2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016.05.31

貪瞋癡(トンジンチ)の氷見産煮干しラーメン

今回の氷見行き、メインの目的は「貪瞋癡」(トンジンチ)の氷見産煮干しラーメンでした。


Img_0292


このお店、元々は夜のお店でワインバーなのですが、お店で出していたラーメンが美味しいと評判になり、昼はラーメン店として営業するようになったんだとか。


Img_0294


場所はハットリ君カラクリ時計のある橋のすぐ近くで、「氷見ラーメン」のすぐ向かいにあります。


Img_0290


昼のメニューはラーメン3種類とカレーが1種類のみ。


Img_0298


トッピングは味玉と岩のりで、ライスはありますが大盛りはやっていないとのこと。


Img_0303


今回注文した氷見産煮干しラーメンは昼のみの提供となっています。


11:30からの営業ですが、お店に着いた11:40にはもうカウンターは満席。ちょっと待たないといけないかと思ったのですが、奥のテーブルに相席で入ることができました。
席について5分少々でまずトッピングが別皿で出てきます。


Img_0311


味玉も岩のりも、煮干しラーメンには標準で付いてくるので、別途トッピングで注文するものはないですね。
味玉は半熟で、薄めですがしっかりと味が付いています。


Img_0324


そして数分後、ラーメンが出てきました。


Img_0318


麺は細麺のストレート。
そして何より特徴的なのは煮干しの利いたスープです。
煮干しの味と香りが十分に出ていますが、えぐみや苦みのようなものは感じられません。とても美味しいスープです。トッピングを別に出すのも、このスープを味わうためなのでしょう。
人気となるのも頷ける美味しさでした。


奥には煮干しがいっぱい詰まったプラケースが置かれていました。


Img_0306


会計を済ませて外に出ると、4、5人のお客さんが外で待っていました。
かなりの人気のようですね。


夜の部へ行く機会はなかなか無いと思いますが、夜の部のメニューもきっと美味しいのではないかと思われます。

2016.05.30

今年も荒屋古墳公園のササユリが咲いていました

土曜は午前中に辰口の荒屋古墳公園へササユリを見に行ってきました。


Imgp6643


ここ数年は新聞などで咲き始めだったり見頃だったりという記事が出ていたのですが、今年はそんな記事も見かけないので咲き具合が不明でした。
いつもは6月の初め頃に見頃になるのですが、今年は他の花も早めですので、もう見頃になっているかと思って見に行きましたが、予想通りでしたね。


Imgp6754


Imgp6761


Imgp6729


どちらかというと少し開きすぎというか、もう少し前のほうが良かったかもと思うほどです。


Imgp6656


Imgp6709


Imgp6766


古墳公園と言っても、○号古墳と書かれた杭が打たれているので、ここがそうなのかと思うのですが、そんなのが無ければただの山です。


Imgp6645


見る人が見れば判るという事なんでしょうかね。見つけた人はすごいですね。

2016.05.29

氷見あいやまガーデンのバラは満開でした

土曜は氷見あいやまガーデンへバラを見に行ってきました。
先週もバラでしたし、もうバラはいいかと思っていたのですが、氷見へ行きたい用事があったのと、JAFの会員証定時で氷見あいやまガーデンの入場料が100円引きになるという情報があったのとで、行ってみることに。


Img_0331


バラはほぼ満開です。


Imgp7507


Imgp7613


数日前に雨が降ったので散ってしまった花もありますが、まだまだ満開と言っていい状態です。
ただ、やはり雨のせいか傷み始めている花も増えて来ていました。
ここは少し高い所にあるためか、他のバラ園よりも見頃の時期が少し遅いのですが、それでも今年はかなり早く満開を迎えました。何度か春バラを見に来ていますが、五月中に満開になったのは初めてだと思います。
残念ながら、天気は今ひとつで曇っていました。
海のほうも霞んでいます。


Imgp7334


山も全く見えませんね。


前半は先週に続いてTAMRONのA061を使っての撮影です。


Imgp7625


Imgp7651


Imgp7737


Imgp7763


マクロっぽい使い方をすると、やはり描写の甘さというのは気になる事もあります。
縮小表示やL版程度の印刷であれば全く問題はありませんし、個人的には柔らかい描写というのは嫌いではありません。


Imgp7672


ただ、どこにピントが合っているのかが判らないような絵になってしまうこともたまにあるというのが気になる所ではあります。


後半はレンズを100mmマクロに交換して撮影です。


Imgp7856


Imgp7888


Imgp7977


ちょうどレンズを換えた頃から日も差し始めました。


Imgp8022


Imgp8039


Imgp8052


A061と比べるのはA061がかわいそうというか、やはり目的に合ったレンズを使うのがいいという当たり前の結論に達したわけです。


Imgp8367


次は久しぶりに18-250mmを引っ張り出してきて、A061との違いを確認してみたいと思っています。

2016.05.28

ゴシック体タイプ

郡上八幡の電柱に付いていた町名表示は太いゴシック体の文字が書かれたものでした。


Img_8583


この辺りでは見かけないタイプです。
見やすくていいと思います。

2016.05.27

もう今さら外せないんだろうな

電柱の広告ですが、ケーブルの束に隠れてほとんど見えません。


Img_8303


道路側はかろうじて見えるようになっていますが、広告自体がかなり古そうですね。


Img_8317


これだけたくさんのケーブルなどが取り付けられてしまっては、今さら広告を外そうに外せなくなってるんでしょうね。

2016.05.26

修繕予定です

木製のベンチになにやら張り紙が。


Imgp2078


ベンチの張り紙と言えば「ペンキ塗り立て」がお約束ですが、こちらは違った注意書きです。


Imgp2080


前方に重心をかけて座るとぐらつくそうです。
近日中に修繕予定だということなので、直るまでは注意が必要ですね。

2016.05.25

100円玉95枚?

JR松任駅の北口から自由通路へ上がった所にコインロッカーがあります。


Img_9527


Img_9430


小が一日300円、中が一日500円とのこと。
利用している人は少なく、使われていたのは中・小それぞれ一つずつでした。
ふと中のほうのロッカーを見てみると、料金が9,500円と表示されています。


Img_9429


一日500円なので、19日も使っているんですね。
このコインロッカー、精算には100円玉しか使えないそうなので、精算時には100円玉が95枚も必要になります。
実際に荷物を取りに来るまでにはまだ数日あるかもしれませんし、そうなると100枚以上の100円玉が必要になるかもしれませんね。




数日後、また松任駅へ行く機会があったので、その後どうなっているかと思って見てみました。
すると、荷物はまだ預けられたままでしたが、金額は変わっていません。


Img_9531


どういう事かと思って見ていると、金額表示の桁数が4桁しかないと言うことに気がつきました。
つまり、(中ロッカーは500円単位なので)これ以上の金額は表示できないと言うことなんですね。ということは、実際にいくらになっているかはお金を入れてみないと判らないという事になります。預けている本人はいつから入れているか判っているでしょうから、いくらになっているかということも判るでしょうけどね。
とりあえず、100円玉は95枚ではまだ足りないと言うことだけは確かなようです。




その後、さらに2週間近く経過した頃にまた見てみると、もう荷物は取り出されていました。


Img_0182


預けた人が出していったのか、それとも処分されてしまったのか。
この日は規定の保管期間である30日を既に過ぎていたと思われるので、数日前までに出しに来ていなければ、処分された可能性はあります。
何が入っていたんでしょうかね?




【おまけ】
同じくJR松任駅に貼られていた防犯ポスターです。


Img_9427


なんかちょっと怖いです。

2016.05.24

亀蔵のかき揚げおろしとJR武生駅の今庄そば

土曜は午後から御誕生寺へ行きましたが、昼食は一つ手前の鯖江にある「亀蔵」というお店で蕎麦を食べてきました。


Img_0235


地元ではかなりの人気店だそうです。
蕎麦は丸岡産の蕎麦を使った十割蕎麦。当然蕎麦にもこだわりがありますが、一番の人気はやはりかき揚げでしょう。そこでかき揚げが目当てで「かき揚げおろし」(1,300円)を頂いてきました。


Img_0220


これが話題のかき揚げです。


Img_0224


どこから食べていいのか判らないほどです。隣の人が食べているのを見たら、崩しながら食べていたので真似して食べました。
かき揚げは塩で頂きます。


Img_0230


蕎麦は十割蕎麦です。


Img_0225


十割蕎麦というともっとぶちぶちと切れてしまうようなイメージもありますが、そんなことはありませんでいたね。コシの強い麺で、蕎麦の香りがしっかりとします。
汁は大根おろしの入ったもので、辛みはありません。個人的には辛みそばのほうが好みですが、とても美味しい出汁でした。
そば湯も出てきます。


Img_0232


蕎麦の量もそこそこありますし、かき揚げがかなりのボリュームなので、思った以上にお腹がいっぱいになりました。




その後はJR武生駅で駅蕎麦を頂いてきました。


Img_0244


武生駅は一部の特急が停車する程度の規模の駅ですが、待合室で駅蕎麦が食べられるのです。


Img_0259


この規模の駅で駅蕎麦が食べられるというのはちょっとこの辺では珍しいです。
メニューもシンプルです。


Img_0253


今回はかけそば(300円)をいただいてきました。


Img_0263


まさに駅蕎麦という感じです。300円という値段も嬉しいですね。
どちらかというと地元の人が利用している割合のほうが高そうではありますが、人気があるからこそ今でもこうやって残っているのでしょうね。

2016.05.23

久しぶりの御誕生寺は猫より人が多かった

土曜の午後からは、A061のテスト第2弾ということで、当初は呉羽山へでも行こうかと考えていました。
しかし、天気は良かったものの遠景はやや霞んでいて、山を撮るのにはそれほどいい状態ではなさそうです。そこで、動きもの(というほどでもないかもしれませんが)の撮影も出来そうな場所ということで、久しぶりに福井の御誕生寺へ行くことに。


Imgp5455


Imgp5460


昨年の8月以来で、8ヶ月半ぶりくらいでしょうか。
前回には無かった看板が増えていました。


Imgp5310


Imgp5307


まだ5月とはいえ、この日は日差しも強く、猫たちはみんな日陰で寝ていました。


Imgp5318


Imgp5591


Imgp6149


気温は体感ほど高くは無かったので、陰に入るとそれほど暑さは感じません。
涼しい木陰で休んでいた猫を上から見ていたら、気付かれてしまいました。


Imgp5348


小屋の中で寝ている猫も。


Imgp5969


その後、別の猫が同じ小屋の中に入っていましたが、こちらは遊んでました。


Imgp6533


小屋の中にある段ボール片みたいなものは何だろうと思っていましたが、こうやって使うための物だったんですね。


猫の数は一時期に比べるとかなり少なくなりました。
外に出てきていない猫も多いようなので、まだまだ猫はいるのですが、それでも外に出てきている猫の数はかなり少なくなっています。
テレビなどですっかり有名になってしまい、この日も多くの人が訪れていました。ピーク時には駐車場がいっぱいになるほど。県外ナンバーの車が多く、この日は滋賀や岐阜ナンバーの車が多く見られました。関西方面からの車が多いようですが、中には横浜ナンバーや広島ナンバーの車も見かけました。あまりに人が多くて、猫の数倍の人がいる状態でしたww


人間用トイレの前が工事中で大きな穴を掘っていたのですが、猫たちはわざわざその穴の周辺を歩いています。


Imgp5633


瓶の縁に立つ猫も。


Imgp6556


スリルを味わっているんでしょうか?


水を飲んでますが、飲みにくそうです。


Imgp6357


飲み水も別に用意されているんですが、わざわざ飲みにくいところの水を飲んでます。そもそも飲み水じゃ無いですし。


エリザベスを付けている猫も。


Imgp5409


どうしても掻きたいんでしょうね。エリザベスを蹴るカタカタという音が響いていました。


この日のおみくじ猫は黒モフです。


Imgp5670


高倍率ズームは猫撮りにはとても便利ですが、ただでさえ暗いレンズを絞って使うので、どうしてもISOを上げてシャッタースピードを稼がないといけません。そのため、望遠側では特に、尚更眠い絵になってしまうのは否めません。


Imgp5464


Imgp5822


Imgp6089


それでも条件が良ければそこそこの画質になると思います。


Imgp5626


Imgp5745


Imgp6280


シャープな絵を望む人にはそもそも向かないレンズかもしれませんが、便利さと軽さというのはやはり魅力です。




ご飯の時間になったので、今回は動画で撮ってみました。




みんな一斉に、という感じでは無くなってますね。慌てなくても食べられるという事が判っているからなのか、他の猫たちが食べ終わった頃にやって来る猫もいます。


Imgp6563


最後まで一匹で食べてましたww

2016.05.22

今更A061購入

先日、100満ボルト金沢本店の4Fアウトレットを何気なく覗いてみたら、TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD ASPHERICAL [IF] MACRO(Model A061)のPENTAXマウント版が24,800円(税別)で売られていました。
高倍率ズームは既にsmc PENTAX-DA 18-250mm F3.5-6.3ED AL[IF]を所有していますし、その時はスルーしたのですが、しばらくしてまだ売れ残っていたので、ほとんど衝動買いで買ってしまいました。


Imgp4526


K-1を買うつもりもありませんし、フルサイズへの布石と思ったわけではありません。
確かにK-1を買わない理由の一つは、フルサイズ対応のレンズも合わせて購入する必要があるということです。手持ちのレンズでフルサイズに対応しているのはsmc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRだけですので、標準ズームと望遠ズームは買わないといけないですからね。
とは言うものの、いくらA061がフルサイズに対応していると言っても、便利さ優先の高倍率ズームをK-1でメインに使うというのは宝の持ち腐れになってしまうでしょうし。


アウトレット品ですが、中古では無く新品です。開封済みではあるようなので、店頭で展示されていたのかもしれませんが、使用感は全くありませんでした。


Imgp4542


展示品だとしてもショーケースに入っていて、お客さんが触れる状態では無かったのかもしれません。
ただ、商品はかなり古いもののようです。料金受取人払のアンケートハガキが入っているのですが、差出有効期限が平成18年7月31日までとなっています。


Img_0280


また、タムロンの「東京営業所移転のお知らせ」という紙が入っていましたが、移転日は2005年9月12日となっていました。
このレンズは販売開始が2004年、販売終了が2014年ですが、この個体は販売開始当初に出回ったものなのではないかと思われます。それでもカビが生えていると言うことも無さそうなので、使用には全く問題ないでしょう。
価格がなかなか微妙で、中古ならもっと安く買えるでしょうし、販売期間中でも底値の頃なら近い値段で買えたような気もします。どうせなら50mmの単焦点でも買った方が良かったのかもしれませんが……


絞りリングの付いているレンズは久しぶりです。


Imgp4546


ズームロックのボタン形状がPENTAX-DA 18-250mmと全く同じです。DA 18-250mmはTAMRONのOEMらしいので、同じ部品なのでしょうね。




さて、せっかく買ったのですからとりあえず使ってみようということで、先週に続いて富樫のバラ園へ行ってきました。


Imgp4815


先週はまだ五分咲き程度でしたが、今週は満開です。
先週はまだつぼみだった赤い花も満開状態でした。


Imgp4578


Imgp4565


その代わり、先週満開だった花はかなり散っているものもありました。


Imgp4853


花は先週十分に撮っているので、今回はA061の試し撮りです。


Imgp4563


Imgp4608


Imgp4666


Imgp4829


Imgp5170


画質は評判通りで、よく言えば柔らかいですし、悪く言えば眠いです。特にテレ端側へ行くほどその傾向は強くなります。ただ、300mmとなるとAPS-C機では450mmお望遠になるので、そもそも手持ちでは厳しいのかもしれません。三脚を使うともう少し良くなるのかも。それでも、等倍鑑賞するとか、大きく引き延ばして印刷するとかいうのでなければ問題は無いと思います。
それよりも、暗いレンズなので室内には不向きだったり、テレ端側でAFが迷う事のほうが問題だと思います。DA 18-250mmも似たような傾向なので、高倍率ズームはそんなものなのでしょう。
最短撮影距離が0.49mと短いので、ちょっとしたマクロとしても使えます。


Imgp4689


Imgp4899


但し、IFなので近くのものを撮る場合はあまり大きくは撮せないです。300mmですが、100mmマクロとさほど変わらない感じです。それでも、寄れると言うこと自体がありがたい事もあります。


ボケは、大きなものは気にならないのですが、細かいものだとちょっとうるさく感じます。


Imgp4924


Imgp4572


F8以上(テレ端だとF11以上)に絞って使うことが多いので、余計にそうなってしまうのかも。


APS-C機に使うと、ワイド端が43mm程度になってしまいますが、今回は広角の不足を感じることはありませんでした。


Imgp5266


そもそも昔使っていたOLYMPUSのC-2100UZというコンデジはテレ端側が35mm換算で38mmだったんですよね。当時のコンデジは広角側が35mm換算で35mmくらいのものが標準でしたし、もっと広角があればと思う事もしばしばでしたが、それでもどうにかなっていたのです。だから43mmというのも使い方次第ではどうにかなるのではないかと思ったりもします。
結局、DA 18-250mmとの使い分けは広角が必要かどうかと言うことになりますね。
ただ、DA 18-250mmでさえこの所あまり出番は無い状態なので、A061の出番がどの程度あるかというのはなかなか微妙な所ではあるのですが……




【おまけ】
今回、「ディズニーランドローズ」という品種の花が咲いていました。


Imgp5092


オレンジ色の花ですが、外側の花びらの周辺だけがピンク色をしています。


Imgp5098


なかなか変わった花ですね。
なぜ「ディズニーランド」なのかは判りませんが……

2016.05.21

橋以前に……

郡上八幡の細い坂道に出ていた看板です。


Imgp1931


この先の橋は車両通行止とのことですが、橋以前に道がとても細く、軽自動車でもあまり通りたくないくらいの細さです。
しかも、橋の幅よりもその手前の道のほうが細く、そこが通れるくらいなら橋も十分に通れそうです。


Imgp1935


橋は太鼓橋のようになっていますので、単に道幅だけの問題ではなく、重量など他の理由で通行出来ないんでしょうけどね。

2016.05.20

取れた……

先日福井へ写真を撮りに行った時のこと。
ふとカメラの上にあるダイヤルを見ると、なんだか様子がいつもと違います。


Img_9301


なんと、ダイヤルの上に貼られているモードが書かれた所が取れてしまっています。
なんでこんな所が取れてしまったんでしょう。
バッグの中に落ちていないかとひっくり返して探してみましたがありませんでした。どこかに落としてきてしまったようです。


モードは基本的にAvモードで使っていて、特に理由が無い限り(Tvで撮りたい時とか)変更することはありません。ユーザーモードにモノクロ用の設定をしていたりもしますが、モード自体は液晶画面にも表示されるので、ダイヤルの表示が無くても、ちょっと不便にはなりますけど使えない訳ではありません。
でも、これでもう下取りとかはジャンク品扱いになってしまうでしょうね。当分買い替えるつもりはありませんけど。

2016.05.19

ご当地もの二題

【その1】
北陸道徳光PAで買ってきた「金沢カレーコーラ」(210円)です。


Img_9515


ご当地サイダーやコーラというのがちょっとした流行のようで、石川県の「加賀棒茶サイダー」や富山県の「富山ブラックサイダー」などを飲んだことがあります。
今回は、「金沢カレー」をイメージしたコーラです。


Img_9518


Img_9524


原材料の中に「粉末ソース」の文字が見えます。


Img_9520


ちょっとソースっぽい香りはありますね。
飲んでみると、なんとなく金沢カレーっぽい後味はあります。
コーラとしては甘みが少なく、若干の酸味と金沢カレーのようなソースのような不思議な味わいです。
美味しいかと言われると微妙ですけどww




【その2】
近所のスーパーで買ってきた「富山ブラックラーメン味おかき」です。


Img_9585


Img_9590


富山ブラックのスープの味をイメージしていて、かなり胡椒が利いています。
原材料には鰹節エキスパウダーや魚介エキスパウダーなども入っていますね。


Img_9589


製造は富山県内のお菓子メーカーです。


カロリーはちょっと高めですし、塩分もそこそこあります。


Img_9587


しかし本物の富山ブラックに比べると全くくどくありません。普通に美味しいおかきでした。

2016.05.18

輪島キリコ会館&輪島ドラマ記念館

能登には「キリコ」という大きな山車(曳山のようなものとはまたちょっと違っていますが)を使う祭が各地で行われています。
そのキリコを集めた「輪島キリコ会館」があります。


Img_0072


以前はもう少し珠洲寄りにあったのですが、昨年3月にマリンタウンへ移転し、リニューアルしました。
館内にはたくさんのキリコが展示されています。


Img_0075


Img_0084


一番大きなものは「能登國」と書かれたキリコで、高さは15mもあり、4階建てのビルほどの高さになるそうです。


Img_0090


Img_0096


「能登國」の文字の1文字が畳2畳分くらいの大きさになるそうで、3文字で6畳分くらいの広さになります。
1Fは展示スペースで、1Fと2Fから展示されているキリコを見る事ができます。
3Fは展望台となっていますが、中央には大きな松明が鎮座しています。


Img_0130


この松明も巨大なもので、1Fにある売店に置かれているものが3Fまで届いているのです。


Img_0141


NHK連続テレビドラマ「まれ」のキリコも展示されています。


Img_0155


「希」と書かれたキリコはイベント用に作られたもので、まれ役の土屋太鳳のサインも入っています。


Img_0154


「不退転」と書かれたキリコは劇中で使われた物(実際に撮影に使われたものなのか再現したものなのかはちょっと判りませんでしたが)です。


入館料は大人620円。
マリンタウンに移転したことで、輪島朝市からも徒歩圏内で立ち寄ることが出来るようになりました。




また、いろは橋のすぐ近くに「輪島ドラマ記念館」があります。


Img_0029


GW初日の4月29日にオープンしたばかりです。
中には、ドラマの「サロンはる」や「朝市食堂まいもん」のセットが再現されています。


Img_0033


Img_0043


他にも番組で使われた小道具などがあり、入口には主演の土屋太鳳の衣装などもあります。


Img_0058


入口を入った所には巨大な「まれケーキ」が。


Img_0032


顔ハメ看板もありました。


Img_0053


いろは橋は劇中に何度も登場していますし、立地としては良い場所ですね。


Img_0062


ドラマ人気での集客は放送が終了してしまうと一気に減ってしまいます。放送が終了して半年以上を経過しているドラマの展示がどの程度集客に貢献するかは判りませんが、一助になるといいですね。

2016.05.17

大笹波水田

輪島の桶滝へ行った時、途中で「大笹波水田」という所に寄って来ました。
日本の棚田百選に選ばれている水田で、展望台が作られています。


Imgp2978


Imgp2968


展望台からは棚田が見えます。


Imgp2970


この日はまだ午前中でしたし、曇っていて日差しもありませんでしたが、海が近く、夕陽が沈む頃には水田の水面に日が反射してきれいなんだそうです。


Imgp2974


展望台がもう少し高い位置にあればいいんですけどね。奥の棚田はほとんど水面が見えないのです。
どこか見晴らしの良い場所は無いかと周辺を歩いてみましたが、これと言った場所は見つけられませんでした。景色はなかなかいい所なので、もっときれいに見える場所を整備してくれるといいのにと思います。


農家の人たちが手で稲の苗を植えていました。


Imgp3025


棚田なので機械が入れられないのかもしれません。

2016.05.16

中華そば 桜三四郎

土曜の昼食は「中華そば 桜三四郎」へ行ってきました。


Img_0179


Img_0181


駐車場が店の前に3台分(内1台は軽専用、建物前には計6台分の駐車スペースがあるのですが、半分は隣の店というか事務所みたいだった所のものになるのではないかと思う)しかなく、しかもちょうど昼の時間だったので駐車場が空いていないだろうと思っていたのですが、店の前を通ったら空きがあったのでこのタイミングを逃さぬようにと入ることに。


ラーメンのメニューは醤油、塩、味噌の3種類。


Img_0173


メインは醤油の「中華そば」だと思われますが、先週も醤油ラーメンだったので、お店の名前が付いている塩の「三四郎そば」をいただいてきました。


Img_0176


あっさりした塩味のスープですが、鶏の出汁が利いています。焦がし葱も入っていて、香ばしさもありました。
麺は細麺でもっちりとしていて、小麦の味がしっかりとします。
駐車場が狭いのがネックですが、次は「中華そば」を是非とも食べて見たいです。


大変美味しくいただきました。




【おまけ その1】
香林坊大和で開催中の「大北海道展」で「生キャラメルソフトクリーム」を食べてきました。


Img_0201


乳脂肪分8%の濃厚なバニラソフトに、以前一大ブームとなった生キャラメルがトッピングされています。
バニラソフトは濃厚で美味しいですし、生キャラメルはそれほど甘くなく、バニラソフトの味を壊す事はありませんでした。
ただ、600円と言う値段はちょっと高いかも。箔一の金箔ソフトの891円が激安に感じますね。
百貨店のイベントなので場所代がある程度乗せられている気はします。多くのお店が出店していましたが、全体的にあまり安いとは思えませんでした。




【おまけ その2】
近江町市場でも金箔ソフトを売ってました。


Img_0191


値段は560円です。写真で見る限りは箔一のものよりは金箔が小さいようなので、その分値段も安いです(しかも生キャラメルソフトクリームより安い)。
さすがに食べては来ませんでしたけどね。

2016.05.15

水道つつじ公園から金沢南総合運動公園のバラ園へ……

高岡の「水道つつじ公園」は、名前にも『つつじ』と付いているだけあって、つつじが有名な所です。
つつじ以外にも桜やカタカゴ(カタクリ)で有名で、桜もカタクリも見に行ったことがあります。ところがつつじだけはタイミングが合わず、一度も見頃の時期に行けたことがありません。
水曜の富山のローカルニュースで「水道つつじ公園のつつじが見頃」とのニュースが流れたようです(実際に放送を見たわけでは無く、放送局のホームページに紹介されていた記事を見たのですが)。
水曜で見頃なら土曜でもまだ間に合うだろうと思い、高岡まで行ってきました。
ところが着いてみると、あまり花は咲いていません。


Imgp3667


Imgp3669


一部には花が咲いていましたが、イメージとはかなり違います。散ってしまった花も多いですし、咲いている花もかなり傷んでいます。
この時期、他に咲いている花もほとんど無く、ほぼタッチ&ゴーで戻って来て、金沢南総合運動公園のバラ園へ向かいました。
金沢南総合運動公園のバラ園は月曜には花が咲き始めていたようです。例年なら5月の末から6月初め頃に一番の見頃になる事が多いので、今年は一週間くらい早いですね。今週は水道つつじ公園へ言って、来週にバラ園へ行こうと思っていたのですが、急遽予定変更です。


Imgp3697


花の種類によって差はありますが、かなりの花が咲いています。


Imgp4035


まだまだつぼみのものも多く、全体的には5割くらいの開花でしょうか。


Imgp3757


それでもバラの甘い香りが一面に漂います。
花を見に来ている人もかなりいました。


Imgp3799


火曜と水曜には雨も降っていたので、その頃にもう咲いていた花には多少傷みはありましたが、その後に咲いた花などはまだまだきれいな状態です。


Imgp3706


Imgp4448


Imgp3965


Imgp4003


Imgp4186


Imgp4261


状態のいい花が多いので、早々にマクロレンズに交換して撮影。


Imgp3814


Imgp4083


Imgp4115


Imgp4311


Imgp4402


結局、広角が必要なもの以外はほとんどマクロレンズで撮ってました。


Imgp3853


Imgp3970


Imgp4283


水道つつじ公園のつつじはまたしてもおあずけになってしまいましたが、バラ園は今週に行けて良かったかもしれません。
来週末にはもっと多くの花が咲いているでしょうが、週の初めには雨の予報も出ていますし、今咲いている花は来週になると傷み始めているかもしれませんからね。

2016.05.14

誓約書

百万石菓子百工展にはひゃくまんさんの遊具がありました。


Imgp1385


受付にはなにやら張り紙が。


Imgp1421


「誓約書」を記入しないといけないんですね。
この手の遊具で事故があったりもした影響かもしれません。
誓約書の内容は判りませんが、何かあっても自己責任でという事なのかも。遊具自体の事故であれば当然責任はあるでしょうが、中で遊んでいる子供同士による事故までは責任持てないよと言うことなのではないかと想像します。
しかし、この手の遊具はあちこちのイベントで見かけますが、誓約書の記入が必要なのは初めて見ました。実際に遊んだことは無いので知らなかっただけなのかもしれませんが。

2016.05.13

Windows10へアップグレード

GW中にやりたかった事の一つに、ノートパソコン(Lenovo ThinkPad Edge 11")のWindows10へのアップグレードがありました。
サブ機として使っているノートパソコンはあまりソフトも入れてないので、アップグレードの支障も少ないと思ったのです。とは言え、Edge 11"はメーカーのアップグレード対象には入っていませんので、ちょっと心配ではあります。ノートパソコンなので、タッチパッドや電源管理など専用のソフトもいろいろ入ってますからね。
ちなみにメインのデスクトップ機(Windwos7)をアップグレードするつもりはありません。


必要なファイルは既にダウンロードされているようですが、アップグレード用のファイルをダウンロードしたものをDVDかUSBメモリに保存したものを使ったほうがトラブルが少ないと聞いていたので、事前にダウンロードしたファイルをUSBメモリに保存してありました。
念のためWindows UpdateでWindows7を最新状態にしてからアップデートを開始。時間はかかりますが途中で介在は不要なのでテレビを見ながら放置しておきましたww
2時間弱でアップグレード完了。
ところが初回のログイン直後にいきなり固まってしまいました。
10分ほど放置しておきましたが動いている様子は無かったので強制電源断して再起動。すると今度は問題なく起動しました。


Windows10は仕事で少し使った事があったので、とりあえずWindows Updateの設定などを変更(勝手に動かないように)し、少し使ってみました。
ブラウザなど、Windows7で使っていたソフトもそのまま残っていますし、ブラウザのブックマークも継承されています。
Windows10と言えばEdge(ブラウザの名前。ノートパソコンもEdgeなのでちょっとややこしいww)です。常用するのはFireFoxですが、せっかくなのでEdgeもちょっと使ってみようと思ったのですが、タスクバーにEdgeのアイコンがありません。IE以外のブラウザを標準で使っていたからかな、と思ってスタートメニューからEdgeを探しましたが見つかりません。標準で使うソフトの設定を見ても、ブラウザとして出てくるのはIEとFireFoxだけで、Edgeがありません。どうなっているんだろう?
エクスプローラーでEdgeプログラム本体と思われるファイルを見つけたのでダブルクリックして見ましたが、反応無し。
ネットで調べて見ると、スタートメニューが開かない場合やEdgeが動かない場合の対処が見つかったので試してみましたが、やはりEdgeは現れませんでした。
別に使わないからいいかとも思ったのですが、せっかくのWindows10ですし、Edgeが必要になる事もあるかもしれません。そこで、Edge(ノートパソコンのほう)をリカバリーメディアを使って出荷時の状態に戻した後でアップグレードを行ってみることにしました。


出荷時状態に戻した後はWindows7をWindows Updateで最新にしたほうがいいのかもしれませんが、面倒なのでそのままWindows10のアップグレードを開始。1回目よりも少し早く(しがらみが少なかったから?)アップグレードが完了しました。
今度はEdge(ブラウザ)もちゃんと入ってます。
自分でインストールしたソフトはリカバリーした時点で全部無くなっているので、必要なソフトをインストール。それからLenovoのSystem Updateというソフトを起動したのですが、バージョンが古いためユーザー認証が出来ないとかなんとか言われて起動しません。System UpdateのバージョンアップもSystem Updateを使って出来るはずなのですが、バージョンが古すぎたためかもしれません。System Update自体はLenovoのパソコンであれば機種依存はないはずなので、ホームページから最新版をダウンロードしてインストールしたら動きました。
一通り設定などを終わらせると、なんだかんだで1日かかってしまいましたね。


Imgp1522


Windows10ということで起動時間が早くなるのでは無いかと期待したのですが、インストール直後のWindows7よりも少し遅いくらいでした。ハードディスクはSSDに換装しているのでディスクは十分に早いはず。古いパソコンなのでまだBIOSを使ってますし、UEFIを使った最近のマシンでなければこれ以上の起動速度は望めないのかも。


一つ失敗したと思ったのは、Lenovoの附属ソフトの中にWindows7じゃないと動かないものがあったので、アンインストールしようとするとインストーラー自体がWindows7じゃないと動かずにアンインストールすら出来ないという事態に陥ってしまったことです。そんなに容量を食っている訳では無いのでそのままにしていますが、いらないものは事前にアンインストールしておけば良かったと思います。ただ、Windows10で動くかどうかはWindows10で動かして見ないと判らないんですよね。一部のソフトはWindows10へのアップグレード自に互換性が無いソフトだと言われて警告が出るものもあるようですが、今回のソフトはそんな警告も出ませんでした。


やはりWindows10へのアップグレードは、元のWindows7あるいは8.1を極力クリーンな状態でやらないとダメだと言うことですね。

2016.05.12

今年はイノシシが多いのか?

大乗寺丘陵公園にはこんな看板が。


Imgp8924


近くにイノシシが出没しているそうです。
奥卯辰山健民公園にもイノシシ注意の看板が出ていましたが、今年はイノシシの出没が多いのでしょうか。


Imgp8925


熊とイノシシが一緒に出てくることはないと思いますが(熊に会ったらイノシシのほうが逃げるのでは?)、どちらにもあまり会いたくはないですね。

2016.05.11

carrozzeria ND-DVR10購入

以前からドライブレコーダーを付けたいと思っていたのですが、なかなかこれと言った機種が見つかりませんでした。
希望するスペックはさほど高くは無く、
 ・常時撮影
 ・Full HD動画記録
 ・本体にモニタ付き(但しサイズは小さい方が良い)
 ・専用ソフト以外でも記録動画の再生が可能
 ・LED信号機対応
と言った所です。あとは本体サイズは小さい方がいいです。
レーダー探知機はずっとYupiteruのものを使っているので、ドライブレコーダーもYupiteruがいいかなと思っていましたが、Yupiteru製のドライブレコーダーはLED信号機への対応があまり進んでいない印象です。最近の機種で対応してきていますが、欲しいと思っている1世代から2世代前の機種では非対応です。サイズ的にはYupiteruのものが気に入っていたのですが。
結局、欲しいものが無くてそのままになっていました。


今年に入ってケンウッドやパイオニアから気になる新製品が販売され、ドライブレコーダー熱が再燃。
人気なのはケンウッドのDRV-610ですが、高機能な分値段も高いです。前方衝突警告や車線逸脱警告など、個人的には不要な機能も多く、サイズも大きいので候補からは除外。他にはKNA-DR350あたりが候補ですが、パイオニアからこのKNA-DR350対抗とも言えるND-DVR10が発売されました。
ND-DVR10はKNA-DR350と比べると水平記録画角が少し広く(と言っても、ドライブレコーダーとしては特に広いほうではありません)、駐車監視の時間も2倍ほど長くなっています。標準付属品のmicro SDカードが32GBと容量が大きい所も魅力です。
駐車監視機能は重視していない(付いていなくてもいい)のですが、この駐車監視機能に期待している人も多いようで、ケンウッドの製品では別売りの外部バッテリーを使って長時間の監視が可能なものもありますね。


最終的にKNA-DR350とND-DVR10を候補に絞り込んで、両者を比較検討。どちらかというとND-DVR10が優勢です。
ただ、ND-DVR10で気になったのは、GPSが付いているにもかかわらず専用ビューアーソフトが一切提供されていない点です。記録動画のPCでの再生に専用ソフトが必須というのは困りますが、専用ソフトが無いということはGPS情報を活かす手立てが無く、何のために付いているんだか判らないからです。
そこでメーカーのホームページからマニュアルをダウンロードして見てみました。すると、動画ファイル(.MP4)と同時にNMEAという拡張子のファイルが保存されるようです。このファイルはGPSが出力する標準的なファイルで、Google Earthなどにこのファイルを読み込ませることでGPSデータも活用出来そうです。
そこで、ND-DVR10を購入する事に決めました。


Img_9687


スーパーオートバックスにて21,800円にて購入。
電源裏撮り用のソケット(798円)と工賃(3,240円)を合わせて25,838円となりました。
発売されてからまだそれほど期間が経っていないのであまり安くはありません。通販なら本体は18,000円前後でも買えますが、取付もやってもらいたかったのでこんなものかなと。
取付位置は当初運転席側を考えていました。走行中に画面が見える必要はありませんが、手動記録や静止画撮影などの操作が助手席側にあると難しいのではないかと思ったのです。また、うちの車は助手席側のワイパーブレードが短く、助手席側に付けると撮影範囲がワイパーの拭き取り範囲を超えてしまいそうな気がしたからです。
車をピットに入れてから、取付位置について相談しました。やはりオススメは助手席側とのこと。試しに仮付けしてみましたが、運転席側ではミラーの後ろには隠れないことが判明。ミラーはどうしても運転席側に傾けた状態で使うので、ミラー裏の空間が運転席側では狭くなってしまうのですね。ミラーに干渉しないくらいに上に付ければいいのですが、うちの車はフロントガラスの上部がハーフシェードになっているんですよね。当初は憬れだったハーフシェードガラスですが、実際に使ってみると邪魔になることの方が多いです(^^;)。
そこで取付は助手席側に決定。極力ミラーの根元に近い所にと思ったのですが、そうなると今度は車検証のステッカーが邪魔になります。なかなか思うようにはいきません。
細かい取付位置は実際に写る範囲を見ながら調整して決めるということでお願いしました。
作業は1時間もかからないと言われたのでしばし店内を見て廻っていると、45分ほどで作業終了のアナウンスが入りました。
取付はこんな感じになりました。


Imgp1813


Img_9619


ガラスが汚れていて、ちょうどワイパーの軌跡が判りますねww
取付を行ってくれた方の話では、ブラケットの接着部分がハーフシェード内に収まるのが理想だったそうですが、そうするとやはりワイパーの拭き取り範囲を超えてしまったそうです。
運転席から見ると、下の操作部と画面の下方が若干見える程度で、邪魔になることはありません。


Img_9606


写真では本体が半分ほど見えていますが、実際の視点からはもっと隠れています。
助手席に着けた事による操作性も特に問題なく、手動録画も静止画撮影も運転席に座ったままで操作可能でした。
欲を言えば本体の高さがあと1cmくらい小さければ、と思いますが、駐車監視用のバッテリーが大きめなので、これ以上は小さくならないのかもしれません。


附属のmicro SDカードはKingston製のSDHCカードで、class10対応です。


Img_9681


車線逸脱などの機能は無いので、設定はかなりシンプルです。他社の製品では設定可能なメディアがフルになった時の動作も、上書き固定になっています。
ファームウエア(?)のバージョンはR13となっていました。


Img_9677


附属メディアの容量が大きいのでそのまま使ってもよかったのですが、ドライブレコーダーはmicro SDカードの障害が発生する率が高いのか、どの製品のクチコミなんかを見てもメディアがエラーになったという話が出てきます。Yupiteruの製品などでは、週に1回くらいの割合でメディアのフォーマットを推奨しているものもありました。この製品では特にそのような事は取説にも書かれてませんが、メディアは予備があったほうがいいかもしれません。なので、64GBのmicro SDカードを2枚購入し、時々入れ替えながら使うことにしました。
なお、本製品が対応しているmicro SDカードは32GBバイトまで(ということはFAT32にしか対応していないということ)なので、64GBのメディアをFAT32にてフォーマットして使っています。機種によってはFAT32でフォーマットしても32GB超のメディアは使えない事もあるようですが、今回は今の所問題なく使えています(128GBメディアも使用できたという報告もネット上で見かけました)。


動画から切り出した映像です。


Cap1


Aピラーが映り込んでしまっていますが、これを解消するにはカメラの位置をもっとガラスに近づけるしかありませんね。ブラケットの調整箇所が1カ所しかないので、フロントガラスの傾斜が大きい車ではしょうがないのかもしれません。本体側とブラケット側をアームで繋いで両方で調整出来るようなブラケットがあればいいのですが……
また、映像右下には上段に撮影年月日時刻と時速、下段には位置情報が表示されています。専用ビューアーソフトは無くても、GPSのデータは利用されているんですね。
なお、LED信号機は高速点滅の状態で写ります。東日本側では点滅せずに写るのかもしれませんが、信号の色ははっきりと判るのでこれで十分でしょう。


ちょうど雨が降ったので、ワイパーの拭き取りについても確認出来ました。


Cap2

Cap3


上手く拭き取り範囲内に収まっています。


夜間の動画切り出しです。


Cap4


Cap5


明るい交差点などであればまだいいですが、街灯も無いような暗いところではあまり期待はしない方がいいかもしれません。それでも付けていないよりは、付けていた方が何かが写っているかもしれませんので、


総額は当初の予算をかなり超えましたが、満足しています。
ただ、操作で一つだけ気になった点があります。
表示モードにもよりますが、私の場合、最初の10秒だけ画面表示を行い、その後は表示を消す設定にしています。すると、画面が消えている時に静止画撮影ボタンを押しても画面表示が復帰するだけで撮影は行われません。画面が表示されている状態で静止画撮影ボタンを押すと撮影されます。つまり、実質2回静止画撮影ボタンを押さないといけない事になるのです。
初めはそのことに気がつかず、1回目のボタン押下で撮影されていると思っていたのですが、後からmicro SCカードの中を見てみると画像が1枚もありませんでした。静止画撮影時には音がでるのですが、音量を小さくしていたのと、音が出ると言うことを知らなかったのとで、撮れていない事に気がつかなかったのでした。
手動録画は画面消灯時でも一度のボタン押下で録画出来るので、静止画撮影も同様にして欲しいところではあります。

2016.05.10

GW中に食べたもの

GW中のイベント等で食べたものがいろいろありますので、まとめて放出。


まずは「となみチューリップフェア」で食べたもの。
一つ目は「ホタルイカ焼きそば」(700円)です。


Img_9452


焼きそばにイカスミをかけ、茹でたホタルイカが3匹乗っています。
もう一つは「白えびうどん」(700円)です。


Img_9485


うどんの上には白えびの唐揚げが乗っています。
どちらも美味しかったですが、値段は高めです。イベントのフードエリアということで、どうしても高めの値段になってしまいますね。


帰り際には「氷見牛コロッケ」(250円)をいただいてきました。


Img_9488


こちらはチューリップ四季彩館前の駐車場にある仮設のフードエリアでいただきました。
値段はこちらのほうが全体的に安く、イベント時に移動販売車なんかで売っているような値付けでした。


砺波市美術館前にもいくつかの移動販売車が来ており、デザートには「雪のいちごミルク」(490円)というのが売られていて、ちょっとした行列になっていました。


Imgp9493


アイスクリームにしてはちょっと高いな、と思ったのですが、これだけ並んでいるのは人気があるからだろうと思って買ってみました。
すると、これはアイスではなく凍らせたイチゴをスライスし、その上にコンデンスミルクをかけたものでした。


Img_9445


ボリュームもかなりあって、小さい子供には1つは多すぎるほど。しかもイチゴを凍らせたものなので、少し溶けてきても水っぽくなったりしません。
これはとても美味しかったです。




次は「浅野川・鯉流し」で食べた振る舞い餅です。
毎年、餅つきが行われ、ついた餅は無料で振る舞われています。


Imgp1184


お餅は餡子ときな粉の2種類。


Img_9535


Img_9538


つきたてのお餅は美味しいですね。




この日は金沢城公園で「百万石菓子百工展」という催しが行われていました。


Imgp1349


菓子にはさほど興味はないのですが、何か食べ物の屋台とかも来ているだろうと思って、昼食代わりに食べに行ってきました。
まずは「能登豚100%ソーセージ」(600円)です。


Img_9553


串焼きは他でも良く食べているのと、「浅野川・鯉流し」で売っていたフランクフルトを我慢して来たこともあって即決でした。
とてもジューシーで美味しかったです。


隣で行列が出来ていたので、何を売っているのかと思って覗いてみると、「能登かき酒蒸し」が3個で500円とのこと。


Img_9555


これは行列になるのも無理はありませんね。
とりあえずソーセージを食べた後、少し行列が短くなった頃を見計らって並んでみました。


Img_9557


牡蠣のシーズンはもう終わりですが、今年は能登牡蠣を食べに行けなかったので初物となりました。


あとはたこ焼きでも食べようかと思っていたら、「牛玉」本日限り300円との看板が目に入りました。


Img_9559


そこでこちらをいただくことに。


Img_9562


見た目はたこ焼きのようですが、しっかりと牛の味がします。
他にもいろいろとあったのですが、もうお腹いっぱいです。




次は「道の駅西山公園」で食べた「西山コロッケ」(250円)です。


Img_9626


牛すじが入ったコロッケです。
包み紙にもレッサーパンダが。


Img_9623


西山公園からの帰り、北陸道尼御前SAに立ち寄ると、外の屋台で串焼きを売っていました。


Img_9666


牛や豚といった定番の他、「鴨肉串焼き」というのが気になります。値段も300円と安いですし、鴨というのが加賀らしくていいなと思って一ついただいてきました。


Img_9660


鶏に比べると若干癖がありますが、肉は軟らかくて美味しかったです。ただ、癖を隠すためか、塩胡椒がかなり強めでした。


B級グルメばかりで高級なものはありませんが、どれも美味しかったです。

2016.05.09

「近江ちゃんぽん亭」&「金澤流麺 らーめん南」

GW初日の4月29日、この日は4月に野々市にオープンしたラーメン屋へ行こうと思っていたのですが、店の前を通ると、ドアになにやら張り紙が見えました。駐車場にも車は無く、どうやら臨時休業のようです。スープの出来が悪かったとかで臨時休業というのは他の店でも時々ありますので、そんな感じだったのではないかと思われます。
他に行くあては無かったのでとりあえず目的地の津幡方面へ向かっていると、「近江ちゃんぽん亭」の看板が見えました。そう言えば津幡にオープンしたという話をしばらく前に聞いたな、と思って寄ってみることに。


Img_9414


休日の昼過ぎということで、順番待ちのお客さんが多数。店の外にまでは並んでいないものの、店内の待合室や入口を入った所には順番待ちのお客さんが。どうしようかと思いましたが他にあても無いので紙に名前を書いて待つことに。20分少々待った所で席に案内されました。
注文したのは2016年新メニューという「ゆず鶏塩ちゃんぽん」(830円・税別)です。


Img_9409


「近江ちゃんぽん亭」は滋賀県が発祥のお店で、以前にJR彦根駅前にある「をかべ」というお店(ここが総本店らしい)へ行ったことがあります。
ちゃんぽんと言っても長崎ちゃんぽんのようなものではなく、野菜がたっぷり入った中華そばというものです。
麺は細麺。


Img_9412


スープは無化調の塩だれを使ったあっさりしたもので、鶏の香りがかなり強いです。
さらに野菜の量を増やした「野菜1日盛り」というのもあります。
焼きめしや餃子などのメニューもあり、セットメニューも豊富です。スーパーの敷地内にあるので駐車場も十分に広く、家族連れが多かったですね。




そしてGWも終盤の5月6日、ようやく当初の目的だったお店へ行ってきました。
「金澤流麺 らーめん南」です。


Img_9602


Img_9592


メニューは昼の部と夜の部で若干異なっています。


Img_9595


Img_9596


この日は「牛すじ丼セット」が人気で、ほとんどのお客さんが注文していました。しかしご飯物も食べるとちょっと食べすぎかなと思って、今回は「醤油ラーメン」に「山盛り九条ネギ」をトッピング。


Img_9598


牛と鶏からとったスープには地元産の醤油を使用しているとのこと。
牛の味なのか、とても香ばしく、あまり食べたことの無い味です。
麺は国産小麦100%の全粒粉を使用しているそうです。こちらもとても美味しい麺でした。


ここは以前「響」というお店があった場所で、一度行ったことがありました。
店の前にある電柱に移転の広告が出ています。


Img_9594


駐車場は店前に3台(実質4台?)と広くはありませんが、前のお店が契約していた駐車場もそのまま継続しているようです。


Img_9604


看板は当然新しくなってますけど。

2016.05.08

桶滝

土曜は輪島の桶滝へ行ってきました。


Imgp3028


テレビなどでも紹介されて、かなり有名になりました。
昨年末に行った大沢地区からすぐ近くなので、ほぼ同じルートを通っていきました。
駐車スペースに車を駐めて、滝への入口へ。


Imgp3031


1分ほどで滝に到着です。


Imgp3202


もっと歩かないといけないのかと思っていましたが、すぐでした。


この滝の特長は、一番上の部分が岩の間を通って水が落ちてきていることです。


Imgp3120


Imgp3143


陰になってしまっているのでちょっと判りにくいですが……
腰くらいまである長靴でも履いていけば滝のすぐ下まで行けるので、もう少しいい写真が撮れるかもしれませんが、そんなものは持ち合わせていません。
左側には滝の近くまで登っていける通路があるので、その辺りが限界でした。


Imgp3542


正面から見ているとかなり真っ直ぐに落ちてきているように見えましたが、横方向から見ると以外と奥行きもありました。


Imgp3646


Imgp3595


着いた時には誰もいなかったのですが、駐車場に戻ってくると軽トラが1台止まっていました。
地元の農家の人かと思ったのですが、ナンバーを見ると松本ナンバーです。ちょうど車から人が降りてきて声をかけてきました。長野から来たとのことで、昨年も一度来たのだけど、その時は水が無かったのでリベンジに来たそうです。
金沢からでも2時間以上かかるのに、長野からだとどれだけかかるんでしょう。しかも軽トラで来るのは大変でしょうね。
この日はちゃんと水が流れていました。


Imgp3319


水量は多い時に比べると6割程度かもしれませんが、それでも最大水量よりも少し少ないくらいの時のほうがきれいなのではないかと思います。

2016.05.07

レッサーパンダのいえ

6日はGW中唯一の平日休みでした。
なので午前中は平日じゃないと行けない所へ行っていろいろと用事を済ませてきました。
午後からはどこかへ出かけたいと思ったのですが、特にこれと言った所もありません。午後からなのでそんなに遠くへも行けないし、ということで、西山公園へツツジを見に行ってきました。
大乗寺丘陵公園のツツジがもう終わってしまっていたので、西山公園も終わってしまっているのではないかと思ったのですが、大乗寺丘陵公園よりはまだましでした。


Imgp1828


さすがに見頃はちょっと過ぎていて緑が目立つ所もあるものの、遠目にはまだそこそこきれいです。


Imgp1920


上の方にはカメラが設置されています。


Imgp1956


近頃はライブカメラが設置されている所も多いですが、ここのカメラはなかなか本格的なものでした。


Imgp1961


ところが残念なことに、現地到着と同時に雨が降り始めてきました。
最初は傘もいらない程度の小雨でしたが、15分もするとだんだん本格的に降り出してきて、傘なしでは厳しい雨になってきました。


Imgp2029


芝生広場のテーブルと椅子も片付け始められています。


Imgp2039


雨に濡れた花も少し撮ってみましたが、近くで見ると傷み始めている花も多いので、あまり面白くありません。


Imgp2050


そこでツツジは早々にあきらめて、動物園のほうへ向かいました。


Img_9632


雨が降っていてもレッサーパンダは元気です。動き回っていてなかなか写真が撮れません。被写体ぶれやピンぼけ写真の連発です。あとは後ろ姿とか(^^:)
木の上でじっとしているタイミングでようやく少しだけまともなのが撮れました。


Imgp2153


Imgp2710


この日一番まともに撮れたのがこれです。


Imgp2824


写真が上手く撮れないので、動画で撮ってみました。



ホントにじっとしてないのですよね。


西山動物園では、今年の3月27日に新レッサーパンダ舎「レッサーパンダのいえ」がオープンしました。


Img_9634


レッサーパンダの屋内展示やギャラリーがあります。


Img_9642


Imgp2385


奥には新しい屋外展示エリアもあり、3匹のレッサーパンダがいました。


Img_9636


一番奥にいたのが「たいよう」です。


Imgp2291


写真を撮るにはとてもいい位置にいるのですが、足をなめたり爪をかじったり(?)していて、全く顔を上げてくれません。


Imgp2225


しばらく粘ってましたが、結局まともに顔を見せてはくれませんでした。


真ん中にいるのは「ライト」です。


Imgp2289


しかし、木の上に登っていて、こちらも顔をまともに見ることは出来ませんでした。


Imgp2231


一番手前のエリアには「ひかり」がいます。


Imgp2284


他の2匹はじっとしていましたが、ひかりは動き回っていて写真が撮れませんww


Imgp2274


写真はあまり撮れませんでしたが、可愛らしいレッサーパンダは堪能出来ました。


屋内展示では動画を撮ってみました。




後ろ足で体を掻いている姿は犬や猫のようです。


【おまけ】
リスザルも可愛いですね。


Imgp2591


Imgp2697


こちらも良く動く上にガラス越しなので、写真は撮りにくいです。

2016.05.06

今度は見頃を過ぎていた……

4月29日に下見に行った時にはまだ見頃には早いかと思っていた大乗寺丘陵公園のツツジですが、5月5日にはもうすっかり終わっていました。


Imgp1536


29日にはかなり咲いていたピンクの花はもう完全に終わってます。
29日にはまだつぼみがたくさんあった白い花は遠目にはかなり見頃のように見えます。


Imgp1543


しかし近づいて見ると花はかなり傷んでしまっていて、やはりちょっと遅かったようです。


Imgp1547


天気はとても良く、青空をバックに写真が撮れそうだったのですが、残念ながら早々に引き上げることになってしまいました。


そこで今度はやはり29日にはまだ少し早かった松任グリーンパークの藤を見に行ってきました。


Imgp1569


しかし、こちらももうすっかり終わっています。
花が残っている所も僅かにありますが、もう萎れてしまっていて、見頃は過ぎてしまっていました。


Imgp1568


キショウブはかなり咲いています。


Imgp1598


いつもの年だと、この時期はまだ数輪が咲き始めている程度なのですが、今年はもうかなりの花が咲いていました。暑さのせいか、萎れかけている花もあるほどです。


1週間前にはまだ見頃には少し早いかという状態だったのにと思うと、今年はツツジも藤も、見頃の期間が極端に短かったのではないでしょうか。
大乗寺丘陵公園のツツジは花によって咲く時期がちょっとずれてきているのも気になります。以前はもっと一斉に見頃を迎えていたような気がするんですけどね。


2連敗の後は、小松の十二ヶ滝へ行ってみました。
すると、とても立派な駐車場が出来ていました。


Imgp1658


普通車が15台ほどとバスが1台駐められる、かなり広いものです。来ている人も多く、私が行った時には駐車場の空きは2台分だけしかありませんでした。その後も人は次々とやってきて、以前まで駐車場代わりになっていた路側帯にも多くの車が駐まり始めました。
今年は風もあって、こいのぼりがしっかりと泳いでいました。


Imgp1668


Imgp1739


天気が良かったので青空の下を元気に泳ぐこいのぼりの姿を見る事が出来ました。

Imgp1692


前回(昨年だったかな)に来た時には風がほとんど無く、洗濯物を干しているようにだらりと下がったこいのぼりしか見る事が出来なかったので、今年は良い状態で見る事ができて良かったです。
しかし、見に来ていた人の数もこれまでで一番多かったかもしれません。駐車場が出来て、今までは通り過ぎていた人も立ち寄るようになったのかもしれませんね。


今回はちょっと動画も撮ってみました。



本当はもう少し下がった所から撮ったものを上げたかったのですが、なにせ人が途切れないので後から撮ると人が写ってしまうんですよね。肖像権とかいろいろあるので、顔が写ったものを上げるのはちょっと躊躇したのでした。

2016.05.05

箔一の「金箔のかがやきソフトクリーム」

日本の金箔生産は金沢市が99%を占めているということで、金沢では以前から金箔を使った食品というのは時々ありました。細かい金箔を振りかけた「金箔ソフトクリーム」というのもあって、私も以前に食べたことがあります
北陸新幹線金沢開業に合わせて、金箔を丸ごと1枚乗せてしまうという豪華な金箔ソフトクリームも登場しています。
有名なところでは「今井金箔」が発売しているものと、「箔一」が発売しているものです。
今井金箔は21世紀美術館近くという立地と450円というリーズナブルな価格で人気となっています。
今回は、箔一の「金箔のかがやきソフトクリーム」(891円)をいただいてきました。


Img_9541


金箔ソフトが食べられる箔一の店舗は金沢市内に数店ありますが、今回はひがし茶屋街にある東山店へ行ってきました。


Imgp1286


ソフトクリームはかなりの人気で、専用のレジが儲けられています。


Imgp1289


並んでいるのは多くて5、6人でしたが、列が途切れることはほとんどありませんでした。
こちらがその「金箔のかがやきソフトクリーム」です。


Img_9544


アイスの片面半分が金箔で隠れてしまって見えません。
裏側を見ると、細かい金粉のような金箔も振りかけられています。


Img_9549


891円というのは箔一(はくいち)の語呂合わせですが、これだけの金箔を使っていたらそれくらいの値段はするだろうと思います。ただ、この日は1円サービスで890円で販売されていました。1円のためにお釣りの金額が細かくなると、レジでの精算に時間がかかってしまうからだと思います。買う人みんなが1円を用意して出してくれるとは限りませんしね。
なお、ひがし茶屋街では飲食しながらの散策は禁止されているので、店の入口に用意されているベンチなどで食べる事になります。ただ、人が多くてベンチだけでは到底足りないので、店の回りには金箔アイスを食べている人がたくさん集まってました。
金箔自体に味はありませんが、食べている人の中には口が痛いと言っている人もいました。金は金属の中でも人体に対する刺激とかが少ないと言われているようですが、これだけの量になると敏感な人だと刺激を感じてしまうのかもしれません。
金箔ばかりが話題になりますが、ソフトクリーム自体もミルクが濃厚でとても美味しい物でした。


この後、箔一兼六園店の前を通ってきましたが、こちらではソフトクリームを買う人の行列がすごいことになっていました。


Imgp1329


同じようなものは紺屋坂に並ぶお店だけでも数件で売られています。


Imgp1331


Imgp1344


それでも行列が出来ていたのはここだけでした。箔一のソフトクリームはテレビや雑誌、それにネットでもよく紹介されていますので、みんなそういうのを見て来てるんでしょうね。




北陸新幹線も金沢開業から1年を過ぎ、観光客の数も少し落ち着いてくるかと思いましたが、新幹線効果はまだ続いているようです。
GWということで、ひがし茶屋街も観光客であふれています。


Imgp1252


こんなに人が多いと、町並を見に行ってるのか、人を見に行ってるのか判らないですね。
そんな観光客をよそに、ツバメがたくさん飛び交っていました。
まだ巣を作り始める前なのか、巣に戻っていくというより、家の屋根などにとまっていることが多いです。


Imgp1269


Imgp1272


飛んでいるところは撮れませんが、偶然、飛び立った所を1枚だけ撮ることができました。


Imgp1284


ただ、ピントはちょっと合ってないんですがね(^^;)

2016.05.04

浅野川・鯉流し

今年も5月3日に恒例となった「浅野川・鯉流し」が行われました。


Imgp1017


Imgp0973


今年でもう16回目になるそうです。
元々観光イベントでは無いのですが、GW中ということもあって観光客の姿も見られます。川の上をこいのぼりが泳いでいる所はあちこちにありますが、川の中を泳いでいる所は珍しいでしょうからね。


Imgp0996


Imgp1226


しかし、最近は川の水が少なく、私が初めて見に行った頃に比べると泳ぎに勢いが無くなっているように感じます。
また、右岸側に十字型のブロックのようなものが埋め込まれていて、この部分にはこいのぼりがいないんですよね。


Imgp1025


Imgp1229


前回見に行った時にはこんなものは無かったので、右岸側ではすぐ目の前にこいのぼりが見られたのですが。
写真を撮れるアングルも限られてしまい、あまりいい写真は撮れませんでした。川の中に入って行けばもっと違った写真も撮れるでしょうが、川の中には入らないでくださいとのこと。


Imgp1059


危険だと言うこともあるでしょうし、見に来ている人のことを考えると、人が入っているのは邪魔でしょうからね。


テレビ局も取材に来ていました。


Imgp1091


Imgp1115


カメラマンが川に入っていますが、当然許可を受けた上での事でしょう。
その後、カメラマンがカメラを持たずに、水の中に手を入れて何かやっていました。


Imgp1239


何をやっているんだろうと見ていたら、防水ケースに入れたGoProみたいなものを水の中に入れて撮影していたのでした。


午前中は風がほとんど無く、吹き流しも全く流れていませんでした。


Imgp0991


しかし午後からは低気圧の影響で暴風雨の予報が出ています。
今回、GW中の金沢市内ということで電車移動だったのですが、朝の時点で、午後から電車の運転取りやめが行われるかもしれないとの注意書き張り紙が出されていました。
電車が動かなければバスで帰ればいいかとは思っていましたが、雨が降り出すと嫌なのでちょっと早めに帰ることにして、午後3時少し前に金沢駅へ戻ってきました。すると、サンダーバードは既に米原経由での運行となっていました。


Img_9567


金沢ではまだ風はそれほど強くはありませんでしたが、滋賀県内では既に強風が吹いているようです。
また、サンダーバードは午後3時金沢発の電車がこの日の最終便となり、以降は全て運転取りやめとなっていました。


Img_9568


「運休」の文字がずらりと並んでいます。


Img_9572


普通列車も運転を見合わせていて、午後2時30分発の普通列車が36分遅れでようやく運転を再開。ちょうどタイミング良くこの電車で戻ってくることが出来ましたが、能美根上駅の手前で強風が観測されたとのことで、松任駅でしばらく止まっていたようです。

2016.05.03

チューリップフェア・ゆるキャラ編

となみチューリップフェアでは「交流都市観光PR展」という催しが行われていました。
そこには富山県内各地(一部県外も)のPRブースが設けられていて、ゆるキャラもやって来ていました。


「チューリ君とリップちゃん」は砺波市のシンボルキャラクターです。


Imgp0118


チューリップフェアでは毎回必ず見かけます。


射水市からは「ムズムズくん」が来ています。


Imgp9966


水の精の王様なんだそうです。結構子供たちに人気でした。
他のゆるキャラがスタッフと一緒に行動していたのに対し、ムズムズくんだけは単独行動でした。動きやすそうだし、視界に問題がなければ介護は不要なスタイルですからね。


小矢部市からはシンボルキャラクターの「メルギューくんとメルモモちゃん」が来ています。


Imgp9963


ムズムズくんがメルモモちゃんに手を振っていきましたww


Imgp9920


ゆるキャラ同士の交流というのもあるんでしょうね。


魚津市のイメージキャラクターは「ミラたん」です。


Imgp0019


「ミラ」はミラージュ(蜃気楼)の「ミラ」なんだそうです。
上の方にあるのは蜃気楼をイメージしてるんですね。


高岡市のマスコットは「利長くん」です。


Imgp9975


加賀藩二代藩主の前田利長がモチーフです。
高岡には「家持くん」という大伴家持をモチーフにしたキャラクタもいるのですが、こちらは着ぐるみがあるのかどうか判りません。


県外からやって来たのは、たけふ菊人形のマスコットキャラクター「きくりん」です。


Imgp0009


スタッフに手を引かれて戻っていきます。スタッフが、「段差、段差!」と言ってきくりんに注意を促していました。きくりんは外が見えているのでしょうか?
移動した先は控え室のテントでした。


Imgp0011


この中は決して覗いてはいけませんww




ゆるキャラではありませんが、ステージでは「バブルついんず!」というアイドルユニットが歌っていました。


Imgp0138


2人とも富山県出身ですが、ローカルアイドルではなく東京を拠点に歌やグラビアで活動しているそうです。


Imgp0309


Imgp0301


結成は昨年の5月だそうですから、ちょうど1年くらいですね。2人とも二十歳くらいのようで、アイドルと言うにはちょっと遅いデビューかもしれませんが。ただ、結成と書かれていたので、それまではそれぞれ単独で活動していたのかもしれません。
チューリップフェアのオフィシャルサイトでは告知されていませんが、チューリップフェア開催中は毎日ステージでライブをやっているそうです。


Img_9455


チューリ君とリップちゃんが最前列でノリノリになって応援してました(^^)

2016.05.02

高岡の菜の花

となみチューリップフェアからの帰り、高岡のオフィスパーク近くへ菜の花を見に行ってきました。


Imgp0882


前日の29日には「高岡といで菜の花フェスティバル」が行われていました。
イベントはオフィスパークをメイン会場としているようですが、菜の花が咲いている場所は毎年違っています。今年はオフィスパークからかなり離れた場所に咲いていました。ここ何年か、イベントの前後に菜の花を見に行っていますが、これまでで一番遠かったです。
道路沿いに一カ所、そして、道路から少し内に入った所にも一カ所。
ここはとても広くて、田んぼ3枚分くらいの広さがあります。


Imgp0958


昨年などは広さはあったものの、田んぼ一枚おきに花が植えられていたりしたので、あまり広い感じがしませんでしたが、今年は連続した田んぼに植えられているので、いちめんなのはなの雰囲気が味わえます。
時折、車を道ばたに駐めて写真を撮ったりしている人の姿も見られました。


ただ、花の付き具合はまだ少なく、上の方にだけしか花が咲いていません。


Imgp0941


もう少し下の方まで花が付くと、もっとびっしりと埋まった感じが出るのですが。


オフィスパーク内にある公園の木には、風船が引っかかってました。


Img_9490


前日のイベントで使われた物のようです。


Img_9491


メッセージを付けた風船を飛ばしていたようですが、木に引っかかってしまったんですね。

2016.05.01

映画『劇場版 響け! ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』

話は前後しますが、先月29日に映画『劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』を見に行ってきました。
公開している劇場数も少ないですし、こちらでは地上波放送していなかったので、あまり人が入らないのではないかと思っていましたが、やはり入りは良くないようで、2週目(しかもGW真っ只中の祝日)にもかかわらず、早くも上映回数は1日3回。1週目は1日5~6回上映していたと思うのですが。スクリーンも一番小さい所でした。
しかも上映時間がなんとも中途半端で、いかにも他の映画の開いた時間に押し込んでいるという感じです。
それでも上映回数が少なくなった分が集中したのか、私の入った午後5時からの上映では30人くらいの人が見に来ていました。


内容はTV版の総集編なので特に書くこともないのですが、演奏部分を中心に新作カットが作られていました。
特にサンフェスの演奏シーンはかなり長くなってましたね。
最後には秋に新作公開とのテロップが入ります。TVシリーズの2期のようですね。


総集編ということで細かい話はばっさりと切られています。久美子の姉なんて全く出てきません。
また、久美子が部活をどうするか「まだ決めてない」と言った次のシーンではもう入部してますので、初見の人は「何で?」って思うのではないでしょうか。
ターゲットはやhりTVシリーズを一通り見ている人なんでしょうね。だからといって、「あの花」や「中二病……」の劇場版のように割り切った構成にも出来なかったんでしょうし。
どうせなら完全新作で新しい話を作れなかったんでしょうか。時間も無かったのでしょうが、それならそもそも劇場版を作る意味がそもそもあったのかという気がします。TVシリーズが良かっただけに残念というか勿体ないというか。TVシリーズの円盤を売るためのプロモーションなのかな?


ところでクラリネットの子は新キャラ?




Img_9432


こちらも同じく2週目ですが、上映回数は1日5回。こちらは客が入ってるんでしょうか。
但し、上映時間がかなり短いですけどね。
残念ながら、「響け! ユーフォニアム」に関するPOPや看板は全くありませんでした。グッズの販売も品数が少なかったです。それでも上映されるだけまだいいのかも。

今年のチューリップフェアはちょっと外した(後編)

前編に続いて後編です。


Imgp9701


フェアのメインとなる大花壇のある「夢とにぎわいゾーン」に到着です。


Imgp9757


大花壇の花はさすがに咲き揃っています。


Imgp0514


しかし、ここの花も近づいて見ると斑点が出来ている花が多いのです。


Imgp9761


フェアが始まってから何度か雨が降りましたので、天気が影響しているのかもしれません。
タワーに登ろうと思いましたが、行列がかなり長いので、ここで少し早めの昼食を取ることに。しかし食事エリアもかなりの人です。さらに天気もちょっと悪くなってきて、曇ってきました。食事を終えた頃から、時々小雨が落ちてきたりもし始めます。さすがに傘が必要なほどではなく、降ってもすぐに止んでしまう程度ですが、結局この後は青空を見る事はありませんでした。
食事を終えた後もタワーの行列は相変わらずで、長さは全く変わっていません。なのでもうしばらく花壇や周辺の花を撮って廻ります。


Imgp9849


Imgp9887


Imgp0465


Imgp0587


プリンセスチューリップのお姉さん方が会場内を廻っていて、お客さんと一緒に写真を撮ったりしています。


Imgp0460


ずっと歩き回っているのも大変だろうなと思います。


タワーの周辺では「TLP総選挙」が行われています。


Imgp9733


名前は明らかに某アイドルグループのイベントのパクリですがww


しばらくして、若干列が短くなった(ような気がした)ので、タワーに登る列に並びました。短くなったとは言えまだまだ長い列です。
タワーを少しずつ登って行くと、花壇の反対側も上から見ることが出来ます。


Imgp0678


列に並んでから約30分でようやくタワーの上に到着。


Imgp0699


今年の大花壇は「夢見る男女」だそうです。


Imgp0707


しかし、人の形は良く判らなかったですね。ハートしか見えませんでした(^^;)


大花壇を上から見たいのであれば、文化会館のテラスからも見る事は出来ます。


Imgp0048


こちらは行列もなく、すぐに上がることが出来ます。
ただ、タワーよりも少し低いのと、絵を横から見るような角度になってしまいます。


この後はチューリップ四季彩館のほうへ戻ります。
ちょうど、花びら流しが始まっていました。


Imgp0765


水面を流れるチューリップの花がきれいですが、さすがにこのまま流してしまうわけにはいかないようで、流れてきた花びらは全てすくい上げられていました。


Imgp0780


チューリップ四季彩館では、年中チューリップの花を見ることが出来ます。


Imgp0832


室内なので天気の影響も受けないため、花はきれいでした。
イベントフロアでは、「ヒストリーオブチューリップフェア」という特別企画展が行われていました。


Imgp0855


Imgp0841




今年はこれまでに行った中では一番残念なチューリップフェアとなってしまいました。
開催直後はまだ大花壇の花は十分に開花していないので、いつもフェアの後半に行っていますが、今年はもう少し早く、連休前の25日から26日くらいが一番の見頃だったのかもしれません。平日なのでそんな日には行けませんでしたけどね。

今年のチューリップフェアはちょっと外した(前編)

昨日は「となみチューリップフェア」へ行ってきました。


Imgp0065


となみチューリップフェアへは何度か行っていますが、これまでは少しでも人が少ない時にと思って連休中の平日にしか行ったことがありませんでした。今回は土曜と言うことで今までよりも人が多くなるだろうとは思ったのですが、今年はこのタイミングでしか行くことが出来なかったのです。
いつものように富山県花総合センター近くの駐車場に車を駐めます。
駐車場に着いたのは9時15分くらいでしたが、既に体育館の駐車場は満車で、横のグランドのほうへ入りました。開場は8時半なので、早くから来ている人も多いようです。
ここからだと少し歩かないといけないのですが、帰りに富山県花総合センターに寄ったりも出来ます。


Imgp9316


会場入口(東門)までの道は「フラワーロード」と呼ばれ、八重桜並木になっています。


Imgp9323


しかし今年はもうかなりの花が散っています。


Imgp0876


チューリップも植えられているのですが、今年はもう全ての花が摘み取られた後でした。
今までは5月に入ってからしか行ったことが無かったので、これまでで一番早い時期に行ったのですが、やはり今年は桜もチューリップも例年より早く開花しているようで、終わりもいつもより早いようです。


東門を入ると「700品種花壇」があります。


Imgp9346


Imgp9425


しかしここもいつもに比べると寂しいです。
既に見頃を過ぎてしまい、摘み取られた花が多く、あちこちにこんな立て札が。


Imgp9378


また、残っている花も先日の雨の影響か、かなり傷んでいて、ほとんどの花びらに斑点が出来てしまっていました。


Imgp9349


いつもはここでかなりの枚数を撮影するのですが、今年はほとんど写真を撮らずに終わりました。


風車の回りにも花がありません。


Imgp9426


美術館前には恒例のデコレーションパネルが展示されています。


Imgp9466


最優秀賞は白雪姫でしたが、一番目立っていたのはこれですね。


Imgp9455


なかなか上手く出来てます。


美術館の隣にある公園にもチューリップが植えられていますが、ここの花もすっかり傷んでしまっています。


Imgp9515


既に萎れてしまっている花も多く、ここもあまり写真を撮らないで進みました。


「水と緑のゾーン」には、今年も鳥居が出来てます。


Imgp9540


これがご神体?


Imgp9552


水車の周辺などにも多くのチューリップが咲いています。


Imgp9608


結局、この辺りに花が今回一番痛みも少なく、きれいでした。


Imgp9603


Imgp9641


ちょっと長くなってきたので後編に続きます。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp