2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015.01.31

丸生ラーメン

今日の昼食は丸生ラーメンでした。


Img_1212


せたが屋グループの直営店だそうです。


Img_1241


せたが屋は魚だしの醤油ラーメンがメインですが、こちらのお店は豚骨ラーメンがメインです。なので、名前もせたが屋ではないのでしょう。
また、店の入り口には「ヤマト味噌醤油」の看板も掛かっていました。メニューには「伝家の正油ラーメン」というのもありましたので、醤油ラーメンにはヤマトの醤油を使っているのかも。それでもメインは豚骨なのですが。
そんな訳で、「伝家の正油ラーメン」も気になったのですが、初訪問と言うことで「黒豚骨ラーメン」(650円)を頂きました。


Img_1214


メインのラーメンにマー油がかかった物ではないかと思われます。
麺は博多ラーメンのような極細麺で、麺の堅さも選べます。


Img_1213


今回は「かた」で頂きました。
スープはこってりとした豚骨で、京都のラーメンに近い感じです。


今度は「伝家の正油ラーメン」も食べてみたいですね。

2015.01.30

場所がおかしい?

バスレーンの標識です。


Imgp6237


でも何だか設置場所が変です。


Imgp6229


どう見ても車道じゃない所にありますし、「ここまで」を示したいのだとしても、車からは見えないところにあります。
雪のために壊れてしまったのを置いてあるのかもしれませんが、それにしても意味が無いですね。

2015.01.29

色つきじゃないと伝わらないこともある?

モノクロで写真を撮っていても、これはカラーで撮りたいと思うことは良くあります。


金箔のお店にあった「金箔パンダ」です。


Imgp6084


「金箔パンダ」だから金色(っぽい色)なんですね。


Imgp6086




杉玉です。


Imgp6133


まだ吊されてからあまり日にちが経っていないのですね。


Imgp6145




尾山神社の「金鯰尾兜」です。


Imgp6657


これも金色なのが特徴だと思います。


Imgp6663




モノクロだからこそ、という写真はますます難しいと感じるのでした。

2015.01.28

4カ国語

…と言っても麻雀ではありませんww


五箇山へ行った時、高速バスの乗車場所変更のチラシが貼られていました。


Imgp5232s


日本語、英語の他、中国語と韓国語の4カ国語の案内が並んでいます。
中国や韓国からの旅行者が多いと言うことなんでしょうね。


しかし中国語は漢字である程度意味が分かりますが、ハングルは私には全く解読不能です(^^;)

2015.01.27

駐車場にもひゃくまんさん

北陸新幹線開業PRマスコットキャラクターの「ひゃくまんさん」ですが、金沢市内の駐車場にもキャラクターが使われている所がいくつかありました。


Img_1147


Imgp6518


新幹線とは直接関係ないところには使われないのかと思いましたが、必ずしもそうではないのですね。

2015.01.26

十二町潟水郷公園の白鳥

先週土曜の話もようやく最後です。
本来は一番の目的であった十二町潟水郷公園の話が一番最後になってしまいました(^^;)
雨晴海岸へ寄って来たため、到着は予定よりも遅くなってしまいましたが、十二町潟には9羽ほどの白鳥がいました。


Imgp7476


写真を撮っていると、白鳥たちが整列しながら進み始めました。


Imgp7510


Imgp7568


食事タイムなのでしょうか?


Imgp7735


一部は中州(?)に上がっています。


Imgp7849


Imgp7940


白鳥が飛び立つところを見られるといいなと思っていたのですが、逆にどこかから飛んできた白鳥が着水するところが見られました。


Imgp8045


Imgp8057


Imgp8071


飛んできた2羽の白鳥が鳴き始めると、先に居た白鳥たちも鳴き始めます。


Imgp8148


そしてついに飛ぶのか、と思いましたが……


Imgp8232


結局飛びませんでした。


Imgp8253


第二陣も……


Imgp8263


やっぱり飛びませんww


Imgp8286


そしてまたお食事タイムに?


Imgp8353


その後はこれといった動きはなくなりました。


この日は合計13羽の白鳥を見る事が出来ました。


Imgp8422


飛び立つところは見られませんでしたが、飛んでいる姿も見られたので良かったです(^^)

2015.01.25

海王丸パークからも立山が

雨晴海岸から次は海王丸パークへ向かいました。
当初は十二町潟水郷公園から新湊の内川周辺を散策する予定だったのですが、雨晴海岸でかなり長い時間を取ってしまったので、今からだとちょっと中途半端な時間になりそうです。さらに、どうせなら立山が見える所へ行こうということで、予定を変更して海王丸パークへ向かったのでした。


Imgp9726


海王丸は、一度帆を開いている姿を見てしまうと、帆がない姿は少し寂しいのですが、立山をバックにした姿ならいいのではないかと思ったのでした。


Imgp9884


山はますますくっきりと見えてきています。


Imgp9816


この日は海上保安庁の「やひこ」が来ていました。


Imgp9766


Imgp9870


とは言え、公開していた訳では無いようです。


久々の海王丸パークには新しいものも増えていました。
『世界で最も美しい湾』だそうです。


Imgp9880


たしかに見事な眺めです。特に立山が見えている時は素晴らしい眺めだと思います。世界一かどうかは判りませんが……


まだ1月だというのにこんな物も。


Imgp9724


ちょっと気が早い?


立山を見ながら釣りをする人々。


Imgp9792


山なんか見てないでしょうけどねww


昼食は新湊で食べる予定でしたが、いろいろと訪問先が予定と違ってしまったため、行こうと思っていたお店には行けませんでした。
その代わりという訳ではありませんが、帰りに道の駅カモンパーク新湊で「白えびシーちゃんタコ焼き」(350円)というのを食べてきました。


Img_1206


中に白えびの唐揚げが入っています。タコ焼きなので当然タコも入っていて、エビとタコのコラボレーションだそうですww

2015.01.24

立山がきれいに見えました

今日は氷見の十二町潟水郷公園へ白鳥を見に行こうと思っていました。
朝は曇っていましたが空気は澄んでいて、遠くの山がくっきりと見えていました。ひょっとすると雨晴海岸から立山が見られるかも、と思って十二町潟水郷公園へ行く前に雨晴海岸に立ち寄ることにしました。
能越自動車道からも立山がきれいに見えていたので、ちょっと期待していたのですが、雨晴海岸からの景色はちょっと微妙。


Imgp7224


山は見えていますが、かなり霞んでいます。


Imgp7155


山の反対側は青空も見えているのですが、山側はまだ雲が多いです。


Imgp7260


時間が経つにつれて山側にも晴れの部分が出てきましたが、逆に霞はひどくなってきてしまいました。
しょうがないので本来の目的地である十二町潟水郷公園へ向かうことに。
十二町潟水郷公園で白鳥を見た後、次の目的地へ向かおうとしたのですが、途中の道から山がきれいに見えてきています。


Img_1187


ひょっとすると雨晴海岸でも先ほどよりもきれいに見えているのではないかと思い、予定を変更して雨晴海岸へ戻ってみました。
すると、青空が山側にも広がってきていて、山がきれいに見えてきていました。


Imgp8495


みんな写真を撮ってますね(動画かもしれないけど)。


Imgp9160


時間が経つ毎に、ますます山がくっきりと見えてきました。


Imgp9423


Imgp9519


雨晴海岸には何度も来ていますが、これまでで一番きれいに山が見えました。これだけきれいに山が見えている時に行けることは、今後もなかなか無いのではと思います。


それからはウミネコ(だと思う)を撮ったり……


Imgp9267


Imgp9564


場所を少し移動してみたり。


Imgp9656


手前には氷見線が走っているので、ここで汽車が走ってきてくれたら最高なんだけど、と思ってスマホで雨晴駅の時刻表を見てみましたが、次の汽車が来るまでまだ30分以上あります。


Imgp9637


もうかなりの枚数を撮ってますし、そろそろ次の目的地へ移動したいところです。
ということで汽車はあきらめて次の目的地へ向かったのでした。


せっかくなので、ちょっとパノラマ風にしてみました。


Imgp9026p


クリックすると大きなサイズで開きます。
横幅は2560ピクセルにしています。
何故2560なのかというと、うちのディスプレイが横2560ピクセルだからというだけの事なのですが(^^;)

【追記】
どうやらココログの仕様で、画像の最大サイズは1600ピクセルとなっていて、大きい物は縮小されてUPされるようですね。なんだか色もおかしくなっているので、後ほど1600ピクセルの画像に差し替えようかと思います。

【追記2】
ココログの記事編集での画像挿入機能を使わず、大きなサイズのファイルはファイル管理からアップロードし、ブログの画像はそのファイルへのアンカーとしました。
これで、画像をクリックすると2560ピクセル幅のファイルが開けます。


なお、波打ち際で写真を撮っていて、大きな波が来てスニーカーが海水でぐちょぐちょになってしまったという話はここだけの秘密ですww

2015.01.23

潮吹き岩

呼鳥門のすぐ近くにある潮吹き岩です。


Imgp4400


こちらも以前にこのブログで書いたことがありますね。


別の角度から。


Imgp4470


木製の柵がありますが、あちこちで壊れていてロープが張られています。


Imgp4434


ロープすら張られていないところも。


Imgp4620


この日は晴れていて海は穏やかでしたが、海岸線近くの波は冬の日本海らしさを見せていました。


Imgp4533


波が立ったところの海水は真っ白になって、クリーミーな泡立ちという雰囲気です。


Imgp4547


前回来た時には案内看板があったはずですが、それすら無くなっていました。


Imgp4509


メジャーな観光スポットでは無いので、放置されているという感じですね。

2015.01.22

モノクロは難しい

先週の土曜は金沢市内でモノクロ写真に挑戦してみましたが、なかなか難しいですね。
『モノクロでも撮れる』ものは撮れても、『モノクロじゃないと撮れない』ものは撮れません。
そもそもカラーで撮っても腕がないのに、モノクロに挑戦しようと言うこと自体が無謀なのかもしれませんが。モノクルとかカラーとか以前の問題ですね(^^;)


Imgp6310


Imgp6506


Imgp6637


Imgp6665


Imgp6675


Imgp6728


Imgp6731


Imgp6739


Imgp6759


Imgp6818


Imgp6888


Imgp6946


露出補正はカラーで撮る時よりも暗めで、-1をベースにしていました。なんとなく、その方がモノクロに合うような気がしたのですが。単純に天気が悪くて、その方が実際の感じに近かったからそう感じただけなのかも。

2015.01.21

ビーバー復活

去年の秋頃の話になりますが、「ビーバー」が復活しました。


Img_1063


ビーバーは松任市(現白山市)の福屋製菓が生産・販売を行っていましたが、残念ながら2013年に事業を停止しました。ビーバーの生産も終了してしまいましたが、昨年、同じ石川県内の北陸製菓が製造を引き継ぐことになりました。
懐かしい味が復活してくれるのは嬉しいですね。

2015.01.20

呼鳥門

昨年末に福井へ行った時に立ち寄ってきた呼鳥門です。


Imgp4260


このブログでも過去に何度か書いていますが、越前海岸を走っていると、ついつい寄ってしまうのです。
今では柵が作られて先には行けないようになっていますが、昔はこの下を車で通っていたのです。


Imgp4296


私も何度か通った記憶があります。
柵の向こう側は当時のままの舗装路が残っています。


Imgp4285


進入禁止になっていて、落石などもそのまま放置されています。
年々風化が進んでいるように見えます。ちょっと大きな地震でも起きたら崩れ落ちてしまうのではないでしょうか。

2015.01.19

本町製麺所 金沢近江町店

土曜の昼食は「本町製麺所 金沢近江町店」へ行ってきました。


Imgp6528


大阪に本店があるうどん屋さんで、金沢には、金沢近江町店(十間町)と金沢片町店があります。
麺の小麦は北海道産ですが、具材となる野菜などは地物を中心に使っているとのこと。


Img_1160


お茶も生活習慣病に効果があるというルイボスティーが出てきます。


Img_1151


テーブルのピッチャーにあるものは冷たい物でしたが、最初に出てきた物は暖かいのが出てきました。
寒い日は暖かいのを出しているそうです。


讃岐系のうどんなのでメインはぶっかけのようですが、この日はとても寒かったので、暖かい「鶏天うどん」(750円)を注文。


Img_1152


鶏天がこのお店の名物だそうです。
大きな鶏天が3つとマイタケの天ぷらが一つ。これだけでかなりのボリュームです。
麺は250gと350gを選ぶことができますが(450gになると+100円)、デフォルトは350gのようです。また、通常は太麺ですが、細麺を選択することも可能です。
讃岐うどんに比べるとコシはありませんが(これは暖かいうどんだったこともあるかもしれません)、もっちりした食感です。
出汁も鰹の旨みが利いています。


大変美味しく頂きました。
今度はぶっかけも食べて見たいですね。鶏天以外にも加賀野菜天ぷらうどんとか薬膳カレーうどんなども食べて見たいです。

2015.01.18

北陸新幹線、金沢開業まであと2ヶ月を切りました

北陸新幹線の金沢開業まであと2ヶ月を切りました。


Imgp6954


きっぷの販売機も新しいのが入っています。


Imgp6951


特急券には「新幹線」の文字も見えます。


Imgp6951a


もう準備は万端ですかね。


試験走行でもやっていないかと時計駐車場の上に登ってみましたが、残念ながら走っていませんでした。


Imgp7100


しかしいつ見ても思うのですが、在来線の車両基地から乙丸陸橋あたりの坂はかなりの勾配がありますね。


Imgp7092


山岳地帯でもないのに、ここまで勾配を付けなければいけなかったのかと思います。元々北陸新幹線は勾配には強いように作られてはいるでしょうけど。
鉄道は車に比べると坂に弱いというイメージがあるのですが、それでもこの程度の坂なら坂にも入らない程度の物なのでしょうかね。


金沢駅周辺でもモノクロ写真に挑戦してきました。


Imgp6895


Imgp6916


Imgp6924


Imgp6935


Imgp6958


やっぱりいまいちだな……

2015.01.17

早めに行ってみたら……

年末にDA 16-85mmを買ったのに、まだあまり撮影に行けていません。
時期的にあまり撮る物が無いのと、天気が悪くてあまり出かけたくないということもあります。今週も土曜は大雪に注意が必要だと言ってますし……
そこで、今回は金沢市内をちょっと散策する事にしました。
しかし、金沢市内はもう何度も行ってますし、今回行こうと思っているところもいつもと似たような所ばかり。そこで今回はモノクロ撮影に挑戦してみようということになりました。
カラーで撮っておいて、あとからPhotoshopとかでモノクロにする事はできますが、中途半端なことはせずにモノクロモードで撮ってきました。


最初に向かったのはひがし茶屋街です。つい最近も行ったような気はしますが(^^;)
いつもと違うのは、少し早めに行ってみたという所です。いつもは人が多いので、少し早く行けばまだ観光客は少ないのでは、と考えたのでした。
現地に着いたのは午前9時ちょっと過ぎ。思った通り、人はまだほとんどいません。同じようなことを考えてか、来ている人も数人はいましたが、ほとんど無人に近いです。ただ、残念なことに車が停まっていました。


Imgp5800


せっかく人が少ないのに、ちょっと残念でしたね。
それでもいつもの混雑ぶりから比べると無人と言ってもいいくらいです。


Imgp5823


店もまだ支度中の所が多いです。


Imgp5942


Imgp5993


お土産物を売っている店はもう開いていますが、飲食店は10時~11時くらいが開店時間のようです。


Imgp5843


しかし静かだったのも9時半頃までで、とうとうツアーの団体さんがやって来ました。


Imgp5874


団体さんが通り抜けてしまえばまた人は少なくなりますが、人がいなくなると言うようなことはなかなかありません。結局は風景と言うよりもブツ撮りがメインになります。


Imgp6094


Imgp6092


Imgp5887


Imgp5901


Imgp6097


人が増えてきたので、メインの通りを外れて歩くと、まだあまり人はいません。


Imgp5959


団体さんはあまり裏のほうまでは廻らないので、個人の観光客が増えてくるまでは静かです。


Imgp5795


Imgp5974


Imgp6023


ひゃくまんさんも登場です。


Imgp5995


東料亭組合事務所の前に来ると、中から三味線の音が聞こえてきます。


Imgp6164


三味線屋さん(と言っていいのか?)の看板は、三味線屋のタイコの部分の形をしています。


Imgp6185


こういった所が茶屋街らしいですね。


この後は、雪が積もっていれば兼六園にでも行ってみたかったのですが、除雪した雪を積んである所か屋根雪が落ちたのが溜まっているところくらいにしか雪は残っておらず、兼六園と言えども積雪は期待できません。なので適当に観光地的な場所をいくつか廻ってきました。
天気のせいか、どこも人は少なめだったように思います。それでも金沢駅では団体ツアーの観光客はたくさんいましたけどね。

2015.01.16

越前がにミュージアム

福井へカニを食べに行った時、「越前がにミュージアム」へ立ち寄ってきました。


Img_1001


Img_1002


入場料は大人610円、子供300円と、なかなかいいお値段です。
福井でのカニ漁の歴史や、世界中のカニの標本(剥製とは言わないのでしょうけど、外骨格とでもいうのか?)、海の中を再現したジオラマなどいろんな展示があります。


Img_1003


カニやカレイに実際に触れるというコーナーもありました。
館内は撮影禁止ということで中の写真はありませんが、思っていたよりも面白く見る事ができました。


Img_1004


3Dシアターの上映は3Dである必要性を全く感じない物ではありましたが、カニの料理の仕方などというパネルもあったりするので、カニが食べたくなるかもしれません(^^)
入場料が半分くらいだともっと入りやすいかもしれませんね。

2015.01.15

合掌庄九郎の山菜定食

先週土曜の昼食は、相倉から菅沼へ移動する途中にあった「合掌 庄九郎」という所へ行きました。


Img_1125


茅葺き屋根の建物で、中に入ると普通の家のようでした。古い建物を移築して使っているのかもしれません。
店の前にはこきりこと大きなかぼちゃが。


Img_1118


駐車場には観光バスも停まっていて、団体旅行の昼食がメインのような感じですね。この日もちょうど一組の団体が入って行ったところでした。


注文したのは「山菜定食」(1,400円)です。


Img_1131


いつもならそばかうどんというところなのですが、家では未だに雑煮が続いているので、ちょっとご飯が食べたくなったのです。
値段はちょっと観光客料金という気もしますが……


五箇山で昼食となると、なかなかこれといった所が見つからないんですよね。

2015.01.14

どうなってるんだ?

うちの車、取説によると、ガソリン警告灯が点いた時点での残り燃料は6.5リッターという事なのですが、これがどうもアヤシイというか、実際に給油した時のガソリンの量に差がありすぎるのです。
タンク容量は40リッターなので、警告灯の点灯後に満タン給油したら最低でも33.5リッターは入るはずなのですが、32リッター前後と言うことが多いです。点灯直後に入れるというのはほぼ不可能ですから、点灯後さらに走行しているにもかかわらずこの数字。ということは、点灯時にはまだ8リッターくらい残っているのではないかと思われることが多いのです。それで安定してくれているのならいいのですが、時には点灯時には5リッターほどしか残っていなかったのでは無いかと思われるような数字になる事もあるのです。なので警告灯が点灯した時点での残りは5リッター程度と考えておかないと、ガス欠になるかもしれません。


年末に一人忘年会で富山へ行った時のことですが、ガソリンの残りが少なく、ガソリンを入れて帰るか、それともぎりぎり戻って来るまで持つか、という微妙な所だったのですが、なんとか行けるだろうと高速に乗って帰途につきました。
高速に乗った時点では残走行距離は多少の余裕があったのですが、走っているうちに実走行距離以上に減っていきます。ガソリン残量の警告灯も点灯しました。そして、スタンドまであと20数キロというところで残走行距離が0になりました。
残走行距離は少なめに出るということは経験上判っているのでそれほど気にはなりませんが、それでも給油時には39リッター近く入るのではないかと言う予感。
ところが実際に入ったのは33.6リッターでした。
計算上は、警告灯点灯時の残量は10リッター近くだったのではないかと言うことになります。燃料系の針も、目盛りの一番下までいってましたから、もっと入ってもおかしくは無かったのですが……
満タンと言っても、入れる人やその時のスタンドの混み具合などいろんな条件で実際にどこまで入れてくれるかは異なりますが、満タンだというのにまだ5リッター以上も入る状態でお終いとはちょっと考えにくいです。
残走行距離とか、給油時点からの燃費とか、いろいろ出てくれるのは便利なのですが、その数字があまりにもあてにならないと、すっかり振り回されてしまうことになります。
せめて残量警告灯が点灯するタイミングはしっかりしたものになって欲しい物です。


Imgp3680


写真は富山城址公園のイルミネーションを見に行った時の物です。
街路樹に電飾が施されているのですが、どうせなら手前を走る車のテールが流れる所を入れたいと頑張ったものの、手持ちではそんなことは不可能で、撮れるのはぶれぶれのゴミばかり。
どうせならわざとめちゃくちゃぶれさせてやろうと思って撮ってみたらこんなのになりました。


Imgp3684


ちょっと面白くなってきて、ぶれじゃなくてぐるぐる回してみようとやってみたのが1枚目の写真です。
星形とか、もっといろんなのをやってみても面白かったかも、と帰ってきてから思いました。そういう事を現場で思いつくようなセンスが無いんですよね……

2015.01.13

頭脳パンのミニサイズ?

毎年この時期になると、受験の合格祈願菓子シリーズというような物がスーパーに並んでいます。
そんな中に今年はこんなのがありました。


Img_1065


「頭脳パン」です。
しかし、オリジナルの頭脳パンとは形も全く異なります。干しぶどうも入ってないようですしね。
種類としては「焼菓子」になっています。


Img_1068


味も甘さは控えめですが、パンと言うよりもケーキというかクッキーというか、そんな感じです。
頭脳パン同様、「頭脳粉」という小麦を使っていることでこの名前になったのでしょうが、やはり別物ですね。

2015.01.12

抽選に当たってた

昨年の11月、『地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣プルーフ貨幣セット』の石川県記念貨幣の申込みをやっていました。
販売数量は100,000セットで、申し込み多数の場合は抽選になるとのこと。オンラインショップから申し込んだのですが、受付メールには当選者にはメールで連絡すると書かれていました。
申込数が販売数量を上回ったということで、9日に抽選が行われましたが、メールの連絡は来ませんでした。なので抽選に外れたのだと思っていましたが、造幣局から代金振り込み用の用紙が送られてきました。


Imgp5782


地元の希望者の入手が困難にならないようにということで、石川県からの応募者に対する当選確率が2倍となっているとのことです。倍率は、石川県からの応募が1.97倍、他県からの応募が3.94倍だったそうです。石川県分はだいたい2人に1人ですね。


今回申し込んだのは、記念切手入り特製ケースのセットです。


H26_isikawasenenb_b


他に貨幣のみのセットと、貨幣+特製ケースのセットの3種類がありますが、販売数量に対する各セットの割合がどれくらいになっているのかは判りません。
あるいは各セットの割合は決まっておらず、当選者が希望する物が販売され、もし当選者全員が単品を希望していたら単品しか販売されない(現実的にはありえませんが)ことになるのかも。
結果的に当選したんだからその辺りはどうでもいいんですけど、ちょっと気になります。

2015.01.11

相倉合掌造り集落

順序が前後しますが、昨日は菅沼の放水を見に行く前に、相倉合掌造り集落のほうへ行ってきました。


Imgp4805


さすがに五箇山まで来ると雪の量が違います。


Img_1117


道路の端には雪の壁が出来ています。
集落に着くと、多い所では人の身長よりも多くの雪が積もっていました。


Imgp4935


石碑も雪に埋もれています。


Imgp4790


ポストも雪の中です。


Imgp4851


見事なつららが出来ています。


Imgp4830


時々雪がちらつくこともありましたが、傘などさす必要もなく、散策することが出来ました。


Imgp4906


展望台へ向かう頃には青空も見えてきました。


Imgp5024


展望台からは晴れた景色を見ることが出来ました。


Imgp5077


Imgp5099


展望台から写真を撮っていると、木に積もった雪が一気に落ちてきました。


Imgp5069


ちょうど通路の所に落ちてきていました。


Imgp5068


誰も通っていない時だから良かったですが、当たるとかなり痛そうです。

2015.01.10

今年も菅沼合掌造り集落の消防放水を見てきました

この所毎年恒例となっていますが、今年も菅沼合掌造り集落の消防放水を見てきました。


Imgp5569


到着したのは午後1時頃。
少し前までは青空も見えていたのですが、現地に着いた頃には日はすっかり隠れてしまいました。
それでも霞はなく、山もくっきりと見えていました。


Imgp5246


放水まではまだ時間があるので、集落内を廻っていきます。


Imgp5479


屋根の雪がすっかり地面と繋がっています。


Imgp5460


水がとても冷たそうです。


Imgp5302


少し青空も見えてきました。


Imgp5453


しかし天気は続かず、放水の準備が始まる頃には本格的に雪が降り始めました。


Imgp5547


放水が始まると、雪もだんだん強くなってきました。


Imgp5635


Imgp5611


Imgp5653


放水の水しぶきと雪で真っ白です。
放水が終わっても雪はまだ降り続いていて、あまり長居すると帰りが大変になりそうだったので、放水が終わったところで引き上げてきました。

2015.01.09

家で使うキーボードは暫定的にFKB8769-052となりました

現在家で使っているキーボードは、Realforce87UW-S SE070Sという、テンキーレスの英語キーボード(静音タイプ)です。
出来ればこれをこのまま日本語キーボードにしたものがあればベストなのですが、そういうものは存在しないようですね。
今回欲しいキーボードの仕様をまとめると、



  • 日本語キーボード
  • 静音タイプ(無音である必要は無いが静かなもの)
  • テンキーレス
  • 白またはアイボリー(キートップの文字が見えること)
  • ハード的なCtrlとCapsLockキーの入れ替え機能


というところになります(上の方が優先度高)。これに加えて、可能であれば



  • キー荷重All 45g(変加重でないもの)


というのが加わってきます。
必ずしも静電容量方式にこだわっている訳ではないのですが、Cherryの赤軸はうるさすぎてだめでしたので(静音リングを付けてもだめだった)、静電容量かメンブレンという事になるでしょう。パンタグラフはノートPCみたいであまり好きではありませんし。
フルサイズも検討しましたが、机が狭く、ぎりぎり置くことはできるものの操作がしにくくなるのでやはりテンキーレスということになります。小型のキーボードは一部のキーが省略されていたり配置が変だったりするので、基本的には却下です。以前はHHKなども使っていましたが、Realforceはテンキーレスでもテンキー以外の部分は普通の配列なので、これを使い始めてからは変則配列のキーボードは使いにくく感じています。


一番理想に近い物としては、Realforce91UBK-Sというものがあります。日本語キーボードでテンキーレスの静音タイプです。
色は黒ですが、キートップの文字が昇華印刷ではなく文字が見えるので、色についてもOKです(以前、Realforce87UB-S SE170Sというのを使っていましたが、黒のキートップに黒の昇華印刷だったため文字が見えず、タッチタイプが出来ない私には使えませんでした)。
CtrlとCapsLockキーの入れ替えについては、家で使うのであればレジストリの書き換え等でキーの入れ替えは可能なので、一応問題なしです。
と言うわけで、導入するならRealforce91UBK-Sということになるのですが、2万円前後の値段のものですのでおいそれとは購入出来ません。どこかから数量限定とかで、より理想に近い物が出てくることを期待して、しばらく様子見ということにしました。


とは言うものの、やはり日本語キーボードには換えたいので、とりあえず富士通コンポーネントのFKB8769-052を購入してみました。


Img_1087


Img_1093


現在会社で使っているFKB8744-501のUSB版です。


Img_1096


しかもこちらはMADE IN JAPANです。


Img_1099


カサカサという感じの打鍵音がこちらのほうが大きく感じますが、これは使っている場所が違うためそう感じるだけかもしれません。音の大きさについては、静音タイプの静電容量のものよりもうるさくなったくらいですが、響くような音ではないので許容範囲内ですね。
CtrlとCapsLockキーの入れ替え以外は希望通りではありますし(レジストリの書き換えで対応しています)、Realforceの目的にかなうものが見つかるまではこれを使って行こうと思います。

2015.01.08

郷土博物館もライトアップ

富山城址公園では、富山市郷土博物館もライトアップされています。


Imgp3789


常設の照明機器もありましたので、こちらはイルミネーションイベントとは関係無く、いつもライトアップされているように思われます。


Imgp3721


雪が降っていたので、照明の灯りが出ているところでははっきりと雪が見えています。
これなら降る雪と城の組み合わせが撮れるのでは無いかと思ったのですが、シャッタースピードが遅くなるのであまり雪っぽく見えません。


Imgp3741


しかも照明が蛍光灯のようなものなのか、細かく点滅しているようです。


Imgp3741b


ISOを上げてシャッタースピードが速くなるようにしてみましたが、それでもいまいちです。


Imgp3749


やはり雪を写すにはフラッシュが一番いいようです。


Imgp3766


こちらのほうが雪らしく見えますよね。

2015.01.07

Cherry MX軸静音化リングを試してみた

家で使うキーボードをどうしようかと考えている中、こんなものがあるのを見つけました。


Img_1071


Cherry MX軸の静音化リングです。


Img_1073


以前会社で赤軸のキーボードを使っていたことがありました。キータッチはとても良かったのですが、音がとてもうるさいのです。
スイッチ自体の音はそんなに大きくないのですが、キートップを付けると一気に音が大きくなります。しかも、打った時の底打ち音と、キーが戻った時の音の両方が大きく、音質もカンカンと響くかなり耳障りな音なんですよね。会社で使っていてもあまりの音の大きさに閉口するほどで、とても家で使えるような代物ではありませんでした。
もしこれで音が小さくなるのなら、家で使うキーボードの選択肢として赤軸キーボードが入ってくることになるので、試しに買ってみました。


キートップの軸にはめ込んで使います。


Img_1076


使ってみた感想は、ちょっと微妙ですね。
確かに音は小さくなります。特に底打ちの音は小さくなりますし、周波数も少し下がった感じになるので、うるささという点では改善されます。しかし、キーが戻った時の音はそれほど変わりません。ゴムで制振されるためか、こちらも響きは若干抑えられるようですし、音の高さも微妙に下がったように思います。それでも、小さくなったとまでは言えないですね。
キーストロークがリングの厚さ分短くなりますが、気になるほどではありませんでした。キータッチもメカニカルキーの感じは若干スポイルされるものの、個人的にはそれほど気になる物ではありません。この辺りはキーの打ち方が人それぞれなので、使い方によっても感想はかなり変わってくる所だと思います。
せめて静音タイプではないRealforceくらいの音の大きさになってくれたら使えたんですけどね。
ただ、今回試してみて、音の原因は大部分がキートップ側にあることははっきりしましたので、キートップをさらに防振することによって音を小さくする事は可能かもしれません。

2015.01.06

夕方の木場潟

12月最後の土曜日、とてもいい天気で木場潟から白山がきれいに見えていました。
気がついたのがもう夕方近くだったのですが、雪の白山が夕陽にオレンジに染まる姿が見られるかもと思い、DA 16-85mmのテストを兼ねて行ってみました。


Imgp4680


山はきれいに見えていますが、夕陽は雲に隠れてしまっていて、色づきは今ひとつ。オレンジと言うより薄いピンクという感じです。


Imgp4705


風はそれほど強くはありませんでしたが、水面には細かい波が立っていて、映り込みも今ひとつです。
しかも船が通って行ったりしてww


Imgp4689


厚い雲は晴れること無く、そのうちすっかり日差しを遮ってしまったようで、日没に近くなると色も付かなくなってしまいました。


Imgp4773


もっと早く気がついていれば、せめて日中の明るい時間帯に行ったほうがきれいな姿が見られたかもしれません。

2015.01.05

復活

今日は仕事始め。
昨年12月から、2年ぶりに自社に戻って仕事をしています。
しかし2年もの間席を空けていたため、2年前に使っていたPCはハードディスクだけを残して無くなっていました。誰か他の人が使っているのか、あるいは何かの作業のテスト機に使われているのか。
使わないのはもったいないのでそれはいいのですが、代わりに私に与えられたPCはOSがWindowsXPのかなり古いPCでした。メモリも少なく、これで作業をするのはちょっと厳しいので、新しいPCを買ってもらえることになり、年末最終日の前日にようやく届いたのでした。


新しいPC、本体には不満は無いのですが、キーボードとマウスはどうしても不満が出ます。販売価格を低くするため、キーボードやマウスはあまりいい物が付いてこないんですよね。
マウスは以前のPCでも使っていた、かなり昔のMicrosoft Wheel Mouse Opticalを引き続き使っています。ホイールが時々引っかかるような動きをしますが、まだまだ使えます。最近のマウスは小型の物が多くて、私にはちょっと使いにくいのです。


困ったのはキーボードでした。
これまで会社ではREALFORCE 86Uを使っていたのですが、思うところがあって、会社で使うPCは日本語キーボードを使いたいと考えました。
REALFORCEの日本語キーボードを新たに購入しようかとも思いましたが、昨年末にはコンデジやレンズを買ってしまっているので、REALFORCEのような高価なキーボードを買う予算はありません。
新PCにはキーボード/マウス兼用のPS2コネクタが一つ付いています。最近はPS2コネクタが無いPCも珍しくありませんが、PS2が使えるのなら、と引っ張り出してきたのがこのキーボードでした。


Img_0008


FKB8744-501です。
ELECOMのTK-P292JPWという製品ですが、富士通高見沢コンポーネント製FKB8744-501のOEMです。


Img_0018


もう10年以上前に購入した物で、左側のほうは焼けて変色してきています(^^;)
コネクタはもちろんPS2です。


Img_0021


小さなキーボードが欲しくて、普通のキーボードからテンキー部分を取り去ったこのキーボードは目的にピッタリの物でした。
しかし、当時はHHK(Liteしか買えませんでしたが)や、ぷらっとホームが販売していたFKB8579(こちらも富士通コンポーネント株式会社製)といったさらに小型のキーボードに興味が移ってしまい、あまり使わないうちにお払い箱になってしまったのでした。
打鍵感は同じ富士通のLibertouchとは違って極々普通のメンブレンですが、変な癖もなく使いやすいです。今はUSBのFKB8769-052というのが出ているようです。


左CtrlとCaps Lockキーだけはレジストリのキーマップを書き換えて入れ替えていますが、10数年ぶりの復活となりました。
捨てずに取っておいて良かった(^^)


次の問題は、家のキーボードをどうするかなんですよね。
会社では日本語キーボード、家では英語キーボードということになります。別にそれでも構わないのですが、"_" とか、"*" とか、比較的よく使う記号の位置が大きく違うので、出来れば家のキーボードも日本語キーボードにしたいと考えているのですが、希望に叶う物が無いのですよ。
どうしたものだろう……

2015.01.04

麺屋 夕介

昨年最後のラーメンは「麺屋 夕介」でした。


Img_1006


メニューには気になるものがたくさん並んでいます。


Img_1008


塩とんこつや魚介とんこつにも惹かれますが、初訪問と言うことでメインの「らーめん(とんこつしょうゆ)」を頂きました。
トッピングには半熟たまごと白髪ねぎを付けています。


Img_1010


店主は真打で修行されていた方だそうで、真打のラーメンと似ていますね。ほうれん草も入ってますし。
しかしスープは見た目よりさっぱりした感じです。
玉子は見事な半熟です。


Img_1014


麺が短めにカットされているのは汁の飛びはねを軽減するためなのでしょうが、個人的には長い方が食べてる感じがするので好きなんですけどね。


12月29日のお昼、12時5分頃に入ったのですが、年末だからかお客さんは少なく、テーブル1席とカウンターに3人ほどしかいませんでした。昼のど真ん中になってしまったので、並ばないといけないかもと思っていたのでちょっと拍子抜けでした。
注文してから2~3分くらいでしょうか、待ったという感覚が全く無いくらいで注文の品が出てきました。前回行ったラーメン屋さんとは大違いですね。
食べていると、次々とお客さんがやって来て、あっという間にほぼ満席となっていました。行くのがもう少し遅かったら待ちになっていたかもしれません。いいタイミングで入れたと言うことですね。


今度は別のメニューも食べて見たいです(^^)

2015.01.03

たまひめちゃん

石川県非公認キャラクターの『たまひめちゃん』です。


Tamahime_e


石川県のPRを目的に、昨年の1月に作られたキャラクターで、加賀前田家3代前田利常の正室だった「珠姫」がモデルになっています。
地方のPRとしてゆるキャラや萌えキャラが数多く作られていますが、3DCGで作られたキャラクターはまだ珍しいのではないでしょうか。
昨年3月に開催された推し1グランプリでは、萌えキャラ部門のグランプリに選ばれていますが、13のエントリーのうち、3DCGのキャラは他にはいませんでしたから、珍しさが受けたということもあるのかもしれません。


Tamahime_c


ちなみにこの推し1グランプリ、準グランプリには高岡のあみたん娘も選ばれていました。あみたん娘はサクラ大戦などのキャラクターデザインを行った松原秀典氏がキャラクターデザインを行っていると言うことで一部では有名ですね。


運営団体は『巽の丘高等学校 茶べ部』で、自治体ではないので「非公認」なんですね。ふなっしー人気にあやかろうという思いも多少はあるのかも。
面白いのは、石川県内企業(石川県内本社/事業所がある法人、公共団体、個人事業主)ならば無料で商用利用が可能という点です。また、個人のクリエイターは無料で非商用利用が可能で、非商用利用であれば二次創作での利用も可能とのことです。


Tamahime_d


まだ実際に使われている場面はそれほど多くないようにも見えますが、面白い試みだと思うので広がっていくといいですね。

2015.01.02

DA 16-85mm購入

昨年末、新しいレンズを購入してしまいました。
HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WRです。


Imgp3290


発表時から気になっていたのですが、DA 18-135mmを持っているので、果たして買い替える価値はあるのか随分と悩みました。
魅力は広角側が16mmスタートという所ですが、18-135mmと比べると望遠側が弱くなります。値段が高い割にはF値変動ですし。F4通しなら納得して即決だったのですが……
買い足しという手もあるでしょうが、どちらか片方しか使わなくなることは想像に難くないですし、18-135mmを下取りに出さないと予算的にも苦しいので、購入するなら18-135mmは手放す事が前提です。18-250mmというのもありますので、便利ズームが必要な時はこちらを使えばいいかと(WRではないので悪天候時には使えませんが)。
画質が18-135mmよりも圧倒的に良いと言うことなら悩むことは無いのですが、作例とか買った人の評判とかを見ていると、18-135mmよりも良い事は確かなのですが、価格差ほどの違いは無いような。
それでも冬のミニボーナス(別名、寸志。うちの会社、リーマンショック以降、いまだにまともなボーナスが出てないので。寸志でも出るようになっただけましなんですが)が出たので、購入を決断しました。


注文したのは13日でしたが、納期が約3週間ということで、年内の入荷は難しいかもと言われていました。
ところが22日に入荷したとの連絡が。しかしこんな時に限って翌23日は出勤。店が閉まる時間が早いので、会社帰りに寄るのは不可能ですから、結局週末までおあずけでした……


お店の開店早々に取りに行って、早速取り付けてみました。


Img_0916


前玉が大きいですね。フィルタ径が72mmと言うことは判っていましたが、鏡胴の大きさに対して前玉だけが大きくなっているのですね。


Img_0929


フードも当然大きくなりますが、逆差しすると何だかサイズが合っていないように見えますww


Img_0954


18-135mmと比べると80gちょっと重くなるので、ずっしりとした重さを感じます。
35mm換算で24.5mm~130mmという画角は、奇しくも先日購入したPowerShot S120とほぼ同じです。


Imgp4143

16mm


Imgp4147

85mm


広角で樽型、望遠で微妙な糸巻き型の歪みとなるところもS120とほぼ同じですね。


Imgp4170

16mm


Imgp4178

85mm


画質を語れるほどの目は持っていませんが、周辺部の流れというか中央部との差はやはりあります。18-135mmよりはましですけど。
全体的な画質も18-135mmよりは良いですが、それでも等倍鑑賞されるような方々には向かないかも。


気になる点といえば、ズームがスムーズで無い所がある事でしょうか。個体差だと思いますが、望遠端のちょっと手前でズームが重くなって、そこを過ぎるとスカッと軽くなるという挙動をするのです。
また、ズーム位置に関係無くAFでピントが合わない時があることですね。ほとんどの場合、微妙にズーム位置をどちらかに変えるとピントが合うのですが。以前、中古で買ったレンズで広角端の無限遠でAFでピントが合わないというのはありましたが、今回のはズーム位置にも関係無く、被写体との距離も数メートルだったり数十メートルだったりと、どういう条件で起きるのかがまだつかめていません。こちらも個体差だと思われます。
鏡胴がガタつく個体もあるという事ですが、組み立ての精度があまり良くないのでしょうか。高いレンズ(少なくとも私にとっては)なのに、という感じですね。


まだまともな撮影にはほとんど行けていない状況ですが、今の所一番の変化は重さかもしれません(^^;)

2015.01.01

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。


Img_0766


今年は未年です。猫年ではありません(^^;)


三が日は大雪に注意とのこと。
既に外は雪が降り始め、年末年始は引きこもってますので、明日からもしばらくは昨年末頃のネタが続きます(^^;)




【追記】
午後1時頃の家の裏の様子です。


Img_1034


ほとんど何も見えませんww
玄関の雪かきをしようと思うのですが、少し小降りになってくれないと……




午後3時過ぎ、ようやく雪が止みました。
今のうちに雪かきです。


Img_1035


ワイパーが触覚のように見えますww

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp