2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 300余年続く伝統の奇祭「福岡町つくりもんまつり」 | トップページ | 高岡・食べ物編 »

2016.09.26

こちらも初訪問の「中田かかし祭」

土曜の午後からは、同じく高岡で行われている「中田かかし祭」へ行ってきました。


Imgp2424


戸出の七夕まつり、福岡町のつくりもんまつりと合わせて、高岡市商工会三大まつりの一つに数えられています。


Imgp1976


他の2つに比べると規模は小さいように思いますが、それでも今年で33回目を迎えるということで、かなり長く続いている祭のようです。
中田中央公園と中田コミュニティセンター周辺に、地元の人達が作ったかかしが約220体並んでいます。


Imgp2737


Imgp2715


世相を反映したものが多く、やはり今年はオリンピック関連のものが多かったですね。


Imgp2538


Imgp2666


安倍マリオっていうのもやっぱりオリンピック関連と言っていいのかな。


小池新東京都知事や舛添前都知事のかかしも複数ありました。


Imgp2651


24時間テレビでマラソンを走った林家たい平師匠もいます。


Imgp2430


マンガやアニメのキャラクターというのも定番です。


Imgp2628


Imgp2664


やはりポケモン関連のものが多いです。


Imgp2714


Imgp2768


ジブリ関連のものも多いですね。


Imgp2480


Imgp2553


個人的にはこれがお気に入り。


Imgp2750


たぶんジジですね。


Imgp2520


もはやかかしと言えるのかどうか微妙な所ですが。


「とと姉ちゃん」からは森田屋の大将が登場。


Imgp2508


なぜこのキャラを選んだ?


富山らしいのは「ダイオウイカ」のスルメかかしです。


Imgp2648


大河ドラマ誘致を目指して、木曽義仲の倶利伽羅峠の戦いをかかしで再現しています。


Imgp2809


Imgp2811


矢で打たれて倒れている人のかかしもww


Imgp2470


こちらも地元ならではのネタです。


Imgp2599


もうかかしには見えませんけどね。


一番意味不明だったのはこちら。


Imgp2583


右側のは、完全に馬のかぶり物をかぶった人ですよね。




今回は初訪問ということで、福岡つくりもんまつりの駐車場から出ているシャトルバスに乗って会場まで移動しました。


Img_2185


シャトルバスは福岡から中田まで片道40分かかります。直接自分の車で移動した方が時間は短くなるとは思うのですが、駐車場の場所も良く判らず、どの程度の空き具合なのかも判らなかったので、その辺の下見も兼ねていました。
中田地区コミュニティ協議会のホームページでは祭の告知はあるのですが、かかしを出品する人向けの情報ばかりで、臨時駐車場の場所などといった情報は何も提供されていないのです。
駐車場は何カ所かに分かれていますが、一番利用しやすいアルビスとその向かいの臨時駐車場はずっと満車状態でした。


Imgp2719


三協立山アルミの駐車場はまだまだ余裕がありました。


Imgp2723


会場からもそんなに離れていませんし、次に行く時はここに車を駐めようと思います。
他にも公園の南側に臨時駐車場があったようですが、会場から一番遠いのと、広さもあまり無さそうだったので、駐める人は少なかったようです。穴場ではあるかもしれません。

« 300余年続く伝統の奇祭「福岡町つくりもんまつり」 | トップページ | 高岡・食べ物編 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

うちの会社に中田かかしの役員がおりますので。この記事をみるよう言っておきます。
私も、もう少し詳しくホームページで案内してくれても良いと思います。
私は逆のパターンでシャトルに乗車を考えておりましたがバスは待っても来ませんでした。
実は日曜日はすでに“つくりもん”は終わっていました。
中田かかしのホームページだけしか見ていなかったので気が付きませんでした。
バカかと思われるかも知れませんが、恥ずかしい話しで2年連続のことです。

中田かかし祭りは3年ほど前までは中田地区の商店街全体を使っていたのですが、
現在では規模を縮小しておりますね。予算が無いのでしょうね。smile

SILVIA おじさん>
シャトルバスの情報もなかなか見つかりませんでしたね。
つくりもんからかかしへ移動したので、帰りはバスを降りた場所から乗ればいいと判りましたが、逆になった場合はかかしからのバス乗り場がどこにあるか判らなかったでしょう。
結局は地区内の祭で、県外から見に来るような人をそもそも想定していないのだと思います。

かかしとつくりもんの両方が重なっているのは24日だけでしたからね。
つくりもんのほうは毎年日が決まっているのでしょう。そうでなければ、土日にやってるでしょうから。
23日は年休取って休みだったので行こうと思えば行けたのですが、両方を見たかったので24日に行きました。23日は天気も良くなかったですし。
予算が無いのか、出展数が減っているからなのかは判りませんが、規模が縮小されていくのは寂しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/64254471

この記事へのトラックバック一覧です: こちらも初訪問の「中田かかし祭」:

« 300余年続く伝統の奇祭「福岡町つくりもんまつり」 | トップページ | 高岡・食べ物編 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp