2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 久しぶりの木場潟花菖蒲園は雨の中 | トップページ | 近頃の発煙筒は…… »

2017.06.12

イオンモール新小松はまだ混んでました

3月24日に開業したイオンモール新小松。開業から2ヶ月半以上経ちましたし、そろそろほとぼりも冷めているだろうと思い、土曜の昼食を食べに行ってみました。


Img_8203


渋滞などは全く無く、すんなりと駐車場にはたどり着きましたが、駐車場に空きがありません。
正面入口付近に4ブロックに分けた駐車場の空き状況を表示したパネル(ブロック単位で「空」、「満」を表示)があるのですが、2つ目のブロック以外は「空」表示となっているにもかかわらず、行ってみると全く空いていないのです。
駐車場の交通整理をしているのは一人だけ、それも正面入口の前です。しかも、特に空いている所へ誘導するような事もしていません。せめて各ブロックに一人ずつくらい配置して、空いている所に誘導してくれたらいいのにと思います。
結局、5分以上駐車場内を徘徊して、ようやく空きを見つけて車を駐めることができました。




今回の目的は昼食です。
飲食店があるのは、正面入口から右手の「小松食回廊」というエリアになります。


Img_8206


1階は店舗毎に飲食エリアを持つお店が並ぶレストラン区画です。
炙り牛たん万」や「鎌倉パスタ」などの多くのお店が並んでいます。
まだ11時半を少し回った所でしたが、人気のお店では店の前で待つ人の姿もちらほらと見られます。
特に「いきなり! ステーキ」の前にはとんでもない行列が出来ています。


Img_8221


後の方の人達はいったいどれだけ待つことになるんでしょうね。噂によると、常に2時間待ちの状態なんだとか。
テレビの取材も来ていて、行列をカメラで撮影していました。


Img_8225


そんな行列を尻目に、今回の目的は「チャンピオンカレーヌードル」でした。


Img_8207


『金沢カレー』として有名な「チャンピオンカレー」が新たに展開するカレーラーメン専門店で、このイオンモール新小松店が1号店となります。
カレーラーメン専門店なので、基本のメニューはカレーラーメンのみ。


Img_8209


「濃厚」、「淡麗」、「つけ麺」の3種類があります。
今回は「名物! Lカツカレーラーメン」の「濃厚」をいただいてきました。


Img_8215


カツにはソースがかかっているところもチャンカレらしいところです。
金沢カレーの特徴であるキャベツも入っていますが、量は少なめ。


Img_8216


キャベツはトッピング(100円)で追加することもできます。
また、キャベツの横にはカレー粉のようなものが。これが「濃厚」の秘密なんでしょうか。「淡麗」にもこれが付いてくるのかどうかは判りませんが、これを混ぜることでスープの濃厚さが増した気はしました。
麺は細めで弱い縮れのものでした。


Img_8220


カレーラーメンには太麺よりも細めの麺が合うような気がします。
紙エプロンを出してもらえるのは嬉しいですね。


Img_8212


スープの味は、所謂金沢カレーとはまた少し違う気がします。ラーメン用に新たに作ったものなのでしょうね。あまり辛くない所は金沢カレーらしい気もしますが、やはりカレーなのでスパイスはいろいろ入っているようで、大汗を掻きながら食べる事になりました。
一般的に「カレーラーメン」というと、ラーメンの上にカレーのルーが乗っている(カレーうどんのうどんの代わりにラーメンの麺が入っているような)タイプを想像しますが、こちらのカレーラーメンは、「醤油ラーメン」とか「味噌ラーメン」の「醤油」や「味噌」の部分が「カレー」になったものとでも言いますか、スープ自体が「カレースープ」なんですね。ここが一般的なカレーラーメンとの大きな違いだと思います。
また、今回はLカツカレーラーメンを食べましたが、カツがスープの中に入っている事になります。そのため、カツの衣のサクサク感というのはどうしてもスポイルされてしまいます。これが許せないという人もいるかもしれませんね。そういう人にはカツ無しのラーメンがお勧めです。トッピングにはチャーシューもありますので、そちらを選ぶのもいいかもしれません。ただ、衣が溶けてどろどろになってしまうと言うような事も無かったので、汁に浸けることを考慮した衣になっているのかもしれません。
キャベツが申し訳程度にしか入っていないのはちょっと残念です。トッピングで追加することもできますが、どうせなら最初からそれくらいの量が入っていて欲しいと思いました。
値段も安いとは言えません。今回のLカツカレーラーメンは1,050円ですが、これが税抜き価格だという罠。レジでの支払額は税込み1,134円となりました。これにキャベツを付けようものならさらに108円プラスになってしまいます。
スープも少し余り気味になるのでライスも欲しい所ですが、こちらも税抜き100円です(平日のランチタイムにはライスが無料になるそうです)。
カレーラーメン専門というところも厳しい部分があるのかもしれませんが、お客さんの入りは席数に対して2~3割といったところでした。待ちができているお店もなる中(いきなり! ステーキはちょっと別にしても)でこの客数は厳しいかもしれません。
味は悪くは無いと思うので、早々に閉店などと言うことにならないように祈りたいです。




2階はフードコート区画です。
8番らーめんエクスプレス」や「ローストビーフ 星」など、多くのお店が並んでいます。
ちゃんとした量のものを出すお店が多く、もう少し『ちょっと小腹が空いた』時に軽く食べられるようなお店があればいいんですけどね。今回は1階でカレーラーメンを食べてしまっているので、あまりまともな量のものは食べられません。そこで、「築地銀だこ」のたこ焼きを食べることに。築地銀だこは他のモールなどにあるフードコートでも食べたことがありますが、他に手軽に食べられるような店は無かったんですよね。


Dsc_0124


新作の「青じそおろしポン酢」というのが期間限定ということで、こちらをいただいてきました。


Img_8228


8個入りが標準ですが、今回は6個入りのものを頂いてきました。若干割高となる事もあり、6個入りを注文している人は他にはいませんでしたね(^^;)。
たこ焼きそのものは以前に食べたものと特に変わりませんが、外がカリッとして中がトロっとしているたこ焼きはとても美味しいです。
「青じそおろしポン酢」は、リケンのノンオイル青じそと大根おろしが付いてきます。


Img_8230


とてもさっぱりとしていて美味しかったです。


フードコート区画には多くの4人掛けテーブルが並んでいます。席数が多いので、探せば空いている所はありますが、おひとりさま向けの席が非常に少ないのが残念でした。一人で来ている人はほとんどいなかったので、店側の判断としては間違ってはいないのでしょうが、小矢部の三井アウトレットパークのフードコートではここよりももう少しおひとりさま向けの席が多かったのが嬉しかったですからね。




3階は映画館です。


Dsc_0125


石川県内には既に多くのシネコンがあり、人口に対してスクリーン数が多すぎなんじゃないかと思うほどですが、金沢とその近郊に集中しているため、小松や加賀の人達にとってはこの映画館の存在は非常に大きいのではないかと思います。
上映している映画は他のシネコンと違いはありませんが、ちょっと気になったのがこちら。


Dsc_0128


6月17日から2週間限定での公開のようです。石川県内では初上映なのではないでしょうか。他の劇場での公開という話は聞きませんので、イオンシネマ新小松のみの上映ではないかと思われます。
作品自体はもう円盤で見てしまっていますが、映画館で見るのもいいかも、とちょっと思ってしまいます。


3階にはペットショップもありました。
ほとんどが犬で、猫は3匹しかいなかったのがちょっと寂しかったです。
ペットショップの奥には「ふれあい動物園」というのもありました。
ひよこやモルモットなどとふれあえるのですが、入場料が4歳以上600円、中学生以上1,000円となかなかのお値段。しかも10歳未満の子供は保護者の同伴が必要です。それでも多くの子供たち(とその親御さん)で賑わっていました。
フクロウとふれあえるということも人気の理由かもしれません。
アピタタウン金沢ベイ」にもあるそうですね。




特に何か買う物があるわけでもないのですが、せっかく来たのだからどんなものかちょっと見てこようということで、ショッピングモールの方も一通り見て廻ってきました。
屋内型のモールというのは小矢部の「三井アウトレットパーク 北陸小矢部」にも既にありますから、特に珍しい訳でもありません。イオンモールでも「イオンモールかほく」がやはり屋内型です。
飲食店エリア以外でもカフェスペースが各階にあり、コーヒーなどが飲めるお店がありました。
カフェの横には「白山Terrace」という休憩エリアが有り、天気が良ければ白山が見えるようです。


Img_8235


この日は曇っていて全く見えませんでしたが。


Img_8234


本屋や100均(seria)などもありますが、本屋や100均へ行くのにわざわざここへ来る事は無いでしょう。
それでもお店の数がとても多いので、見ているだけでも楽しいですし、見るだけならお金もかかりませんから、来ている人がみんな何かを買っている訳では無いと思います。
今はまだ多くのお客さんが来て駐車場に駐めるのも大変な状態ですが、もうしばらくすると駐車場も駐め放題なくらいの客数になってくるでしょうね。三井アウトレットパーク 北陸小矢部も開店当初は周辺が大渋滞するほどでしたが、今では駐車場も十分に空いていて、行きやすくなってますからね。

« 久しぶりの木場潟花菖蒲園は雨の中 | トップページ | 近頃の発煙筒は…… »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/65398252

この記事へのトラックバック一覧です: イオンモール新小松はまだ混んでました:

« 久しぶりの木場潟花菖蒲園は雨の中 | トップページ | 近頃の発煙筒は…… »

にほんブログ村

Amazon.co.jp