2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 自販機でも売ってた | トップページ | 相変わらず人気の「第7ギョーザの店」ですが…… »

2017.08.09

石川県のB級グルメとして「八幡のすしべん」は外せません

石川県のB級グルメと言えば、「金沢カレー」が有名になりました。
「金沢カレー」という名前自体がそれほど古いものでは無く、かなり最近になって宣伝目的で付けられた名前ではあるため、地元では必ずしも好意的に受け取られているばかりではないのですが、それでも宣伝効果は十分なようで、観光客がターバンカレーやチャンピオンカレーの店に入っている事も珍しくなくなっています。
他にも「ハントンライス」などがテレビで紹介されたりして有名になっていますが、個人的にこれは外せないと思っているのが「八幡のすしべん」です。
本社が羽咋市にあり、創業地である羽咋から金沢や加賀地方へ進出してきたと言う所もちょっと珍しいですが、一番変わっているのはそのシステムでは無いでしょうか。


「すしべん」という名前から想像する通り、テイクアウトの寿司や弁当の販売を行っていますが、店内の飲食エリアで食べる事もできます。近頃はテイクアウト用の飲食物を店内のイートインエリアで食べられるというお店がありますが、そういうことをもう何十年も前からやっていたわけです。
さらに、販売しているのは弁当だけでは無く、いろんな総菜も販売していて、テイクアウトで持ち帰る事も出来ますし、店内で食べる事ももちろん出来るのです。
また、イートインエリアは単に食べられる場所があるというだけではなく、麺類や丼物などの販売も行っており、それを食べに来るお客さんも多いです。なので、総菜コーナーで選んだ総菜を持ってイートインエリアへ行き、そこで麺類や丼物を注文し、総菜をおかずに食べるというのが「八幡のすしべん」の特徴的なシステムとなっています。
このような形態のお店は全く無い訳ではないと思いますが、チェーン店(石川県内に27店舗)として展開しているのは珍しいと思います。


今回は「入江店」へ夕食を食べに行ってきました。


Img_0514


まずは総菜コーナーへ行っておかずを選びます。
量り売りの総菜の種類が多く、今回は酢豚と煮物を中心に、う巻きと鯖の竜田揚げを1切れずつ選びました。それと、アジフライが美味しそうだったので、単品のアジフライを一つ。


Img_0526


会計の方法もちょっと特殊なので、初めての人は戸惑うかもしれません。
まずは欲しい物をお皿に入れていきます。テイクアウトの場合は持ち帰り用のパックに入れていきます。
このとき、同じ料金の量り売りのものはまとめて入れてしまって構いませんが、料金の違うものや単品のものは別の容器に入れていきます。今回の場合ではアジフライを別皿で持って行きました。写真ではその後まとめて同じ皿に入れてます。
レジに持って行くと、量り売りのものは量を量ります。今回は307gと300gを僅かに超えてしまいました。
持ち帰りの場合はここでお金を払って持ち帰りますが、店内で食べる場合は伝票だけもらってイートインエリアへ向かいます。
麺類や丼物が欲しい場合はイートインエリアで注文します。


Img_0538


Img_0539


今回は「うどん」(260円)をいただきました。


Img_0529


注文したメニューが運ばれてくると、総菜を買ったときの伝票に注文した品が追加で書き込まれます。
もちろん天ぷらうどんやいなりうどんなど、いろいろと乗ったメニューもありますが、せっかくおかずに総菜を買ってきているので、うどんのほうは素うどんで十分です。
かまぼこは「UFOかまぼこ」が乗っていました。


Img_0535


UFOラーメンにこのかまぼこが乗っているのは知ってましたが、素うどんにも乗っているのは知らなかったです。
うどんは普通のゆで麺のうどんですが、出汁は薄味で鰹出汁の利いた美味しい出汁です。


食べ終わったら、伝票を持ってレジへ向かい、お金を払います。
今回は総菜とうどんを合わせて911円でした。
総菜の7gオーバーが無ければ900円で収まっていたと思われます。ちょっと悔しいかもww




お店は県内に27店舗。多くのお店が夜10時まで営業していて、24時間営業のお店もあります。
また、朝6時や7時から開店している店舗も多く、朝食を食べにくるお客さんも多いのです。
創業は昭和41年とのことですから、既に50年以上。観光客が訪れるようなお店ではありませんが、地元の人達に愛されてきた「八幡のすしべん」は、やはり石川県民のソウルフードの一つと言えるのではないでしょうか。

« 自販機でも売ってた | トップページ | 相変わらず人気の「第7ギョーザの店」ですが…… »

」カテゴリの記事

コメント

八幡のすしべんは射水市の8号線沿いにもお店がありました。
私も数度ですが利用しましたが、弁当に髪の毛が入っていたのを切っ掛けに利用しなくなりました。
会社の連中からも○○しくないの話しが出て間もなく閉店しておりました。
富山にはお店は現在はないのではと」思います。
石川県でお店を見掛けても、それ以来入ったことがありません。
今だったら衛生管理も改善されているでしょうし、今度、利用したいと思います。

SILVIA おじさん>
県外にも店舗があったことがあるんですね。
今は石川県内にしか無いですね。
味よりも値段や便利さで人気なのだとは思いますが、それでもあまりに不味いと流行らないでしょうね。うどん・そばの出汁は美味しいと思います。
先日行ったときは家族連れが数組いましたし、20代前半くらいの若いカップルもしました。客層はかなり広いです。
髪の毛は災難でしたね。そんなことがあったら、少なくともその店舗にはもう行かないでしょうね。
フランチャイズなので店による差はある程度あるんでしょうが、その店はやはりあまり良くなかったということでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/65628281

この記事へのトラックバック一覧です: 石川県のB級グルメとして「八幡のすしべん」は外せません:

« 自販機でも売ってた | トップページ | 相変わらず人気の「第7ギョーザの店」ですが…… »

にほんブログ村

Amazon.co.jp