2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 京都・食べ物編 | トップページ | 丸岡城は遅かった…… »

2016.11.12

福井・食べ物編

土曜は福井で昼食でした。
かずら橋からの帰り、橋から車で10分ほどの所にある「そば処 一福」です。


Img_3558


Img_3540


この店オリジナルという「塩だしおろしそば」が有名なお店です。


Img_3543


店に着いたのは12時10分ほど前でしたが、既に店の前には並んでいる人の姿が。
駐車場はかなり広いのですが、それでも残りは2台分くらいで、結構ぎりぎりという感じでした。
入口で名前を書いて待つこと10分ほど。回転はかなりいいようで、前に4組くらいの名前が書かれていましたが、それほど待たずに入店できました。
注文したのはおろしそばの「塩だし」と「生醤油」(各680円)、それと、塩だしを使った「葉わさび塩だし茶漬け」(540円)です。最初はおろしそばを3種類食べようと思っていたのですが、一日30食限定という「葉わさび塩だし茶漬け」というのがあったので、普通の醤油だしおろしそばを止めてこちらを頂きました。注文している人も多く、本当に数量限定なのかはちょっと判りません。
追加注文は不可とのことで、まとめて3品注文します。


まずは水やお茶の代わりにそば湯が出てきます。


Img_3547


僅かにとろみがあり、とても美味しかったです。蕎麦が出てくる前に飲み終わってしまいましたが、おかわりを入れてくれました。完全に水やお茶の代わりとして出してますね。


最初に出てきたのは「葉わさび塩だし茶漬け」です。


Img_3550


暖かいのと冷たいのを選べるとのことでしたが、今回は暖かいのを頂きました。
かなり盛大にわさびが乗ってます。これに塩だしおろしそばでも使われている出汁をかけて頂きます。
さて、出汁をかけて食べようかと思ったら、すぐに蕎麦の方も出てきました。
こちらが「塩だし」です。


Img_3556


醤油だしとは違って、出汁に色が付いていません。
そしてこちらが「生醤油」。


Img_3553


塩だしはかなり濃いめの味つけで、蕎麦と一緒に食べるとちょうどいい塩梅ですが、出汁だけで飲んでみるとちょっと濃いですね。
逆に生醤油はもっと濃い味かと思っていましたが、以外とあっさりというか、思っていたより薄味です。また、生醤油の方はかなりわさびが利いています。大根は辛味大根ではないですが、多少の辛さはありました。そこへさらにわさびの辛さが合わさって、かなりの辛さです。
そして塩だし茶漬けは、出汁がご飯にちょうどいいです。
最後に、塩だしをそば湯で割って飲んでみましたが、これがまた美味しかったです。
どれも、人気になるのが肯ける美味しさでした。




昼食を食べて武生へ向かってちょっと行った所に「まちの駅」という大きな看板が見えました。


Img_3587


元々水分確保のために目的地までの途中でコンビニへでも寄ろうと思っていたので、道の駅みたいなものかと思ってちょっと寄ってみました。


Img_3575


まちの市場 こってコテいけだ」という所で、地元の食材を使った加工品の販売やランチもやってます。
最近は道の駅でもそのようなものを売っている所が増えて来ていますが、道の駅との一番の違いは、来ているお客さんがほぼ全員地元の人だと言うこと。よそ者は私一人だったのでは無いかと思われます。
そのため皆さん顔見知りで、お客さんとお店の人、お客さん同士、みんな普通に世間話をしています。客層は部活帰りの学生から近所のおじいちゃん、おばあちゃんまでと幅広く、ちょうど昼時だったためランチを食べに来ていた人も多かったです。地元の人達の交流の場として作られた所のようですね。駐車場もそこそこ広いのですが、空きは常に2台から4台と言う感じで、車が出ていった後には別の車が入ってくるような状態でした。
営業時間も9時から19時まで(夏期は20時まで)と、今時普通のスーパーでももっと遅くまでやってるぞという営業時間です。


Img_3583


ランチも安くて魅力的でしたが、昼はだし茶漬けまで食べたのでもうお腹いっぱいです。
すると、店の外で串焼きを売っている所がありました(ここのお兄さんも地元の人のようです)。


Img_3576


地元池田町の肉を使った串焼きで、牛串が400円でした。しかし牛串は先日白川郷でも食べてきましたし、今回は「池田猪串焼」(200円)を頂いてきました。


Img_3579


こういう露店の串焼きというと、ある程度火を通したものを用意しておいて、注文があるともう一回火を通して温めるという所もあったりしますが、ここでは生肉を串に刺した状態のものを出してきて焼いてくれます。そのため出来上がりには少々時間がかかりますが、熱々の串焼きが頂けます。時間をかけて焼いているので串も持てないほど熱くなっているので、紙コップに入れて渡してくれます。
猪肉は豚肉に近い味ですが、豚肉よりはやや濃厚な感じです。値段は牛串の半分でこの味ならかなりお買い得ではないでしょうか。
残念だったのは、今年のソフトクリームの販売が終わってしまっていたことです。


Img_3567


夏場にしかやってないようですね。今度は夏にソフトクリームを食べに行きたいです。

« 京都・食べ物編 | トップページ | 丸岡城は遅かった…… »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/64454953

この記事へのトラックバック一覧です: 福井・食べ物編:

« 京都・食べ物編 | トップページ | 丸岡城は遅かった…… »

にほんブログ村

Amazon.co.jp