2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« Ramen & Bar ABRIの「のどぐろ煮干し中華そば」 | トップページ | 盲導犬の碑 »

2016.08.17

大喜 根塚店

土曜は3週連続で富山での昼食となりました。しかも先週とかなり近い場所です。
ただ、7/30と8/13は元々富山へ行く予定だったのです。8/6が予定外に富山になったので3週連続になってしまいました。また、8/13は氷見のほうで昼食を摂る予定だったのが富山市内での昼食になり、さらに前週と近い場所での昼食となったのは予定外ではありましたが。
13日は、午前中に氷見へ行って、どこかで昼食を食べてから富山市内へ移動の予定だったのです。ところが中央植物園のほうへ先に行くことになったので、昼食もその近辺で食べる事に。ただ、どこへ行こうかという当ては全くありません。場所的には二口か掛尾辺りが植物園からも近くて店も多いです。この所ラーメンが続いているので別のものが食べたいと思うのですが、これと言った店が見つかりません。
ラーメン屋は何軒かあるのですが、岩本屋や一風堂は富山じゃなくても食べられますし、西町大喜は富山駅前店に一度行っているので優先度は低いです。
さらに地図を見ていると、大喜の根塚店がそれほど遠くない所にあることが判りました。そこで今回は「大喜 根塚店」への訪問となりました。


Img_1354


開店は11時ですが、11時15分頃に店に着くと、既に駐車場はいっぱいです。近くに第二駐車場とかも無さそうなので、とりあえず一回大通りに出て、また店の前に戻って来ました。すると運良く一台の車が出ていったので、そこに車を駐めることができました。
店内に入ると、席はまだまだ空いています。席数はかなり多く、駐車場の数が席数に見合っていないのですね。
席に着いてしばらくすると、お客さんもさらに増えて来て、ついには入口近くにある待ち席にもお客さんが待っている状態になりました。しかし、その人達はどこに車を駐めてきたんでしょうかね。場所的にほとんどの人が車で来ていると思うのですが、地元の人だけが知っている車を駐められる場所があるのかもしれません。


富山ブラックと言えば『西町大喜』が有名ですが、こちらの根塚店は元々の『大喜』の味を受け継いでいるお店だそうです。
ラーメンはチャーシューラーメン一種類のみで、小と大があるだけです。トッピングなんてものはありませんし、テーブルの上にも胡椒などの調味料はおろか、ティッシュなども一切ありません(ちなみにレンゲも付いてきません)。
ラーメン(小)(800円)を注文。本当はライスも欲しかったのですが、先日の飲み会でちょっと食べ過ぎているので我慢しました。


Img_1364


スープはブラックと言うよりブラウンです。麺も富山ブラックと言われるラーメンよりは若干細い気がします。
チャーシューは薄く、ちょっとバラ肉のような感じ。


Img_1366


しかしこれが美味しいのです。西町大喜のラーメンはチャーシューやメンマにまでくどい味付けがされていましたが、こちらのチャーシューやメンマにはそれほど濃い味付けはされていません。スープのくどさは似たような物かもしれませんが、具がくどくないため、全体的にはくどさが抑えられているのでした。
ライスはあったほうがいいでしょうし、白飯が合うラーメンであることに間違いはありませんが、ライス無しでも食べられました。
同じ「大喜」という名前ではありますが、全く別物ですね。それぞれにコアなファンがいるのも肯けます。私は根塚店のラーメンのほうが好きですね。でも、西町大喜のラーメンも年に1回くらいは食べたくなったりするんですけどね。


ところで先日、有沢橋を渡ってファミリーパークのほうへ向かう道沿いに、『大喜21』というお店がありました。「らーめん楓」の斜め向かいだったと思います。
これはまた系列の違うお店なんでしょうかね。西町大喜のホームページの店舗一覧には出てませんでした。名前も微妙に違いますしね。

« Ramen & Bar ABRIの「のどぐろ煮干し中華そば」 | トップページ | 盲導犬の碑 »

」カテゴリの記事

コメント

私が子供の頃は西町にしかお店がなかったように思います。
子供の頃は西町でしか食べたことがありませんでした。
でも当時の西町のお店はの味は、今ほど塩辛くはなかったと思います。

根塚系が好きな方と、西町系が好きな方で分かれているように思います。
私は根塚店は一度しか入ったことありませんが、味のインパクトが弱いように感じました。smile

SILVIA おじさん>
根塚店の味が元々の大喜の味を受け継いでいるものらしいです。
現在の西町大喜は、元々の大喜の権利を買い取った人がアレンジしたものとのこと。それを富山ブラックとして広めたのも現在の西町大喜だということだそうです。なので、子供の頃に食べられていたものはまだ根塚店のものに近いものだったのではないでしょうか。
根塚店のインパクトが弱いと言うより、西町大喜のインパクトが強すぎると言う気もしますけどね。

地元では根塚系がマイルドな味付けにしたと聞いています。
西町系が昔は胡椒を入れ過ぎていなかったのも事実です。

http://favy.me/2014/709/」
この方も記事にしておられますが「大喜 大島店」の評判が良いです。
機会があったら食べてみてください。

SILVIA おじさん>
いろんな話があるところは「金沢カレー」と似たところがあるかも。
それだけ昔から地元の人達に親しまれていると言うことでしょうね。
大島店は富山市内から立山方面に向かう途中に前を通ったことがります。ここにも「大喜」があるぞ、と同乗者と話していた記憶が。店には行けてませんけど。機会があったら行ってみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/64058353

この記事へのトラックバック一覧です: 大喜 根塚店:

« Ramen & Bar ABRIの「のどぐろ煮干し中華そば」 | トップページ | 盲導犬の碑 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp