカレー」が新たに展開するカレーラーメン専門店で、このイオンモール新小松店が1号店となります。
カレーラーメン専門店なので、基本のメニューはカレーラーメンのみ。


Img_8209


「濃厚」、「淡麗」、「つけ麺」の3種類があります。
今回は「名物! Lカツカレーラーメン」の「濃厚」をいただいてきました。


Img_8215


カツにはソースがかかっているところもチャンカレらしいところです。
金沢カレーの特徴であるキャベツも入っていますが、量は少なめ。


Img_8216


キャベツはトッピング(100円)で追加することもできます。
また、キャベツの横にはカレー粉のようなものが。これが「濃厚」の秘密なんでしょうか。「淡麗」にもこれが付いてくるのかどうかは判りませんが、これを混ぜることでスープの濃厚さが増した気はしました。
麺は細めで弱い縮れのものでした。


Img_8220


カレーラーメンには太麺よりも細めの麺が合うような気がします。
紙エプロンを出してもらえるのは嬉しいですね。


Img_8212


スープの味は、所謂金沢カレーとはまた少し違う気がします。ラーメン用に新たに作ったものなのでしょうね。あまり辛くない所は金沢カレーらしい気もしますが、やはりカレーなのでスパイスはいろいろ入っているようで、大汗を掻きながら食べる事になりました。
一般的に「カレーラーメン」というと、ラーメンの上にカレーのルーが乗っている(カレーうどんのうどんの代わりにラーメンの麺が入っているような)タイプを想像しますが、こちらのカレーラーメンは、「醤油ラーメン」とか「味噌ラーメン」の「醤油」や「味噌」の部分が「カレー」になったものとでも言いますか、スープ自体が「カレースープ」なんですね。ここが一般的なカレーラーメンとの大きな違いだと思います。
また、今回はLカツカレーラーメンを食べましたが、カツがスープの中に入っている事になります。そのため、カツの衣のサクサク感というのはどうしてもスポイルされてしまいます。これが許せないという人もいるかもしれませんね。そういう人にはカツ無しのラーメンがお勧めです。トッピングにはチャーシューもありますので、そちらを選ぶのもいいかもしれません。ただ、衣が溶けてどろどろになってしまうと言うような事も無かったので、汁に浸けることを考慮した衣になっているのかもしれません。
キャベツが申し訳程度にしか入っていないのはちょっと残念です。トッピングで追加することもできますが、どうせなら最初からそれくらいの量が入っていて欲しいと思いました。
値段も安いとは言えません。今回のLカツカレーラーメンは1,050円ですが、これが税抜き価格だという罠。レジでの支払額は税込み1,134円となりました。これにキャベツを付けようものならさらに108円プラスになってしまいます。
スープも少し余り気味になるのでライスも欲しい所ですが、こちらも税抜き100円です(平日のランチタイムにはライスが無料になるそうです)。
カレーラーメン専門というところも厳しい部分があるのかもしれませんが、お客さんの入りは席数に対して2~3割といったところでした。待ちができているお店もなる中(いきなり! ステーキはちょっと別にしても)でこの客数は厳しいかもしれません。
味は悪くは無いと思うので、早々に閉店などと言うことにならないように祈りたいです。




2階はフードコート区画です。
8番らーめんエクスプレス」や「ローストビーフ 星」など、多くのお店が並んでいます。
ちゃんとした量のものを出すお店が多く、もう少し『ちょっと小腹が空いた』時に軽く食べられるようなお店があればいいんですけどね。今回は1階でカレーラーメンを食べてしまっているので、あまりまともな量のものは食べられません。そこで、「築地銀だこ」のたこ焼きを食べることに。築地銀だこは他のモールなどにあるフードコートでも食べたことがありますが、他に手軽に食べられるような店は無かったんですよね。


Dsc_0124


新作の「青じそおろしポン酢」というのが期間限定ということで、こちらをいただいてきました。


Img_8228


8個入りが標準ですが、今回は6個入りのものを頂いてきました。若干割高となる事もあり、6個入りを注文している人は他にはいませんでしたね(^^;)。
たこ焼きそのものは以前に食べたものと特に変わりませんが、外がカリッとして中がトロっとしているたこ焼きはとても美味しいです。
「青じそおろしポン酢」は、リケンのノンオイル青じそと大根おろしが付いてきます。


Img_8230


とてもさっぱりとしていて美味しかったです。


フードコート区画には多くの4人掛けテーブルが並んでいます。席数が多いので、探せば空いている所はありますが、おひとりさま向けの席が非常に少ないのが残念でした。一人で来ている人はほとんどいなかったので、店側の判断としては間違ってはいないのでしょうが、小矢部の三井アウトレットパークのフードコートではここよりももう少しおひとりさま向けの席が多かったのが嬉しかったですからね。




3階は映画館です。


Dsc_0125


石川県内には既に多くのシネコンがあり、人口に対してスクリーン数が多すぎなんじゃないかと思うほどですが、金沢とその近郊に集中しているため、小松や加賀の人達にとってはこの映画館の存在は非常に大きいのではないかと思います。
上映している映画は他のシネコンと違いはありませんが、ちょっと気になったのがこちら。


Dsc_0128


6月17日から2週間限定での公開のようです。石川県内では初上映なのではないでしょうか。他の劇場での公開という話は聞きませんので、イオンシネマ新小松のみの上映ではないかと思われます。
作品自体はもう円盤で見てしまっていますが、映画館で見るのもいいかも、とちょっと思ってしまいます。


3階にはペットショップもありました。
ほとんどが犬で、猫は3匹しかいなかったのがちょっと寂しかったです。
ペットショップの奥には「ふれあい動物園」というのもありました。
ひよこやモルモットなどとふれあえるのですが、入場料が4歳以上600円、中学生以上1,000円となかなかのお値段。しかも10歳未満の子供は保護者の同伴が必要です。それでも多くの子供たち(とその親御さん)で賑わっていました。
フクロウとふれあえるということも人気の理由かもしれません。
アピタタウン金沢ベイ」にもあるそうですね。




特に何か買う物があるわけでもないのですが、せっかく来たのだからどんなものかちょっと見てこようということで、ショッピングモールの方も一通り見て廻ってきました。
屋内型のモールというのは小矢部の「三井アウトレットパーク 北陸小矢部」にも既にありますから、特に珍しい訳でもありません。イオンモールでも「イオンモールかほく」がやはり屋内型です。
飲食店エリア以外でもカフェスペースが各階にあり、コーヒーなどが飲めるお店がありました。
カフェの横には「白山Terrace」という休憩エリアが有り、天気が良ければ白山が見えるようです。


Img_8235


この日は曇っていて全く見えませんでしたが。


Img_8234


本屋や100均(seria)などもありますが、本屋や100均へ行くのにわざわざここへ来る事は無いでしょう。
それでもお店の数がとても多いので、見ているだけでも楽しいですし、見るだけならお金もかかりませんから、来ている人がみんな何かを買っている訳では無いと思います。
今はまだ多くのお客さんが来て駐車場に駐めるのも大変な状態ですが、もうしばらくすると駐車場も駐め放題なくらいの客数になってくるでしょうね。三井アウトレットパーク 北陸小矢部も開店当初は周辺が大渋滞するほどでしたが、今では駐車場も十分に空いていて、行きやすくなってますからね。

2017.06.07

不動寺PAの百万石おろしそば

土曜の昼食は不動寺PAで「百万石おろしそば」を食べてきました。


Img_7980


抜歯後で、もう麻酔は切れていましたが、あまり堅いものは避けたいということもあって麺類を選びました。能登豚ステーキ丼というのも食べて見たかったりしましたが……


おろしそばと言えば福井が有名ですが、福井のおろしそばとはまたちょっと違っています。
特に汁の味がちょっと変わった味で、福井の蕎麦とも違いますし、石川に多い甘めの汁でもありません。「百万石」という名前が付いている割にはあまり石川っぽくはないかも。
620円という値段の割には量も多いです。福井のおろしそばは500円くらいからあったりしますが、量はこの半分以下だったりしますからね。


不動寺PAは時々立ち寄りますが、時間的に昼食を食べることはほとんどありません。
次は能登豚ステーキ丼を食べてみたいですね。

2017.06.02

博多長浜ラーメンたつや

土曜の昼食は富山でした。
「ふれあい石像の里」へ行く途中でどこかで食べようと調べていたら、こちらのお店が評判が良かったので行って見ることに。


Img_7929


「博多長浜ラーメンたつや」というお店です。
店長は10年間博多のお店で修行して、こちらに店を出したそうです。
ラーメンのメニューは一種類のみ。


Img_7934


いつもならトッピングのネギを付ける所ですが、今回はトッピングに「もやし」があったので、ラーメンともやしをいただいてきました。


Img_7942


麺は「バリカタ」です。注文してから出てくるまでがとても早いです。2、3分くらいで出てきたのではないでしょうか。
スープは博多風の豚骨で、すっきりとした美味しいスープでした。
もやしは茹でたもので、シャキシャキ感は残っていますが、ちょっと柔らかめ。ラーメンのトッピングにもやしというと、生のもやしを袋から出してそのまま乗せているような店もありますが、個人的にはこちらの茹でたもやしの方が良かったです。
テーブル、カウンターには紅ショウガや胡麻などが置いてあります。


Img_7936


辛子高菜はかなり辛みが強いです。スープの味が大きく変わるので、半分ほど食べてから少しだけ投入しましたが、それでもかなり辛かったです。ただ、味はとてもいいですね。ご飯に乗せて食べたいと思いました。
値段もそんなに高くは無いですし、半替玉があるのも個人的には嬉しいです。
なかなかこの辺りで昼食を摂る機会というのはありませんが、次もまた行ってみたいと思う美味しさでした。


駐車場は店前に8台分。


Img_7927


場所が決まっていますが、土曜ということもあったのか、皆さん結構自由に駐めてましたね(^^)


アルコールのメニューも豊富で、夜はお酒を飲みに来る人も多いようです。
また、お客さんは常連さんが多いようで、店主の方と世間話をしていました。
店主の方は3人の子持ちで、シングルファーザーなんだそうです。




【おまけ】
帰りに寄った呉羽PAでは「かけ中華」を食べてきました。
ここでかけ中華を食べるのは2度目です(冷やしかけ中華というのを入れたら3回目)。1回目に食べたときはかけ中華というのが何なのか判らずに食べたので、とてもあっさりした中華そばだという感想だったのですが、かけ中華というのが中華そばのだしではなく、うどんやそばの和風だしを使っていると言うことが後になってから判ったため、今回はその辺りも意識して食べて見ました。


Img_7962


天かすがたっぷりと入っているので、スープにはそこそこ油も浮いていますが、だしの味はかなりあっさりとしています。
とろろ昆布が入っているのも富山らしいですね。
「赤巻」と言われるかまぼこも富山が有名ですね。


Img_7966


これで値段がもう少し安ければ言うことは無いのですが。
かけそばやかけうどんが350円なのに対し、かけ中華は530円なんですね。


Img_7956


かけそばやかけうどんに比べると多少なりとも具材も入っているからと言うこともあるかもしれませんが、できれば450円とか、500円を切ってくれたらなと思うのでした。

2017.05.26

「鮮魚麺 海里」の土曜限定メニュー

先日、JR金沢駅近くにある「鮮魚麺 海里」へ行ってきました。


Img_7705


Img_7686


「麺屋大河」の兄弟店ということで、一度行ってみたいと思っていたのです。
のれんにも「大河より」と書かれていました。


Img_7707


店に着いたのは、計ったように開店時間ぴったりの11時半。店前には4名が並んでいました。開店時間早々もう行列か? と思ったら、まだお店は開いていませんでした。


Img_7689


待つこと数分で開店。
カウンター9席のかなりこぢんまりとした店内です。大河も間口は狭いですが、奥にかなり長いので席数はもっと多かったですし、調理場はさらに奥にありましたから、店舗の面積は大河の1/3くらいかもしれません。
注文した品を待っているうちに残りの席も埋まって満席になりました。
その後も行列が出来ることはないものの、中待ちが2名くらいで、一組が出ていくとまた次のお客さんがやって来るという状況が続いていました。


この日は土曜だったので、メニューは土曜限定のものとなっていました。


Img_7687


なお、通常のメニューはこちら。


Img_7693


注文したのは「鮮魚白湯らーめん」と「〆の鯛茶漬けごはん(わさび)」です。


Img_7697


トッピングの「ねぎ盛り」を頼もうと思っていたのですが、私の先に注文した人がねぎ盛りを頼んだら、店員さんに「鮮魚白湯らーめんには元々多めにねぎが乗ってますよ」と言われていたので注文しませんでしたが、これならやっぱり「ねぎ盛り」を追加したかったですね。
白湯スープと言うことでもう少しこってりしているのかと思っていましたが、とてもすっきりとしています。魚のアラから出汁を取っているということで、後味は荒汁に近いものがありました。
好き嫌いはあるかもしれませんね。それに近頃は家系とか二郎風の濃厚なものが人気のようですし、若い人には物足りないかもしれません。
鯛茶漬けごはんは、ラーメンのスープをかけて食べるようになっています。


Img_7700


麺を食べ終わった後、スープをかけます。


Img_7702


これが絶品でした。スープがとても合うんですね。ラーメンのスープよりもこちらの出汁のほうが合っているのではないかと思うほど。
ご飯の量は多くはありませんが、ラーメンだけだと物足りないし、かと言って替え玉では多すぎるという時にはちょうどいい量です。難点はラーメンと合わせると1,000円を超えてしまう事くらいです。それをいとわないのであれば絶対に食べた方がいいですね。


今度は通常メニューの「鮮魚醤油らーめん」も食べてみたいですが、土曜以外に行く機会はなかなか無いのが残念です。

2017.05.25

香むぎの「かしわ天ぶっかけ」

長らく続いたGWネタもようやく最後です。




GWも終盤の5月6日、金沢にある「香むぎ」といううどん屋さんへ行ってきました。


Img_7660


お店は「六七家」さんの隣です。


Img_7648


しかし「六七家」さんは4月で閉店してしまったんですね。


さて、うどんですが、ホームページを見ると讃岐風の麺を使ったうどんのようです。
メインはぶっかけうどんのようですが、オリジナルの「タイ風ポークカレーうどん」なんていうのもあったりします。
今回は何を食べようか悩みながらお店へ向かいましたが、ホームページの情報が古いのか、値段がかなり変わっています。


Img_7651


Img_7652


ホームページでは、タイ風ポークカレーうどんに『ミニごはん ご希望の方にサービス』と書いてありますが、実際には別料金(70円)となっていました。以前は無料サービスだったのでしょうが、現在は有料になったのでしょう。
せっかく立派なホームページを作っているのですから、メニューは早急に更新してもらいたいですね。


やはりメインはぶっかけということで、今回は「かしわ天ぶっかけ」(980円)を頂くことに。


Img_7655


麺は讃岐風でコシが強く、非常にもっちりとしています。
出汁はちょっと甘さがあります。あまり濃くはないのは私の好みでした。


温かいのと冷たいのの両方がありましたが、今回は冷たいほうを頂きました。
ただ、天ぷらは温かいので、うどんも温かいほうが良かったのかもしれません。
値段は安いとは言えませんが、味はいいです。
カウンター16席の店内はお昼時とあって混んでいました。私が入ったときも空きは2席のみで、私が入ったとにもまたお客さんがやって来て満席になりました。
その後も一組出ていくと次の一組が入ってくるという感じです。私が帰る頃には中待ちのお客さんも数名いました。
注文を受けてから麺を茹で上げるので、出てくるまでにはちょっと時間がかかります。この日は20分ほどかかりました。


次は温かいうどんやカレーうどんも食べてみたいです。
ホームページの「おしながき」だけは更新した方がいいと思いますけど。

2017.05.24

百万石菓子百工展で食べたもの

ちょっと間が開きましたが、GW中の食べ物ネタがもう少し続きます。




5月3日から2017年5月5日まで、金沢城公園では「百万石菓子百工展」が開催されていました。


Imgp4726


菓子の販売や、和菓子づくり体験などのイベントが行われていますが、串焼やたこ焼きなどの食べ物の屋台やケータリングカーも来ているので、浅の川鯉流しへ行った時には昼食代わりに見に行くのがいつものパターンになっています。
今年も「ひゃくまんさん」のふわふわが来ていました。


Imgp4731


今年もやはり誓約書の記入が必要なようです。


Imgp4739


この手の遊具はあちこちのイベントで見かけますが、誓約書を書いているような所は他では見かけないような気がします。やらないから判らないだけで、他でも書いているのかもしれませんが。
イリュージョンのイベントも行われていました。


Imgp4773


テレビやステージとは違って、四方をお客さんに囲まれているというのは、この手の演技には難しいところがあるようです。


さて、最初に食べたのは、「のとししソーセージ」と「能登ぶた串」です。


Imgp4757


Img_7581


ソーセージは700円、串焼きは600円でしたが、この日はどちらも500円でした。どちらを食べようか悩んでいたのですが、どちらも安くなっていたので両方を頂くことに。


Img_7583


「能登ぶた串」はとても柔らかく、「のとししソーセージ」は肉汁たっぷりで、どちらもとても美味しかったです。


次は「牛玉」です。


Imgp4759


前回も食べましたが、6個で400円と言う所に惹かれました。
たこ焼きのケータリングカーもあったのですが、8個で500円。予定外に鯉流し会場で焼きそばを食べてきたので、この時点でかなりお腹も膨れていて、8個はちょっと多いかなという事もあったのです。


Img_7589


タコの代わりに牛すじが入っています。
生地には牛乳も入っているようで、食べるとほんのりとミルクの香りが鼻に抜けます。
たこ焼きはどこででも食べられますが、こちらは他では食べられませんしね。
販売していたのは白山市の「牛乳村夢番地」で、家からそんなに遠くは無いのでジェラートを食べに行ったこともありますが、牛玉は無かったような気がします。


金沢城公園では新緑がとてもきれいでした。


Imgp4688


Imgp4873


Imgp4903


天気も快晴で、青空に映える新緑は5割増しくらいにきれいかもしれません。




本当は他にも食べて見たい物はありましたが、もうお腹いっぱいだったので次の目的地である「香林坊大和」へ向かいます。
その途中、「しいのき迎賓館」を通っていくと、ここでもイベントが行われていました。


Imgp4934


フリーマーケットのようなものかと思いましたが、単なるフリーマーケットとはちょっと違っていたようで、手作りの品を売っていたようです。
こちらにもケータリングカーがいくつも来ていましたが、もうお腹いっぱいで食べ物はいらないです(^^;)
しかし、「アイスクリームマルシェ」なるイベントも開催されていて、ちょっと覗いてみたら「金沢五彩アイスポップ」というのがとても美味しそうでした。


Img_7593


これならあまりお腹には貯まらないだろうと、フルーツミックス(421円)を頂いてきました。


Img_7598


いろんなフルーツを固めたアイスキャンディーです。合成甘味料は一切使用していないとのこと。そこそこいい値段ではありますが、自然なフルーツの甘さが美味しかったです。気温も上がってかなり暑かったので、アイスキャンディーはぴったりでしたね。


いしかわ四高記念公園の新緑もきれいでした。


Imgp5034


こいのぼりも泳いでいます。


Imgp5013


そしてようやく目的地の香林坊大和へ到着。
香林坊大和の8階イベントスペースでは、『全国うまいもの大会 東京グルメフェア』というイベントが開催されていました。
広島の「かきめし弁当」や宮城の「牛たん弁当」といったものも販売されていたのでこちらで昼食でも良かったのですが、菓子百工展で食べてきてしまったので、当初の目的であった「チョコレートプラリネソフトクリーム」(500円)というのを頂いてきました。


Img_7606


東京の「MAX BRENNER」というお店の人気スイーツなんだそうです。スイーツなんて縁がありませんので知りませんでしたが。
ソフトクリームはチョコの味が強く、甘みもかなりあります。乗っていたチョコの方が甘くないほど。それでも甘さの割には後を引かないというか、後味はそんなにしつこくはなかったです。
アイスキャンディーが予定外だったのでこの日2つ目のアイスになってしましましたが(^^;)




ごく近場にしか行かなかったGWですが、エンゲル係数(と摂取カロリー)はかなり高くなりましたね(^^;)

2017.05.23

今度こそお店で昼食を

白川郷での昼食は、いつもコロッケや飛騨牛まんなどを少しずつ食べ歩くというパターンでした。
前回はどこかのお店に入って食べようと考えていたのですが、行こうと思っていたお店が団体客優先で入れなかったり、他のお店も待ち人数が多すぎて待つ気になれなかったりで、結局はまた食べ歩きとなってしまいました。
なので今度こそはどこかの店に入るぞと思って少し早めの11時半頃に昼食を食べようと思ったのですが、この時間でももう多くの店で順番待ちとなっています。また今回も食べ歩きにしようかと思ったりもしましたが、待ちの人数が前回に比べると格段に少なかったので、今回は順番待ちの紙に名前を書いて待つことにしました。
入ったお店は「手打ちそば処 乃むら」という所です。


Imgp6154


Img_7860


私の前に待っているのは3組でしたので、10分弱で名前を呼ばれて入店。メニューの数はそれほど多くはありませんが、食べログでも評判のいいお店です。


Img_7861


注文したのは「盛りそばセット」。盛りそばの大盛りにしようかと思ったのですが、大盛りが400円増しという随分と高い値段だったので、筍ご飯の付いたセットの方にしました。


Img_7863


席に着いてからは5分少々で出てきました。案外早いです。
蕎麦は細くてコシがあります。


Img_7865


出汁は色は濃いですが、味は見た目ほどではありません。
筍ご飯はやや油が多めです。


Img_7867


もう少しさっぱりしていれば良かったのですが。味付けもやや濃い目です。


観光客向けのお店としては十分に美味しいのですが、食べログの評価はちょっと高すぎと言う気がしないでもありません。もちろん不味い訳ではないのですが、立地が違えばここまでの高評価になっているだろうかという気はします。それでも値段も手頃ですし、その辺も考慮すると妥当なのかもしれませんね。




さて、お店に入って昼食を食べたとは言え、やはり食べ歩きは楽しいものです。
やはり今回もいくつか食べてきました。
まずは「飛騨牛串」(500円)です。


Img_7877


前回もこちらで牛串をいただきました。牛串を食べられるお店は多いので、いつもならまだ食べたことの無い店で、と思う所ですが、前回とても美味しかったので、今回もこちらでいただくことに。


Img_7874


肉がとても軟らかく、塩コショウの味付けも強すぎず、とても美味しかったです。




次は「飛騨牛コロッケ」(250円)です。


Imgp6328


Img_7881


コロッケはどこで食べてもあまり変わらない気がします。




次は「醤油フランク」(300円)です。


Img_7904


「明宝ハム」のフランクフルトだそうです。


Img_7897


ケチャップとマスタードはお好みで自分で好きなだけかけられます。


Img_7900


一般的なフランクフルトに比べるととてもしっかりしていて、ソーセージと言うよりはハムに近い感じですね。美味しかったです。




暑かったのでデザートにはソフトクリームは外せないと思ったのですが、白川郷らしいものっていうのがなかなかありません。どこにでもあるような普通のソフトクリームや抹茶ソフトクリームというのはあちこちのお店にあるんですけど。どぶろくソフトクリームというのはあったのですが、何年か前に食べたことがあったのでちょっと保留。ジェラートなどもありましたが、値段がやや高め。
そんな中見つけたのは「濃厚ミルクソフトクリーム」(350円)です。


Imgp6500


Img_7912


ミルクの味が濃く、甘さもそこそこあります。
ソフトクリームよりもかき氷のほうが合ってるかもと言うような暑さでしたが、後味は意外とさっぱりしていて美味しかったです。




うーん、今回もちょっと食べ過ぎかな……




【おまけ】
暑かったので水分補給はしっかりと、ということで自販機で売っているペットボトルのお茶なども飲みましたが、お店の前で水で冷やしている飲み物を売っている所もあります。


Img_7885


そこで「白川郷の水」(150円)というのを一つ買ってみました。


Img_7893


湧水を採取したものだそうです。
近頃はこの手の水を販売している事が多いですね。
普通に美味しい水でした。

2017.05.20

チューリップフェアで食べたもの

チューリップフェアには、毎年多くの屋台がやってきます。
大花壇の近くにもフードエリアはありますが、今回は屋台をメインにいろいろ食べてきました。


まずは「ととまる」(500円)です。


Img_7553


魚のすり身をお好み焼きのように焼いたもので、高岡市のB級グルメなんですね。
先日から食べられる所を探していたのですがなかなか良い場所が無く、今回初めて食べる事が出来ました。


Img_7514


お好み焼きのようにふわっとした食感ではなく、なかなかしっかりとしています。ソースはお好み焼きソースを使っているようで、味はお好み焼きに近いです。


次は「氷見牛コロッケ」(250円)と「鮎そうめん」(750円)です。


Img_7516


コロッケは揚げたてでサクサクの衣と牛肉の甘みが美味しかったです。


Img_7522


そうめんは「大門素麺」を使っているとのこと。鮎の甘露煮が一匹入ってます。


Img_7526


暖かいそうめんですが、とてもコシがあって美味しいそうめんでした。


何かもう一品、と思って食べたのは「フランクフルト」(200円)です。


Imgp2423


Img_7534


普通のフランクフルトでした。


デザートは「チューリップソフト」(300円)です。


Img_7539


Img_7541


何年か前にも食べたことがあります。
さっぱりとした甘さで美味しかったです。




砺波市美術館前にも何台ものケータリングカーが来ていて、今年も「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」などが来ていました。
その中から、今回は「PIZZAロール」(500円)というのを食べて見ました。


Img_7560


Img_7556


3種類の中から、今回はチーズを頂きました。


Img_7563


味は想像通りではありますが、外の皮というか生地がもっちりとしていて美味しかったです。
焼きたては熱々で手で持つことは出来ないほど。なので写真も上手く撮れませんでした(^^;)




今回もいろいろ食べてお腹いっぱいです。
こういう所でいろいろ食べると、個々の値段は安いのですが、トータルではかなり高額な昼食になってしまうのが辛い所です。

より以前の記事一覧

にほんブログ村

Amazon.co.jp