2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 久しぶりの千里浜なぎさドライブウェイ | トップページ | 道の駅 のと千里浜 »

2017.09.04

石川県七尾美術館で「松本零士 牧美也子 夫婦コラボ展」開催中

土曜は七尾市にある「石川県七尾美術館」へ行ってきました。


Img_9623


8月5日(土)から9月18日(月・祝)まで開催されている「松本零士 牧美也子 夫婦コラボ展」というのを見に行ってきたのです。


Img_9651


松本零士氏と牧美也子氏の直筆原画や原稿、セル画など約300点が展示されています。
館内には第1から第3の3つの展示室がありますが、第1と第2展示室が松本零士氏、第3展示室が牧美也子氏の展示が行われていました。


松本氏の展示品には他で見たことがある物も多く、特にピエゾグラフなどは以前に金沢大和の展示販売会でも展示されていたりしました。
また、ヤマトや999などのセル画の数がかなり多かったですね。セル画は当然松本氏が描いたものでは無く、アニメのスタッフが描いた物です。松本作品であることは間違いないですが、なんだかちょっと微妙な感じです。アニメのポスターも多く、ヤマトや999の劇場版ポスターやレコード予約特典のポスターなど、私自身も持っていた物もあり(当時は保存しておくなどという気は全く無かったので、部屋に貼っていて、今ではもう処分してしまっていますが)、とても懐かしかったですが、もっと直筆原稿などが多く展示されていれば良かったんですけどね。もちろんマンガの直筆原稿なども多数展示されていましたが、『約300点を一堂に展覧』という宣伝文句は嘘ではないものの、その数字にはセル画やポスターも含まれている訳ですから、ちょっと誇張気味に感じたのは確かです。


対して牧氏の展示はなかなか見応えがありました。
展示点数は松本氏の半分以下かと思います。また、アニメ化された作品などというのが無いこともありますが、その分直筆原稿の比率が高いのです。1960年代から1970年代に描かれたカラーの直筆原稿がとても色鮮やかな状態で保存されているのには感動しました。


作品展ですので当然写真撮影は出来ませんが、何カ所かに記念撮影用のパネルが置かれた場所があります。


Img_9626


Img_9636


顔ハメパネルもありました。


Img_9632


こちらはマンガの一コマに出演(?)出来ます。


Img_9634


記念撮影用の衣装も用意されていました。


Img_9642


この日は誰も着てませんでしたけど。それに、パネルはヤマトなのに衣装は999なんですよね(^^;)
エントランスには松本氏直筆の色紙も展示されています。


Img_9657


Img_9655


初日には松本氏本人が来館し、トークショーなども行われていましたが、その時に描かれたものだそうです。




観覧料は一般800円、大高生350円で、中学生以下は無料です。
過去には神戸や広島でも開催されたことがあるようです。
松本氏の展示についてはあまり大きな期待はしないほうがいいかもしれません(それでも漫画原稿の中には初出展となるものもあるそうです)が、牧氏の展示は(あまりこういう展示会が行われていないこともあって)かなり見応えがあると思います。

« 久しぶりの千里浜なぎさドライブウェイ | トップページ | 道の駅 のと千里浜 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/65745835

この記事へのトラックバック一覧です: 石川県七尾美術館で「松本零士 牧美也子 夫婦コラボ展」開催中:

« 久しぶりの千里浜なぎさドライブウェイ | トップページ | 道の駅 のと千里浜 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp