2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 京都鉄道博物館(その2) 梅小路機関車庫 | トップページ | 京都鉄道博物館(その3) 車両以外のいろいろ »

2016.11.09

福井にもある「かずら橋」

京都鉄道博物館ネタはもう少し続きますが、今回は土曜に行ってきた「かずら橋」です。




土曜の午前中は、福井の池田町へ行ってきました。


Imgp9178


ここには「かずら橋」があります。
かずら橋とはサルナシ(しらくちかずら)などの葛類を使って架けられた吊り橋で、徳島県にあるものが有名ですが(先日、アニメ『うどんの国の金色毛鞠』にも登場してましたね)、福井にもあるのです。パワースポットとしても有名なんだそうです。


R417を走って行くと道沿いに広い駐車場がありますので、そこに車を駐めて歩いて行きます。


Img_3527


Imgp9141


200mほど行くと、橋の看板が見えます。


Imgp9170


階段を降りていくと橋があります。


Imgp9180


この橋は有料で、大人300円、小人200円となっています。


Imgp9186


こちら側から行くと、料金所は橋を渡った所にあります。


Imgp9606


Img_3532


帰りはまた料金が必要なのか、それとも川の反対側から駐車場に戻るのか、とちょっと心配してましたが、その日一日は渡り放題で、何度でも渡って頂けますよとのことでした。
全長は44mと、なかなか立派な吊り橋です。


Imgp9196


Imgp9399


さすがに植物だけで橋を吊っている訳では無く、中心部はワイヤーが通っていてその周りに植物を巻き付けていますし、ワイヤーもしっかりとした金具で固定されています。


Imgp9420


しかしそこは吊り橋。揺れはかなりのものです。
橋の板も10cmほどの隙間があり、下がよく見えます。


Imgp9236


普通に橋を渡るために歩いている分には問題ありませんが、橋の上から川の写真を撮ろうと横を向くと、場所によっては結構足の幅ぎりぎりの所もあったりします。


Imgp9614


大人ならなんとか大丈夫ですが、子供だったら落ちそうですね。


橋の下を流れるのは足羽川です。


Imgp9243


もう少し紅葉が進んだ頃の方がもっときれいだったでしょうね。但し、冬期(12~3月)は閉鎖されるそうです。また、天候が著しく悪い場合なども閉鎖されることがあるそうです。
橋を渡った先には川の方へ降りていく階段があり、下から橋を眺めることも出来ます。


Imgp9380


また、周辺は遊歩道が整備されていて、川沿いを散策する事も出来ます。


Imgp9428


Imgp9476


この辺りは「志津原リゾート」の一部となっていて、観光案内所となっている建物には水車が回っていました。


Imgp9547


中には古民具の展示もあります。


Img_3534


Img_3536


池にはたくさんの鯉が泳いでいました。


Imgp9546


鯉の餌も販売されているため、人が近づくと鯉が餌をもらいに集まってきます。
「ふれあい道場」という蕎麦屋も人気です。


Imgp9540


店の前の駐車場には開店早々から多くの車が来ていました。


マイナーな所なのであまり人がいないのではと思っていましたが、着いた時こそまだ時間が早かったので私一人でしたが、その後は次々と人がやってきて、帰りには駐車場も2/3以上埋まっているほどでした。

« 京都鉄道博物館(その2) 梅小路機関車庫 | トップページ | 京都鉄道博物館(その3) 車両以外のいろいろ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/64454889

この記事へのトラックバック一覧です: 福井にもある「かずら橋」:

« 京都鉄道博物館(その2) 梅小路機関車庫 | トップページ | 京都鉄道博物館(その3) 車両以外のいろいろ »

にほんブログ村

Amazon.co.jp