2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2017.06.21

尼御前SAのツバメ

ゆりの里公園からの帰り、北陸道尼御前SAへ立ち寄りました。
ここには毎年ツバメが巣を作っているので、今年もツバメが見られるかもしれないと思って期待していたら、やはり巣がありました。


Imgp8838


糞もたくさん落ちています。
上を見ると、巣がありました。


Img_8299


ところがツバメの姿は全くありません。


Imgp8841


それでも鳴き声は聞こえてきています。
どこにいるんだろうと思っていると、親鳥が餌を運んで飛んできました。飛んで行った先は、巣のあった場所の裏側です。そこで反対側に回ってみると、3羽の雛がいる巣がありました。


Imgp8847


表側から見えていたのは昨年にでも作られた古い巣だったのかもしれません。
雛ももうかなり成長して大きくなってますね。3羽も入るにはちょっと狭そうにも感じます。


糞をするときはちゃんと後を向いて、巣の中には糞をしないんですね。


Imgp8850


そのため巣の下は糞だらけになってしまうんですがww
糞をした雛は、そのまま巣の奥に潜り込んでいってしまいました(尻尾が少しだけ見えてます)。


Imgp8856


そこへ親鳥が餌を運んできました。


Imgp8890


奥に潜ってしまった一羽は当然餌にありつけません。
これはいかんと思ったかどうかは判りませんが、親鳥がまた餌を摂りに飛んで行くと、潜っていた一羽がまた顔を出しました。


Imgp8904


今度は餌にありつけたようです。


Imgp8905


雛も時々巣の中から出てきて、巣の前で羽ばたいたりしています。


Imgp8920


(親鳥と間違えて?)他の雛が口を開けてしまうのは条件反射でしょうか。


Imgp8922


しかし毎回思うのですが、複数いる雛は平等に餌をもらえているのでしょうか。


Imgp8948


既に生存競争は始まっているという事なのかもしれませんね。

2017.06.06

流行ものを取り入れるのが早いですね

高岡古城公園へ行ったら必ず動物園にも寄っていきます。


Img_8034


Img_8035


ちょうどポニーがお散歩に出かけて行く所でした。


Img_8030


ここへ来ると、動物そのものよりも手書きの説明書きの方に目が行ってしまいます。


Img_8089


Img_8090


入口にはこんな張り紙が。


Img_8032


「危険動物」というほど危険なものはいないような気もしますが、相手は動物ですからね。シカでもオスの角は危険でしょうし、ヤマアラシのとげなどはかなり危険と言えます。


ペンギンのプールの前にもいくつもの説明書きが。


Img_8052


「大きいお友達」ってww


Img_8037


こちらに描かれているキャラクターは最近人気のコメディアンの方がモデルでしょうね。


Img_8054


カピバラの檻の前ではこんなのが。


Img_8059


タイトルは話題のアニメを模してますね。
当の本人(?)はいつも通りのほほんとしてました。


Img_8062


ヒツジは毛を刈られて涼しそうです。


Img_8068


Img_8064


石川五右衛門が毛を刈った?


雄のシカも角を切ったようです。


Img_8071


いつもは一頭だけ離れた所にいる雄シカですが、この日はみんなで餌を食べていました。


顔ハメ看板も新しいのが登場していました。


Img_8095


再生回数は「1おく回」だそうです(^^)


そろそろ講演の時間が近づいてきたので動物園を後にしようとすると、先ほど散歩に出かけて行ったポニーが帰ってきました。


Img_8114


いつも楽しみにしている説明書きですが、かなりの頻度で新しいものが登場しています。動物の世話だけでも大変だと思いますが。流行ものを取り入れるのも早いですね。
これがここの人気の秘密だと思います。

2017.05.13

上が気になる?

先日の御誕生寺にて。


なにやら上を見上げている猫が多いです。


Imgp0162


Imgp0173


Imgp0357


Imgp0367


実はこの日、ツバメが飛んでいたんですね。まだ巣を作っている様子はありませんでしたが、巣作りの場所を下見に来ているようでした。
やはり動いているものは気になるようですね。
上手く撮れませんでしたが、飛びかかろうとした後です。


Imgp0149


こちらは隣のバケツが気になるだけのようです。


Imgp0282


ゴンザレスも上が気になるようですが……


Imgp0188


気になるのは鳥では無く、上にいるモフモフのようです。


Imgp0203


モフモフの背後にゴンザレスが……


Imgp0848


餌をもらうときに2本足で立つゴンザレス。


Imgp0779


モフモフも2本足でした。


Imgp0770


寺務所の番猫(?)ゴンザレス。


Imgp0608


睨みを効かせていますね。


Imgp0490


今度は高い所から見守っているのかな?


Imgp1183


こうして今日も御誕生寺の平和は守られているのでした。


Imgp1336


いや、本当はゴンザレスがどう思っているのかは判りませんけどね

2017.05.03

またまた半年ぶりの御誕生寺

GWも後半に突入。
しかしブログは追いついていません(^^;)
今回は5/1のお話。




午前中は雷雨で、時折土砂降りの雨が降る大荒れの天気でした。
連休前には、この日に「となみチューリップフェア」へ行こうかと考えていたのですが、この天気ではちょっと厳しいです。それでも予報では午後からは晴れると言うことだったので、午後からは久しぶりに御誕生寺へ行くことにしました。


Imgp1368


前回行ったのは昨年11月初め頃だったので、ちょうど半年ぶりです。前回も半年ぶりの訪問でしたので、半年に1回というのがペースになってますね。
駐車場に着くと、平日にもかかわらず多くの車が来ていました。やはり5/1、2日に休みを取って長期連休という人が多いと言うことでしょうか。
前に駐まっていた車が占拠されていましたww


Imgp0092


こちらにも1台。


Imgp0109


下に潜られるよりはいいですけどね。見たらすぐに判りますし。


午前中の荒れた天気も治まり日差しが出てきていたので、猫たちも外に出てきていました。


Imgp0272


Imgp0336


Imgp0464


日向ぼっこに出てきたという感じですかね。


Imgp0606


Imgp0638


それでもやっぱり布団の上が気持ちいい?


Imgp0521


Imgp0816


背中の葉っぱがワンポイントです。


Imgp0603


スーパーマンになって飛んでるつもり?


Imgp0957


ミケランジェロさんは初めましてです。


Imgp0219


寺務所から出てきませんが、外は気になるのかな?
しばらくすると外に出てきていました。


Imgp0483


それでも寺務所の入口近くからはあまり離れないで、寺務所に出たり入ったりという感じでしたね。


レオ様は怪我をしてるようです。


Imgp0384


ちゃんと名前が書いてありましたww


Imgp0756


ちょっと元気が無さそうにも見えましたが、餌はしっかりと食べに来ていました。


こちらも寺務所から出てきていなかったモフモフがようやく外に出てきました。


Imgp0652


貫禄がありますね。


Imgp0713


撫でようとして引っかかれている人もいました。触られるのは嫌いなのかな?




さて、そうこうするうちにご飯の時間です。
餌を入れる雨樋を持ってくると、猫たちが集まって来ます。


Imgp1023


しかしご飯はすぐには出てきません。
ちょっと待ちくたびれた?


Imgp1043


餌が入れられると、まだ入れ終わらないうちから猫たちがやって来て食べ始めます。


Imgp1111


みんな同じ方向から食べてますが、一匹だけ反対側から食べてるのがいますねww


Imgp1129


他人(他猫?)と同じ事をするのは嫌いなのかも。


時々首輪に紐を付けた猫がいましたが、猫風邪の猫に目印として付けているそうです。


Imgp1332


改装されたネコハウスには、病気や怪我で療養中の猫たちが入っています。


Img_7485


Imgp0326


早く治るといいね。




他にも写真は撮ってきましたが、連休ネタが一段落した所でまた書こうかと思います。

2017.04.12

誰が連れてきた猫だったんだろう?

松川に架かる七十二峰橋の欄干に猫が2匹。


Img_7079


こんな所に猫がいるということで、多くの人がカメラやスマホを持って集まって来ました。
服も着せられているのでノラ猫では無く誰かが連れてきた猫だと思いますが、周りに飼い主らしき人の姿は見かけられず。それでも構わずみんな写真を撮っていたので、私も一緒になって少し撮ってみました。
ところがさすがは猫というか、2匹ともほとんど川の方を向いたままでこちらを見てはくれません。
みんな、なんとかしてこちらを向かせようといろいろとやってます。


Imgp5549


猫がこちらを向かないのなら、こちらが反対側に回ればいいのです。
上手い具合に橋の端っこのほうにいたので、川岸のほうへ回れば反対側から撮影することも可能でした。


Imgp5610


ところが、猫だけでは無く、猫の写真を撮ろうとしている人も一緒に写ってしまいます。


Imgp5352


Imgp5403


Imgp5420


また、肝心の顔が桜に隠れてしまったりww


Imgp5428


Imgp5445


それに、この方向からだと桜があまり写らないのです。


Imgp5621


せっかくいいロケーションなので、桜と一緒に撮りたいところです。そこで、元の場所に戻ってこちらを向くのを待つことに。
根気よく待っていると、時々こちらを向いてくれました。


Imgp5514


ここぞとばかりに皆さんシャッターを切っていました。


Imgp5592


Imgp5601


桜の取材に来ていた新聞社のカメラマンも一緒になって写真を撮ってましたね。


思わぬ所で猫の写真が撮れましたが、結局飼い主は現れず。誰が連れてきた猫だったのかは判らず終いでした。飼い主も写真を撮るのを目的に連れてきていたんじゃないかと思うんですけどね。




猫たちは遊覧船が下を通る度にそれを覗き込んでいました。


Imgp5414


落ちないかとちょっと心配ですが……

2017.03.30

南條SAの猫

南條SAに猫がいました。


Img_6595


人にはかなり慣れているようです。
ちょうどテーブルの上にはサービスエリアで購入した物を朝食代わりに食べている人がいて、袋をガサガサさせていたのがとても気になっているようです。


Img_6596


時々餌をくれる人もいたりするんでしょうね。何か食べ物だと言うことは気がついているようです。




【おまけ】
南條SAにも「世界で2番目においしい焼きたてメロンパンアイス」のお店がありました。


Img_6601


「南條SA限定バージョン」とのことですが、他との違いはちょっと判りませんでした。
朝食後まだそれほど時間が経っていなかったので食べていませんでしたが、ちょっと気になりますね。

2017.03.17

猫は1匹しか見かけなかったけど……

芦城公園では猫を探してみましたが、なかなか見つかりませんでした。
ようやく見つけたのは1匹のみ。


Imgp1419


石の上に座っています。


Imgp1395


しばらくして場所を移動していきましたが、やっぱり石の上です。


Imgp1486


石の上が好き何でしょうか。
この日は少し風が冷たかったので、石の上の方が暖かかったのかもしれません。




相変わらず公園内には看板が出ています。


Imgp1424


しかし、『地域猫は見守ってください』と書かれているのはかなりの進歩かも。
ちゃんとお世話をしてくれる人がいるのであれば、ここにいることをとりあえずは許されたと言うことですよね?
ここの猫たちをお世話をしている人達がいろいろと尽力した結果なのでしょう。
この子も耳がカットされています。


Imgp1408


ここが猫たちの居場所になってくれればいいなと思います。

2017.02.22

高岡古城公園自然資料館は動物園の中にあります

高岡古城公園動物園の事務所の横には「自然資料館」があります。


Imgp2664


中にはたくさんの剥製が展示されています。


Imgp2666


鳥類が多いですが、哺乳類もいます。


Imgp2679


ワニなどの爬虫類も。


Imgp2681


Imgp2687


カブトガニなんていう変わり種もあったりします。


Imgp2685


魚類はホルマリン漬けにされているのかな?


Imgp2688


そんな中で一番目を引くのがメスのライオンの剥製です。


Imgp2674


Imgp2672


このライオンは昭和42年にソ連船の船長が寄贈したもので、昭和54年に死亡するまでこの動物園で飼育されていたそうです。


Imgp2669


今は大型の肉食獣は飼育されていませんが、以前にはライオンもいたんですね。


他にも公園内に生息している昆虫の標本などもありました。


Imgp2690


入口にあった大きな魚拓は公園内の池で捕獲されたライギョです。


Imgp2692


公園内には自然も多く残っているので、いろんな生き物も生息しているんですね。


動物園ほどの人気は無いようですが、動物園へ行ったついでにちょっと立ち寄ってみるのもいいのではないでしょうか。

2017.02.21

ペンギンたちは巣作りの真っ最中

高岡古城公園の動物園といえばやはりペンギンを外すわけにはいきません。


Imgp2546


そのペンギンたち、今は繁殖期に入って巣作りの真っ最中です。


Imgp2606


オスのペンギンたちによって、巣材の争奪戦がおこなわれるのだそうです。


Imgp2617


巣材を運ぶペンギン。


Imgp2624


どこへ持って行くのか?


Imgp2603


夫婦仲睦まじく。


Imgp2557


ただ、血縁関係や飼育羽数の都合で今年も繁殖制限中なのでした。


Imgp2620


メスはニセモノの卵を抱いているんだそうです。

2017.02.20

冬の古城公園動物園

高岡古城公園の動物園は冬でも営業しています。


Imgp2533


雪があっても営業していますが、この日は雪もありませんでした。
但し、冬場はふれあい広場はお休みです。


Imgp2590


雪も全く見当たらないので、動物たちも普段と変わりません。


Imgp2592


Imgp2597


ただ、寒くなってきての変化はあるようです。
タヌキは脂肪を蓄えてムチムチになってるそうです。


Imgp2578


ポニーは背中に毛布を掛けられています。


Imgp2562


ただ、馬は寒さには強い動物なんだそうです。


Imgp2563


急に寒くなるとお腹を壊すことがあるそうで、このようにしているそうです。


カピバラのニコはクリスマスが誕生日。


Imgp2564


でも、カピバラは写真を撮りにくい所にばかりいたので、ほとんど写真は撮れませんでした。


Imgp2566


冬のシカは怖いそうです。


Imgp2633


シカは冬が繁殖シーズンなんですね。


Imgp2636


メスと子供は一緒にいることが多いですが、オスだけはいつもちょっと離れた所にいることが多いですね。


二本足ですっくと立つフラミンゴ。


Imgp2584


なんだかちょっとイメージと違いますね。
ここの動物園には鳥類も多いですが、鳥が木から落ちないのは足の構造のためなんですね。


Imgp2586


横にはそのしくみが模型で展示されています。


Imgp2587


この手作り感がステキです。
そんな鳥類ですが、鳥インフルエンザが流行っているため、小屋には細かいネットとビニールがかけられています。


Imgp2631


そのため中はほとんど見えなくなってしまっていますが、動物園の鳥たちに鳥インフルエンザが移ってしまっては大変ですからね。


遊具のすべり台も鳥類です。


Imgp2694


大きな白鳥ですね。動物園に白鳥はいませんけど。

より以前の記事一覧

にほんブログ村

Amazon.co.jp