2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« Windows10設定変更のメモ(前編) | トップページ | 映画「ポッピンQ」 »

2016.12.22

Windows10設定変更のメモ(後編・SSD編)

後編はSSDに関連する設定です。


SSDを使う場合、デフラグはオフにするというのは常識でした。
ThinkPad Edge 11"(OSはWindows7)をSSD(Intelの335シリーズ240GB)に換装したときも当然デフラグはオフにしました。デフラグの代わりにIntelのユーティリティを使って最適化処理を行うようになっていて、週一くらいで実行するように推奨されていました。


ところが時代は変わっていたのです。


なんと、Windows10ではSSDでもデフラグをしたほうがいいとのこと。どうやら、Windows8(8.1かも)以降のデフラグはディスクがHDDかSSDかを判断し、SSDの場合は通常のデフラグではなくTrimを実行するのだそうです。IntelのユーティリティでやっているのもこのTrimだと考えられます。
Windows8以降はMicrosoft自身がSSDを使ったSurfaceを販売したりもしてますので、OSレベルでSSDへの対応を進めているんでしょう。
そんなわけで、オフにしようと思っていたデフラグ設定は変更せず、その代わりにSSDの場合には設定した方がいいと言われている設定をいくつか変更しました。


休止(ハイバネーション)を無効化
そもそも休止状態を使うのは起動時間を短くするのが目的ですが、SSDなので起動も早く、休止状態を無効化しても全く問題はありません。
hiberfil.sysが不要になるので、ディスクの空き容量も増えます。
管理者権限でコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。


 >powercfg /h off




インデックスの無効化
こちらもアクセスの早いSSDでは不要ですし、SSDの容量確保と書き込み回数の削減を目的に無効化します。
ディスクのプロパティで設定します。設定変更時の処理にはかなり時間がかかります。




Windows Searchの無効化
インデックスの無効化と同様の理由と目的ですね。
こちらは "Windows Search" というサービスを無効化します。
サービスを無効化した後、インデックスファイルを削除します。インデックスファイルは


 C:\ProgramData\Microsoft\Search\Data\Applications\Windows\Windows.edb


というファイルになります。


なお、SpuerfetchとPrefetchについてもSSDの場合は不要だと言われていますが、Windows10の場合はオフにしない方がいいという意見もあったので、今のところはオンで使っています。もう少し調べてから、どうするか決めようと思っています。




システムエラーファイルの抑制
システムエラーが発生したときにシステムログにイベントを書き込むのを抑制します。
こちらも理由と目的はインデックスの無効化と同様です。どうせイベントログは利用してませんから。
「システムの詳細設定」の「起動と回復」から「システムログにイベントを書き込む」のチェックを外し、「デバッグ情報の書き込み」に「(なし)」を選択します。




また、以下については今のところ有効としていますが、今後オフにするかどうかを検討していきます。


仮想メモリの無効化
メインメモリは8GBなので、私の使い方では通常は足りなくなることは無いと思われます。ただ、グラフィックのメモリもここから使われるので、ちょっと微妙かも。大丈夫そうなら仮想メモリを無効化しようと思います。




システムの復元の無効化
システムの復元って結構ディスク容量を食ってるんですよね。家のパソコンでは利用したことはありませんが、会社のパソコンでは2、3度使ったことがあります。保健みたいなものですが、システムの復元を無効化するか、それともこまめに古い復元を削除するか、どちらがいいのか思案中です。
とりあえずは一旦古い復元の削除と旧バージョンのバックアップ(Aniversary Update時に作られたと思われる)を削除してディスクの空き容量を増やしました。


Img_3703


参考にさせて頂いたサイト
http://www.japan-secure.com/entry/for_ssd_optimization_and_life-prolonging_measures.html
https://xinroom.net/pc/win10-ssd-setting/
http://www.wannko.net/windows10/app/trim.html
など。




さて、使わなくなったThinkPad Edge 11"ですが、とりあえずSSDを元のHDDに戻してリカバリーメディアからWindows7を再セットアップし、初期状態に戻しました。
別に壊れている訳では無いので捨てるのはもったいないですが、かと言って周りに欲しいと言う人もいません。どうしたものかと思案中です……

« Windows10設定変更のメモ(前編) | トップページ | 映画「ポッピンQ」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/64641505

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10設定変更のメモ(後編・SSD編):

« Windows10設定変更のメモ(前編) | トップページ | 映画「ポッピンQ」 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp