2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2017.03.11

途中で止まった?

金沢市内にて。
時間帯(?)によって表示が変わるタイプの道路標識です。
しかし、なんだか中途半端な所で止まってしまっています。


Imgp5773


僅かに見えているのは駐禁の標識でしょうね。
両方が判るようにわざとこんな出し方にしていると言うことは無いですよね?

2017.02.25

『あります』じゃなくて……

『ありません』でした。


Img_6296


セルフのガソリンスタンドでしたが、灯油の販売は行っていないお店のようです。それでも燃料店ということで灯油を求めてやって来るお客さんが多かったのでしょうか。


『○○あります』とか『○○はじめました』という看板はよくありますが、『ありません』というのはちょっと珍しいような気がします。

2017.02.11

カブッキーの誕生日は?

小松市のイメージキャラクター「カブッキー」です。


Imgp7581


子供たちにも人気で、市内のイベントなどにもよく登場しています。
しかし、その誕生日が平成22年2月22日だったとは知りませんでした。


Imgp8134


2月22日というのが勧進帳などに関連した日なのか、それとも単に2並びになったから決まったのかは判りません。
今年ももうすぐ誕生日ですね。

2017.02.10

東尋坊の正ちゃん

1月に東尋坊へ行った時、あるお店の前にこんな人形が。


Img_5094


「東尋坊 正ちゃん」と書かれています。
前に来た時はまだ無かったように思うのですが、新しいキャラクターでしょうか。


向かいのお店には「辰ちゃん漬け」の梅宮辰夫人形がいます。


Img_5098


こちらは私が初めて東尋坊へ行った時からいると思うので、かなりの年季物だと思われます。
ミニサイズの人形も並んでいます。


Img_5130


やまに水産の「かにかにマン」顔ハメ看板もまだありました。


Img_5104


ちょっと隅に追いやられているような気もしますが……
お店毎に人形や看板が置いてあって面白いです。


Img_5132


こちらは使われなくなったわたあめ機でしょうか。


Img_5074


休憩所の隅の方で寂しそうにしています。もう使われないのか、それとも冬場はやってないだけでまた使われるのかは判りませんが……

2017.02.04

藤子キャラだけではない氷見のキャラクター

氷見の消火栓のマンホール蓋にキャラクターが描かれています。


Img_5677


「キットちゃん」という氷見市のシンボルキャラクターです。
配水詮の蓋にも。


Img_5675


頭に乗せているのはブリですね。


魚々座の隣の公園には「ブリ小僧」がいます。


Img_5742


「ひみぼうずくん」よりも古くからあるのではないでしょうか。
後の建物の壁にも大きなブリの絵が書いてあります。


Img_5739


マンホールの蓋にもブリです。


Img_5680


氷見はやっぱりブリの町なんですね。

2017.02.03

黄色いたぬき

赤いきつねと緑のたぬきはマルちゃんのカップ麺ですが、こちらは「黄色いたぬき」です。


Imgp5357


たくさん並んでいます。


Imgp5360


Imgp5362


別の場所で色違いの物は見たことがあるような気がするのですが。

2017.02.02

危のうございます

ATMが調整中で使えなかった時に、機械の前に立っていた看板です。


Dsc_0128


『大変危のうございますので』という言い回しがなんだか時代劇みたいでちょっと笑ってしまいました。

2016.12.31

今年も一年ありがとうございました。

今年も残すところあと一日となりました。
今年も一年、ぐだぐだと書かれた戯言にお付き合い頂きありがとうございました。




新幹線の開業効果も薄れてきたとは言え、まだまだ今年も多くの観光客が訪れていました。
高速道路のSAにあった飲料自販機にはこんなシールが貼られていました。


Img_4920


必要なコインの組み合わせが書いてあります。


Img_4923


しかし、50円は10円玉5枚でもいいですし、「50円玉が無くて買えない」って思う人が出てくるかも。
お釣りだって出るわけですし、組み合わせはもっといろいろあるはず。


買い方の説明書きもあります。


Img_4925


自販機王国日本ですから、海外の人達にはあまり馴染みが無いのかもしれません。
こういう案内書きがあるということは、それだけ海外からの観光客が増えていると言うことなんでしょうね。




さて、来年はどんな年になるでしょう。
良い一年となりますように……

2016.12.17

和倉温泉駅の派手な駅名標

JR七尾線の観光列車「花嫁のれん」は金沢-和倉温泉間を走っています。
和倉温泉駅の駅名標は、この「花嫁のれん」をイメージした派手なものになっていました。


Img_2278


七尾駅のコンコースには「花嫁のれん」が展示されています。


Img_2304


金土日と祝日に2往復の観光列車ですが、運行開始から1年間の乗車率は94%とかなり高い物になっています。
力が入るのも判りますね。

2016.12.16

やっぱり「一休さん」には「米永」がしっくり来るんだけど

石川県では「米永仏壇店」が「一休さんの米永」としてテレビCMでも有名です。
しかし福井では「かじそ仏壇」が「一休さん」なんですね。


Imgp3482


テレビCMでも、歌詞の「米永の一休さん」の部分が「かじその一休さん」に変えられているだけで、同じ音楽が使われています。


Imgp3490


「よねなが」が4文字なのに対して「かじそ」は3文字。文字数(音節数?)が同じなら気にならないと思うのですが、文字数が違うために「かじその一休さん」の歌を聴いた時にはすごく違和感がありました。
でも、福井の人は逆に「米永の一休さん」に違和感を感じるのでしょうね。
お店の前には大きな一休さんの人形が。


Imgp3489


横にはこんな看板も。


Imgp3485


「わたしだけ合格させて」はちょっとどうなんだろうと思いますけどww


郊外店にも大きな看板が。


Imgp3145


こちらは墓石店のようでした。

より以前の記事一覧

にほんブログ村

Amazon.co.jp