2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 舞鶴海上自衛隊北吸桟橋の一般公開 | トップページ | 舞鶴の海軍カレーと肉じゃがパン »

2015.09.28

舞鶴の赤れんがパークと赤れんが博物館

舞鶴でのメインは北吸桟橋でしたが、北吸桟橋には車を駐める所がないので、赤れんがパークの駐車場に車を駐めます。
駐車場の横にはグレーの船が見えています。


Imgp8502


これが補給艦「ましゅう」だと判ったのは、北吸桟橋へ行った後でした。
駐車場はからは海も見えます。


Imgp8494


家を出た時はまだ曇っていましたが、現地に着く頃にはとてもいい天気になっていました。
北吸桟橋へ行く前に腹ごしらえで2号棟へ向かいます。駐車場から2号棟のあるほうへ向かう途中には国所有の倉庫が並んでいます。


Imgp8603


朽ちた感じがいい雰囲気になっています。


2~5号棟は施設として利用されていて、ある程度の補修は行われています(特に屋根など)。


Imgp8619


5号棟はイベントホールになっています。


Imgp8621


この日は何も行われていなかったので、中で写真を撮ってみました。


4号棟では結婚式(披露宴?)が行われていました。


Imgp8690


前回来た時もやってましたね。


裏のほうには海があり、小型の船が多く係留されていました。


Imgp8673




赤れんがパークは前回来た時も撮ってますので早々にして次の目的地である北吸桟橋へ。
北吸桟橋を見学した後は赤れんが博物館へ向かいます。


Imgp9160


これが赤れんが1号棟になります。


Imgp9134


入館料は大人300円ですが、値段の割にはなかなかのボリュームです。国内だけではなく世界のれんがや、古いれんがの展示もあってなかなか面白かったです。


博物館前の広場には、大阪のビール工場の外壁に使われていたれんがが展示されています。


Imgp9141


記念撮影用にカメラ置台が設置されていました。


Imgp9138


観光地などで時々こういうのを見かけますが、日本ならではという気がします。海外とかだと、こんな所にカメラを置いて離れてしまうと盗っていってくださいと言っているようなものだと思うんですけどね。
最近なら自撮り棒とか使うんでしょうけど。

« 舞鶴海上自衛隊北吸桟橋の一般公開 | トップページ | 舞鶴の海軍カレーと肉じゃがパン »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/62363746

この記事へのトラックバック一覧です: 舞鶴の赤れんがパークと赤れんが博物館:

« 舞鶴海上自衛隊北吸桟橋の一般公開 | トップページ | 舞鶴の海軍カレーと肉じゃがパン »

にほんブログ村

Amazon.co.jp