2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016.03.31

東芝のFlashAirを買ってみた

先日購入したレーダー探知機 Yupiteru GWR101sdで使うため、東芝のFlashAir(16GB)を買ってみました。


Img_8356


Amazonで2,258で購入。並行輸入品です。
国内正規品は5,000円前後で販売されていますので、半額以下です。その代わり、国内での保証は受けられませんし、附属の説明書も中国語と英語です。
並行輸入品と言ってもMADE IN JAPAN。


Img_8363


正規品でも中国製というSDカードのメーカーもあるわけで、それに比べたらこちらの方が安心です。


Yupiteruでは、純正の無線LAN機能付きSDカード(OP-WLSD08)を販売していますが、これが7,000円(税別)とかなりの値段です。私の場合、GPSデータの更新はせいぜい半年に1回くらいしか行わないので、わざわざ無線LANのSDカードを導入するほどのものではありませんでした。しかもこのOP-WLSD08、別の機種へ持ち越そうとするとメーカーへ送って機種変更手続き的なものを行わないといけないらしく(当然有料です)、なかなか面倒です。
そんなものを7,000円も出して買う気は全くなかったのですが、ネットを見ていると専用品でなくても、FlashAirが使えるという話。それならちょっと買ってみようかということになりました。
GWR101sdに附属のmicroSDカードは8GBですが、値段も安いので16GBのものを購入。結局別の用途に使うことになる可能性もありますし、それなら8GBにこだわる必要も無いですからね。


レーダー探知機での使い方は至って簡単。元のmicroSDカードに入っているファイルを全部FlashAirへコピーするだけ。カードをFlashAirに差し替えて電源を入れると、無線LAN関係の設定が出来るようになるので、後は純正品同様に設定するだけです。
無線LANカードを使って出来るようになる事は、GPSデータのダウンロード以外には、公開取締情報のダウンロード、写真データのダウンロード、リアルタイム配信データのダウンロードなど。また、Googleカレンダーを利用した月間記録情報のアップロードも可能になります。
この中で使いたいと思ったのは公開取締情報のダウンロードでした。データは数日(3日から4日くらいか)に一度更新されるので、その度にカードを抜いて家に持ち帰るのは面倒です。
スマホは家の前に車を駐めると部屋にある無線LANを認識してWi-Fi接続できていたので、FlashAirでも家の前からなら無線LANを認識できるかと思ったのですが、残念ながら認識出来ませんでした。小さなSDカードサイズの中に入っているアンテナですから、受信能力はあまり強くは無いのでしょう。しょうがないのでスマホをテザリングモードにして繋いでみました。こちらは問題なく認識して、接続できました。公開取締情報のデータは6MB程度なので、これで十分でしょう。GPSデータについてはこれまで通りSDカードを持ち出して更新してもいいと思っています。
なお、後日外出から帰ってきて家の前に車を駐めると、GWR101sdの無線マークが点いて、部屋の無線LANと接続できました。受信強度は60%未満というところです。家を出る時にエンジンをかけた直後(=GWR101sdの電源が入った直後)は受信しにくいのかもしれません。
家の無線LANに繋がれば速度は速いですが、移動は出来ません。テザリング接続なら速度は遅くなりますが、走りながらでも更新できるので、どちらかで繋がってくれれば目的は達せそうです。


FlashAirはあっさりと問題なく使えるようになったのですが、レーダー探知機側の設定が面倒というかやりにくいです。タッチパネルの機種ならもう少し楽かもしれませんが、リモコンで各種のIDやパスワードを打ち込むのはかなり大変でした。それでも最初の一度だけですし、部屋に本体を持ち込んで設定したのでまだ良かったのですが、Googleカレンダーの設定はOBDIIアダプター接続でないと設定出来ないので、車内でやるしかありません。Googleへの接続は簡単にできましたが、Googleカレンダーへの接続が上手くいきません。やたらと長いカレンダーIDを入力しないといけない上に、次の文字を入れると、前の文字は「*」の表示に変わってしまいます。セキュリティの事を考えた仕様なのでしょうが、入力が間違っているのかどうかの確認ができません。
さらに、入力済みのデータを編集する事が出来ないので、ID等が間違っていたら最初から全部入力し直しです。ようやく50文字も入力して繋がらなかった時の徒労感はかなりのものです。
結局、月間記録情報のアップロードは諦めました。元々使おうと思っていたものでは無く、どんなものか試しにやってみようという程度でしたし。
それに、月間記録情報のアップロードを使うためには、Googleのセキュリティ設定で「安全性の低いアプリのアクセス」を有効にする必要があるんですね。これを有効に変更したら、セキュリティが低くなるぞというメールが来て、元に戻すことを勧められます。こちらも元に戻しました。


リアルタイム配信データのダウンロードというのも試してみました。
こちらは自動ダウンロードの設定にして見たのですが、かなり頻繁に(数分に1回?)データをダウンロードしに行きます。いつも、エンジンを切ったタイミングでダウンロードが始まり、レーダー探知機の電源が切れる時にはダウンロードの途中(OBDIIアダプターで接続していると、エンジンを切ってからレーダー探知機の電源が切れるまでに少し時間がかかります)ということばかり。下手なタイミングで電源が切れるとDSカードの破損にもなりかねません。結局、リアルタイム配信データのダウンロードはOFFにしてしまいました。


いろいろ当てが外れた所もありましたが、GWR101sdでFlashAirが使える事は判りました。
また、私の使い方の場合は純正の無線LAN機能付きSDカードを(たとえFlashAirが使えなくても)購入するメリットは低いと言うことも判りました。
なお、Yupiteruのレーダー探知機でFlashAirを使う場合、FlashAirが国内正規品であるかどうかにかかわらず、FlashAirを使っている時点でメーカーの保証やサポートは受けられないでしょうから、それが困るという人はやはり純正品を使うべきですね。


注意点としては、レーダー探知機の無線LAN関係の設定は個別に削除が必要だということです。
設定クリアで全ての設定を初期状態に戻すことができますが、無線LAN関係の設定は残ったままになります。
手放して中古店に売ったり、人に譲ったりする場合にはしっかり削除しておかないといけないですね。

2016.03.30

ちょっと季節外れかもしれない瓜割の滝

午前中の予定がちょっと狂って熊川宿へ着くのが早くなったので、少し時間が余りました。
もう一カ所くらいどこか近くに寄る所はないかと調べてみたら、5kmちょっと離れた所に「瓜割の滝」がありました。
瓜割の滝へは7年半ほど前に一度行ったことがあります
その時は8月の暑い時期でしたので、冷たい水が心地よかった記憶があります。
今の時期はそんなに冷たい水が恋しいほどではないのですが、久しぶりに一度行ってみたいとは思っていたので、ちょっと寄って来ました。


Imgp1336


駐車場にある水汲み場には、水を汲みに来ている人がたくさんいます。


Img_8544


滝一帯は昔からの聖地で、ペットの入場は出来ません。


Imgp1335


駐車場から歩くこと5分ほどで滝に着きます。


Imgp1422


Imgp1573


Imgp1735


夕方近くになっていたとは言えまだまだ日が差していて明るかったのですが、滝の周辺は木が生い茂っているので日差しはあまりありません。


Imgp1378


滝の横に飲用の水が出ているところがあります。


Imgp1416


夏場は瓜が割れるほど冷たいと言われる水ですが、この時期はそれほど冷たくはありませんでした。
一年を通して安定した水温なので、夏場は冷たいと言うことなんでしょうかね。
鳥居も建っています。


Imgp1429


鳥居のほうへ降りていく道もありますが、そこは立ち入り禁止になっていました。


Imgp1780


滝もきれいですが、緑の苔もきれいです。


Imgp1767


名水公園は工事中ということで、売店は閉まっていました。


Img_8546


売店だけでなくトイレもシャッターが降りていたのにはちょっと困りましたが。
熊川宿でも道の駅横のミュージアムや飲食店が工事中でしたが、若狭方面ではこの時期に工事が集中するのでしょうか。
公園では新しい水車小屋も作られていました。


Imgp1788


工事は3月いっぱいで終わるそうですから、来るのが少し早かったのかもしれませんね。

2016.03.29

熊川宿で見かけた看板など

熊川宿にあった古い洋服店です。


Imgp0965


建物も古いですが、看板も古いのが残っています。


Imgp0978


Imgp0970


三馬ゴムの看板に出ているマークは、ゴム長靴に付いていた記憶があります。


こちらは昔のタバコ屋さん。


Imgp0915


専売公社時代のものでしょう、塩の看板があります。


Imgp0917


Imgp0919


普通の家の壁には古いローカル看板も残っています。


Imgp1082


Imgp1087


Imgp1096


ホーロー看板ではないので傷みはかなり激しいですが、だから尚更残っているのは少ないですね。


こちらは看板ではありませんが、電話の加入標(というのかどうかは判りませんけど、電話番号が書いてるもの)です。


Imgp1063


番号が3桁と言う所が古さを感じます。


郵便局のポストは丸ポストでした。


Imgp0947


丸ポストが残っている所というのはかなり多いですね。


下ノ町駐車場の大きな看板です。


Imgp0869


『車馬』停留無料と書いてありますが、馬を駐める人はいるんでしょうか?


道の駅に隣接するミュージアムにあった顔ハメ看板です。


Imgp1109


昔はこのようにして鯖を運んだのでしょうか。
道の駅にあった自販機も熊川宿仕様でした。


Imgp1121


こういうのも増えて来ましたね。




【おまけ その1】
看板ではありませんが、神社の境内にあった木です。


Imgp1278


形が面白かったので(^^)




【おまけ その2】
下ノ町の民家の軒下に怖いものが。


Imgp1329


蜂の姿は見えませんでしたので、もう使われていないのかもしれませんが、ちょっと怖いです。

2016.03.28

熊川宿

土曜は午後から福井の「熊川宿」へ。


Imgp0876


若狭街道は、若狭湾で捕れた鯖を京都へ運んだため「鯖街道」と呼ばれていました。
熊川宿は若狭街道の宿場町として栄えた所で、国指定重要伝統的建造物群保存地区として、今でも古い建物が多く残されています。
下ノ町、中ノ町、上ノ町の3つの地区からなっており、下ノ町側の端には観光駐車場、上ノ町の端には道の駅があります。


Imgp0926


車で来た場合はどちらかに車を駐めて観光することになると思いますが、今回は下ノ町側にある観光駐車場に車を駐めました。
ちなみに今回は、道の駅の駐車場は満車に近い状態でしたが、下ノ町側の駐車場にはかなり余裕がありました。


駐車場から街道に入ると、稲荷神社への登り口があります。


Imgp0884


この山道を登っていくようですが、地図を見るとかなり距離があったので今回は行かないことに。
下ノ町は一般の住居が多い地区です。


Imgp0892


いくつかの商店もありますが、地元の人たちが利用するお店が中心です。
古い蔵もあります。


Imgp0908


「まがり」と呼ばれる折れ曲がった道を通り、中ノ町へ。
ここが観光としての中心部になります。


Imgp1228


観光向けの飲食店やお土産物屋、観光用に見学が可能な建物なども中ノ町に集まっています。


Imgp0993


Imgp1236


古い建物も多く残されており、こちらの建物は国指定重要文化財になっています。


Imgp1302


Imgp1308


郵便受けもありましたし、普通にここで人が生活しているようでした。
こちらの建物、入口横にはこんな看板が。


Imgp1031


Imgp1034


「たまごかけごはん定食」というのがとても気になったのですが、既に昼食を終えていたので今回は諦めることに。思った以上に飲食店もありましたし、しかも今回は予定よりもかなり早く現地に来ることになったので、ここで昼食をとっても良かったなと後になって思ったのですが、後の祭りです。
ここも飲食店かと思ったら、なんとここも文化財だったのです。


Imgp1224


入館は有料ですが、喫茶スペースに使われている所で食事も出来るようです。
中ノ町には神社も多いです。


Imgp0948


Imgp0958


道沿いから鳥居が見えていても本殿が見えない所も多く、ずっと奥に入っていった所にあったのかもしれませんが、今回はそこまでは行きませんでした。
中ノ町にも観光用の駐車場が何カ所か用意されていますが、イベント開催時には利用出来なくなるそうです。公衆トイレも中ノ町に集中しています。やはり観光の中心はここ中ノ町になるようです。


上ノ町に入ると、また一般の住居が中心になります。


Imgp1059


古い建物の中には物置として使われているようなものもありますし、既に潰れてしまっているものも。


Imgp1090


「大岩」と呼ばれる大きな岩もあります。


Imgp1077


上ノ町の端には番所があります。


Imgp1103


Imgp1100


宿の出入りの際に検問所のような役割をしていたのでしょうね。
その向かい側に道の駅があります。道の駅なので出入り口は当然街道側ではなく国道側になるのですが、街道側からも入れるようになっています。
道の駅に隣接してミュージアムや食事処もありますが、どちらも工事のためお休みでした。


Imgp1111


街道は車も十分に通れる広さですが、すぐ横を国道303号線が通っているので、通過する車はみんな国道を通ります。


Imgp1165


街道を通るのはここに用事がある人(地元の人や観光客)だけなので、のんびり散策を楽しむ事が出来ます。
また、中ノ町と上ノ町には「前川」という用水が流れています。


Imgp1260


Imgp1266


街道を歩いていると水の流れる音が響いて心地よいです。


Imgp1273


ちょっと時間が止まったような雰囲気が味わえるいい所ですね。
ここだけを目的に行くにはちょっと、と思いますが、若狭方面へ行った時にちょっと寄って見るのもいいのではないでしょうか。

2016.03.27

ちょっと当てが外れた土曜日

土曜は金沢港にクルーズ船「シー・プリンセス」が初入港していました。
全長261m、総トン数77,499tというかなり大きな船です。
入港は朝の7:00ということだったので、午前中に見に行こうと思って金沢港へ行ってみました。


Imgp0808


駐車場からも船が見えています。
まずは港会館の展望台から。


Imgp0830


下に停まっている大型の観光バスが小さく見えます。
操縦席も広そうです。


Imgp0839


埠頭に入って見学するには身分証明書の提示が必要とのこと。


Imgp0847


そこで一旦駐車場に戻って免許証を取ってきました。
受付へ向かうと、一般向けの受付には誰もいません。隣のクルーズ会員向け受付の人に聞いてみたら、一般の見学は午後1時からだとのこと。そんな話は聞いてないぞ、と思っても、入れないものはどうしようもありません。
船を見た後は福井方面へ向かう予定だったので、午後1時まで待っている余裕はありません。結局、予定よりも30分以上早く金沢港を後にすることに。
いきなり当てが外れて予定が狂ってきた土曜日でした。

2016.03.26

Oracleってこんな仕様だったっけ?

今の仕事で、RDBはOracleを使っています。
以前はOracleを使った仕事が多かったのですが、その後はあまり縁が無く、8i以降はだんだん疎遠になっていました。


今回、久しぶりにOracleを使ってみると、以前は気がつかなかった仕様が気になってきました。
一番おどろいたのは、空文字とnullが同じ扱いで区別できないということです。
列Aに空文字が入っているデータがあっても、WHERE句で「WHERE A = ''」では抽出できず、「WHERE A IS NULL」としなくてはいけないのです。もし列AにNULLが入っている列と空文字が入っている列があったら、それらを区別することが出来ないと言うことになります。
他のRDBでは当然空文字とNULLは区別できるので、Oracleがこんな仕様だったとはと驚いています。
区別しなくていいのが楽でいい時もあるんですけどね。


また、Oracleの仕様というよりSQL*Plusの仕様なのですが、「/* … */」 のコメントを使う場合、「/*」の後にwhite space を入れないと実行コマンドである「/」とみなされるというのも知らなかったです。SQL*Plusのマニュアルにも記載があります。
但し、SQL言語としてはwhite spaceは不要で、マニュアルにも明示的に「不要」だという記載があります。
そもそもSQLのコメントと言えば「--」だと思っていたのですが、いつの間にかCやJavaのブロックコメントと同じ「/* … */」というコメントが使えるようになっていたのですね。そもそもこれも知らなかったです。
まとめて複数行をコメントにしたい時にブロックコメントがあると便利ですから、そのような記述も可能になってきたのでしょうね。
しかし、DDLやバッチ的にデータを更新したりする処理を行うのに、SQLを書いたテキストファイルをSQL*Plusを使って流すというのはごく普通に行うので、SQL*Plusでこのような制限というか仕様があるというのは気をつけないといけないですね。


バージョンが上がって変わった所といえば、ログイン時のパスワードが大文字小文字を区別するようになった事です。
11gからこのような仕様になったようで、大文字小文字を区別するかどうかを設定(sec_case_sensitive_login)出来るようになり、区別するのがデフォルトになっているということのようです。
ちなみにユーザ名はこれまで通り区別無しです。
このような仕様になったのはセキュリティのためでしょうし、悪い事ではないと思いますが、これまでは大文字小文字を意識せずに使っていましたから、ログイン出来なかった時は「何で?」と思いました。


Img_7914


いずれも、ずっとOracleを使い続けている人にとっては当然の事なのでしょうが、久しぶりにOracleを使った私にとっては驚くことが多いですね。

2016.03.25

なかよし号が無くなっていた

撤去が決まっていた、松任総合運動公園の「なかよし号」がついに無くなっていました。


Img_8350


無くなってしまうと寂しいですね。


Img_8352


この跡地は何になるんでしょうか。横は駐車場なので、ここも駐車場になるような気もします。


数日後、JR松任駅北口の松任工場には、解体待ちと思われる車両が並んでいました。


Img_8443


ほとんどが413系のようです。
あいの風とやま鉄道ではまだ現役で走っている413系ですが、ここに並んでいたのはかなり傷みの激しいものでした。


Img_8457


Img_8462


奥には、トワイライトエクスプレスカラーのEF81も。


Img_8485


既に銘板などは取り外されているので、こちらも解体されてしまうのかも。


今回、久しぶりに行ってみましたが、なんと壁が新しくなっていました。


Img_8448


以前の壁は私が小学生の頃からずっと変わらずにあった比較的低い壁で、背伸びをせずとも一眼レフのファインダーを覗いて写真が撮れるほどの高さしかありませんでした。しかし、新しい壁は2m以上ありそうです。今回はコンデジしか持っていなかったので、思い切り手を伸ばして液晶モニターを見ながら写真を撮りました。
写真を撮る、撮らないにかかわらず、公道から中を伺えるという良い場所だったのに、ちょっと残念です。




JR松任駅の金沢側にある踏切の標識は、今でも蒸気機関車の絵が書かれたものです。


Img_8504


すぐ横には新幹線の高架も通っているのに。


Img_8515


新幹線に踏切は関係ありませんけどね。

2016.03.24

カラスは馬の毛を何に使うのか?

高岡古城公園の動物園にいた3頭のアメリカンミニチュアホースですが、そのうちの一頭が3月7日に死んでしまったそうです。


Imgp0309


いつも同じ小屋で一緒にいたもう一頭もなんだか寂しそうです。


Imgp0346


もう一頭はいつも隣の別の小屋にいます。
するとカラスがやって来て、尻尾の毛を引っ張って抜いていきます。


Imgp0371


馬はされるままにしていたので、調子に乗ったカラスはたてがみも抜き始めました。


Imgp0476


さすがにこれにはちょっと怒ってましたねww
カラスは抜いた毛をどこかに(巣かな?)へ運んでいたようです。何に使うんでしょうね。


毛を抜かれていた馬は、その後園内を散歩してました。


Imgp0794


以前は散歩嫌いだと言われていたのですが、最近は少し好きになったのかな?




また、動物園内の顔ハメ看板が新しくなっていました。


Imgp0130


大河ドラマの真田丸にあやかっているようです。
高岡とはあまり関係無さそうなんですが……
動物園らしいのは、兜の角の所に本物の鹿の角が使われていたことです。


Imgp0624


この鹿の角なんでしょうか?


Imgp0329




2016.03.23

今回も動物園へ

高岡古城公園へ来たら、やはり動物園は外せません。
少し暖かくなってきて、動物たちの活動も少し活発になってきているようです。


Imgp0319


Imgp0571


フラミンゴはやはり一本足ですね。


Imgp0609


ペンギンは並んでいました。


Imgp0411


Imgp0727


泳いでいることも多かったです。


Imgp0721


よたよたと歩く後ろ姿がステキです。


Imgp0460


今回は望遠ズームでの撮影だったので、顔のアップも。


Imgp0447




今回のお気に入りイラスト。


Imgp0505


残念ながらエサの時間では無かったので、このような姿は見られませんでしたが。


調整中の張り紙です。


Imgp0579


何故かイケメンの猿のイラストがww


カピバラは寒くて外には出てきません。


Imgp0298


Imgp0664


中でも外でも、ぬぼーっとした表情は変わらないですねww
カピバラの見分け方も出てました。


Imgp0501


「鼻毛がブシャーッと出てる」のがお父さんなんですね(^^)


【おまけ】
お堀にはたくさんの鴨がいましたが、その中の一羽です。


Imgp0154


うしろ髪(?)がオシャレですね。

2016.03.22

梅はまだ咲いてます

カタクリにはまだ早かった高岡古城公園ですが、梅の花はまだかなり咲いています。


Imgp9960


さすがに一番の見頃は過ぎてしまっていると思いますが、昨年の12月末には咲き始めていましたので、かなり長い間花が楽しめますね。


Imgp9627


公園に着いた時には雨は上がっていましたが、つい先ほどまで降っていた雨が花にたくさん付いています。


Imgp9651


Imgp9841


Imgp0007


元々カタクリ狙いで望遠ズームと100mmマクロしか持って行っていなかったので、あまり広角の写真は撮れませんでした(^^;)


ここの梅園には、赤と白の花が同じ木から咲いているものがあります。


Imgp9711


「オモイノママ」という品種で、枝によって花の色が違うのだそうです。


Imgp9726


白く見える花も、近くで見るとピンクとのグラデーションだったり、すぐ近くに白とピンクの花が咲いていたりします。


Imgp9767


Imgp9812


なかなか面白いです。


射水神社の梅もまだ咲いています。


Imgp0194


白梅はそろそろ終わりが近づいているようですが、それでも遠目にはまだきれいです。


Imgp0265


紅梅もピークは過ぎているようですが、それでもこちらは八重の品種のためボリュームがあるように見えるので、まだまだ見頃といった感じがします


Imgp0211


Imgp0248


花の傷みも白梅よりは少なく感じました。
咲き始めは紅梅のほうが早くて、白梅が見頃の頃には紅梅はちょっと遅いという事が多いように思うのですが、ここでは逆ですね。


ソメイヨシノではありませんが、公園内では桜も咲いていました。


Imgp9377


早咲きの品種で、いつも梅の見に来る頃に咲いてますね。


Imgp9453


Imgp9578


花が咲いている期間もソメイヨシノより長く、桜を見に来る頃でもまだ咲いていたように思います。


高岡市万葉歴史館の梅もまだ咲いていました。


Imgp9037


しかし古城公園の梅よりは傷みも多く、かなりの花が散っています。


Imgp8980


桜でこういうのはよく見かけますが、梅ではあまり見ないですね。
こちらも紅梅のほうが遅いようで、そろそろ咲き始めるかというものもありました。


Imgp9013


必ずしも紅梅のほうが早いという訳では無いのですね。

2016.03.21

映画「ガールズ&パンツァー劇場版」4DX上映

3連休最終日はとてもいい天気になりました。
しかし、こんな日に限ってインドアの映画です。映画「ガールズ&パンツァー劇場版」を見に行ってきました。
1月にも一度見に行っているのですが、今回は4DX版です。


Img_8372


まさか同じ映画を2度見に行くことになるとは思いませんでした。しかも、元々は違う映画を見に行くつもりだったのです。しかし、劇場に着いたらまだ若干の空きがあったので(15~16席くらいだったか)、急遽予定を変更してこちらの方を見る事にしたのです。
4DX版の上映が始まった頃に見に行きたいとは思っていましたが、週末の上映は予約が始まったらすぐに埋まってしまい、見に行けるような状況ではありませんでした。上映回数も1日2回と少ない上に、4DX用のスクリーンは座席数が少ない(今回見に行った所で112席)ので尚更です。
既に上映開始から1ヶ月が経とうとしているので、週末であっても予約で全席が埋まるような事はなくなりました(上映回数も1日に3回に増えてます)。それでも上映開始時には全席が埋まってました。シネコンで満席を経験したのは、「おくりびと」を見に行った時に続いて二度目です。


映画自体は二度目ですので、以下は4DXの感想です。
映画と言うよりテーマパークのアトラクションに近いですね。
手荷物は入口横にある専用のロッカーへ預けるか、足元に置くように言われます(シートの前後間隔はかなり広くなっています)。また、ドリンクホルダーにセットするタイプのトレイも足元に置いてくださいと言われます。
上映開始前にはスタッフの説明がある所もアトラクションっぽいです。
シートはかなり動きます。単に動いたり振動したりするだけでなく、ボコがボコボコにされるシーンなどでは背中の所に何か突起のようなものが出てきたりしてました。
水も、ミストというレベルでは無く、雨のシーンでは本当に小雨程度の水が落ちてきます。さすがに水は塗れてしまうので、シート毎にON/OFFが切り替えられるようになっていました。ただ、OFFにしていたとしても両脇の席がONにしていたら、全く水がかからないという訳にはいかないようです。
その他、風が吹いてきたり、スクリーンの横からシャボン玉が出てきたり、スクリーンの下からは煙が出てきたりもします。


Img_8393


身長制限(100cm未満鑑賞不可、120cm未満は保護者同伴)がある所もますますアトラクションです。
料金も通常の鑑賞料に1,000円が加算されます。今日はメンズデーで鑑賞料が1,100円だったので、合計2,100円となりました。割引がない時だと2,800円にもなりますから、なかなかの値段です。


結局、映画を見たいのなら普通の映画を見た方がいいですね。アトラクションを体感したいのならオススメですけど。
そういう意味では、前回普通の映画を見ていたので、二度目は4DXでというのは悪くなかったです。

2016.03.20

カタクリの見頃はやはり月末くらいか?

先週あたり、高岡市万葉歴史館でカタカゴ(カタクリ)の花が開いたという話だったので、土曜は小雨の降る中、高岡まで行ってきました。


Img_8234


万葉歴史館へ来たのは二度目ですので、展示はそこそこに(入館料を払っているので全く見ないのも勿体ないですし、せいぜい年に一度しか来ないので、企画展示は毎回違っていたりするので一応簡単に見ては廻ります)、2階の出口から外へ。
前回来た時には2階の外にも少し咲いていたのですが、今回はまだ早いようです。


Img_8252


一輪だけ見かけましたが、まだ花は開いていませんでした。


Imgp8956


そこから下へ降りて、カタクリが咲いている所へ。


Imgp9046


前回よりはまだ少し少ないかなという感じですが、そこそこの数の花が咲いています。


Imgp9305


Imgp9226


まだつぼみのものも多いですが、花が開いているものもかなりあります。


Imgp9096


外に出た時には雨はほとんど止んでいましたが、写真を撮っているとまた降り始め、かなり本格的に降って来ました。
カタクリが咲いている場所は一階の庭への出口からすぐ近くで、出口の所にはビニール傘も置かれています。そこでしばし傘を借りて写真を撮っていました。


Imgp9192


Imgp9213


Imgp9279


雨に濡れたカタクリもいいものですね。


その後は高岡古城公園へ移動しました。


Img_8321


梅園の近くにカタクリが咲いている場所があります。
しかし、こちらはまだまだつぼみのものばかり。


Imgp9884


少し花が開いていたのがようやく一輪だけありましたが、見頃にはまだしばらくかかりそうです。


Imgp9916


もう一つのカタクリが咲く場所である射水神社手前の「かたかごの園」。


Imgp0186


こちらはさらに遅く、つぼみすら来ていません。
ようやく一つ見つけたつぼみも、まだ花が開くまでには少しかかりそうです。


Imgp0187


この後は、先日も下見に行った水道つつじ公園へも行く予定でしたが、古城公園がこの程度ならやはりまだ咲いていないだろうと思って行くのを止めました。


全体的に暖冬で、桜も少し早めに開花するかもという話もありますが、カタクリに関しては例年並みに3月末くらいが見頃なのかもしれませんね。

2016.03.19

「きらら」と「きなこ」

先日JR芦原温泉駅に行った時、駅前に、猫の着ぐるみがいました。


Imgp8791


Imgp8794


「きらら」と「きなこ」という石川県のキャラクターで、北陸新幹線金沢開業にむけてPR活動をしていましたが、開業後も観光PRに活動しているようです。
「いしかわ新幹線部」に所属しているそうですww


この日駅前のイベントスペースで行われていたイベントに参加していたようです。
イベントが行われている会場前の広場でくつろぐ姿も見られました。


Imgp8819


Imgp8828


石川県内でもいろいろ活動しているそうなのですが、県内で見たことはありません。まさか福井で見られるとは思いませんでした。

2016.03.18

金沢弁もあった

以前、福井で福井弁をしゃべる自販機を見かけましたが、金沢にも金沢弁をしゃべる自販機がありました。


Img_7950


Img_7953


やはり全国的にあるようですね。
富山にも探せば富山弁をしゃべる自販機があるのではないかと思います。


近くにはこんな自販機も。


Img_7956


加賀友禅か何かをイメージしているのでしょうか。
最近はこのような一点物の自販機が多いですね。電車やバスのラッピング車両と同じで、塗装ではなく大きなステッカーを貼り付けるような手法なんでしょうね。

2016.03.17

富山城址公園のSL

富山城址公園には、9600型のSL(9628)が静態保存されています。


Img_8065


Img_8055


状態は良くありませんが、補修される気配もありません。
それでも3年前に訪れた時からそれほどひどくなっていないのは、屋根があるおかげかもしれません。


Img_8061


Img_8057


Img_8067

とは言うものの、せっかく展示しているのですから、もう少し何とかならないのでしょうかね。
高岡古城公園のSLも状態が良いとは言えませんが、ここのものよりはまだ少しましなように思います。


SLが静態保存されている辺りは遊具もある公園です。
SLのすぐ横には長いすべり台が。


Img_8075


横にある普通サイズのすべり台が小さく見えます。
川の対岸から見た様子。


Img_8186


SLと比べると長さが良く判ります。
しかし、土曜の昼だというのにここで遊んでいる子供は誰もいません。というか、このエリアには誰もいませんでした。冬場だということもあるんでしょうけど。


SLの両側にはなにやら小屋のような物が。


Img_8080


鳥小屋のようにも見えますから、何か飼われているのかと思いましたが、そうでは無さそうです。


Img_8078


『野生鳥獣との共生の確保及び生物の多様性の保全のため』に設置されているとのことですが、何のことやらさっぱりです。
もう一つの札には「有害鳥獣捕獲」の文字が。


Img_8081


要するに、カラスを捕まえて入れておく所みたいです。確かにカラスが多かったです。小屋の中を良く見ると、1羽だけカラスが入っていました。外には何十羽というカラスがいましたけどね。

2016.03.16

元気源右ェ門の豆乳ラーメン

昨年はうどんを食べに行った元気源右ェ門です。


Img_8224


今回は、「豆乳ラーメン」(780円)を食べに行ってきました。
スープは醤油、味噌、塩、とんこつから選ぶことができますが、今回はとんこつをいただいてきました。


Img_8226


そばやうどんと同じく、豆腐や油揚げを使った小鉢がたくさん付いてきます。
いなり寿司もサービスで付けてくれました(^^)


Img_8227


やや柔らかめに茹でられた麺には自家製の豆乳が練り込まれてます。
具材は野菜がたっぷり入っていますし、スープもあっさりめのヘルシーなラーメンです。
他の味も食べてみたいですし、蕎麦も食べてみたいです。
でも、前回行ってから1年ちょっとでようやく二度目の訪問でしたし、一通り食べきるには何年かかるでしょうか(^^;)

2016.03.15

芦原温泉は「ちはやふる」でいっぱい その2

こちらはえちぜん鉄道のあわら湯のまち駅です。


Imgp8911


JR芦原温泉駅とは違って、こちらは温泉街の目の前にあります。
こちらにも「ちはやふる」キャラクターのパネルが設置されているお店がいくつかあります。


Imgp8868


Imgp8876


Imgp8940


こちらの「セントピアあわら」にもパネルがあるとの事でしたが、見つかりませんでした。


Imgp8883


受付は2階にあるので、上に上がるとあったのかもしれませんが、この日は風呂に入っていく予定も時間もなかったので、1階の入口周辺だけを見ただけです。
キャラクターのパネルは見つかりませんでしたが、こんな顔ハメ看板がありました。


Imgp8890


湯巡権三もいます。


Imgp8898


同じ芦原温泉の名を冠する駅の周辺ですが、こちらの駅前にはJR駅前のような大きなパネルはありませんし、「ちはやふる」への力の入れ方にはかなり差があるように感じます。
ようやく見かけたのは、イベント時ののぼりです。


Imgp8866


こちらは温泉街がすぐ近くなので、それ以外のものに頼らなくてもいいのかもしれませんね。




えちぜん鉄道の車両には、「第31回 ふくい春祭り」のヘッドマークが取り付けられていました。


Imgp8918


春はもうすぐですね(^^)

2016.03.14

芦原温泉は「ちはやふる」でいっぱい その1

JR芦原温泉駅前には、「ちはやふる」の大きなパネルが設置されています。


Imgp8787


人気コミックスでアニメにもなった「ちはやふる」ですが、主要キャラクターの一人が福井出身という設定になっていて、劇中にもJR芦原温泉駅などが登場する事から、あわら市では「ちはやふるweek in あわら」などのイベントも行われています。


Imgp8807


民放が2局しか無い福井にもかかわらず、(1年以上遅れではありますが)アニメも一期、二期とも放送されています。
この書店も劇中に登場しているらしいですね。


Imgp8803


駅の近くにあるいくつかのお店にはキャラクターのパネルが設置されています。


Imgp8811


Imgp8815


駅西駐車場の横にあるイベントスペースにも設置されていますが、ガラスの向こう側にあるので反射がひどいです(^^;)


Imgp8823


Imgp8826


ここにはまた別のパネルも。


Imgp8832


隣には19日から公開の実写版映画のパネルも並んでいます。でも、実写版に芦原は登場するんでしょうかね。ロケに来ていたというような話も聞いてませんが……


JR芦原温泉駅は、開業当時は「金津駅」という名前でした。
JR線の中では芦原温泉駅に一番近い駅ではありますが、芦原温泉の温泉街はここから車で10~15分くらい離れた所にあります。それでも芦原や福井東部観光の玄関口となっていて、特急も停車しますし、駅前には多くのタクシーも停まっています。旅館の送迎バスも何台も見かけました。


Imgp8798


とは言うものの、駅の周りには観光施設的なものはありません。
「ちはやふる」は確かに福井も出てきますが、基本的に主人公がいるのは東京ですし、カルタの聖地と言われるのは滋賀県大津市の近江神宮だそうですので、劇中での芦原の扱いというのはそれほど大きなものだとも思えません。
それでもこれだけ力を入れているのは、温泉街から離れた芦原温泉駅前の苦肉の策のようにも見えるのでした。

2016.03.13

木場潟の河津桜

木曜の新聞に、木場潟で河津桜が咲いているという記事が出ていたので、土曜にちょっと見に行ってきました。


Imgp8421


木場潟の桜と言えば、中央園地付近から北園地付近にかけての周回路を中心とした桜並木があるのが有名ですが、河津桜がある事は知りませんでした。
県内に河津桜があると言うこと自体知らなかったのですが、調べてみると金沢の犀川沿いでも見られるようです。
木場潟では南園地近くの、以前は白鳥がいたエリア辺りに5本の河津桜が植えられています。


Imgp8419


Imgp8519


かなり葉桜になりつつありますが、新聞記事には中旬までは見頃と書かれていました。


Imgp8455


Imgp8429


本場の河津桜よりも1ヶ月遅れくらいという感じでしょうか。それでもソメイヨシノよりは早いですね。


ソメイヨシノと比べると、花はピンクが濃いです。


Imgp8471


Imgp8493


パッと咲いてパッと散るソメイヨシノとは違って、咲き始めから満開までは1ヶ月くらいかかるそうです。
木場潟のものはまだそれほど大きな木ではないので、植えられてからそんなに年数は経っていないのかもしれません。花の付き具合もさらに年数が経つともっと良くなるのでしょう。
マクロレンズも持って行ったのですが、風が結構強く花が大きく揺れていて、まともに撮れた物はほとんどありませんでした(^^;)


Imgp8655


Imgp8690




南園地へ向かう途中にある薬木園では梅が咲き始めていました。


Imgp8412


Imgp8414


桜より梅が遅いというのはちょっと不思議な感じですね。
薬木園ということで、説明のプレートには薬効が書かれています。


Imgp8417


梅が風邪に効くとは知りませんでした。
食欲増進というのはよく判ります。梅干し一粒あればご飯がたくさん食べられますからね(^^)




今日は午後からタイヤ交換しました。
本当は来週に交換しようと考えていたのですが、午前中に隣の家の人が交換しているのを見て、私も午後から交換したのでした。
あとは雪が降らないことを祈るだけ。

2016.03.12

公衆電話の跡

携帯電話の普及ですっかり数を減らした公衆電話ですが、設置されていた跡はまだそのまま残っていたりします。


Img_7921


ここも、少なくとも平成11年頃までは公衆電話があったようですね。


Img_7923


どうせなら台も撤去してしまってこのスペースを何かに活用できないのかと思いますが、あまり利用方法も無いのかもしれませんね。

2016.03.11

安直なネーミング?

JR小松駅前近くにある交差点です。


Imgp7666


駅前の立体駐車場の所にある交差点なので、「立体駐車場前」という名前です。


Imgp7669


他に何かいい名前がなかったのかという気もしますが……
でも、これで場所が特定できる問いのであれば、小松には立体駐車場というとここ一カ所ということなのかな?

2016.03.10

きのこの山もあるのかな?

小松の東山にこんな看板が。


Img_7902


きのこの山もどこかにあるのかな?

2016.03.09

Yupiteru GWR101sd購入

車に付けているレーダー探知機は、今の車を買った時に購入した「GWR51sd」を使っていました。
基本的に不満は無く、サイズもこれ以降の機種になるとだんだん大きくなってきて、GWR51sdくらいのサイズがちょうど良かったです。
唯一の不満というか、こうできたらいいのにと思っていたのは、瞬間燃費とエンジン水温が同時に見られたらいいのにという所でした。
瞬間燃費は車側のメーターでも見られるのですが、別のもの(残走行距離とか)を見ている場合は見られません。なので、レーダー探知機側では瞬間燃費を常時表示させていました。
また、今の車には水温計が無く、軽自動車のような低温時に点くランプがあるだけです。なので冬場はレーダー探知機で水温を表示させているのですが、瞬間燃費と水温は別画面で表示されるので、画面を切り替える必要があります。切り替えが簡単にできるのならいいのですが、順番に画面を切り替えていくしか無いのでちょっと面倒です。
最近の機種では表示する項目を自由に選べる機能があって、これなら瞬間燃費と水温を同じ画面に表示させることが出来ます。
GWR91sdにもこの機能があって、型落ちになっているので値段も下がってきていました。しかし、GWR91sdは横幅がムダに大きい所がどうしても好きになれませんでした。デザイン的にはGWR101sdが良かったのですが、現行機種のため値段も高いです。
今年に入って、1月に新機種が発売されたので、GWR101sdも値段が下がってきました。Amazonでは17,800円になっていました。新機種発売前は23,000円くらいしていたのです。
さらに、先日タイムセールでさらに1,000円引きとなっていたので、とうとうポチってしまいました。


Img_8222


ちょっと誤算だったのは、OBDIIケーブルはそのまま使えると思っていたのに、型番が違っていたことです。違いはコネクタの向きだけで形状は変わっていないので、そのまま使えない事もないようなのですが、GPSデータ更新時のポイントが少し残っていたので、YUpiteruダイレクトでポイントを使うと、通販で買うよりも安く買えたので買い替えることに。


取付場所はいろいろ考えたのですが、結局GWR51sdを付けていた所とほぼ同じ場所になりました。


Img_8215


画面の反射がすごいですね。GWR51sdもグレアタイプでしたが、画面が大きくなって反射が目立つようになりました。だた、走行中にはあまり気にならない所は幸いです。
まだ取り付けたばかりで、設定はこれから少しずつ変えていこうと思いますが、とりあえずはGWR51sdの時と同じような設定になっています。
相変わらずリモコンの動作というか反応が鈍いところは不満ではありますね。操作可能な範囲もGWR51sdよりもさらに狭くなってしまい、本当に真正面からじゃないと受け付けてくれないような感じで、益々操作性は悪いです。それでも設定が決まってしまえば普段はほとんど使わないのであきらめてます。


また、ドアストッパーカバーも取り付けました。


Img_8210


以前から、トヨタの純正部品を付けていたのですが、両面テープで貼り付けていたのと、形状が合わない部分を少し削ったりして使っていたので、ホンダ車用として発売されているもの(中国製ですが)を購入してあったのです。
取付は嵌め込むだけ。ボディ側と少し隙間がありますが、そんなものでしょう。前に付けていた物も無理矢理付けていたので、それよりも良くなったくらいです。

2016.03.08

麺屋 雄の濃厚魚介とんこつらーめん

土曜の昼食は、映画を見た後で「麺屋 雄」へ行ってきました。


Img_8191


前から行きたいと思っていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。
オープン当初はつけ麺がメインのような感じもありましたが、今ではラーメンのメニューも豊富です。今回は「あっさりらーめん」を食べるつもりで来たのですが、食券販売機の前で気が変わって、「濃厚魚介とんこつらーめん」(810円)をいただいていました。


Img_8193


メニューの写真ではもっと白っぽいスープでしたが、出てきた物は普通のらーめんのスープを少し透明にしたような色をしています。
スープは魚介の味がかなり強く、濃厚というより、味が濃い感じですね。
麺は普通のらーめんと同じ物だと思われます。


つけ麺はあまり好みではないので、次は味噌や黒味というのを食べて見たいです。それに、今回は結局食べなかった「あっさりらーめん」も食べて見たいですし。

2016.03.07

全く姿が見えません

内山邸を出た後はカタクリの様子を見に、高岡の水道つつじ公園へ寄って来ました。
いつもは3月下旬くらいに見頃になるのですが、今年は暖かいので、少し早めに咲き始めているかもしれません。つぼみがかなり来ているようなら、来週はここへ写真を撮りに行こうと思い、どんな感じかと下見に行ってきたのです。
ところが全く姿が見えません。


Imgp8385


Imgp8386


つぼみどころか芽も出ていません。
これではとても来週に写真を撮りに来られるような状況ではありませんね。


梅の花もようやく咲き始めという感じです。


Imgp8370


しかし紅梅は早くに咲き始めていたのか、今咲いている花はもう傷んでいるものばかりでした。


Imgp8375


全体的には暖冬でしたが、暖かくなったかと思えば雪が降ったりと不安定な天気だったので、早くに咲いた物は雪で傷んだりしてしまったのでしょう。
水車は冬の間シートがかけられているんですね。


Imgp8368


配水場まで上がってみると、こちらの噴水もシートがかけられています。


Imgp8404


梅の花は全くと言っていいほど咲いていません。


Imgp8403


公園の梅の木がある所からほんの少し登っただけですが、この僅かの高さの違いで気温にも差が出るのでしょうね。


しかし、来週の当てが外れてしまいましたね。どうしたものか……

2016.03.06

内山邸の梅、今年は咲き始めは早かったようですが……

土曜は午後から富山の「内山邸」へ梅を見に行ってきました。


Imgp7773


Imgp7766


今年は暖かい冬だったので、咲き始めは例年より1ヶ月ほど早かったようです。
内山邸のホームページでは、通常は休館日の3月15日、22日、29日は梅の見頃なので開館するというお知らせが出ていました。これが例年の見頃に合わせた物なのか、実際に今年はその頃に見頃になるのかがちょっと判らなかったのですが、今年は少し早くてもそこそこ咲いているだろうと思い、行ってみることに。


梅園の梅はかなり咲いていて、まだ満開とはいきませんが、かなり見頃になってきていました。


Imgp7788


Imgp7811

白梅はかなり見頃です。


Imgp7784


Imgp8100


紅梅は咲き始めが早かったためか、少し傷み始めているものもありました。


Imgp7904


Imgp8032


しだれ梅はまだ六分から七分咲きというところでしょうか。


Imgp7789


Imgp8296


Imgp7797


ただ、咲いているのは梅園入り口側の花ばかりで、奥の方の梅はまだ全く咲いていません。


Imgp7859


やはり全体的に見頃になるのは来週以降のようですね。
それでも多くの人が来ていて、写真を撮りに来ている人もちらほら見かけました。


Imgp7866


朝、家を出る時には小雨が降っていましたが、午後からは青空も少し見えてきて、気温はかなり高かったです。


Imgp7833


梅園からは、インテックビルも見えました。


Imgp8195


もう何度も来ているのですが、気がつかなかったですね。


前回来た時に工事していた場所には、柳原文庫が復元されていました。


Imgp8320


Imgp8322


中に何か展示されているようですが、履き物を脱いで入らないといけなかったので、外から眺めるだけで帰ってきました(^^;)


Imgp8325


また、トイレが新しく増えていました。


Imgp7753


今までもトイレはあったのですが、こちらも土足厳禁でちょっと面倒だったのです。新しいトイレは履き物を脱がずに入れるので楽になりました。

2016.03.05

映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」

本日より公開の映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」を見てきました。
原作は赤川次郎の「セーラー服と機関銃・その後 -卒業-」ということですが、ストーリーは全くのオリジナルです。1981年の映画「セーラー服と機関銃」とも繋がりはありません。キャラクターの設定も変えられていますし、状況設定も変わっています。構成員が誰も残っていない目高組だったのに、3人も元組員が残ってますし、先代の年齢もかなり若くなっているようです。続きを期待して見に行くとガッカリするでしょう。35年も経っているので、そのままの設定で続きを作るのも無理があるでしょうけどね。


「気分爽快! 超絶★快感エンターテイメント!」というコピーですが、そんなに爽快な気分になるような物では無かったです。
拳銃の撃ち合いがあったり血が出たりするシーンがあるためか、PG12指定となってますし、猟奇的な登場人物がいたりするのも気分爽快とは言えない理由の一つだと思います。
堀内組の事務所(?)で壁に映像が流れているのは、相米版の浜口組の事務所で映画を壁に映していたのを意識してるんでしょうかね?


今の若い人が見たら面白いと思うのかもしれませんが、オジサンには面白いとは思えませんでした。また、どうしても相米版と比較してしまうから尚更なのかも。
映画と言うより橋本環奈のプロモーション映像という感じですかね。橋本環奈は確かに可愛いとは思いますが。
角川映画40周年記念作品とのことですが、昔の角川映画をリアルタイムで見てきている世代の人間としてはとても残念な映画でした。
公開初日の初回上映というタイミングで見に行ったにもかかわらず、お客さんは私を含めて6人でした。
映画にするのなら、1月に文庫で出た「セーラー服と機関銃3 疾走」を映画にしたほうが面白かったかも。星泉役は当然薬師丸ひろ子で、星叶役を橋本環奈にしたらよかったのにと思います。


あと、本編とは関係ありませんが、上映開始時間から本編が始まるまでが20分近くあったのもちょっと、と思います。大体10分程度は予告編とかCMとかが入るものですが、今回はちょっと長過ぎでした。これは劇場によっても違うでしょうが、今回行ったのはいつもよく行っている劇場です。ここまで長かったのは今までありませんでした。


写真は先日海王丸パークの駐車場で見かけた大型バスです。


Img_7489


観光バスかと思ったら、「移動映画館」と書かれていました。
この中で映画を上映しているんでしょうか?

2016.03.04

糸魚川の顔ハメ看板など

糸魚川駅にはいくつかの顔ハメ看板がありました。
昨年来た時にもあった、北陸新幹線と糸魚川バスの顔ハメ看板です。


Imgp6783


Imgp6757


北陸新幹線のものは、昨年来た時には駅のコンコースにありましたが、今回はキハ52の前に移動していました。


糸魚川ジオステーションの中にも2つの顔ハメ看板が。


Imgp6777


Imgp6779


糸魚川は顔ハメ看板が好きなのかな?




【おまけ】
泊駅近くの派出所前には、岩瀬で見かけたものと同じ「あぶない刑事」のポスターが。


Imgp6622


左端にはこんなポスターも。


Imgp6628


警察も芸能人を使っていろいろやってるんですね。

2016.03.03

彦根の看板など

彦根の四番町スクエアで見かけた看板です。


キャラクターがたくさんの顔ハメ看板です。


Imgp5350


その横にはグリコの看板が。


Imgp5352


町中にはこんなものも。


Imgp5354


四番町スクエアのキャラクターで、「やちにゃん」と言うそうです。
もちろんひこにゃんもありました。


Imgp5349


ひこにゃんは四番町スクエア以外でも、いくつか見つけました。


Imgp5982


市内を走るバスにもひこにゃんが。


Img_7682


町中ひこにゃんだらけという感じです。

2016.03.02

今年の八方塞がりは……

お寺の多い小松ですが、神社もあります。


Imgp7559


ここは本折町にある「本折日吉神社」です。


Imgp7478


Imgp7500


ここでは「八方塞がり」のお祓いをやっています。
「八方塞がり」とは、何をしても上手くいかない年廻りのことだそうで、今年の八方塞がりはこの年生まれの人たち。


Imgp7484


私は大丈夫だったようです。


神社内にはあちこちに猿の姿が。


Imgp7488


Imgp7493


Imgp7505


「日吉の神猿」だそうです。


Imgp7491


お稲荷さんには狐が。


Imgp7497


Imgp7541


油揚げをお供えする所があります。


Imgp7538


狐が油揚げが好きというのは本当なのだろうか?


弁天様は芸事の神様なんですね。


Imgp7522


お使いは蛇なんだそうです。


Imgp7525


石も神石です。


Imgp7550


正に八百万の神ですね。

2016.03.01

小松にもっと集客が必要なのでは?

先日、JR小松駅周辺を散策してきました。
小松は約30年前に就職した時の初めての勤務地だった所で、愛着もあります。
当時から思っていたことですが、小松の中心部にはお寺が多いです。


Imgp7453


Imgp7562


Imgp7569


Imgp7582


Imgp7589


Imgp7623


Imgp7646


大きい物から小さい物まで、ちょっとぶらついただけでもいくつものお寺があるのです。
こちらのお寺は門の横に階段があって、その上に鐘がありました。


Imgp7606


Imgp7619


「寺町」という町名のところも。


Imgp7450


金沢の寺町ほどではありませんが、小松城の城下だった所になるので、お寺も多いのでしょう。


また、古い町屋があちこちに残っています。


Img_7887


Imgp7445


Imgp7660


平成26年度までに123件の建物が「こまつ町家」に認定されています。


Img_7883


北陸新幹線金沢延伸からもうすぐ1年。
開業効果も1年間と言われますし、3月26日には北海道新幹線の開業もあります。
2年目以降も観光客を呼び込むために、石川県や県内の観光地もいろいろと手を尽くしていますが、今後の新幹線敦賀延伸の事も考えると、金沢以外の加賀地方への集客が重要になってくると思います。
南加賀は加賀温泉を中心に展開することになるでしょうが、小松市にももっと観光客を呼び込み、金沢以外の加賀地方の回遊性を高めることが必要ではないでしょうか。
この日は散策していて、観光客らしき人を見ることは皆無でした。
同じようにお寺が多い大聖寺では、僅かながらも寺院巡りをしている観光客の姿が見られます。
小松でも、これらの資源を上手く活用し、観光客の呼び込みに使えないものでしょうか。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp