2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 京都鉄道博物館(その3) 車両以外のいろいろ | トップページ | 福井・食べ物編 »

2016.11.11

京都・食べ物編

京都では朝食と昼食を食べてきました。
朝は家を出るのが早かったので、家では食べずに出てきました。小松駅の乗り換えにもう少し時間があれば蕎麦でも食べてきたのですが、そこまでの時間はありません。サンダーバードの車内販売も無くなってしまいましたので、朝食は少し遅めになりますが京都駅に着いてから食べる事に。
駅に近くて10時には開いている店ということで、「新福菜館 本店」へ行ってきました。


Img_3250


京都の老舗のラーメン屋さんです。
隣にはやはり京都で有名な「第一旭」があります。


Img_3280


どちらも朝からやっていますが、第一旭へは以前一度行ったことがあるので、今回は新福菜館へ行くことに。
メニューは基本的に「中華そば」です。


Img_3256


今回は一番人気という「竹入り中華そば」を頂くことに。


Img_3260


スープはまるで「富山ブラック」のように濃い色をしていますが、味はとてもあっさりしていて、ギャップが激しいです。
麺はやや細めのストレート。


Img_3265


京都のラーメンにはこういう麺が多い気がします。
竹入と言うことでメンマがたくさん入っていますが、とても柔らかく煮込まれています。また、チャーシューもたっぷりと入っています。


Img_3269_2


これでもまだ一部で、チャーシュー麺を頼んだのかと思うほどの量です。チャーシュー麺というメニューもありますが、いったいどれだけ大量のチャーシューが入っているんでしょうか。
テーブルの上には胡椒と豆板醤が置いてありました。


Img_3258


そこで、最後にスープに豆板醤を入れてみましたが、これがかなりの激辛です。スープがあっさりしているので、ほとんど豆板醤味になります。個人的には入れない方がいいです。元々激辛は苦手ですし。




昼食は京都鉄道博物館のレストランで。
12時近くにレストラン前へ行ってみると、既に長い行列が出来ています。


Imgp7792


朝は少し遅めでしたし、元々13時頃に食べられればいいかと思っていたので、もう少し時間が経って列が短くなることを期待し、展示を見て回っていました。
そして12時50分頃になってレストラン前に戻ってみると、列の長さは相変わらずです。しかし、短くはなっていませんが長くもなっていません。レストラン内を覗いてみましたが、席は少し空いています。食券方式なので、食券を買うのに並んでいるという感じです。初めから少しくらい並ぶのは予定のうちでしたし、思い切って列に並ぶことにしました。
列は思ったよりも早く進み、食券の販売機にたどり着くまで15分ちょっとでした。
メニューはいろいろあります。


Img_3308


うどんが750円、中華そばが700円と、施設内のレストランとしては案外良心的な値段です。しかし、人気がありそうなカレーやオムライスはやや高めに感じます。
でも、どうせならここでしか食べられないものを食べたいですから、「梅小路扇形車庫カレー」(1,000円)を頂くことに。


Img_3313


食券を買ってから、その食券を渡す所までがまたちょっとした行列です。5分ほど並んで食券を渡すと、出来上がったら呼び出しが鳴るブザーを渡されますので、それを受け取り座席を確保しに行きます。
一人なので窓際のカウンター席が空いていればよかったのですが、空いてなかったので2人掛けのテーブルを一人で占拠することになりました。
呼び出しがかかるまで10分弱、並び始めてから約30分でようやく食事にありつけました。


Img_3325


ご飯が扇形車庫で、目玉焼きが転車台、ウインナーが蒸気機関車か線路を表しているようです。
カレーはかなり黒目の、一見金沢カレーのような色をしていますが、金沢カレーのようにどろっとしたものでは無く普通のカレーです。辛さは中辛程度でしょうか。甘口ではないので、小さい子供向けにはやはり「ドクターイエローオムライス」がお勧めですね。




京都鉄道博物館では、帰りにお土産も買っていきました。


Img_3398


ミュージアムショップは多くのお客さんであふれています。
今回は鉄道博物館パッケージの生八つ橋を購入。


Img_3513


Img_3507


生八つ橋は好きなので、ここで買わなかったとしても帰りの京都駅ででも買おうと考えていましたので、ここで買っていくことに。ニッキと抹茶が5個ずつ入って540円と値段も手頃です。
もう一つは「車輪缶クッキー」です。


Img_3521


入れ物が何かに使えそうかなと思って買ってみました。一口サイズのクッキーが12個入りで1,080円となかなかいい値段ですが、入れ物の値段なのでしょうか。




帰りの電車に乗る前、京都駅のホームで「こたべ」という一口サイズの生八つ橋を購入。


Img_3460


Img_3465


夕食は家に帰ってからになるのでまだ3時間ほど先です。そこで帰りの電車で食べるのに買いました。
一口サイズのものが5個で348円(だったかな? ちょっと記憶が曖昧)。鉄道博物館で買った普通サイズの10個入りが540円ですから、かなり割高ですね。でも、一度に食べきるにはちょうどいい量でした。




食も京都を満喫した(と言っていいよね?)一日でした。

« 京都鉄道博物館(その3) 車両以外のいろいろ | トップページ | 福井・食べ物編 »

」カテゴリの記事

コメント

京都に5年ほど住んでおりましたが、京都ラーメンには中細ストレート麺が多かったような気がします。
富山に帰って来て30年近くですが今でもストレート麺が好きです。

SILVIA おじさん>
こちらのラーメンではなかなか見かけない麺ですよね。
京都には多くて他ではまずらしいというのは何か理由があるんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/64454935

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・食べ物編:

« 京都鉄道博物館(その3) 車両以外のいろいろ | トップページ | 福井・食べ物編 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp