2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 糸魚川の顔ハメ看板など | トップページ | 内山邸の梅、今年は咲き始めは早かったようですが…… »

2016.03.05

映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」

本日より公開の映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」を見てきました。
原作は赤川次郎の「セーラー服と機関銃・その後 -卒業-」ということですが、ストーリーは全くのオリジナルです。1981年の映画「セーラー服と機関銃」とも繋がりはありません。キャラクターの設定も変えられていますし、状況設定も変わっています。構成員が誰も残っていない目高組だったのに、3人も元組員が残ってますし、先代の年齢もかなり若くなっているようです。続きを期待して見に行くとガッカリするでしょう。35年も経っているので、そのままの設定で続きを作るのも無理があるでしょうけどね。


「気分爽快! 超絶★快感エンターテイメント!」というコピーですが、そんなに爽快な気分になるような物では無かったです。
拳銃の撃ち合いがあったり血が出たりするシーンがあるためか、PG12指定となってますし、猟奇的な登場人物がいたりするのも気分爽快とは言えない理由の一つだと思います。
堀内組の事務所(?)で壁に映像が流れているのは、相米版の浜口組の事務所で映画を壁に映していたのを意識してるんでしょうかね?


今の若い人が見たら面白いと思うのかもしれませんが、オジサンには面白いとは思えませんでした。また、どうしても相米版と比較してしまうから尚更なのかも。
映画と言うより橋本環奈のプロモーション映像という感じですかね。橋本環奈は確かに可愛いとは思いますが。
角川映画40周年記念作品とのことですが、昔の角川映画をリアルタイムで見てきている世代の人間としてはとても残念な映画でした。
公開初日の初回上映というタイミングで見に行ったにもかかわらず、お客さんは私を含めて6人でした。
映画にするのなら、1月に文庫で出た「セーラー服と機関銃3 疾走」を映画にしたほうが面白かったかも。星泉役は当然薬師丸ひろ子で、星叶役を橋本環奈にしたらよかったのにと思います。


あと、本編とは関係ありませんが、上映開始時間から本編が始まるまでが20分近くあったのもちょっと、と思います。大体10分程度は予告編とかCMとかが入るものですが、今回はちょっと長過ぎでした。これは劇場によっても違うでしょうが、今回行ったのはいつもよく行っている劇場です。ここまで長かったのは今までありませんでした。


写真は先日海王丸パークの駐車場で見かけた大型バスです。


Img_7489


観光バスかと思ったら、「移動映画館」と書かれていました。
この中で映画を上映しているんでしょうか?

« 糸魚川の顔ハメ看板など | トップページ | 内山邸の梅、今年は咲き始めは早かったようですが…… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

移動映画館と書かれているんですが・・coldsweats01・・、
富山のコストコ射水店の横にあります宗教団体のバスです。
親鸞さんのパンフレット配って有り難い映画上映のようです。
各地域を周り会員募集しているようです。

SILVIA おじさん>
なるほど、そういう『映画』なんですねww
変なカルト教団ではないようですが、あまりにも勧誘に熱心な宗教というのはちょっと敬遠したくなりますね(^^;)
富山って宗教団体が多いような気がします。信仰熱心な方が多いのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/63304375

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」:

« 糸魚川の顔ハメ看板など | トップページ | 内山邸の梅、今年は咲き始めは早かったようですが…… »

にほんブログ村

Amazon.co.jp