2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016.08.31

K3IIIは出るのか?

あちこち壊れてきたうちのK3、とりあえず撮影は出来るのでそのままにしていますが、修理しようか、それとも買い替えようかと考えたりもしています。
買い替えるとすると、K3IIかK1ということになりますが、フルサイズへ移行するのはレンズの買い替えも必要になるので現実的ではありません。それに、個人的にはフルサイズよりもAPS-Cサイズが合っていると思っているので、やはりK3IIという事になります。
しかし、K3IIの後継機(それがK3IIIという名前になるのかどうかも判りませんが)が出るのであれば、そちらを選びたいです。


では、K3IIIは出るのでしょうか?
多くの人は(時期はまだ先だろうけど)出るだろうと思っているようです。しかし、私はフルサイズ機の名前が「K1」に決まった時に、ひょっとしたら出ないんじゃないかと思うようになりました。
もしフルサイズ機が出ていなければ、K3シリーズの後継機が「K1」を名乗ることになったでしょう。しかしフルサイズ機が「K1」となったのは、K1がk3の後継機の役目も担い、APS-C機については今のK-70クラスの機種で展開していくのではないかと思うからです。
キヤノンやニコンのように多数の機種を出していくのはPENTAXには厳しいように思えるので、645、フルサイズ、APS-C、ミラーレスでそれぞれ1機種ずつという展開は十分に考えられるのではないでしょうか。


Imgp8600


もちろん、この考えが杞憂に終わり、APS-Cの上位機種が発売される事を願っているのですが。

2016.08.30

スクリーンショットの保存先は変更できない

Xperia Z5に機種変更してからそろそろ2ヶ月近くになります。
使いこなしているとはとても言えませんが、多少は設定もいじったりしています。
特に、SDカードに移せるものは移してしまおうということで、写真やムービーの保存先はSDカードに変更しています。
スクリーンショットの保存先もSDカードにしようと思って設定を探したのですが見つかりません。調べて見たところ、スクリーンショットの保存先は先行できないらしいのです。
そんなに頻繁に使う訳でもない機能ですが、画像によっては1ファイルが1MBくらいのサイズになるので、出来ることなら内蔵メモリには入れておきたくないものです。SDカードは入れ替えも出来ますし、大きなサイズのカードに替えることもできますが、内蔵メモリは増やせませんし、アプリなど内蔵メモリにしか入れられないものも当然あります。内蔵メモリはそういったもののために空けておきたいですからね。
なので、スクリーンショットの保存先が変更できないというのはとても残念です。


Sc20160827141338


岸壁から少し離れた所にいたのですが、画面上では片足の半分が海にかかっています。
さすがにこれ以上は進みませんでしたけど。

2016.08.29

実は初めての大阪王将

王将と言えばやはり『餃子の王将』です。
石川県内に現在8店舗あり、うちからそれほど遠くない所にも1店あります。最近はあまり行ってませんが、以前は野々市の店に良く行っていました。
しかし王将にはもう一つ、『大阪王将』というのもあるんですね。
初めてその店を見たのは福井でした。福井のローカルなお店かと思ったりもしたのですが、実はこちらも全国チェーンの餃子店なんですね。当時、石川県内には店舗がなかったこともあり、その存在を知ったのはほんの数年前の事でした。
最近では石川県内にも店舗が出来て、現在、金沢と野々市に計3店舗があります。一度行ってみたいと思っていましたが、なかなか機会がなく、今回ようやく行くことが出来ました。
金沢高柳店です。


Img_1474


ここが金沢での第1号店になります。
イータウン金沢の中にあるので、駐車場はとても広いです。
訪れたのは午後1時を過ぎていましたが、まだまだ多くのお客さんが来ていました。
とりあえず餃子は注文するとして、他は何にしようかと思案していると、『王将セット』というメニューがありました。餃子1人前とチャーハンとラーメンの小がそれぞれセットになったものです。各単品で注文するのと値段は変わらないようですが、注文するのは楽ですね。
といことで、『王将セット』の旨塩ラーメンを頂きました。


Img_1479


注文してから、ラーメンは失敗だったかな、という思いがよぎりました。というのも、何を食べても美味しい「餃子の王将」でしたが、唯一美味しいと思えなかったのがラーメンだったからです。ひょっとするとここもラーメンはいまいちかも、と思ったのでした。
心配は半分当たって半分外れたというところでしょうか。


Img_1483


あっさりスープの塩ラーメンは不味くはないものの、取り立てて美味いと言うほどでもありません。
チャーハンは美味しかったです。


Img_1487


もう少しパラッとしているともっと良かったんですけど。最後の方になって少し油が多かったかなと。個人的な好みですけど。
そしてメインの餃子です。


Img_1482


メニューに「焼餃子の食べ方」というのが出ていたので、やってみました。


Img_1477


やはりタレ+ラー油が一番美味しかったです。
「幻の味噌だれ」は少し酸味のあるものでした。もっと濃厚な味噌味のほうが美味しいのでは、と思ったりもします。


難を言えば、この3点セットでも税込みで1,000円を超えてしまうことでしょうか。
餃子は十分に安いんですけどね。

2016.08.28

映画2本立『君の名は。』&『シン・ゴジラ』4DX版

土曜は映画を見に行ってきました。
しかも2本も。
1日に2本の映画をみたのは、まだ2本立て興行が普通だった頃以来だと思います。しかも今回はわざわざ違うシネコンで見るということをやってみました(片方のシネコンで2本見る事も可能だったんですけど)。


Dsc_0031


1本目は『君の名は。』です。
新海誠監督の新作と言うことでかなり話題になっています。
一部では「秒速5センチメートル」を超えたという声も聞かれます。超えたかどうかは人によって感じ方は違うでしょうが、話のスケールは「秒速……」よりもかなり大きいのは確かですね。
まだ公開されたばかりですので内容には触れませんが、とても良かったです。
ラストは何となく想像していたものにかなり近いものでしたが、オフィシャルのストーリー紹介で言うところの「意外な真実」というのがとても「意外」でした。アニメとしてはそんなに特別では無いと言うか、結構ありがちかもしれませんが、新海作品にそれが出てきたのが意外だったと言うべきか。
小説版が先に出ていますが、映画を見に行く予定の人は先に読まない方がいいと思います。私も買ってはありますがまだ読んでませんでした。
背景の映像は他の深海作品同様、とても美しいです。特に、三葉の住む田舎町の風景が良いですね。岐阜県飛騨市がモチーフになっているそうですが、あのクレーターの中にあるような景色というのは岐阜どころか日本には存在しないでしょうけど。


気になる事と言えば映画の内容ではなく、なぜ今になって新海誠監督が急にこんなに大きく扱われるようになったのかと言うことです。
もちろんこれまでも注目されていた監督ですが、それはあくまでアニメファンの中での話でした。世間一般の人は新海誠という名前をほとんど知らないと思います。一般の知名度は細田守よりもかなり低いでしょう。誰かが、ジブリや宮崎駿に続くものを見つけようとしているのは間違いないでしょう(細田守もそんな経緯で有名になってきたという気がします)。そして、その「誰か」の目的は新しいクリエイターの発掘や良質なアニメーションの作成ではなく、「金儲け」なんだろうなというところがちょっと、と思うのです。
『君の名は。』は前作の『言の葉の庭』までとは異なり、製作委員会方式での制作となっています。制作費はこれまでの新海作品の中では一番多かったのではないかと想像出来ます。上映スクリーン数もかなり多く、石川県では6つのシネコンのうち、イオンシネマ金沢(フォーラスではなく福久のほう)を除く5館で上映されています。これはもうジブリ作品並みです。大々的な宣伝の効果もあり、興行収入は初日からかなり良いという話しも聞きますので、これで「新海誠」という名前が一般に広く知れ渡るのであれば悪い事では無いのかもしれません。
ただ、新海誠がジブリや宮崎駿の後を継ぐものなのかと言えば、それはちょっと違うような気もするのです。


日テレの細田守に対抗してTBSあたりが押しているのかと思ったりもしましたが、製作委員会の中にはテレビ局の名前はありませんでした。
TVの特番も関東キー局での放送情報はなく、関西圏では毎日放送で放送されていました。しかし、石川では特番も「言の葉の庭」の放送もテレビ金沢(日テレ系)でしたし、お隣の富山では特番がチューリップテレビ(TBS系)で言の葉の庭が北日本放送(日テレ系)での放送になっています。福井では特番を福井テレビ(フジテレビ系)で放送していますが、福井は民放の数が少ないのでちょっとあてにはならないかも。
結局、どこかのテレビ局が関連している訳では無いのかも。




さて、もう1本は『シン・ゴジラ』です。
ちょうど1ヶ月前に見に行ったばかりですが、今回は4DX版です。4DXに合いそうな映画だったので、4DX版も見に行きたかったのです。


Dsc_0037


4DX上映を見るのは『ガールズ&パンツァー劇場版』に続いて2本目です。しかしガルパンの時は全席が埋まっていたのに対し、今回は7割程度の入りでした。ガルパンの場合は石川での上映自体が少なかったので、4DX版以前にガルパンを見たいという人が多かったということもあるでしょうけど。
4DXはやはり映画と言うよりアトラクションを見に行っているという感じが強いので、最初から4DXで見るというのはやはり私には向いてないと思います。4DXの効果のほうにどうしても意識が行ってしまうんですよね。1回目では気がつかなかった細かいところをじっくりと見たい、というような場合にも4DXは向かないように思いました。
今回は水がかかるシーンが多かったですね。
会議室などを俯瞰で撮ってカメラが移動するようなシーンでは座席がゆっくりと動いていました。これはちょっといらないというか、短時間だから大丈夫でしょうけど、時間が長いと酔う人もいるのではないかと言う気がします。




ゴジラと言えば、アニメ映画『GODZILLA』の制作が決定しましたね。
制作がポリゴン・ピクチュアズということなので、フル3DCGなんでしょうね。
ストーリー原案・脚本が虚淵玄というのは驚きです。仮面ライダーの次はゴジラか。まどマギの新作はまだ先になりそうですね。

2016.08.27

aterm.meで繋がらなくなった

ルーターをAterm WG1800HP2に買い替えてから、クイック設定Webへの接続は "http://aterm.me/" から行っています。ルーターのIPアドレスを覚えていなくても接続出来るので、IPアドレスを変更したような場合でも気にせずに接続できるので便利です。
Aterm WR8300Nの時は "http://web.setup/" だったのですが、現行のアドレスのほうが他とのバッティングの可能性も低くなりそうな名前ですね。


ところが先日、この "aterm.me" に接続しようとするとこんな画面が。


Image1


IPアドレス指定で接続しろということで、確かにIPアドレス指定では接続出来ました。
しかし何故突然こんな事になってしまったんでしょう? 前日には "aterm.me" で接続出来ていたのに……
何か新しいソフトをインストールしたというような事もありませんし、ルーターの設定を変えたりリセットしたりと言うこともやっていません。
この日から変わったことと言えば、プロバイダ(@nifty)のv6プラスの契約が有効になったことくらいいです。ただ、それが原因とはちょっと考えにくいのですが。


そもそもこのv6プラスって何なのかよく判っていません(^^;)
IPv6を使った接続が可能になるということですが、接続出来るのがIPv6 IPoEであるとのこと。ルーターからプロバイダへの接続はPPPoEで繋いでいるはずですので、IPoEなんて使ってない気がします。@niftyのサポートページを見ても、説明が大雑把すぎて何の事やらという感じ。初期費用も月額費用も0円なので別に構わないんですけどね。


数日後、何気なく"aterm.me" に繋いでみたら、今度は繋がりました。
その後も繋がる時と繋がらない時があって、ますます訳が分からなくなっています。


Imgp9246


ところで、Aterm WG1800HP2のクイック設定Webってなんであんなに遅いんでしょう? WR8300Nの時はもっとサクサク動いていたのに。

2016.08.26

ハエトリグサに食べられてみよう

先日行ってきた富山県中央植物園では、食虫植物の展示も行われていました。
サラセニアやハエトリグサなど、数種類の食虫植物がホール入り口前の通路に展示されています。


Imgp6885


Imgp6892


その中に、こんなものが。


Imgp6888


ハエトリグサの模型で、ハエトリグサに捕まったところを体験できます。
使い方はこんな感じ。


Imgp6889


自分で閉じないといけないので、あんまり捕まったという感じはしないかも。

2016.08.25

長町にもメロンパンアイス

金沢の長町、香林坊、片町の商店街にはせせらぎ通り商店街という名前がついています。


Img_1253


そんな長町通りに「世界で2番目においしい焼き立てメロンパンアイス」の看板が。


Img_1249


店舗のようですが、この日は営業していなかったのかな?


Img_1250


ホームページの店舗一覧を見ても、ここの事は書かれていませんでした。
会社の登記上の住所は増泉になってましたので、会社の事務所というわけでも無さそうです。
店舗だとすると、かなり近い所に3店舗が集中しているようにも感じますけど。

2016.08.24

おやべホワイトラーメン発祥の店

土曜の昼食は小矢部でした。
どこに行こうか迷ったのですが、おやべホワイトラーメン発祥の店と言われる「GUU」というお店に行ってきました。


Img_1426


どちらかというと洋食屋さんのようで、ランチチケットやドリンクチケットの販売も行っているので、平日のランチタイムが一番お客さんが多いお店のようです。なので、この日は土曜でしたが、12時半頃にお店に着いた時には他のお客さんは誰もいませんでした。
隣はゴルフの打ちっ放しで、建物も中で繋がっています。


Img_1425


打ちっ放しに来たお客さんが寄っていくことも多いんでしょうね。


今回もの目当てはラーメンですので、「おやべホワイトラーメンランチ」(880円)を頂きました。


Img_1405


ラーメンにおにぎりと漬物がセットになっています。
ドリンクも付いていて、アイスコーヒーを頂きました。


Img_1418


夏はサービスでミニかき氷も付いてきます。イチゴ、メロン、レモンの3種類ということで、今回はメロンを頂きました。


ホワイトラーメンの白いスープは豚骨だそうですが、とてもあっさりしています。塩味が少し強いですが、こってりとした豚骨ではありません。


Img_1409


肉みそを溶かしていくと、ホワイトではなくブラウンになります。


Img_1412


この肉みそを溶かしたスープがとても美味しかったです。最初から肉みそラーメンで出してもいいんじゃないかと思うくらいですが、それだとホワイトラーメンにはなりませんね(^^;)


ラーメンはそれほどボリュームはありませんが、ランチセットならおにぎりも付いてきます。
セットのドリンクも単品で注文したのと同じものなんじゃないかと思うほどでした。ラーメン単品は770円でしたので、ランチセットはかなりお得だと思います。

2016.08.23

もうみんな飽きちゃったんですかね

小矢部からの帰りに、津幡の「新幹線の見える丘公園」へ寄ってみました。


Img_1448


Imgp9648


新幹線の開業当時はとてもたくさんの人が訪れていて、近くに大きな臨時駐車場まで用意されるほどの人気でした。人が来るということで、階段の所にも多くのスポンサー広告が貼られています。
ベンチにまでどこかの店の広告が。


Imgp9652


しかし、開業から1年半近く経った今、訪れている人は全くいませんでした。


Imgp9645


もうみんな飽きちゃったんでしょうかね。


Imgp9662


公園に滞在していたのは40分少々でしたが、その間も誰一人として公園を訪れる人はおらず、ずっと独り占め状態でした。




クロスランドおやべのミニ新幹線は大人気でした。


Imgp8767


新幹線自体はまだ人気はあると思うんですけどね。

2016.08.22

ヘリコプター&防災・防犯フェスティバル2016(その2)

フェスティバルには昨年同様、自衛隊の車両が展示されていました。来ていたのは、昨年と同じ車両だと思われます。


Imgp9585


高機動車は、運転席と後部の座席に実際に乗る事も出来ました。


Imgp8613


軽装甲機動車は、小さな窓から中を覗くことはできますが、写真撮影はしないでとのことでした。


Imgp8634


武装も可能な車両だからなんでしょうかね。
昨年はバイクも来ていましたが、今年は来ていませんでした。


車両とは離れた場所には観測ヘリコプターOH-6Dが展示されていましたが、人だかりが出来ていました。


Imgp7829


昨年は手続き上のトラブルで不参加だったそうですので、今年はその分も人気だったのか?
操縦席にはたくさんのメーターが付いています。


Imgp7846


ちなみにこちらはホール内に展示されていたベルヘリコプター社のBell505 JET PANGER Xです。


Img_1386


こちらの操縦席には大きな液晶パネルのディスプレイが2台。


Imgp8685


スイッチ類は観測ヘリと同様にたくさん付いていますが、メーター類は全て液晶モニタに映し出されるようになっているようです。最新のものはこんな風になっていくんでしょうね。
ちなみにこの機体はモックアップだそうです。
防災ヘリの訓練が終わった後、観測ヘリの飛行展示が行われました。


Imgp9247


Imgp9352


また、クロスランドおやべでは自衛隊を退役したV-107Aというヘリコプターが常設展示されています。


Imgp9121


毎週日曜の14時から16時には機内の公開も行われているそうです。


防犯ということで、富山県警のパトカーと白バイも展示されていました。


Imgp7474


全国的にはHONDAのシェアが大きいように感じますが、富山県警の白バイはSUZUKI製なんですね。1200CCという排気量の割にはコンパクトに感じました。
サイレンはクラリオン製でした。


Imgp9634


小矢部警察署の顔ハメ看板もありました。


Imgp7472


手作り感満載です。


高所作業車の体験搭乗も行われていました。


Imgp9571


かなりの高さまで上がります。


Imgp8910


高い所が苦手な人は乗れない高さですね。


ヘリコプターって、飛んでいるのは時々見かけますが、近くでゆっくり見られる機会というのはあまりない気がします。なかなか面白いイベントですね。

2016.08.21

ヘリコプター&防災・防犯フェスティバル2016(その1)

今年もクロスランドおやべで、『ヘリコプター&防災・防犯フェスティバル2016』が開催されていたので、土曜に行ってきました。


Imgp9579


昨年は午後から見に行ったのですが、今年は午前中に行くことにしました。今年は富山県消防防災ヘリコプター「とやま」の救助訓練・展示が、土曜は午前中に行われるスケジュールになっていたからです。
開会は10時からでしたが、駐車場に着いたのがちょうど10時頃だったので、遊覧飛行に使われるヘリなどがちょうど到着したところでした。


Imgp7479


タワー前の芝生広場には、何期ものヘリが展示されています。


Imgp7539


フロートが付いた物も。


Imgp8876


こちらのヘリにはテールローターが付いていません。


Imgp8855


代わりに何か筒状のものが付いています。


Imgp8860


これがテールローターの代わりなんでしょうかね。


遊覧飛行が行われているので、ヘリが頻繁に離着陸を行います。
離陸して前進する時に、機種を下げて飛んで行く所がカッコイイです。


Imgp7566


Imgp8742




10時半になると、救助訓練実演に消防防災ヘリがやって来ました。


Imgp8023


隊員がロープを伝って降りてきます。


Imgp8085


隊員服にはワッペンが。


Imgp8158


低空でのホバリング。


Imgp8263


飛行デモを動画で撮ってみました。



ヘリコプターはバックも出来るんですね。


この後はしばらく展示のために降りてくる予定だったのですが、救援の出動がかかったため展示は中止となり、ヘリはそのまま行ってしまいました。


Imgp8420


そちらが本業なのでしょうがないですね。
なお、21日の日曜は午後から救助訓練・展示が行われます。


防災ヘリが帰った後に、SECOMのヘリがやって来ました。


Imgp9052


SECOMのヘリは毎年参加していますが、「防犯」というところに関係しているからなんでしょうね。


飛んでいるヘリを撮る時に、シャッタースピードが早いとローターが止まって写ってしまいます。なのでシャッタースピードを遅めにして撮っていたので、手ぶれしている写真が多く、歩留まりはかなり悪かったです。




まだ他にもありますので、次回に続きます。

2016.08.20

滝廉太郎がラーメンを食べていたわけでは無い

富山城址公園の近くに、滝廉太郎の像があります。


Img_0999


尋常小学校時代に富山で暮らしていたことがあるそうで、誕生百年を記念してゆかりの地である富山に建立されたものだそうです。


Img_1001


真上にはラーメン屋さんがありますが、全く関係はありません。


Img_0997


ちなみに、この像の場所がポケストップになっていました。

2016.08.19

ほうき

JR小松駅近くにある駐車場の出入り口付近に、箒が立てかけられていました。


Img_0365


ほぼ新品の座敷箒ですね。


Img_0362


洋間が多くなってきて、一般家庭には畳の無い家も多くなっていますので、座敷箒を見かける事も少なくなってきています。
しかし、何故こんな所に座敷箒が置いてあるんでしょうね?

2016.08.18

盲導犬の碑

富山城址公園のお堀の所に「盲導犬」と書かれた碑がありました。


Imgp6394


どういう理由で作られたものかは判りませんでしたが、犬の首から上だけというのはちょっと怖いかも。


Imgp6399


人の場合、首から上だけの像というのはあまり見ない気がします。その場合は肩から上になることが多いのではないでしょうか。
犬の場合、肩から上と言ってもどこが肩なんだか判りませんけどね。

2016.08.17

大喜 根塚店

土曜は3週連続で富山での昼食となりました。しかも先週とかなり近い場所です。
ただ、7/30と8/13は元々富山へ行く予定だったのです。8/6が予定外に富山になったので3週連続になってしまいました。また、8/13は氷見のほうで昼食を摂る予定だったのが富山市内での昼食になり、さらに前週と近い場所での昼食となったのは予定外ではありましたが。
13日は、午前中に氷見へ行って、どこかで昼食を食べてから富山市内へ移動の予定だったのです。ところが中央植物園のほうへ先に行くことになったので、昼食もその近辺で食べる事に。ただ、どこへ行こうかという当ては全くありません。場所的には二口か掛尾辺りが植物園からも近くて店も多いです。この所ラーメンが続いているので別のものが食べたいと思うのですが、これと言った店が見つかりません。
ラーメン屋は何軒かあるのですが、岩本屋や一風堂は富山じゃなくても食べられますし、西町大喜は富山駅前店に一度行っているので優先度は低いです。
さらに地図を見ていると、大喜の根塚店がそれほど遠くない所にあることが判りました。そこで今回は「大喜 根塚店」への訪問となりました。


Img_1354


開店は11時ですが、11時15分頃に店に着くと、既に駐車場はいっぱいです。近くに第二駐車場とかも無さそうなので、とりあえず一回大通りに出て、また店の前に戻って来ました。すると運良く一台の車が出ていったので、そこに車を駐めることができました。
店内に入ると、席はまだまだ空いています。席数はかなり多く、駐車場の数が席数に見合っていないのですね。
席に着いてしばらくすると、お客さんもさらに増えて来て、ついには入口近くにある待ち席にもお客さんが待っている状態になりました。しかし、その人達はどこに車を駐めてきたんでしょうかね。場所的にほとんどの人が車で来ていると思うのですが、地元の人だけが知っている車を駐められる場所があるのかもしれません。


富山ブラックと言えば『西町大喜』が有名ですが、こちらの根塚店は元々の『大喜』の味を受け継いでいるお店だそうです。
ラーメンはチャーシューラーメン一種類のみで、小と大があるだけです。トッピングなんてものはありませんし、テーブルの上にも胡椒などの調味料はおろか、ティッシュなども一切ありません(ちなみにレンゲも付いてきません)。
ラーメン(小)(800円)を注文。本当はライスも欲しかったのですが、先日の飲み会でちょっと食べ過ぎているので我慢しました。


Img_1364


スープはブラックと言うよりブラウンです。麺も富山ブラックと言われるラーメンよりは若干細い気がします。
チャーシューは薄く、ちょっとバラ肉のような感じ。


Img_1366


しかしこれが美味しいのです。西町大喜のラーメンはチャーシューやメンマにまでくどい味付けがされていましたが、こちらのチャーシューやメンマにはそれほど濃い味付けはされていません。スープのくどさは似たような物かもしれませんが、具がくどくないため、全体的にはくどさが抑えられているのでした。
ライスはあったほうがいいでしょうし、白飯が合うラーメンであることに間違いはありませんが、ライス無しでも食べられました。
同じ「大喜」という名前ではありますが、全く別物ですね。それぞれにコアなファンがいるのも肯けます。私は根塚店のラーメンのほうが好きですね。でも、西町大喜のラーメンも年に1回くらいは食べたくなったりするんですけどね。


ところで先日、有沢橋を渡ってファミリーパークのほうへ向かう道沿いに、『大喜21』というお店がありました。「らーめん楓」の斜め向かいだったと思います。
これはまた系列の違うお店なんでしょうかね。西町大喜のホームページの店舗一覧には出てませんでした。名前も微妙に違いますしね。

2016.08.16

Ramen & Bar ABRIの「のどぐろ煮干し中華そば」

先日金沢へ行った時に、片町にある「Ramen & Bar ABRI」というお店に行ってきました。


Img_1257


夜は飲み屋の営業がメインのようですが、昼はラーメンがメインです。


Img_1265


「のどぐろ煮干しらーめん」と「のどぐろ煮干し中華そば」があり、「らーめん」のほうはのどぐろ煮干し100%の出汁、「中華そば」のほうは鶏節が加えられているという違いがあるようです。
のどぐろ煮干し100%の「らーめん」が看板メニューなんでしょうけど、今回は「のどぐろ煮干し中華そば」を頂くことに。


Img_1268


見た目はちょっと濃い目のスープですが、見た目ほど濃い醤油味ではなく、出汁がとても良く出ています。
麺は少し細めのストレートで、こちらもとても美味しい麺でした。
水が入ったボトルもちょっとオシャレです。


Img_1266


とても丁寧に作られていて美味しいラーメンでした。
次は「のどぐろ煮干しらーめん」のほうも食べて見たいですね。

2016.08.15

十二町潟水郷公園のオニバス

土曜の午後からは氷見へ移動し、十二町潟水郷公園のオニバスを見に行ってきました。


Imgp7274


いつもお盆の前後に行っていますが、今年はちょっと数が少ないようです。多い時には水面が全く見えないほどになっているんですけどね。
橋の下にもいくつか見られるのですが、今年は全くありません。


Imgp7311


葉の大きさはかなり大きくなっています。


Imgp7288


花もたくさん咲いていますので、時期的にはちょうど見頃の時期だと思うのですが。


Imgp7191


Imgp7234


潟のほうには白鷺がたくさんいました。


Imgp7157


青鷺は珍しくないのですが、ここで白鷺がこんなに集まっているのを見たのは初めてかも。
蝶もたくさん飛んでいます。


Imgp7323


こちらも望遠レンズを持って行かなかったのでかなりトリミングしてますが(^^;)


午後になっても相変わらずいい天気で、気温も高いです。


Imgp7343


橋の近くでは1時間に1回、噴水から霧状の水が出ます。


Imgp7360


霧状にする事によって、虹を見ることが出来るのです。


Imgp7374


Imgp7425


この噴水、午前中はやってないのと、天気が悪いと水は出ても虹は出ない事もあります。
ここ何年かは午前中にしか来ていなかったので、虹を見たのは久しぶりでした。

2016.08.14

バオバブの花

金曜の新聞に、富山県中央植物園でバオバブの花が咲いたという記事が出ていました。そこで、土曜に見に行ってきました。


Imgp6877


元々この日は午前中に氷見の十二町潟水郷公園へ行って、午後は中央植物園へ行く予定でした。ところがバオバブの花は夕方から夜にかけて開花し、翌日の午前中までが見頃だとのこと。そこで順序を入れ替えて、午前中に中央植物園へ行くことに。
ここ3年くらい、この時期にオオオニバスを見に行っているのですが、いつも午後からばかりで、午前中に行くのは初めてです。


バオバブの木は熱帯果樹室にあります。


Imgp6902


しかし、花が咲いているような様子はありません。
すると、木の下に看板が立っていました。


Imgp6904


上を見上げると、花が咲いています。


Imgp6918


しかし随分と高い所に咲いています。そんな高い所に咲いているとは思っていなかったので、望遠レンズは持って行かなかったんですよね。これは大失敗でした。
階段を登って上から見ることが出来る場所があるのでそこに登ってみましたが、それでもかなり距離があります。葉に隠れてしまうので、花がよく見える場所もごく限られた場所になってしまいます。


Imgp6931


思いっきりトリミングしてみました。
面白い形の花ですね。
国内でバオバブの花が見られる所はそれほど多くはないそうで、ここ以外では京都府立植物園が有名なようですね。
ちなみに果肉はラムネ菓子の味がするそうです。


Imgp6991


ちょっと食べて見たい気もします。




もう一つの目当てだったオオオニバスの葉もたくさんありました。


Imgp6976


ただ、今年は葉の成長がいつもより遅いそうで、毎年行われているオオオニバスの葉に乗れるイベントの開催日が8/19~21に変更になっています。


Imgp6970


当初は8/5~7の予定だったそうですので、2週間延期になったんですね。


昨年来た時に気がついたのですが、ここでもオニバスを見ることができます。


Imgp6998


十二町潟のものと比べると数も少ないですしサイズもまだまだ小さいですが、そのうちもっと増えてくるかもしれません。


天気も良く、風もほとんど無かったので、池の水面の映り込みがとてもきれいです。


Imgp7001


ただ、あまりに天気が良すぎて、10時半頃には既に気温が30度を軽く超えていました。そのため、屋外展示園を回ってくる元気は無く、ガンガンに冷房の効いたホールでしばらく涼んでいました(^^;)

2016.08.13

BEER FESTA 2016

11日の夜の部は飲み会でした。
いつもは居酒屋へ行くことが多いのですが、今回は珍しくホテルのレストランでの飲み会です。
アパホテル金沢駅前のLA VERANDA(ラ・ベランダ)というバイキングレストランで『BEER FESTA 2016』という企画が開催されています。
バイキング形式で2時間の飲み放題&食べ放題。「BEER FESTA」という名前なので、アルコールはビールだけなのかと思ったら、ビールは当然の事、焼酎や各種カクテル(かなりの種類がありました)にウイスキーやワインまであるという豪華さ。これで1人4,000円なのですが、ネットで予約すると1人3,500円になります。しかも、ホテルの大浴場にも無料で入れるというおまけ付きです。


ということで、まずは風呂です。
ロビーでBEER FESTAにネット予約している事を伝えてチケットを購入。そのチケットを持って2階の大浴場へ行くと、そのまま無料で入れます。タオルは持参するか、200円で借りることも出来ます。
大浴場は人工温泉ということで本物の温泉ではありませんが、露天風呂やサウナもあります。風呂に入った後は隣の休憩室でしばしくつろいでいました。
BEER FESTAには18:30からで予約を入れていたのですが、結局10分以上早くレストランへ。それでも席は用意されていたのですぐに入ることができました。しかも、この日は席に余裕があったためか、2時間の制限は無く、閉店の21時までいてもらっても構わないとのこと。
ホテルの宿泊客の食事もここで行われるようで、かなり混雑していますが、一応ホテルのレストランですし、食べ物は無くなってもすぐに補充されますし、小まめに空いた皿やグラスの回収にも来てくれます。


バイキング形式ということでほとんど写真は撮りませんでしたが、ごく一部だけ。
「ごちそうステーキ」は焼いたその場で皿に盛り付けてくれます。


Img_1339


ほぼ唯一の和食と言えそうなのが「おでん」です。


Img_1335


しかし大根は小さく切られたものですし、玉子もウズラです。紅白の渦巻きかまぼこが金沢らしいと言えるかも。
デザートのソフトクリームも自分で機械を操作します。


Img_1342


レバーを戻してから出なくなるまでタイムラグがあって、ちょとたくさん出過ぎてしまいましたww
そしてこちらが噂の(?)「アパ社長カレー」です。


Img_1333


所謂「金沢カレー」の一種という感じですが、他の金沢カレーよりもやや辛口だと思いました。


食べ物は洋食がほとんどで、魚を食べたいと言う人には全く向きませんが、3,500円で飲み&食べ放題&入浴ができるというのはなかなかお得だと思います。
ちなみに大浴場は1,000円で3時間の外来入泉も可能です。
BEER FESTA 2016は8月31日まで開催されています。1日30組限定ということで、空きがあれば予約無しでも入れるようですが、割引もありますのでネット予約がお勧めです。

2016.08.12

映画『シン・ゴジラ』

11日は今年から新設された祝日『山の日』でした。
特に何かに由来する日付という事では無く、祝日の無い8月という事と、お盆休みにくっつけて連休となるようにという事などがこの日に決まった理由だとか(
8月12日という案もあったらしいですが、御巣鷹山(実際には高天原山だったらしいが)の日航機墜落事故の日であるため却下されたとのこと)。
うちの会社の夏期休暇は、8月から9月の間で2日間(土日とくっつけて4連休となるように取ることを推奨)という事になっているのですが、今年は12日と15日に休みを取って5連休とする人が多いようです。私も今年は5連休です。
ただ、5連休と言ってもお盆の墓参りなどの家庭行事もあるので、5日のうち完全に1日フリーになるのは13日のみ。また、半日フリーになるのも11日のみで、あまり連休という感じは無いのですが……
そんな5連休の初日は早朝の墓掃除から始まりましたが、午後からは映画『シン・ゴジラ』を見に行ってきました。


庵野秀明監督が作るゴジラということでかなり期待はありましたし、公開2週目にして興行収入が21億を超える人気です。
細部へのこだわりは庵野監督らしさであふれていますし、細かいネタの仕込みは1度や2度見たくらいでは全てを見つけるのは不可能でしょう。
設定やストーリーは東日本大震災の影響をかなり受けていると思いますし、復興へのエールのようにも思えます。
内容は「ゴジラ対日本」ですね。日本人の日本人による日本人のためのゴジラと言うところでしょうか。『シン・ゴジラ』の『シン』にはいろんな意味が込められていると思いますが、「ハリウッド版のゴジラは本当のゴジラじゃ無い、これが本当のゴジラだ」というのも一つなのではないでしょうか。


Img_1329


放射能を吐くゴジラはどう見ても巨神兵でした。

2016.08.11

小松駅工事中

JR小松駅の西口では、新幹線の工事が始まっています。


Img_0401


まだ本工事では無く遺跡調査の段階ですが、来年の3月いっぱいまでは続くようです。


Img_0408


Img_0410


新幹線が小松までやってくるのはまだまだ先ですが、敦賀まで延伸したら一度乗ってみたいです。




こちらはJR小松駅近くの『土居原ボンネット広場』に保存されているクハ489-501です。


Img_0391


この日は「しらさぎ」のヘッドマークを付けていました。


Img_0383


クラウドファンディングもプロジェクトが成立しましたし、きれいに補修された姿も見られるでしょう。
ちなみにオリンピック期間中は「オリンピア」のヘッドマークが付けられているそうです。

2016.08.10

遊覧船は桜の時期以外でもやってます

桜で有名な富山の松川沿いですが、この時期は緑がとてもきれいです。


Img_0995


Img_1158


松川の遊覧船は桜の時期以外でも運行しています。


Img_1133


Img_1135


桜の時期には1時間以上の待ち時間となることも珍しくはありませんが、さすがにこの時期は全く混んでいません。


Img_1137


大きな船も係留されていますが、稼働しているのは小さな船だけのようです。


Img_1141


その船も満席になることは無く、ゆったりと乗る事が出来そうです。
ただ、料金は桜の時期と変わらず、大人1,500円となっています。約30分の運行ですが、ちょっと高い気がします。桜の時期ならそれだけ払ってでも乗りたいと思わない事も無いですが、それ以外の時にはちょっと高くて乗ろうとは思いませんね。




【おまけ】
ハローキティのスタンプラリー開催中の富山市ですが、富山ライトレールにもハローキティのラッピング車両が走っていました。


Imgp6692


Imgp6685


運転席の右上にはリボンが。


Imgp6693


このリボンだけでも「ハローキティ」をイメージさせるというのはなかなかすごいことですね。

2016.08.09

何年ぶりだか覚えていないくらい久々の「麺屋つくし」

二週連続で富山で昼食。
そんなつもりでは無かったので、どこに行こうとか全く考えていませんでした。
立山あたりで何か無いかと思ったのですが、これと言ったものも見つからず。
立山からは高速で戻るでしたが、R41沿いにならいろいろ店もあるだろうと思って下道で富山市内へ向かうことに。しかし土地勘があるわけでも無く、適当に走っていても店は見つかりません。
そこで思いついたのが「麺屋つくし」でした。
ずいぶん昔、まだブログを書いてなかった頃だと思いますが、一度行ったことがあります。当時も美味しいと評判でしたが、今ほどは混んでいなかったように思います。通販なんかもやってなかったと思いますし。
かなりご無沙汰なので久しぶりに行ってみる事にしました。


Img_1205


『ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版』に掲載されたということで、更にお客さんが増えているようですね。
店に入ったのは12時半を少し過ぎた所でした。多少並ぶ必要があるかと思っていましたが、カウンターが半分ほどとテーブルが2つ空いています。上手い具合にお客さんがまとめて出ていったタイミングだったようで、着丼を待っているうちに次々と席が埋まっていき、食べている間には外に待っているお客さんも数組出来るほどになりました。


夏季限定の冷たい麺のメニューもありましたが、かなり久しぶりなのでここは定番の味噌ラーメン(800円)にねぎ増量(100円)を注文。


Img_1207


増量のねぎが山になっています。増量と言うからにはこれくらいあってくれると嬉しいですね。
油の量は普通で注文しましたが、かなりの油でこってりとしています。味付けはやはり少し濃いめというか、塩分が多めの感じですね。汗をかく時期なのでミネラル補給にはいいかもしれません。
麺は縮れた玉子麺です。


Img_1212


もっちりとしていてスープと良く合います。麺は札幌から直送しているそうです。


久しぶりでしたが、変わらず美味しかったです。
個人的にはややスープがくどいというか、塩分がやや多いようにも感じますが、全般的に味付けが濃いめの富山ですので標準的というか、こんなものかとも思います。

2016.08.08

やっぱり松任CCZのほうがポケモン集めやすい?

土曜は当初の予定を変更して上市へ行ったため、まさかの2週連続富山になってしまいました。
しかも5日から7日には「富山まつり」が開催されると言うことも判っていたにもかかわらず、R41を富山駅方面に向かうという暴挙に出て、「富岩運河還水公園」へ行ってきました。


Imgp6765


さらに最悪なことに駐車場が全く空いていません。
スタバ側とレストラン側の駐車場をそれぞれ2回回ってきましたが、空いていません。タイミングが良ければちょうど出ていく車がいたりすることもありますが、そういう事もありませんでした。しょうがないので諦めて帰ろうかと思ったのですが、富山駅北口駐車場の入口が目に入ったので、高く付きそうだとは思ったものの、北口駐車場に車を駐めて行ってきたのでした。


Imgp6854


とても暑かったので、木陰などに人が集まっています。
スタバも入口には行列が出来ていましたが、いつもなら満席の外の椅子にはほとんど人がいません。


Imgp6756


冷房の効いた店内はいっぱいでしたし、テイクアウトしている人も多かったです。
滝の流れるゲートにも多くの人が集まっていました。


Imgp6781


Imgp6830


日陰になっている上に、滝が流れているととても冷たい風が流れてくるのです。また、ポケストップもあったので益々人が多かったですね。
実はわざわざ還水公園へ行ったのは、ポケモンGOが目的だったのでした。
しかし、ポケストップは多いものの、あまりポケモンは捕まえられませんでした。しかも出てくるのは既に捕まえているものばかりで、1時間半近く粘っていたのに初GETとなったのは1匹のみでした。
ボールはたくさん集まって、ちょうど100個になりました。持ち物がいっぱいになって、薬を捨てたりするほどでした。


帰りにはJR富山駅に寄って「クロムクロ」の富山観光ポスターを探したのですが、こちらも見つかりませんでした。わざわざ南口のコンコースまで行ってみたんですけどね。やはり空港に行かないとだめなのかな。




結局還水公園でのポケモンGOはちょっと消化不良気味になってしまったので、帰りには北陸道徳光PAに寄ってポケモンを捕まえていくことに。
相変わらずポケモン目当ての人がたくさん来ています。


Img_1224


スポットにもハートが飛び散っています。


Ss175246


そのおかげで多くのポケモンが出現し、捕まえることができました。しかも30分も経たないうちに初GETのポケモンが5匹も。人が多く集まってくる理由も判る気がします。
あまりに次々とポケモンが出てくるので、ついには捕まえられる上限に(250匹)達してしまい、「博士に送る」機能を使って、大量に捕まえたポッポやコイキングを処分しました。
また、ボールの消費も激しく、ポケストップで補充はしているものの、取得する数より消費する数のほうが圧倒的に多く、還水公園で100個になったボールが80個にまで減ってしまいました。初GETのポケモンもたくさん捕まえたので30分くらいで帰ろうと思ったのですが、ボールを補充するためにもうしばらく粘っていました。しかしその間にも次々とポケモンが現れてボールが消費されていきます。
結局、1時間居ましたが、ボールは80個を切って78個になってしまいました。そして、初GETのポケモンは7匹にまで増えました。
レアなのかどうかは判りませんが、初物が捕まえられるのは嬉しいです。ただ、ボールの消費が多くなってくると、無課金でやっていくのがだんだん厳しくなるのかもしれません。
レベルが上がってきたためなのか、ボールをはじかれたり、捕まえたと思ったらボールから出てくると言うことも増えて来ていて、1匹捕まえるのに必要なボールの数が増えてきている気がします。

2016.08.07

上市にも円筒分水があった

以前、魚津へ円筒分水を見に行ったことがありましたが、富山には他にも上市に円筒分水があるとの情報が。
そこで、今回は上市町にある「上市川沿岸円筒分水場円筒分水槽」へ行ってきました。


Imgp6474


魚津の円筒分水は、場所が判らずにちょっと迷ったものの、車でのアクセスはとても良く、すぐ近くに車を駐められる場所があったのですが、今回は少し歩きます。
県道48号線を馬場島方面へ進んでいくと、釈泉寺のバス停の所に「円筒分水場」と書かれた看板が出ています。


Imgp6426


Imgp6429


ここの右手(川のほう)に広くなっている場所があるので、ここに車を駐めます。未舗装ですがかなりの広さがありました。
少し上流側へ進むと、発電所へ向かう細い道があるので、そこを入って行きます。


Imgp6433


この道はまだ車でも通れます。実際、ここから発電所までは車でも行けますし、途中には民家もあります。
しかし、円筒分水は川を渡ったところにあるのでした。そのため、橋を渡らなくてはなりません。


Imgp6439


さすがにこの橋は車では通れません。
少し先に発電所があり、その手前にも橋があります。


Imgp6444


そこなら車でも通れますが、橋を渡った先は未舗装の農道なのでした。


Imgp6449


軽トラなら問題なく通れるでしょうね。でも、乗用車だと横の崖の所の草木に接触しそうです。車に多少傷が付いてしまっても構わないのであれば、通れなくはありませんが、あまりお勧めはしませんね。。
橋を渡ったら下流側に進みます。すると、水門がありました。


Imgp6456


Imgp6460


「排砂水門」と書かれています。


Imgp6608


この水門もかなり年季が入っているように見えます。


Imgp6629


水門から出た水は円筒分水のほうへ向かっています。


Imgp6619


この用水と上市川に挟まれた未舗装の農道を進んでいくと、目的の円筒分水に到着です。


Imgp6533


Imgp6570


円筒分水自体は昭和34年に完成したものだそうですが、上のコンクリートの部分は最近新しく修理(というか交換?)されているようですね。
水門番号が103番となっています。


Imgp6500


先ほどの排砂水門が102番だったので、さらに上流側には101番の水門があるのかもしれません。
用水は円筒分水の手前で行き止まりになっているように見えます。


Imgp6493


水に隠れて見えませんが、ここから下を通って円筒分水の下から水が出てくるのでしょう。
円筒分水を出た水は左右に分かれて流れていきます。


Imgp6527


水が濁っていたのがちょっと残念です。美しさではさすがに魚津の東山円筒分水にはかないませんが、水量も豊富でなかなか豪快な円筒分水でした。
もう少し高い所から見る事が出来る場所があるといいんですけどね。
なお、円筒分水の周囲だけは舗装されていて、道幅も広くなっています。


Imgp6473


車でここまで来た場合はここに駐車出来ますね。
また、今回車を駐めた場所は、円筒分水から上市川を挟んでほぼ反対側にあります。直線距離だと50mかそこらでしょうか。もしそこに橋があればもっと楽に行けるんですが。
しかし、回り道をして歩いて行ったからこそ手前の水門にも気がつきましたし、発電所にも寄ってくることが出来ました。駐車場から円筒分水までは500mほどですので、歩いて行くことをお勧めしたいですね。


と言うことで、発電所にも寄って来ました。


Imgp6638


Imgp6651


ここは北陸電力の発電所になるようですね。


Imgp6657


富山には関西電力の発電所が多いイメージがあるので、北陸電力の施設があると意外に感じます。北陸電力の本社は富山にあるんですけどね。


なお、今回の訪問に際しては、こちらのブログを参考にさせて頂きました。
末尾になりましたが、厚くお礼申し上げます。

2016.08.06

鳩の涼みかた?

公園にいた鳩ですが、ちょっと変わったとまり方をしています。


Img_1127


とても暑い日だったので、鳩なりに涼んでいるのかもしれません。
中にはすっかり地面に座り込んでいる鳩も。


Img_1129


公園などで見かける鳩は、大抵の場合歩いているか、止まっていても座り込んでいると言うことはありません。


Img_1130


涼んでいるのかもしれませんが、その割にはわざわざ日の当たる所にいるような気もしますし……

2016.08.05

七夕はもう終わってるけど……

七月の終わり、ユウタウン総曲輪の映画館前には七夕の笹が飾られていました。


Img_1064


Img_1065


映画「ファインディング・ドリー」のタイアップ企画で、短冊に願い事を書いて下げてあります。


Img_1068


家族みんなが健康で暮らせますように、とか、受験に合格しますようにといった願いが多い中、こんな願いも。


Img_1069


それは確かに切実な願いではありますけどね。

2016.08.04

東条うどんの「焼チーズカレーうどん」

土曜の昼食は一番町にある「東条うどん一番町店」でカレーうどんを食べてきました。


Img_1096


先週もカレー三昧でしたが、今週もまたカレーです。


東條うどんの本店は新庄にあって、夜は宴会も出来るようなお店ですが、一番町店はカレーうどん専門のお店となっています。


Img_1078


お店の名前が付いた「東条カレーうどん」にしようかとも思いましたが、1,100円と千円を超える金額に躊躇し、「焼きチーズカレーうどん」(980円)を頂くことに。


Img_1084


カレーの上にチーズがたっぷりと乗っていて、バーナーで焼いているようです。


Img_1087


うどんは讃岐うどんのようにもっちりとした太麺です。


Img_1089


カレーは辛めで、チーズが入ることによってまろやかになります。室内は十分に冷房が効いていましたが、汗だくになって食べていました(^^;)
ご飯がセットになっているので、うどんを食べ終わった後は残ったカレーの中にご飯を入れて食べて見ました。


Img_1091


ご飯の食べ方について特に説明などはありませんでしたが、これは正解だと思います。チーズカレーリゾットというような感じになって、とても美味しかったですし、カレーもきれいに無くなりました。


とても美味しかったのですが、ちょうど昼時だというのに、お客さんは私と私の直後に入ってきた1名の二人だけ。その後、私がいる間には誰も入ってきませんでした。
暑かったので、カレーうどんを食べようなどと考える人がいなかったというのも理由でしょうけど。

2016.08.03

徳光でポケモンGO

都市部と地方とでの格差が話題となっているポケモンGOですが、田舎の方でもサービス開始直後に比べるとポケストップの数は増えて来ているようです。まだまだ都市部との格差が縮まったとは言えないでしょうが、うちの近所の小さな神社にもポケストップが出現したりしています。
白山市では「はくさん街道市場」(旧まっとう車遊館)や松任海浜公園の辺りにポケストップが集中している箇所があります。


Img_1189


富山からの帰りに徳光PAに寄って街道市場のほうへ行ってみると、明らかにポケモンGOをやっていると判る人がたくさん集まっていました。
街道市場にはこんな張り紙も出ているほどです。


Img_1180


ポケストップの数や集中度合いは富山城址公園に比べると少ない(低い)ですが、白山市内では一番多く集まっているポイントではないでしょうか。
それに、今回は富山城址公園よりもこちらの方が新しいポケモンをたくさんゲットすることが出来ました。
しかもピカチュウまでゲット出来たのです。


Ss012706


一匹目は逃げられてしまいましたが、しぶとく粘っていたらもう一匹出てきてくれて、今度はゲットすることが出来ました。
ポケストップでアイテムもたくさん集まり、とうとう「持ち物がいっぱいです」と言われてこれ以上集められない状態になりました。
家に帰ってから調べて見ると、持てるアイテムの上限は350個とのこと(有料アイテム購入で増やすことは可能)で、いらないアイテムを削除することで少し空きを作っておきました。ついでにズリのみの使い方が判ったので、一度使ってみなくては。


ついでにいろいろ調べて見ると、捕まえたポケモンを進化させることも出来るらしい。
そこで何か進化させてみようと思ったのですが、進化に必要なアメの数が全く足りません。
唯一数が足りていたのは、たくさん捕まえられる割には進化に必要なアメの数が少ないポッポです。ということで進化させてみました。


Ss013258


ポッポに比べると強そうですね。
しかも、さらに進化出来そうです。アメの数もぎりぎり足りているので、もう一段進化させてみます。


Ss013405


ポッポからピジョンへの変化に比べると、あまり変わった感じはしませんね。それでもCPやHPは上がっています。


単にポケモンを集めるだけだとそろそろ飽きてきますし、課金する気は無いので、この先も続けるならこんな事もやってみないとね。

2016.08.02

富山でポケモンGO

富山での最後の目的地は富山城址公園とその周辺です。


Imgp6370


この辺りにはポケモンGOのポケストップがたくさん集まっているという話しを聞いたので、寄って来ました。
周辺を歩いていると、いくつものポケストップがあります。
特に木陰が広がる場所には多くの人が集まっていました。


Img_1146


ポケストップがたくさんあるので、ボールなどのアイテムをたくさん集めることができました。新しいポケモンは思っていたほどには集められなかったですが……


さて、富山城(郷土博物館)前の通りにある「AMAZING TOYAMA」の看板(?)がハローキティとコラボしたバージョンになっています。


Imgp6387


富山市ではスタンプラリーイベントが開催されているようで、「ハローキティをさがせ」という看板があちこちに出ていました。


Img_1101


Img_1107


これもそのイベントの一環なんでしょうね。
また、富山城を写真に撮る場合、お堀の方から撮るのが定番というか、他にはあまり無いという状況でした。


Imgp6402


しかし、いつの間にか佐藤記念美術館の前辺りに庭園のようなものが作られていました。


Imgp6421


正面側からの撮影ポイントにもなりそうです。


あとは「クロムクロ」の富山観光ポスターが貼ってないかと思っていたのですが、ちょっと見当たりませんでした。
郷土博物館の中にでも入れば貼ってあったのかもしれませんが。
今度はJR富山駅にでも行ってみようかな。たぶん駅にはあるでしょう。空港にも貼ってあるらしいのですが、空港にはなかなか行く機会がありませんし……

2016.08.01

細田守監督作品 バケモノの子展

前回の続きです。


今回は高志の国文学館の駐車場に車を駐めて徒歩移動です。ここの駐車場は文学館を利用すると最初の3時間が無料になるのです。この辺りの駐車場は高いので、3時間無料というのは大きいです。
ということで、次の目的地である『富山市民プラザ』まで歩きます。1kmほどなので、15分もあれば到着します。
こちらでは7月23日から8月21日まで、『細田守監督作品 バケモノの子展』が開催されています。


Img_1005


昨年、東京と大阪で開催されていたものですが、細田監督の出身地である富山でも開催されることになったのです。
細田監督の4作品について、原画や美術ボード、絵コンテなどが展示されています。
『おおかみこどもの雨と雪』に関しては立山などが舞台として描かれている事もあって、富山展のみの展示作品もあったそうです。


入口にはいきなり大きなパネルが。


Img_1007


チコのジオラマ(?)も。


Img_1011


渋天街の門の先には等身大(よりは少し小さいか?)の熊徹が。


Img_1013


ここで記念撮影している人も多かったです。


この手の展示会としては珍しく、一部のゾーンを除いて写真撮影がOKだということ(三脚、フラッシュ撮影は禁止)。
撮影可能なエリアにも原画や美術ボードの展示もありましたから、これはかなり珍しいというか、大盤振る舞いという感じですね。


Img_1017


Img_1019


そんな訳で、最後のゾーンは記念撮影コーナーとでも言うようなエリアになってます。


Img_1028


Img_1032


Img_1026


登場人物になって写真を撮りましょう、というような感じですね。


入場料は大人1,200円、中高生1,000円、小学生700円とそこそこなお値段。それでもなかなかの盛況でした。
ギャラリーの出口にはオフィシャルグッズの販売ショップも併設(ギャラリーDがショップに割り当てられているのではないかと思われます)。


Img_1036


Img_1049


Img_1051


細田監督の作品が好きな方、行きたかったけど東京・大阪へは行けなかった方は是非行ってみてはいかがでしょうか。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp