2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« あンた背中が煤けてるぜ | トップページ | 風車会館と義経号 »

2016.09.11

そうだ、鯖を食べに行こう……

先日、新湊で白エビのかき揚げを食べた後、なんだか無性に焼き魚が食べたくなりました。
外食で魚介というとどうしても海鮮丼のようなものを食べる事が多く、あまり焼き魚や煮魚は食べません。スーパーの総菜とかでは良く食べてはいるんですけどね。
ということで、小浜へ鯖を食べに行くことにしました。


小浜へは舞鶴若狭自動車道が開通してからは車で行きやすくなりましたが、久しぶりに電車に少し長い時間乗りたくなったので、「北陸お出かけパス」を購入。


Img_1634


電車の本数が少なく、乗り換えも間が空いてしまうのであまり選択肢はないのですが、11:46に小浜着の小浜線に乗って小浜駅に到着しました。


Img_1793


Img_1810


駅から徒歩10分弱の所にある「いづみ町商店街」のアーケード街を目指して歩きます。


Img_1822


アーケード街に入って少し進むと、今回の目的である「大谷食堂」に到着です。


Img_1834


この辺りは何年か前に小浜を散策した時に通った事がありますが、その時はこのお店の存在を知りませんでした。
お店の入口を入ると、細い通路になっています。


Img_1857


ご飯が入った大きなジャーが置いてあったりするので、一瞬間違えて裏口から入ってしまったのかと思うほどですが、細い通路を進むと座敷があります。
お店に入ったのは12時ちょっと過ぎでしたが、既に何組ものお客さんが入っていて、大きなテーブルは埋まっています。しかし、注文した品が出てきているのは一組だけでしたので、皆さん来たばかりのようです。小浜駅では多くの人が電車を降りましたが、観光目的と思われる人も多かったので、同じ電車に乗ってきた人もいたかもしれません。私は駅前で少し写真を撮ったりしてのんびりしていたので、ちょっと出遅れたかも。それでも一人だったので、横の2人掛けの席に着くことができました。


Img_1839


人気なのは「焼鯖定食」や、焼鯖と鰻がセットになった「小亀定食」ですが、今回は躊躇無く「焼鯖定食」(1,150円・税別)を注文。焼くのに時間がかかるので30分ほどかかるとのこと。


Img_1837


待つことちょうど30分で「焼鯖定食」が出てきました。


Img_1841


鯖は半身で身が厚く、スーパーで買ってくる鯖の塩焼きなどとは大違いです。


Img_1843


焼具合も絶妙で、皮はパリッとしていて中はしっとり。時期的にはもっと寒い時期のほうがもっと脂も乗っているんでしょうね。
外側は少し強めの塩味ですが、身が厚いので全体的にはちょうどいい塩加減でご飯と良く合います。ご飯も多めなので、途中でご飯が足りなくなることもありませんでした。


Img_1844


お吸い物には鯛の切り身が一つ入っていました。


Img_1849


「焼鯖」と書いてあるだけで特に塩焼きとは書かれていませんが、元々鯖街道で京都に運ばれた鯖は塩漬けだったそうですから、この辺りで焼鯖と言えば塩焼きなんでしょうね。


お腹もふくれて大満足で店を出ると、こんな紙が。


Img_1858


店内はそれほど広くはありませんし、焼きに時間もかかるので、回転がいいとは言えません。訪問する際には時間に余裕を持って行くのがいいと思います。

« あンた背中が煤けてるぜ | トップページ | 風車会館と義経号 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/64188833

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、鯖を食べに行こう……:

« あンた背中が煤けてるぜ | トップページ | 風車会館と義経号 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp