2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2017.03.17

猫は1匹しか見かけなかったけど……

芦城公園では猫を探してみましたが、なかなか見つかりませんでした。
ようやく見つけたのは1匹のみ。


Imgp1419


石の上に座っています。


Imgp1395


しばらくして場所を移動していきましたが、やっぱり石の上です。


Imgp1486


石の上が好き何でしょうか。
この日は少し風が冷たかったので、石の上の方が暖かかったのかもしれません。




相変わらず公園内には看板が出ています。


Imgp1424


しかし、『地域猫は見守ってください』と書かれているのはかなりの進歩かも。
ちゃんとお世話をしてくれる人がいるのであれば、ここにいることをとりあえずは許されたと言うことですよね?
ここの猫たちをお世話をしている人達がいろいろと尽力した結果なのでしょう。
この子も耳がカットされています。


Imgp1408


ここが猫たちの居場所になってくれればいいなと思います。

2017.02.22

高岡古城公園自然資料館は動物園の中にあります

高岡古城公園動物園の事務所の横には「自然資料館」があります。


Imgp2664


中にはたくさんの剥製が展示されています。


Imgp2666


鳥類が多いですが、哺乳類もいます。


Imgp2679


ワニなどの爬虫類も。


Imgp2681


Imgp2687


カブトガニなんていう変わり種もあったりします。


Imgp2685


魚類はホルマリン漬けにされているのかな?


Imgp2688


そんな中で一番目を引くのがメスのライオンの剥製です。


Imgp2674


Imgp2672


このライオンは昭和42年にソ連船の船長が寄贈したもので、昭和54年に死亡するまでこの動物園で飼育されていたそうです。


Imgp2669


今は大型の肉食獣は飼育されていませんが、以前にはライオンもいたんですね。


他にも公園内に生息している昆虫の標本などもありました。


Imgp2690


入口にあった大きな魚拓は公園内の池で捕獲されたライギョです。


Imgp2692


公園内には自然も多く残っているので、いろんな生き物も生息しているんですね。


動物園ほどの人気は無いようですが、動物園へ行ったついでにちょっと立ち寄ってみるのもいいのではないでしょうか。

2017.02.21

ペンギンたちは巣作りの真っ最中

高岡古城公園の動物園といえばやはりペンギンを外すわけにはいきません。


Imgp2546


そのペンギンたち、今は繁殖期に入って巣作りの真っ最中です。


Imgp2606


オスのペンギンたちによって、巣材の争奪戦がおこなわれるのだそうです。


Imgp2617


巣材を運ぶペンギン。


Imgp2624


どこへ持って行くのか?


Imgp2603


夫婦仲睦まじく。


Imgp2557


ただ、血縁関係や飼育羽数の都合で今年も繁殖制限中なのでした。


Imgp2620


メスはニセモノの卵を抱いているんだそうです。

2017.02.20

冬の古城公園動物園

高岡古城公園の動物園は冬でも営業しています。


Imgp2533


雪があっても営業していますが、この日は雪もありませんでした。
但し、冬場はふれあい広場はお休みです。


Imgp2590


雪も全く見当たらないので、動物たちも普段と変わりません。


Imgp2592


Imgp2597


ただ、寒くなってきての変化はあるようです。
タヌキは脂肪を蓄えてムチムチになってるそうです。


Imgp2578


ポニーは背中に毛布を掛けられています。


Imgp2562


ただ、馬は寒さには強い動物なんだそうです。


Imgp2563


急に寒くなるとお腹を壊すことがあるそうで、このようにしているそうです。


カピバラのニコはクリスマスが誕生日。


Imgp2564


でも、カピバラは写真を撮りにくい所にばかりいたので、ほとんど写真は撮れませんでした。


Imgp2566


冬のシカは怖いそうです。


Imgp2633


シカは冬が繁殖シーズンなんですね。


Imgp2636


メスと子供は一緒にいることが多いですが、オスだけはいつもちょっと離れた所にいることが多いですね。


二本足ですっくと立つフラミンゴ。


Imgp2584


なんだかちょっとイメージと違いますね。
ここの動物園には鳥類も多いですが、鳥が木から落ちないのは足の構造のためなんですね。


Imgp2586


横にはそのしくみが模型で展示されています。


Imgp2587


この手作り感がステキです。
そんな鳥類ですが、鳥インフルエンザが流行っているため、小屋には細かいネットとビニールがかけられています。


Imgp2631


そのため中はほとんど見えなくなってしまっていますが、動物園の鳥たちに鳥インフルエンザが移ってしまっては大変ですからね。


遊具のすべり台も鳥類です。


Imgp2694


大きな白鳥ですね。動物園に白鳥はいませんけど。

2017.02.08

西武緑地公園のD51と猫

金沢輸入車ショウを見に行った帰り、西武緑地公園に静態保存されているD51を見て来ました。


Imgp0677


以前はかなり状態が悪かったのですが、現在ではエムエス財団というところが管理していて、外観はとてもきれいになっています。
後には貨車が1両。


Imgp0695


SLに繋がれている訳では無く、物置などに使われているのでは無いかと思われます。


Imgp0696


以前からここにはノラ猫が住み着いていたのですが、この日も近くで2匹の猫を見かけました。
一匹目は、ちょうどSLが展示されている場所から出てきた所を撮影。


Imgp0667


いい天気だったので日向ぼっこをしているのでしょうか。それでも日差しが強すぎたのか、顔の所だけはちょっと陰になるように座ってます。
もう一匹はSLが展示されている所で発見。


Imgp0693


どちらも人にはある程度慣れているようで、かなり近づいても逃げるようなことはありませんでした。さわったりしようとすると逃げるかもしれませんが。
屋根があって雨風がしのげる場所なので、猫にとってはいい所なんでしょうね。




産業展示館は1号館から3号館まで、外壁の補修でもやっているのか、外にカバーが掛けられていました。


Imgp0709


3号館はこの日なにも行われていませんでしたが、中ではイベントの設営が行われていました。

2017.01.22

十二町潟水郷公園の白鳥たちはあまり動かなかった

土曜は氷見の十二町潟水郷公園へ白鳥を見に行ってきました。


Imgp8250


前回前に見に行った時には飛ぶ練習(?)をしていたりもしましたが、今回はみんな陸に上がって動きがあまりありません。


Imgp8213


片足を上げている姿がちょっとカワイイです。


Imgp8455


カモはたくさんいて、それなりに動きもあったりします。


Imgp8299


Imgp8364


Imgp9094


ウミネコも来ていました。


Imgp8616


海の方からやって来たんでしょうね。


しばらくすると、ようやく一羽が水の中へ。


Imgp8527


それにつられて二羽ほどが動き出しましたが、またすぐに陸へ上がってしまいました。
あまりにも変化が無いので、一旦昼食を食べに移動して、午後からもう一度来てみました。


Imgp8866


しかし、何羽かは移動したようですが、相変わらず陸の上です。
午前中に比べると、少しは動きが活発になったようにも感じます。


Imgp8759


Imgp9070


しばらくすると、二羽が水の中へ出ていきました。


Imgp8811


さらに数羽が出ていきます。


Imgp9158


Imgp9144


午前中よりは動いていましたが、今回は飛び立つ姿などは全く見られませんでした。


Imgp9524


なかなか器用な首ですね。結構便利そうです。


このまま居ても、白鳥たちが寝床に帰るまでは変化が無さそうだったので、諦めて帰ることにしました。


前回や前々回に来た時には、毎日何時頃に何羽がやって来たとか書かれたボードもあったりしたのですが、今年はそういった物はありませんでしたね。
また、ちょっと気がかりなのは、一羽のカモの死骸が浮いていたことです。何かに襲われたのであればまだいいのですが、鳥インフルエンザだとちょっと困りますね。


帰り際に、公園の方の木からたくさんの鳥たちが飛び立っていきました。


Imgp9558


何の鳥かは判りませんが、かなりの大群です。
出来れば白鳥が飛ぶ所を見たかったのですが。

2016.11.23

フラミンゴの真似?

高岡古城公園の動物園にはフラミンゴがいます。


Imgp2884


フラミンゴと言えば「一本足」ですね。


Imgp2894


同じ場所にはオシドリやカモなどの水鳥も一緒にいます。
そのオシドリやカモも一本足で立っていました。


Imgp2886


Imgp2889


フラミンゴの真似をするようになったのでしょうか。
それともオシドリやカモも一本足で立つものなのでしょうか。


ペンギンは一本足では立たないですね。


Imgp2947


この日は何故か水辺にずらりと整列していました。
ペンギンはこの場所にいる事も多いのですが、これだけの数が並んでいたのはちょっと珍しいかも。

2016.11.07

ほぼ半年ぶりの御誕生寺(その2)

前回の続きです。
写真の数が多くなったので、別記事に分けました。とにかく並べていきます。


Imgp9757


Imgp9778


Imgp9787


Imgp9805


Imgp0006


Imgp0253


Imgp0288


Imgp0308


Imgp0421


Imgp0434


Imgp0594


Imgp0927


Imgp1025


Imgp1057


Imgp1089


Imgp1119


Imgp1143


Imgp1215


Imgp1249


きりが無いのでこの辺で。

ほぼ半年ぶりの御誕生寺(その1)

京都鉄道博物館ネタはまだ続きますがちょっとお休みして、今回は土曜に行ってきた御誕生寺の話です。




土曜の午前中は福井の池田町のほうへ行ってきました。
午後からはほぼ半年ぶりとなる御誕生寺へ。夏場の暑い頃は猫たちもあまり外に出てこないかもということで、少し涼しくなったら行こうと考えていました。ところがこの日はかなり暖かく、日なたにいると汗ばんでくるほどでした。


Imgp0116


それでも真夏のような暑さでは無いので、多くの猫たちを見る事が出来ました。




寺務所の中が気になる?


Imgp0517




木に登るネコ。


Imgp0481


片足は乗ってませんが、これでバランスを取ってるのかな?


Imgp0409




黒い服のお兄さんの後に背中の黒い猫が並んでいます。


Imgp0206




柱にスリスリ。


Imgp9868


寝転ぶとモップのようなモフです。


Imgp9923




ちょっと変わった薄い色の三毛。


Imgp0472




紐にじゃれる猫。足まで椅子の上に出ています。


Imgp9900




水飲み場があるのに、何故かここの水を飲む猫が多いのです。


Imgp9946




立ち入り禁止エリアの前に集まる猫たち。


Imgp0530




ご飯の時間です。


Imgp0640


餌を入れる雨樋を持ってくると、猫たちが集まってきます。
ご飯を待つ猫たちと、猫のご飯を待つ人たち(笑)。


Imgp0682


お待ちかねのご飯です。


Imgp0743


ご飯エリアはもう一カ所。


Imgp0766


猫によって、いつも食べる場所は決まっているのでしょうか?




お寺の入口にある看板。


Imgp0156


猫寺として有名になってしまったため、どうしても猫を捨てて行く人が絶えないようです。
入口にはカメラもあって、監視されているんですが。


Imgp0154


どうしても飼えなくなってしまったと言うことはあるのでしょうが、御誕生寺では譲渡会なども行っていますので、捨てていくのでは無く一度相談してみるとかいう方法はあると思います。




【おまけ その1】
YouTubeの動画でも話題になった「猫バンバン」です。


Imgp0110


観光バスの運転手さんも、出発前にバスの周りを一周して車体を叩いていましたし、添乗員さんも車の下を確認していました。
猫は車の下とか好きですからね。




【おまけ その2】
駐車場に大きなキリギリスが。


Imgp0139


猫に見つからないうちに逃げないと食べられちゃうかも。




写真の数が多くなったので、別の記事に分けました。

2016.10.29

ヤギが寄ってくる「あるぺん村」

「立山あるぺん村」は北陸道立山ICからアルペンルートや称名滝など立山方面へ向かうルートの途中にあり、立山観光にとても便利です。


Img_3029


ここから室堂までの直行バスも出ています。バス利用者はここに車を駐めてバスを利用することも出来るので、利用する人も多いようです。
そんな「あるぺん村」にはたくさんのヤギがいます。


Imgp6054


エサを100円で売っていて、餌を与えることが出来ます。


Imgp6142


Imgp6171


そのせいで、人が近寄るとヤギたちは餌をもらおうと近寄ってくるのです。


Imgp6056


Imgp6113


あまりに寄ってこられると写真は撮りにくいのですが……
人がいなくなるとみんな戻っていきますが、今度は後ろ姿ばかりになってしまいますww


Imgp6072


そんな訳で、写真はあまり撮れませんでした。


Imgp6102


他にもポニーや羊がいます。


Imgp6118


ポニーも人が近づくとエサをもらいに寄ってきます。


Imgp6145


Imgp6153


以前に来た時はここまでは寄ってこなかったと思うのですが、観光客が増えてエサを与える人も増えたのかもしれません。
ニワトリもいます。


Imgp6134


Imgp6140


こちらは人が来たからと言って近寄ってくることもありませんが、結構ちょこまかと動き回っていて、こちらも写真にはなかなか撮りにくかったです。




あるぺん村ではヤギのミルクも販売しています。


Img_3000


Img_2996


濃厚なヤギミルクは牛乳に比べるとほんの僅かに癖がありますが、牛乳よりも僅かに甘みを感じ、後味もさっぱりしています。
また、ヤギミルクは牛乳が苦手な人(おなかがゴロゴロするとか)でも大丈夫なんだそうです。牛乳の20倍ものタウリンが含まれているなど栄養価も高く、あるぺん村の人気商品の一つになっています。
ヤギミルクを使ったソフトクリームも販売されていますが、ソフトクリームは以前にも食べたことがあるので、今回は「宇治抹茶ソフトクリーム」(440円)を頂いてきました。


Img_3009


値段はちょっと高めですが、そんじょそこらの抹茶ソフトとは比べものにならない濃厚な抹茶味です。甘さも控えめで、益々抹茶の味が強く出ています。
抹茶を使ったスイーツが好きな人にはぜひ一度食べて見て欲しいですね。

より以前の記事一覧

にほんブログ村

Amazon.co.jp