2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 夕方の木場潟 | トップページ | 郷土博物館もライトアップ »

2015.01.07

Cherry MX軸静音化リングを試してみた

家で使うキーボードをどうしようかと考えている中、こんなものがあるのを見つけました。


Img_1071


Cherry MX軸の静音化リングです。


Img_1073


以前会社で赤軸のキーボードを使っていたことがありました。キータッチはとても良かったのですが、音がとてもうるさいのです。
スイッチ自体の音はそんなに大きくないのですが、キートップを付けると一気に音が大きくなります。しかも、打った時の底打ち音と、キーが戻った時の音の両方が大きく、音質もカンカンと響くかなり耳障りな音なんですよね。会社で使っていてもあまりの音の大きさに閉口するほどで、とても家で使えるような代物ではありませんでした。
もしこれで音が小さくなるのなら、家で使うキーボードの選択肢として赤軸キーボードが入ってくることになるので、試しに買ってみました。


キートップの軸にはめ込んで使います。


Img_1076


使ってみた感想は、ちょっと微妙ですね。
確かに音は小さくなります。特に底打ちの音は小さくなりますし、周波数も少し下がった感じになるので、うるささという点では改善されます。しかし、キーが戻った時の音はそれほど変わりません。ゴムで制振されるためか、こちらも響きは若干抑えられるようですし、音の高さも微妙に下がったように思います。それでも、小さくなったとまでは言えないですね。
キーストロークがリングの厚さ分短くなりますが、気になるほどではありませんでした。キータッチもメカニカルキーの感じは若干スポイルされるものの、個人的にはそれほど気になる物ではありません。この辺りはキーの打ち方が人それぞれなので、使い方によっても感想はかなり変わってくる所だと思います。
せめて静音タイプではないRealforceくらいの音の大きさになってくれたら使えたんですけどね。
ただ、今回試してみて、音の原因は大部分がキートップ側にあることははっきりしましたので、キートップをさらに防振することによって音を小さくする事は可能かもしれません。

« 夕方の木場潟 | トップページ | 郷土博物館もライトアップ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/60934778

この記事へのトラックバック一覧です: Cherry MX軸静音化リングを試してみた:

« 夕方の木場潟 | トップページ | 郷土博物館もライトアップ »

にほんブログ村

Amazon.co.jp