2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 豚蔵 せせらぎ通り店 | トップページ | 雪が降ったら雪だるま »

2017.02.15

金沢駅でもICOCAと自動改札の準備が始められています

JR金沢駅の在来線では、しばらく前から改札位置が少し手前に移動し、仮設の改札のようになっていました。


Img_6243


何でだろうと疑問に思っていたのですが、先日、JR北陸本線の金沢-大聖寺駅間で4月15日からICOCAの利用が可能になるというアナウンスがありました。また、同時にいくつかの駅で自動改札が導入されると言うことで、そのための準備を進めていたようです。


Img_6245


カバーが掛けられた自動改札機と思われる機械も置かれていました。


Img_6247


改札内にはICOCAの精算機と思われる機械も2台カバーが掛かった状態で置かれていました。


Img_6249


金沢駅の他、小松駅と松任駅でも自動改札機が登場します。松任駅の改札にも、カバーが掛けられた自動改札機が並んでいました。


Img_6256


Img_6261


先日、富山の高岡駅に設置された自動改札機はカード専用だということですが、石川県内に設置される自動改札機はカードときっぷのどちらも使えるタイプだそうです。


また、JR金沢駅ではきっぷの自動販売機にちょっとした変化が。


Img_6235


3セク移管後、JR線とIRいしかわ鉄道線とできっぷの販売機が別になりましたが、どちらも水色系統だったため、ぱっと見で区別がつきにくかったのです。JR西のコーポレートカラーも水色ですし、IRいしかわ鉄道のコーポレートカラーもJR西よりはちょっと薄い色ですが、似たような色なんですよね。判りにくいという声が多かったのか、JR西の販売機はピンク色になりました。


Img_6237


これなら一目で区別がつきます。
ただ、相変わらずややこしいのが、JR線であっても七尾線のきっぷはIRいしかわ鉄道側の販売機で買うんですよね。


Img_6240


Img_6239


要は、福井方面はJR西側の販売機で、津幡方面(富山行きや七尾行き)はIRいしかわ鉄道側でということなのです。西へ行くか東へ行くかで販売機が違うということになるので、一般的にはこのほうが判りやすいのかもしれませんが、中には『七尾線はJR線だからきっぷもJR線の販売機で買うのだろう』と思ってしまう人もいるのでは無いかと思います。
津幡まではJRとIRの区別は無く、同じきっぷでどちらの電車にも乗れますから、この販売方法が理にかなっているのでしょうけどね。


また、金沢駅のホームではベンチの設置方向が90度転換され、線路と平行な方向に座るようになっていました。


Img_6253


一般的なホームのベンチは線路に向かって座る形になる物が多いですが、こちらの方が酔っ払いの線路への転落事故などが少なくなるとのことです。
個人的にはそもそももっとベンチの数を増やせないのだろうかと思いますけど。

« 豚蔵 せせらぎ通り店 | トップページ | 雪が降ったら雪だるま »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/64884445

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢駅でもICOCAと自動改札の準備が始められています:

« 豚蔵 せせらぎ通り店 | トップページ | 雪が降ったら雪だるま »

にほんブログ村

Amazon.co.jp