2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015.02.28

金曜は金沢で久々の飲み会でした

金曜の夜は久々に金沢で飲み会でした。昨年までやっていた仕事の打ち上げです。
私は途中で抜けることになってしまったのですが、この度目出たくプロジェクトが完成を迎えたと言うことで打ち上げにお声をかけて頂いたのでした。


場所は金沢駅東口から徒歩5分ほどの所にある「駅前酒場 ばんばん」というお店でした。


Img_1714


大通りからは少し路地を入ったところになりますが、昨年の11月にオープンしたばかりというお店はそれほど大きくは無いものの、きれいで落ち着いた雰囲気でした。
料理は飲み放題付き4,500円のコースとのことでしたが、主催者様のご厚意により参加費は無料となったので、実際にはいくらのコースだったのか不明です。Hot Pepperのページを見る限り、4,500円のコースでは鍋は付かないように見えるのですが、実際には鍋が出てきましたので、5,000円のコースの可能性もあります。払ってないのでいくらでもいいのですが(^^;)。


コースで出てきた料理はこちら。


Img_1717


Img_1721


Img_1728


Img_1732


Img_1734


大皿で出てきた物は小皿に分けた後で撮ったり、大皿のものを撮ったりと統一はありませんが(^^;)
そして、こちらが鍋です。


Img_1730


おでんですね。
〆には残った出汁の中にうどんを入れて頂きました。
食べ物はどれも美味しかったですし、今回は注文しなかったものの、単品のメニューにも美味しそうな物がいろいろとありました。
飲み放題のアルコールの種類も豊富でしたし、参加者の評判も上々でした。


今回は、最初の乾杯はビールで、その後は日本酒に切り替えましたが、周囲のペースに乗せられてかなり速いペースで飲んでしまい、終盤は気分が悪くなってしまいました(^^;)
元々アルコールには弱い(嫌いでは無い)ので、やはり自分のペースでいかないとだめですね。




【おまけ】
金沢駅の新幹線改札横にあった、北陸新幹線カウントダウンのボードが無くなっていました。


Img_1672


周囲にあったレンガ風の装飾が取り払われていたので、そこに取り付けられていたボードも同時に撤去されたようです。
どこかに移設していないかと少しコンコース内を探してみましたが見当たりませんでした。
開業までまだ2週間ありますから、数日中にはどこかに復活するのではは無いかと思われますが……
そのボードがあった辺りにはこんなものが。


Img_1677


日曜の正午から発売される記念入場券の受付先頭です。
まだ発売の2日前だというのに、既に並んでいる人がいるようで、荷物が置かれていました。
先日の東京駅のSuicaのような騒ぎにはならないでしょうけど、やはり並ばないと買えないんでしょうかね。

2015.02.27

ワインダーって回るのか

先日、新しい腕時計を買いました。
前の時計は壊れてしまったというわけではないので交互に使って行きたいと思っているのですが、前のは機械式だったのです。自動巻ですが、はめていないと1日で止まってしまいます。
使う度に日付や時間を合わせるのが面倒なので、ワインダーというものを買ってみることにしました。


Amazonでワインダーを探していると、案外高いのですね。シングル用のもので大体1万円前後のものが多いです。もっと高いものもありますがそんなのは論外ですし、安い物は3千円台からあったりしますが、レビューを見ているとすぐに壊れたなんていう書き込みも多いです。


前の時計は一応国産のSEIKO 5 SPORTSですが、中東向けの輸出用に作られた物の逆輸入で、カレンダーは英語とアラビア語の切り替えだったりします。なので値段も安く、購入価格は約1万円でした(ちなみに新しい時計は国産のクォーツですが、値段はやはり1万2千円ほどのものです)。そんな時計に1万円近いワインダーを使うのもなんだかな、という感じですし、だからといってすぐに壊れてしまっても困ります。そこで、安い中では比較的評判の良い4,980円のワインダーを購入してみました。


Img_1663


開封した第一印象は「でかい」でしたww
ちょっと置き場所に困ります。AC電源方式なので、電源も確保しないといけません。


使ってみると、ワインダーって回る物だったんですね(^^;)
自動巻時計というのはゼンマイ部分に振り子のような重りが付いていて、時計が動くことでネジを巻くようになっていますが、強制的にネジを巻く時には時計を振ったりします。なので、ワインダーというのも左右に半回転くらいを繰り返す動きをするものだとばかり思っていました。


回転方向は時計回りと反時計回りに切り替えが出来るようになっています。時計によっては(正確にはムーブメントによってはということになるのでしょうか)特定の回転方向でないとネジが巻けないのだそうです。
1時間動いて3時間止まるという動作を繰り返すのですが、最初に電源を入れた時以外に動いているのを見たことがありませんww
時計は止まらずに動いているのでちゃんと動作しているのは間違いないのでしょうけど。動作音も静かなので、耳元にでも置いておかなければ『今動いてるな』と言うことに気づくこともありませんし。


後は壊れずに動き続けてくれることを祈るだけです。

2015.02.26

糸魚川の「牛乳パン」

糸魚川での昼食は、結局コンビニで適当に食料調達となってしまいましたが、その中に糸魚川らしいものが一つ。
いのや商店の「牛乳パン」です。


Img_1560


昔ながらのパッケージがいいですね。
中のパンも懐かしい雰囲気が漂います。


Img_1561


クリームが挟んでありますが、思ったほど甘くは無く、ちょうどいい感じ。


Img_1562


フワフワのパンは見た目ほどのボリュームはありませんが、また食べたくなる味です。
大変美味しく頂きました(^^)

2015.02.25

糸魚川ジオステーション ジオパル

糸魚川駅で降りたもう一つの目的は、2月14日にオープンした糸魚川ジオステーション ジオパルへ行くことでした。


Imgp1625


主目的は観光案内所と、糸魚川ジオパークの紹介を行う施設です。


Imgp1764


しかし駅の建物に入っていることもあってか、大糸線を走っていた「キハ52」の実車が展示されています。


Imgp1648


車内は当時のままの状態で残っています。休憩スペースとして開放されているので、自由に入ることが出来ます。


Imgp1658


冷房は扇風機です。


Imgp1665


但し、夏場にこれが動くとは思えないですけどね。
静態保存ですが、バッテリーで動かす事が出来るようになっていて、赤レンガ倉庫の門から外に出せるようにレールが敷かれています。


Imgp1787


イベント時には外へ出して展示されることもあるそうです。
外観の写真を撮りたい時は外に出ている時を狙ったほうがいいですね。


その隣にはジオラマ鉄道模型ステーションがあります。
Nゲージの大きなジオラマが展示されています。
こちらが糸魚川サイドになります。


Imgp1682


Imgp1686


こちらが東京をイメージしたサイドです。


Imgp1692


車輌はマスコンで操作する事ができ、車輌の先頭に付いたカメラの映像が見られるようになっています。


Imgp1723


これは絶対に子供たちに受けそうですよね。
その奥にはHOゲージのジオラマもあります。


Imgp1735


Imgp1741


ジオラマの操作は有料ですが、新幹線開業前までは無料開放されています。


Imgp1748


他にはプラレールの展示や、子供が遊ぶためにマットが敷かれたスペースもあります。


Imgp1753


電車の待ち時間につかうだけではちょっともったいないほどでした。

2015.02.24

糸魚川市内散策

糸魚川では駅周辺の散策と昼食の予定でした。
まずはこちらのお店で昼食を食べてという予定だったのですが……


Img_1475


なんと19日から22日までお休みとの張り紙が(T_T)
ここの「ソース焼きそばラーメン」というのを食べたかったのですが、いきなり当てが外れてしまいました。
とりあえず、昼食を食べるところを探しつつ、駅前を散策します。


駅前の通りは「ひすいロード」と名付けられていて、勾玉型の像があったりします。
駅の近くにあるのは奴奈川姫の像です。


Img_1474


Img_1503


ここから海まで360m。


Img_1501


少し歩くと展望台が見えてきます。


Img_1522


天気もいいし、海がきれいだろうなと思って展望台に登ろうと、道を渡る地下道の入口へ。
ところが展望台は工事中で入れません。


Img_1518


道の手前にある駅前海望公園というところにある展望台に登ってみましたが、高さもそれほど無く、国道8号線を挟んでいて距離も少し離れているので、眺望がいいとはお世辞にも言えません。


Img_1524


かろうじて海が見えていると言う程度です。
しょうがないので駅方面に戻って「雁木通り」へ。


Img_1537


雁木(がんぎ)とは雪よけの屋根のことだそうで、今で言うとアーケードみたいなものですね。
通りには古い建物もいくつか残っているようです。


Img_1547


それぞれのお店の前には絵馬型の看板が掛かっていて、これを見て廻るのも楽しいです。


Img_1539


道幅が狭いこともあって、自転車は通行禁止となっています。


Img_1540


建物の間には人が一人通れるほどの細い路地があるところもあります。


Img_1542


そんな狭い道でも融雪装置はしっかりと付いているところが雪の多さを物語っているようですね。


さらに駅のほうへ戻ると、電柱の町名表示が手書きになっていました。


Img_1489


昔の物が残っている訳では無く、かなり新しい物のようです。全てが手書きという訳では無く、書体のものも混在していました。
駅に隣接する「ヒスイ王国館」へ入ってみると、ヒスイの原石が展示されていました。


Img_1505


片隅にはカモシカの剥製が無造作に置かれていました。


Img_1506


新幹線開業に向けてなのか、一部で内装の工事が行われていたので、工事が終わったらどこかに展示されるのかもしれませんね。


結局、昼食は食べず終い。
飲食店は飲み屋のほうが多く、ランチを食べられるようなところが少なかったのです。それに、どうせ食べるのなら糸魚川らしい物が食べたかったので、普通の蕎麦屋とかには二の足を踏んでしまいます。糸魚川ブラック焼きそばが食べられる店はあったのですが、以前に一度食べているのと(但しお店によってそれぞれ特徴があるようですが)、元々食べようと思っていたのがソース焼きそばラーメンだったということもあってちょっと躊躇してしまいました。
少しは何か食べておかないと、と言うことで、電車に乗る前にコンビニでパンやおにぎりを買って食べたのでした。


なんだかいろいろと外してしまった糸魚川でした。

2015.02.23

たぶんこれが最後の「北陸おでかけパス」(その3 有間川駅編)

糸魚川駅を出て、さらに次の目的地へ向かいますが、予定は確定していませんでした。
プランは2つあって、一つは終点の直江津まで行って戻って来る(谷浜-直江津間往復の400円が追加で必要)もの、もう一つは谷浜までのどこかで下車して戻って来るというもので、当日の状況等で決定しようと考えていました。
その結果、直江津へは以前に一度行っているので今回は別の所へ行くことにしました。天気もいいので、駅周辺の散策も出来そうですし。
谷浜は前回行ったので、今回はもう一つ手前の有間川駅へ行くことにしました。駅周辺には何もない所ですが、古い駅舎がありますし、駅から500mくらいの所に小さな漁港があるので、その辺りで写真を撮れそうかなと考えました。


カーブの途中にホームがあるので、電車は傾いて止まります。


Img_1579


1日の平均乗車人員が34人(2012年度)という駅にもかかわらず、土曜の日中に降りたのは私を含めて8人でした。どうやら北陸線の電車を撮りに来た人たちのようで、皆さん高そうな望遠レンズを付けたカメラを持っています。駅には車で来た人もいて(なんと湘南ナンバーの車も停まってました)、ホームには総勢10名以上の人がいます。
誰もいない静かなローカル駅をイメージしていたのですが、ちょっと想定外でしたねww


駅舎は昭和21年に作られたものが残っています。


Img_1602


Imgp1815


駅舎の中に入ってみると、ゴミ箱以外は何もありません。


Img_1591


ベンチすらありません。ベンチはホームに少しあるのですが、駅舎の中にもあっていいのでは無いかと思いますが……
駅のホームから目の前に日本海が見渡せます。


Imgp1804


直江津側には海の先に山も見えていますが、駅からはいろいろと邪魔なものが入り込んでしまうので、こちらは漁港のほうまで出たところで撮りたいですね。


Imgp1828


駅舎の表側は、なんときれいに塗装されていました。


Imgp1825


駅がきれいになるのは利用者にとってはいいことでしょうが、これもちょっとイメージしていた物とは違ってしまいましたね。


直江津側へは線路がきれいなS字カーブを描いています。


Imgp1831


糸魚川側はすぐにトンネルです。


Imgp1833


後で調べてみて判ったのですが、有間川駅周辺は撮影ポイントとして有名な所のようです。だから人も多かったんですね。
駅舎の写真などを撮っていると、あと10分ほどで直江津側からはくたかがやって来る時間になりました。駅周辺の散策と言っても特に写真のネタになりそうな物もなさそうなので、ここはみんなに混ざってはくたかの写真を撮ることにしました。


Imgp1860


一番多くの人が集まっている場所がたぶん一番良いポイントなんでしょうけど、割り込むスペースは無さそうです。元々電車の写真を撮る予定でも無かったので、どの辺りから撮るのがいいのかも判らず、あまりいい写真は撮れませんでしたが……
この後に直江津側から北越が来るのですが、それまで20分ほど時間があります。そこで、海の向こうに見えている山の写真を撮るために、歩いて5分ほどの所にある「有間川漁港フィッシャリーナ」という休憩施設の所まで行ってみました。
ちなみに駅舎にトイレはありませんので、一番近い公衆トイレはこの有間川漁港フィッシャリーナのトイレと言うことになります。
休憩施設の前にはゲートボール場があって、地元の人たちが集まっていました。
その先を海側に進むと、海の向こうに山がきれいに見えています。


Imgp1908


ただ、これがどこの山が見えているのかはよく判っていません(^^;)


Imgp1901


手前に工場(?)のようなものも見えますし、これが直江津辺りなのでしょうか。そんなに遠いところでは無いとは思うのですが……
天気が良かったので波も静かでした。もっと荒れた海のほうが絵になるような気もしますが、そうなると山がきれいには見えないかもしれませんね。


山の写真を撮って駅まで戻って来ると、北越が来るまであと数分。カメラを持った人はさっきよりも増えていますww
先ほどとは少しずれた場所にスタンバイして北越の到着を待ちます(先ほどの場所には別の人がいたので)。


Imgp1986


北越がトンネルに入っていくと、上り側から別の電車のライトが見えます。


Imgp2012


トンネルから出てきたのははくたかでした。


Imgp2018


Imgp2052


はくたかの通過から5~6分で、帰りの普通電車がやって来ました。


Imgp2137


これに乗って帰途につきます。
帰りの車窓からも相変わらず山がきれいに見えていました。


Img_1618


さて、金沢以東が三セク移管されることから「北陸おでかけパス」自体がなくなってしまうだろう(青春18きっぷが基本的にJR線以外では使えないのと同じ対応となるとエリアが半分になる上に、富山県、新潟県の枝線を使うにも利便性が大きく低下するので)と思って最後の日帰り旅行に出かけたわけですが、昨日の記事へのコメントでご指摘いただいたように、北陸おでかけパスは存続するようですね。しかも、三セク移管された区間でも利用できるとのこと。これは予想外でした。
ただ、値段が上がってしまう(大人2,500円、小人1,000円)のは痛いです。お得感がかなり減ってしまいますね。松任から富山駅や福井駅では元を取れなくなってしまいます。また、小人がほぼ倍の値上げとなるのも世間的には大きいでしょう。
特急券購入で特急にも乗れるようになるそうですが、エリアがかなり限定されるので実際に使える状況になるかどうかは微妙ですね。それでも使えるというけでも、選択肢が増えることになるので悪いことではありませんから歓迎しますけどね。
また、三セク移管区間については、各社で1日フリーきっぷ的なものが発売されるようであれば、それを組み合わせたほうが安くなるという可能性もあるかも(行き先とフリーきっぷの値段にもよりますが)。

2015.02.22

たぶんこれが最後の「北陸おでかけパス」(その2 糸魚川駅編)

富山駅を出て次の目的地である糸魚川駅へ向かいます。
電車は413系です。


Img_1396


521系も直江津まで行っているらしいのですが、今回は全く見かけませんでした。
三セク移管で、市振駅から直江津駅まではえちごトキめき鉄道の日本海ひすいラインとして運行されることになりますが、この区間は気動車で運行されることが決まっています。貨物列車はこれまで通り走るのでしょうから、架線は撤去しないでしょう。架線があるのに気動車で走る事になるんですね。


車窓からは山がきれいに見えています。


Img_1416


この辺りまで来ると見えているのは南アルプスでしょうか。
この日はすっきりと晴れて雲も少なかったので、立山もきれいに見えていたでしょうね。


糸魚川駅のホームを降りると、ホームでカメラを構えて待ち構えている人が5~6人いました。すると、富山方面からはくたかがやって来ました。


Img_1457


北陸新幹線金沢開業により、はくたかなどの特急列車が無くなってしまうため、その写真を撮りに来ている人たちがかなりいるようです。


駅舎は新幹線開業に合わせて、在来線側の駅舎も新しく橋上駅となっています。北口は日本海口、南口はアルプス口という名前が付けられていました。


Imgp1621


コンビニも開店準備中です。


Imgp1619


現在は日本海口のほうに仮設のCHAOが営業していますが、新しく作られるのはセブンイレブンのようですね。金沢駅のホームにもセブンイレブンが出来ていましたし、JR西日本はCHAOからセブンに乗り換えたのでしょうか?


顔ハメ看板も2つ。


Imgp1618


Imgp1615


一つはJRのものですが、もう一つは糸魚川バスのものでした。
北陸新幹線カウントダウンのパネルもあります。


Img_1464


ここで記念撮影をしている親子がいました。
いい記念になりますよね(^^)


日本海口の様子です。


Img_1481


以前の駅舎とはかなりイメージが変わりましたね。
駅前の広場も前よりはすっきりとしたように感じます。


こちらがアルプス口です。


Imgp1634


新幹線ホームはこちら側になるんですね。
周辺は住宅街で、駅のすぐ前にも一般の家がありますが、こちら側にもお店が出来てくるのでしょうか。
駅前には赤レンガ車庫の一部が残されています。


Imgp1627


倉庫全体を残すことは出来なかったようですが、ゲート部分だけはオブジェとして残されています。


ちょうどお昼頃になったので、駅周辺で昼食と散策の予定でしたが、いろいろと当てが外れる事態が発生してしまったのでした。
それについてはまた後日……

2015.02.21

たぶんこれが最後の「北陸おでかけパス」(その1 金沢駅&富山駅編)

北陸新幹線金沢開業まであと3週間となりました。
新幹線も気になりますが、三セクに移管される在来線も気になるところです。
また、金沢以東がJRではなくなる事から、JR西日本の企画である「北陸おでかけパス」も3月8日を最後に無くなってしまうのでは無いかと思われます。そこで、たぶんこれが最後の利用となると思い、「北陸おでかけパス」を使って新潟方面へ行ってきました。新潟方面を選んだのはもちろん、JRとして金沢以東への電車に乗るのが最後になると思われるからです。


今回はどこへ行くというよりは電車に乗ること自体が目的だったので、あまり途中下車はしていません。それでも松任から金沢方面へ向かう普通電車は全て金沢止まりですし、金沢から富山方面への普通電車もほとんどが富山止まりなので、金沢と富山ではどうしても乗り換えが発生します。福井方面へは日中を除いて敦賀まで行ける電車があるのとは対照的です。
そんな訳で、最初の降車駅は金沢駅でした。
新幹線改札口を塞ぐ形で立てられていた大きなパネルも既に散り払われ、入口にはシャッターが降りています。


Img_1333


Img_1336


ローカル線用きっぷの販売機はIRいしかわ鉄道用のものが既に準備されているようです。


Img_1349


3月14日以降は、富山方面へ行く時と福井・七尾方面へ行く時で違う販売機できっぷを買わないといけなくなるんですね。


コンコースは金沢百番街の新エリア「Rinto」(旧「ふれあい館」)の工事が行われているため、まだまだ雑然としています。
警備の人が数人、台の上に立って警備の目を光らせています。


Img_1338


今までそんな人は見なかったような気がしますが、何かあったのでしょうか?


金沢駅で乗り換え、次は富山へ向かいます。
車窓から見える電車とパンタグラフの影。


Img_1358


電車は521系です。


Img_1370


敦賀-富山間を走る電車はほとんどが521系になっていますね。七尾線の一部の415系が松任や小松まで走っていたこともありましたが、無くなってしまいました。金沢-松任間の電車が増える事になるのでありがたかったのですが。
521系は一部がIRいしかわ鉄道とあいの風とやま鉄道へ格安で払い下げられることになっています。
既に225系風な顔つきになった3次車が登場していますが、JRに残るのは主に3次車で、1次車と2次車の中から何編成かが払い下げということになるのでしょうかね。


数ヶ月ぶりの富山駅は、富山地鉄がJR富山駅内に乗り入れるための工事が進んでいました。


Img_1387


軌道の延伸工事は完了しており、残すはホームの工事だけのようです。


Img_1657


北陸新幹線カウントダウンのパネルは金沢駅のような電光タイプの物は見かけませんでした。


Img_1380


通ってこなかったところにはあったのかもしれませんが。


ここまでは乗り継ぎのための下車でしたが、次の目的地では少しだけ市内を散策したりすることになります。
(次回へ続く)

2015.02.20

大きな「止まれ」と小さな「止まれ」

「止まれ」の標識が2つ並んでいます。


Imgp6045


何故かサイズが違います。
標識のサイズって規格で決まっているのかと思っていましたが、そうでも無いのでしょうか?
それでも大きい方はどこででも見かける普通の標識サイズなので普通に作っていそうですが、小さい方は特注でしょうかね。

2015.02.19

三ヶ新の道標

新湊にあった「三ヶ新の道標」です。


Imgp0093


その昔、氷見へ至る浜街道という道があって、ここは三叉路になっていたのだそうです。
方向を示しているのが「指さし確認」みたいで面白いですね。


Imgp0095


横のポールは庄川の0km地点を示すものでした。


Imgp0096




漁港から道を挟んで向かい辺りにはこんなのもありました。


Imgp0276


「小川おさんの碑」だそうです。


Imgp0277


悲恋話というのは、時代に関係無く人気があるんですね。

2015.02.18

白山比咩神社の表参道は裏口?

白山比咩神社の表参道は旧道のほうにあります。


Imgp1371


旧道は鶴来の町中に繋がっている道で、昔はこの道がメインの通りだったのでしょう。


山道は緩やかな階段になっています。


Imgp1071


滝の水をパイプで誘導して融雪していました。


Imgp1358


手水舎の少し手前には白山市指定天然記念物となっている老杉があります。


Imgp1200


根元の周りは約12mで、樹齢はおよそ800年といわれているそうです。
御神木は本殿横にある三本杉で、看板も出ています。


Imgp1278


しかしホームページによるとこちらの老杉も御神木となっていました。


最後の階段は少し急になります。


Imgp1188


この階段を登ると本殿への入口です。


Imgp1233


Imgp1235


Imgp1238


表参道というのは正面入口と言える物だと思いますが、今では北参道駐車場から繋がる入口がメインになっています。


Imgp1302


駐車場も広いですし、本殿への距離もこちらのほうが近いので、ほとんどの人がこちらを利用していますね。
駐車場の横にはお土産屋さんもあります。


Imgp1304


手水舎はこちら側にもあり、表参道のものより大きく、立派な彫刻も施されています。


Imgp1295


Imgp1290


それでも表参道側の手水舎のほうが雰囲気がありますね。


Imgp1214


表参道側のほうが裏口だと思っている人もいるかもしれませんが、北参道から来た人も、是非表参道を歩いてみて欲しいです。

2015.02.17

雪の手取渓谷

土曜は不老橋からの手取渓谷の眺めを撮りに行ってきました。


Imgp0839


R157を走っているとだんだん雪が降り始め、現地に着く頃にはかなりの雪になっていました。
カラーで撮っていますがモノクロのようですww
こちらは下流側です。


Imgp0960


木の枝に付いた雪が満開の花のようでとてもきれいです。


Imgp1033


帰り際になって少し青空が見えてきました。


Imgp1047


まだ雪は降っていましたが。
それに、この後はまた雪が降り始めたりと不安定な天気でした。


R157は小まめに除雪もされていますが、一つ横道に入ると道の上にも雪が残っています。


Imgp0979


不老滝の駐車場の看板も雪に埋もれています。


Imgp1057


通常は大型車1台、普通車5台の駐車スペースがありますが、すっかり雪に埋もれています。普通車2台が駐められる程度には除雪されていたので、車を駐めることは出来ました。
せっかく駐車場を作ったのですから、雪が降っても使えるようになっているというのは大事なことだと思います。

2015.02.16

芦城公園のラヂオ塔

芦城公園の図書館の向かい辺りに古い塔が建っています。


Imgp1558


そこには「ラヂオ塔」の文字が。


Imgp1561


ラヂオ塔とは1930年頃から全国的に建てられたもので、ここからラジオ放送が流されていたそうです。街頭テレビのラジオ版ですかね。
石川県内には兼六園の中にも残っているとのこと。特に決まった形がある訳では無いようで、兼六園の物は灯籠のような外観になっています。




土曜の芦城公園はみぞれまじりの雨が降っていました。
園内は人が通るような所には全く雪はありませんでしたが、そうで無いところでは前日までの雪がまだ少し残っていました。


Imgp1373


それでも梅の木にはつぼみが。


Imgp1466


Imgp1469


少しずつ春が近づいてきているのかな?




【おまけ】
ニシキゴイをモノクロで撮ってみました。


Imgp1587


やっぱりこれも色が付いていた方がいいですねww

2015.02.15

ちょっと変わった温泉へ

寒い日は温泉で暖まろうと言うことで、土曜は日帰り温泉へ行ってきました。
今回は小松近辺で探してみたところ、いくつかの候補の中から「西圓寺温泉」という所へ行くことに。


Img_1302


ぱっと見、温泉には見えませんが、1473年に創建された西圓寺というお寺を改装したものなのです。
西圓寺は跡継ぎがいなくなって廃寺となってしまいましたが、佛子園という福祉法人が福祉施設として再興したのです。
鐘撞き堂も残っていて、毎日夕方には鐘撞きも行われているとのこと。


Img_1323


元々はデイケアセンターと地域のコミュニティセンターとして作ったようですが、掘ってみたら温泉が出たということで、温泉は一般にも開放することにしたようです。
本堂はカフェとして使われており、温泉は住職の住居だったところを改装したそうです。
カフェには障碍者や地元の人たちの働く場所という側面もあり、風呂場の清掃もそれらの人たちによって行われています。外観だけで無く、内容も普通の温泉とはかなり異なっていますね。
ちなみに地元野田町の住民の方は無料で利用できるということです(一般は400円)。


こちらが温泉の入口。


Img_1309


亀湯と猿湯という二つの風呂場があり、日替わりで男湯と女湯が入れ替わります。
お湯は緑乳白色と言う感じの濁り湯で、無色透明な温泉が多い加賀温泉郷の近くとしては珍しいですね。
浴室に入ると硫黄の匂いが漂ってきます。
緑になるのは鉄分が含まれているからだそうで、お湯に浸かると微かに鉄の匂いがしてきます。そう言えば、この近くの道路では融雪の水に鉄分が含まれているのか、道が赤茶色になっている所が多いです。
露天風呂もあり、こちらのお湯は内湯よりも温めです。しかし出ているお湯の温度は内湯も変わらないように思いました。外なので冷めてしまうのでしょう。しかし、じっくりと長時間浸かっているにはこちらのほうがいい湯加減ですね。


足湯は無料で入ることが出来ます。


Img_1319


お湯は同じ物を使っており、こちらは飲泉も可能です。


温泉は時間帯によってはかなり混んでいます。
湯船は6人くらい入れば一杯で、洗い場も5カ所しかありません。駐車場もあまり広くはないので駐められないこともあるかもしれません。それでもこのお湯は魅力的です。
お勧めです(^^)

2015.02.14

豆腐屋さんのうどん

寒い日が続きます。
昨日は日中の最高気温が1℃に届きませんでした。
今日は昨日に比べると寒くはないものの、それでも最高気温は4℃から5℃ほどで、雪やみぞれが降る天気でした。日中は日が差すこともありましたが、晴れたいたと思ったら急に雪になったりする不安定な天気です。
こんな日には暖かい物が食べたいということで、小松にある「元気 源右ェ門」というお店に行ってきました。


Img_1300


Img_1287


こちらのお店は実はお豆腐屋さんなのですが、お昼時はうどんやそば、ラーメンといった麺類が食べられるのです。


Img_1276


Img_1279


どれも麺には自家製の豆乳が練り込まれています。
そばやラーメンも気になりますが、今回は「東風うどん」(650円)を頂きました。


まず、うどんが出てくる前に「焼きあげ」がお通し(?)として出てきます。


Img_1283


そしてメインのうどんが登場。


Img_1289


うどんだけでは無く、豆腐やあげを使った小鉢がたくさん付いてきます。さすがお豆腐屋さんです。豆腐はスーパーでいつも買っている(しかも一番安いやつ)とは違って、箸で持っても崩れないしっかりしたもので、味も濃厚でした。
唐揚げは、なんと大豆の唐揚げです。


Img_1292


大豆の粉を練った物を唐揚げにしているようです。
豆乳も付いてきます。


Img_1297


何の味付けもしていないそのままの豆乳で、豆乳飲料のように砂糖が入っていたりはしません。豆腐の味というかにがりの味というのか、これは初めての体験でした。


メインのうどんは、特に小松うどんを名乗っている訳ではありませんが、細めでもっちりとした麺です。麺には豆乳が練り込まれています。


Img_1299


大きなあげが乗っています。こちらのあげは少し甘めの味になっていました。
なお、今日はバレンタインデーと言うことで、サービスのチョコレートも付いてきました(^^)


Img_1294


これで650円というのはお得ですね。
店内ではこちらで作っている豆腐やあげなどを販売しています。小鉢で出てくるのはサンプルのようなものと言うことですね。大豆の唐揚げも売ってました。
今回は寒いのでパスしましたが、豆乳ソフトクリームも人気なんだそうです。

次は豆乳ラーメンを食べて見たいです。

2015.02.13

石川さん

香林坊の石川さんかふぇ前では石川さんがお出迎えです。


Imgp6720


メニューにも石川さんがいろいろと登場しますし、石川さんグッズもいろいろと販売されています。
ただ、いい歳したオッサンが一人で入れるような雰囲気ではないので、外から眺めているだけでしたが(^^;)

2015.02.12

禁煙室ですがたばこが吸えます

「禁煙室」という名前の喫茶店です。


Imgp6326


名前とは裏腹にたばこが吸えます。


Imgp6335


今では分煙は当然、全面禁煙の店も増えてきている中でありがたい存在ですが、何故こんな名前なんでしょうね。

2015.02.11

マッサンカレーかと思ったら違ってた(^^;)

近所のスーパーでカールの新製品が出ていました。
「マッサンカレー味」と書いてあります。


 マッサンカレー味?
 マッサンって、NHKの連ドラでやってるやつだよね?
 でもあれってウィスキーの話だったんじゃ無いのか?
 マッサンがカレー好きという設定でもあって、ドラマで食べているのが話題になってるとか?


などといろいろ想像しながら買ってきてみましたが、家に帰ってから良く見てみると「マッサン」ではなく「マッサマン」でした(^^;)


Img_1268


マッサマンカレーというのはかなり有名なタイカレーだそうです。


Img_1261


確かに香りはちょっとタイカレーっぽい感じがします。辛さも普通のカール カレー味より少し辛めですね。
マッサマンカレーというのを食べたことが無いので、どの程度再現できているのかは判断できませんが、これはこれで美味しいです。
カップヌードルも出ているそうなので、そちらも見かけたら試してみたいですね。

2015.02.10

一応、こちらが本来の目的だったのだけど……

一応土曜のメインは内川でしたが、前回訪問からそれほど時間が経っていないこともあって、今回は前回には通らなかったような道を通ってみたり、川から離れた所も歩き回ってみました。


Imgp0077


Imgp0490


Imgp0529


また、今回はモノクロ中心に撮ろうと思っていたのですが、この日、特に午前中はいい天気で青空も見られます。


Imgp0089


Imgp0180


それでも初志貫徹、新湊漁港と猫を除いて、モノクロ中心に撮ってきました。


Imgp0296


Imgp0382


Imgp0516


Imgp0327


前回も撮ったような物でも、モノクロだとまたイメージが変わるかな?


Imgp0480


Imgp0584


Imgp0587


川から離れて商店街なども散策してきましたが、店や普通の家なんかは写真には撮りにくいので、散策するだけにとどめておきました。


さて、今回散策していて観光駐車場があるのを見つけました。


Imgp0368


前回もここへは来ていたのですが、看板がある所には行っていなかったので観光駐車場だとは判らなかったのです。
こういうのがあるととてもありがたいです。トイレもありますし、台数は9台分が用意されています。
しかし、この日何度か前を通りましたが、ほぼ満車状態で、1台分空いていたことが一度だけという状況でした。平日ならこの台数でも十分かもしれませんが、土日や祝日では駐めるのは難しいかもしれません。駐められなかった時に他に選択肢が無い訳ですから、せっかくの観光駐車場もちょっと利用するには躊躇してしまう部分もあります。
川の駅新湊の駐車場(特に少し離れた所にある第2や第3)を観光駐車場としても流用させてくれるといいのですが。
また、土日祝日には市役所新湊庁舎の駐車場なども観光用に開放してくれると嬉しいですね。


【おまけ】


Imgp0293


「高級練炭」っていうのがいいですね。
高級であろうが無かろうが、今時練炭自体を売っているのを見かけた記憶がありません。

2015.02.09

スパローのカレー中華

新湊へ行った目的の一つは、スパローのカレー中華でした。
昨年に内川へ行った時に知っていれば行っていたのに、と言うほどに内川から近い所にありました。


Img_1245


お店の前にある看板には某番組のステッカーが貼られていました。


Img_1247


番組内で紹介されたのでしょうか。
店内には有名人のサインもありました。そして、北陸朝日放送の土曜はドキドキで以前にやっていた北陸食遺産のステッカーも。
「スパロー」という名前はどこかで聞いたことがあるとは思っていたのですが、たぶんこれを見ていたんでしょうね。


メニューは豊富です。


Img_1249


麺物が中心ですが、定番的な丼物もありますね。
しかし、ここへ来たのは、立川志の輔師匠も絶賛してるという「カレー中華」を食べるためです。


Img_1253


丼からあふれんばかりに盛られたスープで麺が見えません。
スープはかなりとろみがありますが、食べ進めていくうちに出汁と混ざってとろみが薄れていきます。カレーうどんにも合いそうなスープですね。
お客さんの8割以上がカレー中華を注文してました。


普通に美味しかったです。
出汁もしっかり利いているので、他のメニューもきっと美味しいと思います。
でも、絶賛というのはちょっと大げさなような。たぶん、師匠にとっては子供の頃から慣れ親しんだ味なのでは無いかと思います。

2015.02.08

内川で見かけた猫

前回はとある家の前で多くの猫を見かけた内川周辺ですが、今回も何匹かの猫を見かけました。


庄川河口近くにて。


Imgp0132


すぐに逃げていってしまいましたが、気になるのかこちらを伺っています。


Imgp0137


首輪もしているので飼い猫だと思いますが、知らない人には警戒心が強いようです。


こちらは船の上で。


Imgp0307


Imgp0316


エサがいいのか、よく太ってますww


そして、前回多くの猫を見かけた場所でもまた猫が。


Imgp0599


奥からももう一匹。


Imgp0631


この2匹は仲がいいです。


Imgp0643


奥にはさらにもう一匹。


Imgp0612


前回よりは少ないですが、ここでまた3匹の猫が見られました。


Imgp0690


Imgp0735


でも、この一匹だけは最後まで引っ込んだままで出てきてはくれませんでした。


Imgp0743


他にも何匹かの猫を見かけましたが、遠くにいて近寄る前にどこかへ行ってしまったりして、写真には撮れませんでした。




【おまけ】
こちは海王丸駅で見かけた猫です。


Imgp0055


ちょうど乗る電車が来てしまったので、撮れたのは1枚だけでした(^^;)

2015.02.07

ロケーションは良かったのだけど……

今日は富山の射水市(新湊)のほうへ行ってきました。


Imgp0156


メインは内川だったのですが、昨年の秋に行ったばかりですし、今回は前回通らなかったような道を通ってみたり、川から離れた所も歩き回ってみました。
そんな訳で、まずは新湊漁港の周辺を散策してみました。
海の向こうに立山連峰が見えます。


Imgp0160


残念ながら、霞んでいてはっきりとは見えませんでしたが、ロケーションとしてはなかなか良い場所だと思いました。


Imgp0197


Imgp0232


新湊大橋も見えます。


Imgp0248


海王丸もマストだけが見えていますww


Imgp0246


先日の雨晴海岸と同様、山の反対側は良く晴れて青空が見えています。


Imgp0274


上空も晴れているので、午後からはもう少しきれいに見えるのではないかと期待して、他の場所を廻っていました。


Imgp0171


そして帰る前に再度漁港へ寄ってみました。


Imgp0756


ところが残念な事に午後からはだんだん曇ってきてしまい、青空も見えなくなってしまいました。


Imgp0792


午前中よりはほんの僅かにきれいに見えるような気もしないではないですが、あまり変わらないですね。


Imgp0802


青空が無くなってしまったので逆にマイナスかも。
しかし、ロケーションとしてはかなり気に入りましたので、今度はもっと山がきれいに見える時に来てみたいですね。

2015.02.06

KU-3920というキーボードがなかなか良かったのだが……

先日、会社でサーバ機のセットアップ作業の一部をやる機会がありました。
日立のHA8000というIAサーバ機で、これに付いてきているキーボードがなかなかいい感じだったのです。
メンブレンの極々普通の108キー日本語キーボードですが、ふにゃっとした感じが少なく打ちやすいです。筐体は大きく、重量も軽いので鉄板が入っている事は無さそうですが、昔のキーボードはこんな感じだったよな、というような打ち心地です。
キー荷重はちょっと重め(50gよりも重そう)ですが、最初の重いところを過ぎるとスコッと入って行くのが気持ちいいです。
型番にKU-3920と書いてあったのでちょっと調べてみたところ、Chiconyというメーカーのもので、なかなか高評価だったようです。10年くらい前までは秋葉原のジャンクでよく見かけられたものらしいですが、最近ではあまり見かけないようです。ただ、NECのサーバ機などでも使われているようで、生産自体は続いているようです。
打鍵音はメンブレンとしては大きく、底打ちの音はRealforce並みの大きさですが、メカスイッチと違ってキーの戻りで音が出ないことと、音質もコトッという感じの音なのであまり耳障りではく、会社で使っている分には気にならないです。でも家で使うと少しうるささは感じるかもしれません。打ち方でかなり音の大きさは変わりますので、力を入れて打つような打ち方をしなければそれほどうるさくは無いかも。
この辺で入手するのは難しそうですし、テンキーレスモデルなんていうのも無さそうなので、家で使うキーボードにはなりませんが、会社で使うのならちょっと欲しいかも。


さて、今年からメンブレンのキーボードを使い始めて、キーを入力したつもりが入力できていないと言うことが時々起きるようになりました。長い間静電容量のキーボードを使っていてそれに慣れてしまったためか、キーを押したつもりが押せていないことがあるようです。静電容量のキーは全押ししなくても入力されますが、メンブレンの場合は全押しとは言わないまでも、静電容量のキーよりは深く押さないと入力されないようです。
ノートPCも使っていますが、こちらはパンタグラフでストロークも短いので、あまり影響は無かったようです。
やっぱり静電容量が使いやすいのかな?




Imgp9966


キーボードのキーもボタンと言えなくはないかと……

2015.02.05

ペンキ塗りたてを主張してますが……

やたらとペンキ塗りたてを主張してます。


Imgp6312


しかし、どう見てもペンキ塗りたてのようには見えないのですが。
どこのことを言っているのでしょう?

2015.02.04

捨てていったのか、忘れていったのか?

道の駅の駐車場脇にこんなものが。


Img_0972


車のヘッドレストですね。
捨てていったのか、それとも忘れていったのか?
捨てていったとしたら、何故ヘッドレストだけ? という疑問が残りますし、忘れていったのだとしたら、何故わざわざヘッドレストを外してこんな所に置いたのかという疑問が残ります。大体、何故気がつかない?
他にはどんな可能性があるんでしょうね?

2015.02.03

白山市役所の顔ハメ看板

先日、白山市役所へ行ったら、入り口の所にに顔ハメ看板がありました。


Dsc_0153


「白山めぐみん」という白山市農林水産物ブランドのキャラクターだそうです。
白山市にもたくさんのキャラクターがいますね。
数を作ればいいというものではないと思いますけど。

2015.02.02

またモノクロ

土曜はプリンタを買ってきたり、その他いろいろと細かい用事があったので、特にどこかへ写真を撮りに行くことはありませんでした。
天気も悪く、昼頃からは時々吹雪いてきたりもしてましたし。


Imgp9896


そこで、用事のついでに金沢市民芸術村へちょっと寄って、またモノクロ写真を少し撮っていました。


Imgp9921


Imgp9937


Imgp9945


Imgp9960


そこから向かいの犀川の鉄橋の所へ。


Imgp0003


やっぱり色つきのほうが雰囲気が出る?


Imgp9989


今度は天気のいい日にモノクロで撮りに行きたいです。

2015.02.01

この時期になってプリンタ購入(笑)

もう年賀状印刷もとっくに終わってしまったこの時期になってプリンタを買い替えました。
EPSONのEP-807AWです。


Img_1221


これまで使っていたEP-804AWから3年4ヶ月くらいでの買い替えとなりました。
EP-804Aの印刷品質には全く不満は無かったのですが、シール紙の印刷には使えないことが大きな不満点でした。そのため、HPのOfficejet 100を導入したりもしましたが、こちらはこちらで印字位置の精度が低かったりといくつか不満もありました。
EP-80xシリーズは、私が購入した804の次モデルから背面給紙が可能となり、これならシール印刷にも使えそうです。買い替えが1年早かったかとも思いましたが、調子が悪くなってきたPM-930Cからの買い替えでしたし、タイミングとしては悪くは無かったと思っています。さすがに1年で805Aに買い替える気は起きませんでしたし、804Aはこれまでの80xシリーズの最終型だったこともあって、80xシリーズで問題になったところもいろいろ対策されていると思いますが、805Aはサイズを含めてかなり大きく変わった第1弾でしたので、あと数モデル後になってから買った方が良さそうだとの判断もありました。
発売から4ヶ月ほど経過し、出始めは税込み3万円前後だった価格も2万を切るようになってきています。今回の購入金額は約1万8千円でした。
このまま804Aを使い続けるとなると黒以外のインクを購入しなければいけないタイミングでしたし、底値を待って次モデルが発表される頃まで待つと、やっぱり新しい方が欲しくなりそうですから、悪いタイミングでは無かったと思います。また、今の時期にプリンタがそれなりに売れているのか、3色のうち白は在庫無しで取り寄せとなっている店も多かったのでした。


804Aと比べて一番大きく変わったのはやはりサイズでしょう。小さくするために、底面にはカバー的な物は無く、トレイがそのまま見えています。


Img_1239


インクカートリッジの高さも半分くらいになっています。


Img_1235


最初に見た時は、セットアップ用のインクは専用の小さいサイズのものが付いてきたのかと思ったほどでした。
全体的な作りも804Aに比べるとちゃちになったようにも感じます。804Aでは内蔵されていた光学ディスクレーベル印刷用のアダプタも外付けになり、930Cの頃に逆戻りしてしまった感じです。ただ930Cと大きく違うのは、トレイが本体に収納出来るところです。930Cではトレイを別の場所に保管しておく必要があり(しかもA4サイズでそこそこの大きさです)、保管場所に困ることもありましたが、本体に収納場所があるのはとてもありがたいです。
横揺れも804Aに比べると大きくなったように思います。これも930Cに近いところまで戻っているような気が……
それでも用紙のセットは804Aよりやりやすくなっていると思いました。


以前は毎年新製品が出ると性能も上がっていましたが、最近では基本性能はほとんど変わらず、機能や操作性が変わっているだけのような感じですね。これでしばらく買い替えることも無いのではないかと……

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp