2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 玄宮園と彦根城博物館 | トップページ | 北陸お出かけパスで糸魚川へ その1 富山駅 »

2016.02.18

夢京橋キャッスルロードと四番町スクエア

彦根城の南西、京橋を渡った先に、「夢京橋キャッスルロード」という所があります。
元々城下町だった所だそうで、昔の雰囲気を残した町並みを再生したものだそうです。


Imgp5291


Imgp5301


古い建物が残っている訳ではないのですが、お土産屋さんや飲食店が多く並び、建物の外観を昔風にしているのです。
銀行の建物もこんな感じに。


Imgp5339


昔から残っているものとしては、宗安寺というお寺がありました。


Imgp5307


1701年の彦根大火で消失し、現在の本堂は翌年に長浜城付属御殿を移築したものだそうです。
1784年作と言われる鬼瓦が展示されています。


Imgp5311


夢京橋キャッスルロードの中程を曲がった所には「四番町スクエア」という通りがあります。


Imgp5342


元は本町市場商店街だった所だそうで、ここにも多くのお店が集まっています。


Imgp5344


通りのあちこちには六童子の像があり、それぞれ、「長寿」、「招福」、「愛情」、「開運」、「健康」、「金運」と書かれています。


Imgp5370


何だか、「せんとくん」に似てますね。
後で調べてみた所、作者はせんとくんと同じ薮内佐斗司氏なんだそうです。
ひこにゃんの石像もありました。


Imgp5376


彦根城に入ってしまうと食事に困るのですが、近くにこのような所があるといいですね。
9年前に来た時にはこちらのほうへは来なかったので、当時もこれらの通りがあったのかどうかは判りません。9年前は車を彦根駅に駐めて、昼食も駅の近くで食べたので……


と言うことで、今回の昼食は夢京橋キャッスルロードの「ちゃかぽん」というお店でいただきました。


Imgp5296


「赤鬼うどん」というのが有名だそうで、中でも「二代目」が一番人気だと言うことだったので、「赤鬼うどん 二代目」の大盛り(1220円・麺の大盛りは無料)をいただいてきました。


Img_7566


うどんの上に近江牛が乗っています。ここへ熱い出汁をかけていただきます。


Img_7579


すると肉に火が通っていくんですね。レアっぽいのが好きな人は先に肉を食べ、良く火が通ったのが好きな人は後から肉を食べるといいでしょう。いずれにしろ、あまり火が通りきらないうちがいいとは思いますが。
出汁の味は意外と濃いめです。ただ、くどいというのとはちょっと違って、かなり強い出汁の味ですね。関西圏ですからもっと薄味なのかと思っていたので、ちょっと意外でした。でも、とても美味しかったです。
また、店の前では近江牛の握り寿司を販売していますが、店内でも食べる事が出来ると言うことだったので、近江牛の握りのトロ(2貫800円)をいただいてきました。


Img_7581


赤身(2貫500円)とトロがあると言うことでしたが、うどんに乗っている肉が赤身っぽかったので、トロのほうをいただきました。まさにとろける旨さです。
赤身とトロを1貫ずつという組み合わせがあると、食べ比べが出来ていいのにと思いました。2貫ずつ食べると1,300円になってしまいますしね。
お店にはテレビの取材が来たこともあるようです。


Img_7565


こちらでは放送していない番組のようです。




【おまけ】
帰りに北陸道南條SAにて食べた牛串焼き(350円)です。


Img_7688


ちなみに飛騨牛でした。距離的には近江牛の産地のほうが近いと思うんですけどね。
350円という価格は嬉しいです。

« 玄宮園と彦根城博物館 | トップページ | 北陸お出かけパスで糸魚川へ その1 富山駅 »

お出かけ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/63228569

この記事へのトラックバック一覧です: 夢京橋キャッスルロードと四番町スクエア:

« 玄宮園と彦根城博物館 | トップページ | 北陸お出かけパスで糸魚川へ その1 富山駅 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp