2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 東尋坊の看板など | トップページ | ツバメが入ってくるので…… »

2017.09.14

北陸三県 ペットボトルの水

その昔、お店や自販機で売られている飲み物と言えばジュースや炭酸飲料などと言ったものが当たり前でした。
お茶や水が缶やペットボトルに入って売られているなんて事はよほど特殊な物で無い限りは無かったです。そもそも水やお茶をお金を出して買うという考えがなかったと言うこともあるかもしれません。
しかし、缶入りの烏龍茶が販売された頃から少しずつ様子が変わってきたように思います。今では水やお茶が自販機等で売られているのは当たり前ですし、夏の暑い時期などは水やお茶のほうがジュースよりも先に売り切れているのも珍しい事ではありません。
ペットボトル入りの水も、当初はエビアンなどのミネラルウォーターが多かったですが、国内メーカーが「富士の名水」などと謳った取水地を売りの一つとしたものを販売し始めてから、全国各地の名水が販売されるようになりました。
全国的に売られているものばかりではなく、その地方に行かないと買えないようなものも多いです。
道の駅や高速のSA・PAなどで販売されていることが多いこれらの水ですが、今回これまで買った物がちょうど北陸三県のものが出そろいました。


まずは石川県。
加賀地方からは「霊峰白山の水」です。


Img_8955


採水地は「白山市水島町」となっています。


Img_8960


水島町は特に山のほうではなく、すぐ近くを8号線バイパスが通っているような場所です。この辺りに特に水が出るという話も聞きませんが、水島町には「北陸コカコーラボトリング」の工場があります。名前は出ていませんが、何かしらの協力を行っているのかも。




能登地方からは「海洋深層水 能登はやさしや水までも」です。


Img_9551


能登沖で採れた海洋深層水だそうです。


Img_9556


海洋深層水って海水とはまた違うんでしょうかね?




富山からは「立山の水 さらら」です。


Img_1198


採水地は立山ではなく富山市です。


Img_1195


立山から流れてくる水を使っていると言うことなんでしょう。




福井からは「池田町 ままの水」です。


Img_3572


池田町の地下水を使用しています。


Img_3570


購入したのも池田町にある「まちの市場 こってコテいけだ」という所でした。




単に北陸三県の商品が揃ったからと言うだけの理由ですので、これらがそれぞれの地区の代表的な商品という訳ではありません。これら以外にも非常に多くの商品があります。
地下水や伏流水ばかりでなく、金沢市企業局が「金沢の水」として水道水を販売したりしていますし、富山でも「立山の水道水」というのが売られていたりもしました。
昔はただの水が商売になるなんて思いもしなかったでしょうけどね。

« 東尋坊の看板など | トップページ | ツバメが入ってくるので…… »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/65773843

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸三県 ペットボトルの水:

« 東尋坊の看板など | トップページ | ツバメが入ってくるので…… »

にほんブログ村

Amazon.co.jp