2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 今年も荒屋古墳公園のササユリが咲いていました | トップページ | 喪黒福造と記念撮影? »

2016.05.31

貪瞋癡(トンジンチ)の氷見産煮干しラーメン

今回の氷見行き、メインの目的は「貪瞋癡」(トンジンチ)の氷見産煮干しラーメンでした。


Img_0292


このお店、元々は夜のお店でワインバーなのですが、お店で出していたラーメンが美味しいと評判になり、昼はラーメン店として営業するようになったんだとか。


Img_0294


場所はハットリ君カラクリ時計のある橋のすぐ近くで、「氷見ラーメン」のすぐ向かいにあります。


Img_0290


昼のメニューはラーメン3種類とカレーが1種類のみ。


Img_0298


トッピングは味玉と岩のりで、ライスはありますが大盛りはやっていないとのこと。


Img_0303


今回注文した氷見産煮干しラーメンは昼のみの提供となっています。


11:30からの営業ですが、お店に着いた11:40にはもうカウンターは満席。ちょっと待たないといけないかと思ったのですが、奥のテーブルに相席で入ることができました。
席について5分少々でまずトッピングが別皿で出てきます。


Img_0311


味玉も岩のりも、煮干しラーメンには標準で付いてくるので、別途トッピングで注文するものはないですね。
味玉は半熟で、薄めですがしっかりと味が付いています。


Img_0324


そして数分後、ラーメンが出てきました。


Img_0318


麺は細麺のストレート。
そして何より特徴的なのは煮干しの利いたスープです。
煮干しの味と香りが十分に出ていますが、えぐみや苦みのようなものは感じられません。とても美味しいスープです。トッピングを別に出すのも、このスープを味わうためなのでしょう。
人気となるのも頷ける美味しさでした。


奥には煮干しがいっぱい詰まったプラケースが置かれていました。


Img_0306


会計を済ませて外に出ると、4、5人のお客さんが外で待っていました。
かなりの人気のようですね。


夜の部へ行く機会はなかなか無いと思いますが、夜の部のメニューもきっと美味しいのではないかと思われます。

« 今年も荒屋古墳公園のササユリが咲いていました | トップページ | 喪黒福造と記念撮影? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/63700724

この記事へのトラックバック一覧です: 貪瞋癡(トンジンチ)の氷見産煮干しラーメン:

« 今年も荒屋古墳公園のササユリが咲いていました | トップページ | 喪黒福造と記念撮影? »

にほんブログ村

Amazon.co.jp