2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 高岡古城公園自然資料館は動物園の中にあります | トップページ | 繋がらなくなったのではなく、切れなくなった? »

2017.02.23

富山のセルフうどん「氷見うどん 美濃屋」

土曜の昼食は、高岡古城公園近くの「氷見うどん 美濃屋」へ行ってみました。


Img_6283


セルフのうどん屋さんで、氷見市で「美乃氷見うどん」を作っている「美濃屋」さんの直営店です。
「はなまるうどん」や「丸亀製麺」といった全国チェーンのセルフ讃岐うどん店はあちこちにありますが、「氷見うどん」のセルフ店というのは富山にしか無いでしょうね。
システムは一般的なセルフのうどん屋とほぼ同じで、入口を入った所にある麺の受け取り場所でうどんを受け取ります。定食やカレーうどんもここで注文します。
うどんを受け取り、お好みのトッピングを取り皿に取ってレジで会計した後、レジ横でうどんの丼に出汁を入れます(『出汁は多めに入れてください』と書かれていました)。


今回はうどん(大)を頂きました。


Img_6285


氷見うどんは讃岐うどんに比べると細い麺ですが、つるつるでもちもちとした食感が特徴です。
讃岐うどんほどではないもののコシもありますし、とても美味しいうどんです。
出汁は薄口の関西風で、私の好みです。富山では関東風の出汁を使っている店も多いですが、氷見辺りは石川とも隣接していますし、富山の中では関西風の味付けが多いですね(お店は高岡市内ですが)。
トッピングは天ぷらが多いのですが、アジフライがとても美味しそうだったので、アジフライと高岡コロッケを頂きました。


Img_6289


セルフのうどん屋さんはどこでもそうですが、トッピングは出来上がった物を店頭に並べているので、冷めてしまっている事が多いです。今回もコロッケはちょっと冷めてました。アジフライはちょうど出来上がって並べたばかりの物を頂くことが出来たので、熱々で美味しかったです。
セルフのうどん屋さんって、うどんそのものは安いのですが、ついついトッピングをたくさん選んでしまって値段が上がってしまうんですよね。今回の合計金額は600円でした。


大変美味しくいただきました。

« 高岡古城公園自然資料館は動物園の中にあります | トップページ | 繋がらなくなったのではなく、切れなくなった? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/64913602

この記事へのトラックバック一覧です: 富山のセルフうどん「氷見うどん 美濃屋」:

« 高岡古城公園自然資料館は動物園の中にあります | トップページ | 繋がらなくなったのではなく、切れなくなった? »

にほんブログ村

Amazon.co.jp