2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 企画展「面白い箱!アニメづくりのスタジオの中へ」 | トップページ | 富山でポケモンGO »

2016.08.01

細田守監督作品 バケモノの子展

前回の続きです。


今回は高志の国文学館の駐車場に車を駐めて徒歩移動です。ここの駐車場は文学館を利用すると最初の3時間が無料になるのです。この辺りの駐車場は高いので、3時間無料というのは大きいです。
ということで、次の目的地である『富山市民プラザ』まで歩きます。1kmほどなので、15分もあれば到着します。
こちらでは7月23日から8月21日まで、『細田守監督作品 バケモノの子展』が開催されています。


Img_1005


昨年、東京と大阪で開催されていたものですが、細田監督の出身地である富山でも開催されることになったのです。
細田監督の4作品について、原画や美術ボード、絵コンテなどが展示されています。
『おおかみこどもの雨と雪』に関しては立山などが舞台として描かれている事もあって、富山展のみの展示作品もあったそうです。


入口にはいきなり大きなパネルが。


Img_1007


チコのジオラマ(?)も。


Img_1011


渋天街の門の先には等身大(よりは少し小さいか?)の熊徹が。


Img_1013


ここで記念撮影している人も多かったです。


この手の展示会としては珍しく、一部のゾーンを除いて写真撮影がOKだということ(三脚、フラッシュ撮影は禁止)。
撮影可能なエリアにも原画や美術ボードの展示もありましたから、これはかなり珍しいというか、大盤振る舞いという感じですね。


Img_1017


Img_1019


そんな訳で、最後のゾーンは記念撮影コーナーとでも言うようなエリアになってます。


Img_1028


Img_1032


Img_1026


登場人物になって写真を撮りましょう、というような感じですね。


入場料は大人1,200円、中高生1,000円、小学生700円とそこそこなお値段。それでもなかなかの盛況でした。
ギャラリーの出口にはオフィシャルグッズの販売ショップも併設(ギャラリーDがショップに割り当てられているのではないかと思われます)。


Img_1036


Img_1049


Img_1051


細田監督の作品が好きな方、行きたかったけど東京・大阪へは行けなかった方は是非行ってみてはいかがでしょうか。

« 企画展「面白い箱!アニメづくりのスタジオの中へ」 | トップページ | 富山でポケモンGO »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/63992679

この記事へのトラックバック一覧です: 細田守監督作品 バケモノの子展:

« 企画展「面白い箱!アニメづくりのスタジオの中へ」 | トップページ | 富山でポケモンGO »

にほんブログ村

Amazon.co.jp