2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 『食事処かねいち』道の駅越前店のせいこ丼 | トップページ | 今年を振り返って・その1 »

2014.12.29

今年最後の温泉は白峰温泉総湯でした

『一人忘年会・温泉の部』は白峰温泉総湯で一年の垢を落としてきました。


Img_1024


家の周りはもうすっかり雪も溶けてしまっていますが、さすがに山のほうへ進んでいくとまだまだ雪が残っています。


Img_1017


しかも雪の量がやはりこちらとは違います。
さすがに道路はきれいに除雪されていますけどね。
駐車場から総湯へ向かう途中の家では屋根の雪下ろしをしていました。


Img_1029


家から総湯までは車で約1時間です。
総湯は2008年に新しく立て替えられた2階建ての建物です。
料金は大人650円ですが、白山市民は400円で入れます。
発券機でチケットを購入するのですが、白山市民用と市民以外用で販売機が分かれています。白山市民用のチケットを購入して受付でチケットを渡します。市民であることをどうやって確認するんだろうと思っていましたが、特に何のチェックも無くそのまま入れました。一応、免許証は持って行っていたのですが、全く不要でしたね。
2つの大浴場は週替わりで男湯と女湯が交代します。今回は入口から手前側が男湯でした。
浴槽は中央部を境に深さが異なります。入口に近い方が65cm、奥が90cmとなっています。お湯の温度は42℃前後と表示されていましたが、入った感じではもう少しぬるかったかも。それでも、私にはちょうどいい湯加減でした。
泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉で、珍しい泉質なんだそうです。ぬるっとした感触のお湯で、肌がつるつるになります。
源泉は33℃と低い温度なので加熱、循環ろ過を行っています。また、塩素消毒も行われているとの事ですが、気になるほどではありませんでした。


浴場の窓からは雪化粧した山が見えます。
サウナや露天風呂もあり、露天風呂は檜風呂と岩風呂の2種類があります。今回男湯になっていたほうの露天風呂は檜でした。
総湯には珍しく、シャンプー、コンディショナー、ボディソープが置いてあります。ある程度、観光客が来ることも考慮されているのかもしれませんね。


向かいにある特産品販売施設『菜さい』には食事処やお土産・特産品の販売を行っています。
片隅に木彫りの雪だるまが置かれていました。


Img_1018


今の時期なら木彫りじゃ無くて普通の雪だるまがいくらでも作れますけどね。

« 『食事処かねいち』道の駅越前店のせいこ丼 | トップページ | 今年を振り返って・その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/60887206

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の温泉は白峰温泉総湯でした:

« 『食事処かねいち』道の駅越前店のせいこ丼 | トップページ | 今年を振り返って・その1 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp