2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 木場潟の河津桜 | トップページ | 芦原温泉は「ちはやふる」でいっぱい その2 »

2016.03.14

芦原温泉は「ちはやふる」でいっぱい その1

JR芦原温泉駅前には、「ちはやふる」の大きなパネルが設置されています。


Imgp8787


人気コミックスでアニメにもなった「ちはやふる」ですが、主要キャラクターの一人が福井出身という設定になっていて、劇中にもJR芦原温泉駅などが登場する事から、あわら市では「ちはやふるweek in あわら」などのイベントも行われています。


Imgp8807


民放が2局しか無い福井にもかかわらず、(1年以上遅れではありますが)アニメも一期、二期とも放送されています。
この書店も劇中に登場しているらしいですね。


Imgp8803


駅の近くにあるいくつかのお店にはキャラクターのパネルが設置されています。


Imgp8811


Imgp8815


駅西駐車場の横にあるイベントスペースにも設置されていますが、ガラスの向こう側にあるので反射がひどいです(^^;)


Imgp8823


Imgp8826


ここにはまた別のパネルも。


Imgp8832


隣には19日から公開の実写版映画のパネルも並んでいます。でも、実写版に芦原は登場するんでしょうかね。ロケに来ていたというような話も聞いてませんが……


JR芦原温泉駅は、開業当時は「金津駅」という名前でした。
JR線の中では芦原温泉駅に一番近い駅ではありますが、芦原温泉の温泉街はここから車で10~15分くらい離れた所にあります。それでも芦原や福井東部観光の玄関口となっていて、特急も停車しますし、駅前には多くのタクシーも停まっています。旅館の送迎バスも何台も見かけました。


Imgp8798


とは言うものの、駅の周りには観光施設的なものはありません。
「ちはやふる」は確かに福井も出てきますが、基本的に主人公がいるのは東京ですし、カルタの聖地と言われるのは滋賀県大津市の近江神宮だそうですので、劇中での芦原の扱いというのはそれほど大きなものだとも思えません。
それでもこれだけ力を入れているのは、温泉街から離れた芦原温泉駅前の苦肉の策のようにも見えるのでした。

« 木場潟の河津桜 | トップページ | 芦原温泉は「ちはやふる」でいっぱい その2 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/63339932

この記事へのトラックバック一覧です: 芦原温泉は「ちはやふる」でいっぱい その1:

« 木場潟の河津桜 | トップページ | 芦原温泉は「ちはやふる」でいっぱい その2 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp