2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014.12.31

今年を振り返って・その2

今年もついにあと1日で終わりです。
今年もあちこちに写真を撮りに出かけましたが(ほとんどが近場ですが)、今回が初訪問だった場所を挙げてみました。


【04/05 法皇山横穴(ほうおうざんおうけつ)古墳群】


Imgp9076


白いカタクリが目当てでしたが、残念ながらまだ開いていないのが一輪だけという状況でした。今度はせめて花が開いている時に行きたいです。




【04/19 能登大仏&柳田植物公園】


Imgp2714


能登にも大仏があるということで行ってきました。
一度行けば十分かもしれませんけど。
柳田植物公園は、こちらではもう桜が終わった頃に咲いているのがいいですね。




【05/31 荒屋古墳公園】


Imgp0126


近場と言うより近所と言ったほうがいいくらいの所ですが、ササユリがきれいでした。




【07/21 新湊大橋(あいのかぜプロムナード)】


Imgp4626


橋そのものは何度となく見ていますが、橋の中を歩いて渡ったのは初めてでした。
そんなに何度も行くような所でも無いですけどね。




【07/26 ひまわり村】


Imgp5717


河北潟干拓地のひまわり村です。
一度行ってみたかったんですよね。迷路ではすっかり迷ってしまいました(^^;)




【08/09 富山県中央植物園】


Imgp7363


オオオニバスを見に行ってきました。
氷見の十二町潟水郷公園には毎年のように行っていますが、こちらは初めてでした(有料だし)。




【09/15 舟見城址館&舟川ダム&沢スギ記念館】


Imgp1504


舟川ダムは久々のダム訪問でした。
舟見城址館は二度目は無いかな。
沢スギ記念館は十分見応えがありました。




【09/23 越前竹人形の里】


Img_5443


たけふ菊人形は有名ですが、越前竹人形というのは知りませんでした。




【10/04 内川】


Imgp7759


とても雰囲気のいいところで、散策するにはいいですね。
現地までの交通手段が課題です。観光駐車場のような所があればいいのですが。




【11/08 神三ダム&春日公園】


Imgp7648


神一、神二ダムへは何度も行っていますが、神三ダムは初訪問でした。
アクセスは春日公園側からが便利ですね。




【11/28 鶏足寺&北国街道 木之本宿】


Imgp1559


今年初訪問の場所で初めての北陸三県外です。
残念ながら紅葉の時期には遅かったです。
木之本宿ではつるやパンでサラダパンを食べてきました。




昨年に比べると初訪問だった場所は少なくなりました。
行ってみたいところはいろいろありますが、なかなか思うようには行かないものです。
また、初訪問ではないものの、20年以上前に一度行ったきりというような所もありますので、そんな所にもまた行ってみたい場所はありますね。今年は天橋立などがそうでした。


Imgp5368


来年はそういう所にもまた行ってみたいですね。


それでは皆様、よいお年を。

2014.12.30

今年を振り返って・その1

とうとう今年も残りあと2日となりました。
今年一年を振り返ってみると、個人的な一番の出来事はやはり入院&手術ですね。


Img_3192


Img_3137


これまで入院したのは20年以上前に一度だけ、手術はしたことがありませんでしたからね。
おかげさまで経過は良好、その後は何の問題も無く生活しています。
命に関わるような病気では無かったので案外気楽でしたが、健康のありがたさは再確認しましたね。


毎年特に目標などを立てたりもしませんのでやり残したことというのも特にありませんが、これと言って何かをやり遂げたという事もありません。すっかり惰性で生きています(^^;)


Img_4858


上の写真は本文とは関係ありませんが、何か明るい兆しが見えてくるといいな、と思って(^^)


来年が皆様にとって良い年となりますように……

2014.12.29

今年最後の温泉は白峰温泉総湯でした

『一人忘年会・温泉の部』は白峰温泉総湯で一年の垢を落としてきました。


Img_1024


家の周りはもうすっかり雪も溶けてしまっていますが、さすがに山のほうへ進んでいくとまだまだ雪が残っています。


Img_1017


しかも雪の量がやはりこちらとは違います。
さすがに道路はきれいに除雪されていますけどね。
駐車場から総湯へ向かう途中の家では屋根の雪下ろしをしていました。


Img_1029


家から総湯までは車で約1時間です。
総湯は2008年に新しく立て替えられた2階建ての建物です。
料金は大人650円ですが、白山市民は400円で入れます。
発券機でチケットを購入するのですが、白山市民用と市民以外用で販売機が分かれています。白山市民用のチケットを購入して受付でチケットを渡します。市民であることをどうやって確認するんだろうと思っていましたが、特に何のチェックも無くそのまま入れました。一応、免許証は持って行っていたのですが、全く不要でしたね。
2つの大浴場は週替わりで男湯と女湯が交代します。今回は入口から手前側が男湯でした。
浴槽は中央部を境に深さが異なります。入口に近い方が65cm、奥が90cmとなっています。お湯の温度は42℃前後と表示されていましたが、入った感じではもう少しぬるかったかも。それでも、私にはちょうどいい湯加減でした。
泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉で、珍しい泉質なんだそうです。ぬるっとした感触のお湯で、肌がつるつるになります。
源泉は33℃と低い温度なので加熱、循環ろ過を行っています。また、塩素消毒も行われているとの事ですが、気になるほどではありませんでした。


浴場の窓からは雪化粧した山が見えます。
サウナや露天風呂もあり、露天風呂は檜風呂と岩風呂の2種類があります。今回男湯になっていたほうの露天風呂は檜でした。
総湯には珍しく、シャンプー、コンディショナー、ボディソープが置いてあります。ある程度、観光客が来ることも考慮されているのかもしれませんね。


向かいにある特産品販売施設『菜さい』には食事処やお土産・特産品の販売を行っています。
片隅に木彫りの雪だるまが置かれていました。


Img_1018


今の時期なら木彫りじゃ無くて普通の雪だるまがいくらでも作れますけどね。

2014.12.28

『食事処かねいち』道の駅越前店のせいこ丼

今年の11月にオープンした道の駅「越前」です。


Img_0970


Img_0968


元々は越前温泉露天風呂「漁火」とアクティブハウス越前という施設だったのですが、一部を改装し、情報コーナーなどを新設して道の駅となった物です。道路を挟んで向かい側にある越前がにミュージアムも道の駅の施設の一部となったようです。


Img_0977


Img_0978


入口を入ったところに見える大きな水槽には魚が泳いでいます。


Img_0986


金曜の『一人忘年会・ラーメンの部』は中止となってしまったので、土曜にここの一階にある『食事処かねいち』道の駅越前店にて『一人忘年会・カニの部』を開催することにしましたww
カニのお勧めは越前ガニとせいこガニがそれぞれ一匹付いてくる「越前がに定食」(6,000円)とのことです。


Img_0988


しかし、いくら忘年会とは言え、昼食にそんなお金は出せません。それでも少し奮発して、「せいこ丼」(3,000円)を頂くことに。


Img_0993


3杯分のせいこが入っているとのこと。
越前ガニは3月まで漁をやっていますが、せいこは年内で終了してしまうということもあって(すぐに食べられなくなることは無いでしょうけど)、こちらを選びました。
デザートにアイスが付いてきます。


Img_0997


普段では考えられないような贅沢な昼食となりましたが、年に一度の贅沢ですし、たまにはこんな事があってもいいでしょう(^^)

2014.12.27

富山のイルミネーション

金曜は仕事納めでした。
午後からは大掃除をして、夕方から納会、その後は忘年会というのが毎年のパターンになっています。
当初は忘年会にも参加の予定でしたが、ちょっと都合が悪くなって忘年会は残念ながら不参加となってしまいました。
そこで、一人忘年会ということで富山へラーメンを食べに行って、イルミネーションの写真を撮ってくることにしました。


Imgp4006


ところが当日になってまたもや予定外の事が。
毎年、納会は社長の挨拶の後で簡単な飲食をする事になっています。飲食と言っても、出るのはお茶やジュース(運転しない人はビールも)に、食べ物はスナック菓子や乾き物程度です。その後に忘年会も控えていますから、そんなにガッツリ食べる訳ではありません。ところが今年は何を思ったのか、寿司やフライドチキンと言ったお腹にたまるような物が出てきたのです。出てきたらやはり食べてしまいますよね。この後忘年会に行く人たちは料理を全部食べられるのだろうかと心配になるほどです。私もかなりお腹がふくれましたし、カロリーの高そうなものが多かったので、この後ラーメンなんかを食べた日には食べ過ぎもいいところです。
結局ラーメンは諦めることにしました。


イルミネーションのほうは、本当は砺波のチューリップ公園でやっていた「KIRAKIRAミッション2014」というのに行きたかったのですが、なんと前日の25日が最終日。別にクリスマスイベントという訳ではないのですから、中途半端な木曜までなどという事は言わずに週末までやっていて欲しかったですね。
海王丸のライトアップは昨年見に行きましたし、結局、富山市内のイルミネーションを見に行くことにしました。


一つ目はグランドプラザのクリスマスツリー型イルミネーションです。


Imgp3458


グランドプラザというのが何なのか知らなかったのですが、屋根付きのイベントスペースのようなもののようです。
屋根はガラス張りになっているので、屋根にツリーが映り込んでいます。


Imgp3536


イルミネーションツリーは高さ11m、直径8m。2万個のLEDが使われているそうです。
ドロップライトというのが使われていて、水滴が落ちるように見えるような演出となっています。


Imgp3478


ツリーの下はスケートリンクになっていました。


Imgp3403


もう一つは、富山城址公園周辺で行われている「ホワイトイルミネーションとやま」というイベントです。
城址公園前交差点の近くにあるタワーが点灯しています。


Imgp3572


R41沿いの街路樹にもLEDのイルミネーションが。


Imgp3661


そして、公園内にはイルミネーションのトンネルが出来ています。


Imgp3834


Imgp3967


トンネルの中にはHappy Bellという鐘があって、台に上って鳴らせるようになっています。


Imgp3831


イルミネーションではありませんが、こんなのもありました。


Imgp3895


ここで記念撮影を撮ってね、という事でしょうか。


人が多くて写真どころでは無いのではないかと危惧していましたが、全く無用な心配でした。
平日だったからなのか、天気が悪かったからなのか、あるいは開催期間がまだ2ヶ月近くあるからなのか、ほとんど人はいませんでした。時折通りすがりの人が鐘を鳴らしたり写真を撮ったりしていきますが、わざわざこれを見に来ている物好きは私一人だったようですww
高速を降りたR41は大渋滞だったんですけどね。

2014.12.26

Kenko ENERG U-#016MBC マルチバッテリーチャージャー

先日新しいコンデジの購入を検討している時、富士フィルムのXQ1のバッテリーは本体にUSBケーブルを接続して充電するタイプのため、充電器は付属しないという事が判りました。
もしXQ1を購入すると、予備バッテリーだけでなく充電器も購入しないと不便です。うちにはジャンクで買ってきたCanonのIXY 900ISもありますが、このときも互換バッテリーと一緒に充電器(こちらも純正品ではありませんが)を購入しました。充電器ばかり増えるのも困ったものだし、何かいい手は無いのかとネットを探していたら、汎用の充電器というものが存在していると言うことが判りました。
メーカー不明の物であれば1,000円を切る価格で購入出来ます。ただ、充電器なのであまりアヤシイのはちょっと不安です。すると、カメラ用品を販売しているKenkoからENERG U-#016MBC マルチバッテリーチャージャーという製品が出ていると言うことが判りました。
Amazonでの販売価格は1,836円と、メーカー不明のものと比べると2~5倍程度の価格差はありますが、一応国内のちゃんとしたメーカーが販売していると言うことで多少は安心かと思った(結局はMade in Chinaだし、気休めかもしれませんが)のと、XQ1用バッテリー充電器の互換品を購入してもこれくらいの金額にはなるだろうということから、もし購入するならこれだなと思っていました。


結局コンデジはPowerShot S120を購入したため充電器の購入は不要になったのですが、900IS用にも使えますし、そんなに高い物でもないので一つ買ってみました。


Img_0895


この手の汎用品の仕掛けは皆同じような物で、充電用の端子をバッテリーに合わせて移動するようになっています。


Img_0900


ピンの移動は裏側にあるつまみで行います。


Img_0899


充電状態は液晶パネルに表示されます。


Img_0904


充電時はバッテリーを立てて挟み込んで固定します。


Img_0905


ちょっと不安定なように見えますが、スライド部分はバネで押さえられているので、ある程度厚みのあるバッテリーなら問題無さそうですが、バッテリーが薄い物や、角にRが着いているタイプのバッテリーには向かないような気がします。バッテリーを横向きというか、平面部分を下にして設置できるようになっていれば心配はいらないのですが。


電源はACアダプタ式です。


Img_0902


これは使い方によって賛否が分かれるところですが、バッテリーの設置がこのような形になってしまうため、ACアダプタ式のほうが充電器の置き場所に自由度が出来て良いのでは無いかと思います。
純正の充電器のようなタイプであれば直接コンセントに差せる方が便利だと思いますけど。


これを選んだもう一つの理由は、出力が600mAと大きいため、充電時間が短くて済むところです。純正充電器と遜色ない時間で充電できそうです。


Img_0908


メーカー不明のものの中には出力が450mAと小さい物もあって、その場合は充電にかなり時間がかかることになります。
ただ、充電出来るバッテリーのサイズには制限があります。端子間のサイズは2.5mm以上、バッテリーの端紙面の幅が53mm以下のものでないと充電出来ません。
この53mmというのがなかなか微妙です。コンデジ用のバッテリーであればまず問題ないと思いますが、スマホのバッテリーの中には使えないものもあるのではないでしょうか。ただ、スマホ用のバッテリーは薄いので、そもそも固定に問題があって使えないかもしれませんが。
なお、ホームページには対応しているバッテリーの一覧も掲載されています。


試しに900IS用のバッテリーを充電してみましたが、問題なく使えました。耐久性はまだ不明ですが……
不満な点はバッテリーの置き方と、充電用端子がバッテリーを押さえる部分が戻る時に押されて位置がずれてしまい、充電する度に位置をセットし直さなければならないことです。複数種類のバッテリーを使うようになればそもそも毎回セットする必要があるので気にならないかもしれませんが。

2014.12.25

日本自動車博物館の手づくり特製カレー

日本自動車博物館に着いたのがちょうどお昼過ぎだったので、まずは昼食を食べてから見て廻ることにしました。
館内にある「喫茶ローバー」にて、「手づくり特製カレー」(750円)を頂きました。


Img_0201


自家製で3日間じっくり煮込んだというカレーは辛口ですが美味しかったです。
量は多いとは言えないので、ちょっと物足りなく感じるかもしれませんが……
ミュージアム・ショップではレトルトタイプの「博物館カレー」も販売されています。かなり人気の商品だそうです。


以下、自動車博物館にあった車以外の物をいくつか。
入口の横には洋風のポストがありました。


Img_0185


実際に使用できるそうです。


3階には「総和のくらし」コーナーがありました。


Img_0249


棚には呼び出し式の電話とダイヤル式の黒電話が。


Img_0252


さすがに呼び出し式の電話を使ったことはありませんが、黒電話は子供の頃は普通にありました。家にあったのは黒ではありませんでしたが、ダイヤル式でしたし。
最近の子供はダイヤル式電話の使い方が判らないそうですね。使ったことが無い子がほとんどでしょうから、判らなくて当然かも。


車のカタログも展示されています。


Img_0353


私が最初に買ったスーパーシビック(中古でしたが)のカタログもありました。


Img_0392


これはちょっと欲しいかも(^^)


1階にはプリクラもあります。


Img_0701


日本自動車博物館限定のプリクラなんですね。完全に一点物でしょう。ここ以外に置いても意味ないですからね。


顔ハメ看板も健在です。


Img_0484


建物の奥の方にはエレベーターがありました。


Img_0549


2階や3階の車はどうやって運んだのだろうと思っていましたが、こんなのがちゃんとあるんですね。


「いすゞ・フローリアン」のエンブレムです。
「フローリアン」とはオーストリア皇帝の純白の愛馬の名前で、エンブレムはそれに由来して馬になっているとのことです。


Img_0380


でも、随分和風の馬ですねww
ダイハツのエンブレムはカタカナです。


Img_0611


時代ですね。

2014.12.24

2年ぶりの日本自動車博物館

先週の土曜は小松の日本自動車博物館へ行ってきました。


Img_0173


ちょうど丸2年ぶりの訪問です。
PosweShot S120のテスト撮影で、午前中は外で撮っていたのですが、午後からは雨の予報だったので、室内で写真を撮れるところということでここに行くことにしました。
あまり写真を撮るには向いていない所ではありますが、バッテリーの持ちもチェックしたかったのでかなり多めに撮ってきました。


三階建ての建物の中に、多くの車が展示されています。


Img_0615


ここのいい所は、国産の普通の車が多く展示されているところです。
外車もたくさんありますし、所謂クラシックカーという類いの物も多いです。また、かなり珍しい車もあります。それでも、子供の頃に良く見た車や、自分が免許を取った前後くらいに走っていたような車がたくさんあるのがとても嬉しいですね。


Img_0347


歴代のクラウンやスカイラインが並んだコーナーもあります。


Img_0862


Img_0531


2年前に行ったばかりですので、一部の車は展示位置が変わっていたりしますが、展示されている車は基本的に前回と違いはありません。
前回は外にあったセリカが室内に移動していました。


Img_0322


そして、(たぶん)ここにあったジオット・キャスピタが広々とした場所に移動していました。


Img_0448


Img_0637


前回は見えなかった後ろ姿も見ることが出来ます。


Img_0640


そして、前回は点検整備中と言うことで見る事が出来なかったTOYOTA 200GTも今回は見ることが出来ました。


Img_0752


その他の車はほとんど前回とかぶってしまうので、気になる方はこちらをご覧下さい(その1その2その3)。


さて、PosweShot S120のバッテリーですが、フル充電のNB-6LHを使って600枚ほど撮影したところでバッテリーが切れました。
ちなみにECOモードはON、フラッシュは未使用です。液晶モニタの明るさは標準より一つ暗くしています。電源も小まめにON/OFFを行い、出来るだけ無駄な電気は使わないようにと心がけていました。
予想していたよりもかなり持ったので、交換したNB-6Lは使い切らないうちに撮影終了となり、差がどれくらいあるのかまでは確認出来ませんでした。
ただ、今回はかなり条件が良かったのではないかと思います。室内の撮影だったので寒さを気にする必要はありませんでしたし(念のため予備のバッテリーは使い捨てカイロで暖めていましたが)、通常よりも短い時間で多くの写真を撮っていますので、いつもの使い方ならもっと枚数は少なかったと思います。それでも、NB-6LHが1つとNB-6Lが2つがフル充電の状態であれば、普段はバッテリーが足りなくなる事は無いのではないかと思われます。
今度は星空モードや星空軌跡モードというのも試してみたいと思っていますが、これらのモードを使う時は当然夜の屋外ですから、外気温ももっと低くなりますし、三脚にカメラを付けることになるので、寒さの影響がかなり大きくなると思われます。その時はROWAの互換バッテリーも準備しておいた方が良さそうですね。


Img_0582


メッサーシュミットってムツゴロウに見えてしかたないのですが……

2014.12.23

今日は出勤日でした

世間では天皇誕生日で祝日ですが、うちの会社は出勤日でした。


Imgp0868


29日を休みにして年末年始を9連休にする代わりに、今日の祝日は出勤日となったのです。
以前にもこのような措置が取られたことがありました。月曜一日だけ出勤して翌日から休みよりもいいですからね。
休み明けは『仕事したくない病』が発症しそうですけどww


なお、写真と本文は全く館関係ありません(笑)
一応、12月から勤務地が小松になったということで……

2014.12.22

りゅうくんとりゅうちゃん

白山恐竜パーク白峰のマスコット、りゅうくんとりゅうちゃんです。


Img_4248


道の駅「しらやまさん」の情報提供室に飾ってありました。


恐竜と言えば福井というイメージですが、石川県にも恐竜の化石が多く見つかっている手取層群桑島層があります。
白山恐竜パーク白峰には恐竜骨格のレプリカや恐竜の模型などが展示されていますし、化石発見広場では化石発掘体験も出来ます。遊具や芝生広場もありますので、子供を連れて遊びに行くにはいい所だと思います。
福井県立恐竜博物館があまりにも本格的で見事な施設なので、それと比べるとかなり見劣りしてしまうのは否めませんが、毎月第3日曜日は白山市民は無料で入館できるそうです。
但し、冬場は雪のため休館(概ね12月から翌3月まで、今年は11/26で今シーズンの営業を終え、来年4月中旬にオープンの予定)です。

2014.12.21

PosweShot S120で試し撮り(その2)

今度は撮影場所を変えてデジタルズームのテストをやってみました。
PosweShot S120は最大20倍のデジタルズームが出来ます。通常、デジタルズームは使わないのですが、画質の劣化が少ない「プログレッシブファインズーム」(10倍まで)というのがあるので、どんなものか試してみたかったのです。


Img_0054

(光学120mm)


Img_0056

(プログレッシブファインズーム x10)


Img_0060

(デジタルズーム(x20))


確かに、プログレッシブファインズームのほうがデジタルズームよりは画質の劣化は少ないです。しかし使おうと思えるほどの画質ではありませんね。このブログに載せているサイズくらいまで縮小するのならほとんど気になりませんから、非常用やブログネタ用としては使えるかも。
デジタルズームのほうはかなりひどいです。こちらもここまで小さく縮小するとあまり気になりませんが、これ以上大きなサイズにしたい場合はちょっとちょっと微妙です。
また、20倍のズームと言うことは35mm換算で480mmとなります。この小さなサイズのカメラで手持ちの480mmというのは、撮りたい物をフレームにしっかり収めるのも大変です。シャッタースピードが稼げる状況なら、手ぶれ補正のおかげで手ぶれはかなり押さえられますが、三脚が無いと辛いかも。


ちなみにデジタルズームを使った時でも、Exifの焦点距離には光学の焦点距離(実焦点距離の26mm)が記録されるだけで、デジタルズームの倍率は判りません。メーカーノートの部分には何か書き込まれているのかもしれませんが、Canonのソフトを使っていないのでそこまでは判りませんでした。

2014.12.20

PosweShot S120で試し撮り

先週購入したPosweShot S120ですが、ようやくテスト撮影に行くことが出来ました。
まずはいつもの歪み確認です。
なお、手持ち撮影で平行もしっかりと取っている訳では無いので、あくまで参考程度のものです。
また、アスペクト比は3:2の設定にしています。デジイチと合わせたいので、いつもこの設定で使っていますので。


Img_0020

(広角端 24mm)


Img_0022

(望遠端 120mm)


広角端では樽型になりますが、24mmという画角の割には押さえられていますね。補正が入っているのでしょうけど。
望遠端でも僅かに樽型ですが、まず問題になることは無いでしょう。


次は画角の確認です。
こちらも手持ちで、撮影している位置は同じ所から撮っていますが、カメラを向ける方向は必ずしも一定していません。


Img_0032

(24mm)


Img_0033

(28mm)


やはり広角側での2mmの違いは大きいですね。
24mmスタートのありがたさを感じる場面は多いかもしれません。


こちらは望遠側です。


Img_0037

(100mm)


Img_0038

(120mm)


これまで使っていたS95は100mmまででしたが、S120は120mmとなったので、100mmと120mmを比べてみました。
スナップ撮影であれば、望遠側が足りないと言うことはまず無いでしょう。

2014.12.19

薄くなったな……

先日散髪へ行った時のこと。
3ヶ月ぶりの散髪だったにもかかわらず、前髪をほとんど切りませんでした。
数回(もう少し多かったか?)、すくように鋏を入れた程度で終わりでした。

そう言えば、昔は前髪がうるさくなってきて散髪へ行くというパターンでしたが、近頃は後が伸びてきて散髪に行くという感じです。前髪が邪魔になるようなことは無くなりました。
毎朝洗面所で鏡を見ても、だんだん地肌がはっきりと見えてきているのが判ります。年をとったなと感じる瞬間はいろいろありますが、これもその一つですね。


Imgp8042


猫は毛がたくさんあって羨ましいww

2014.12.18

座布団一枚(^^)

憤慨しています。


Imgp2180


なかなか上手い事考えましたね。
座布団一枚、って感じです(^^)

2014.12.17

名前の無いバス停

バス停の方式がありますが、名前がありません。


Img_0580


降車場でも、「降車場」と書かれた標識が立ってたりしますが、何も書いてないのは初めて見たかも。

2014.12.16

ローカルお菓子とでも言うのかな?

道の駅 こまつ木場潟で、こんな物を発見。


Img_0416


トマトカレーおかきです。
小松産トマトのカレーをおかきにしたものだそうです。
僅かにトマトの酸味も感じられて、他には無い味でした。


福井では、ボルガライスをお菓子にしたものがありました。


Img_0486


ボルガライスとは越前市(旧武生市)発祥のご当地グルメです。


Img_0487


ご当地グルメやB級グルメのブームに乗って、こういうのも増えてくるのかも。


こちらは鯖江の「眼鏡堅麺麭」です。


Img_0495


堅パンなので、めちゃくちゃ堅いですww
ホームページには、「金槌などで割って、噛まずにほおばって下さい」と書いてありました。
味は美味しかったです(^^)

2014.12.15

らーめん la.la.la.

内灘に最近オープンした「らーめん la.la.la.」へ行ってきました。


Img_0776


以前は「豚豚炉」というお店だった所で、パチンコ屋さんの駐車場内にあります。
豚豚炉へは一度行ってみたかったのですが、富山の本店には行ったことがあったので、ついつい後回しになってしまって、結局行かないうちにお店が無くなってしまいました。


頂いたのは、とりパイタン(塩)(750円) + ネギ増し(100円)です。


Img_0785


醤油と塩が選べますが、今回は塩を選択。
スープはかなり濃厚でねっとりとしています。好き嫌いはありそうですが、鶏がかなり強く出ていて美味しかったです。
麺はほぼストレートの中太麺ですが、スープがかなりねっとりしているにもかかわらず、あまりスープと絡んでいません。意図的にそのような麺を選んでいるのかもしれませんが、個人的にはもっとスープと絡んでくれた方が嬉しいかも。
開店からまだ1ヶ月半ほどですし、まだまだこれから変わっていくかもしれません。


それよりも今回気になったのは、かなり待たされたことでした。
入店は土曜の午後1時、先客はテーブル席に2組とカウンターに2人という状況で、席数では1/3ほど埋まった程度のお客さんでしたが、注文を決めて店員さんに声をかけるも、「ちょっとお待ち下さい」と言われて待つこと5分弱。さらに注文してから物が出てくるまで25分近くかかりました。満席でもないのにこんなに待たされるのは珍しいです。
店員さんは厨房にバイトが2人。店主と思しき人はこの日はいませんでした(顔も知らないのですけどね)。
対応そのものは悪くは無い(丁寧だと言ってもいいくらい)ですが、まだ慣れていなくて時間がかかっているような感じです。私の10分ほど後に入ってきたお客さんと私の注文した物が出てきたのが同時でしたしね。私の入店したタイミングも悪かったようです。
お客さんは一組入ってきたら一組出ていくという感じで切れ間無くやって来ていましたし、あの時間帯で2人というのが人数的に足りていないと言うこともあるのかもしれません。水はセルフサービスでテーブルに水差し(ピッチャーと言うのかな?)が置かれているのですが、ほとんどが空に近く、あちこちから「水ください」という声が飛んでましたしね。
まだまだこれからなので、頑張って欲しいですね。


あと、何故だか箸がちょっと短いです。割り箸では無く普通の箸なのですが、最初はちょっと食べにくかったです。食べているうちに慣れましたけど。

2014.12.14

コンデジ買い替えました

3年11ヶ月使っていたコンデジ Canon PowerShot S95 を買い替えました。
新しいコンデジは Canon PowerShot S120 です。


Img_0803


見た目はあまり変わらないので、色はシルバーにしました。


秋頃から買い替えを考えていて、S120の後継機か、富士フイルムのXQ1の後継機あたりが出てくることを期待していました。
しかしCanonはPowerShot G7XをGシリーズとして出してきましたが、Sシリーズの新機種は発表されませんでした。1型センサー搭載のG7Xはかなり魅力的でしたが、サイズ(特に厚さと重量)が大きくなってしまったのと、12月時点で60.000円前後という価格がネックで、いまいち踏み切れませんでした。
富士のXQ1も秋頃には生産を終了したようですが、後継機種の発表はありませんでした。
CanonはS120がまだ現行機種として残っている事から、G7XはあくまでGシリーズであってS120の後継機では無いと思われますが、だからと言ってS120の後継機が出るという保証はありません。出ない可能性のほうが(少なくとも近いうちには)高いんじゃ無いだろうかという気がしています。
スマホのカメラ機能の向上などにより、コンデジの販売はだんだん落ちてきていて、各メーカともこれまでよりも大型のセンサーを搭載した高画質機(もちろん値段も高い)や超高倍率ズーム機を中心としたラインナップとなってきていて、Canon PowerShot SシリーズやXQ1のような機種はちょっと中途半端な存在となってしまったのかもしれません。
そんな訳で後継機の登場はあきらめて、第一候補をXQ1、第二候補をS120と考えて店を廻ることにしました。


最初に行った店ではXQ1が無かったので、S120の値段だけを確認して別の店へ移動しました。
次に行った店ではXQ1、S120の両方がありました。XQ1が27,800円、S120が28,800円(価格は全て税込み、以下同じ)でしたが、S120は2,000円の下取り値引きがありました。
S95は手放すつもりですが、外観の状態はあまり良くありませんし、下取り査定もせいぜい1,000円くらいだろうと考えていたので、出来れば下取り値引きの金額が高い方が嬉しいです。XQ1に下取り値引きがあれば即決だったのですが、とりあえずS95の下取り査定をしてもらうことにしました。
するとここで衝撃の事実が発覚。なんとレンズが割れています。かなり上の方だったので、画像には写り込んでいないため、全く気がつきませんでした。結果、まともな下取りは不可ということになりましたが、S120であれば2,000円の下取り値引きに利用出来ます。
店頭には、NikonのCOOLPIX P340が21,800円という値段で出ていたので、これをくわえた3機種のどれかを購入することに決めましたが、さて、どれにしたものかと悩むこと約30分。
最初に脱落したのはXQ1でした。予備バッテリーが一つ以上欲しかったので、それを加えると3万を超えてしまい、3機種の中では一番高くなる事が理由でした。
次に脱落したのはP340です。Nikonのデジカメは使ったことが無いので、一度使ってみたいという気もしたのですが、起動時間が3機種の中では一番遅かったのと、サイズも3機種の中で一番大きかったことが理由です。また、Fnボタンが前面にあったり、電源ボタンが少し押しにくいというか、長押しとまでは言わないものの、ちょっと押しただけでは反応しないなど、操作系がちょっと好みに合わなかったと言うこともあります。
結局、残ったのはS120でした。一番つまらない選択になったという気もしますが、予備バッテリーがS95で使っていた物を使い回せるため、追加購入が必要なのは液晶保護フィルムくらいだと言うことがポイントでした。ただ、あまり変わった気がしないのも寂しいので、色はシルバーにしましたけど(^^;)
5年保証は付ける予定は無かったのですが、S95では付けていたのと、ポイントが1,500円分ほどあってそれでまかなえたので付けることにしました。支払金額は26,800円でした。液晶保護フィルムはHAKUBAのものが欲しかったので、後日通販ででも購入しようと思います。


箱のサイズはS95よりも少し大きくなってます。


Img_0790


しかし付属品はとても少なく、S95には付属していたケーブル類(USBケーブルとAVケーブル)は付属していません。見事なコストダウンですね。個人的にはS95ではどちらのケーブルも未使用(開封すらしていない)だったので、全く問題ありませんけど。ソフトをインストールする際にカメラをPCに繋ぐ必要があり、その時にはUSBケーブルが必要ですが、接続せずにインストールすることも可能ですし(接続すると機種を判別して、機種毎の機能などが設定されるらしいです)、たぶんソフトも使わないでしょう。どうしてもUSBケーブルが必要となったら、端子はMini-Bタイプのようなので、市販のケーブルが利用出来ると思われます。うちにも探せば一つくらいはあるかも。
そのソフトですが、S95ではCD-ROMが付属していましたが、S120ではCanonのホームページからダウンロードするようになっていて(ダウンロード時にシリアルNo.の入力が必要)、URLが書かれた紙が一枚入っているだけでした。
結局、本体以外の付属品はバッテリー、充電器、ストラップ、マニュアルの4つだけです。昔のデジカメは記録メディアなども付いてきたりしましたが、隔世の感がありますね。マニュアルなども簡易マニュアルだけが付属して、詳細マニュアルはダウンロードするような形になっていくかもしれません。PCの周辺機器などはそのようなものもありますからね(ちなみにマニュアルはS95よりも1.5倍ほど厚さがありそうです。それだけ機能が増えているからでしょう)。
それでもまだ充電器が付いてくるだけいい方かもしれません。XQ1などは本体でUSB接続して充電するため、充電器は付いてきません。私の使い方としては予備バッテリーも使うので、充電器は必須です。
細かいところでは、附属バッテリーの端子カバーが付いてこなくなりました。その代わり、バッテリーが入っていた袋に注意書きが追加されています。


Img_0808


本体に入れてしまえばカバーはいらないから付いていなくても問題ないという判断なのでしょうが、それくらいは付けて欲しかったなという気もします。


バッテリーはS95のNB-6LからNB-6LHに変更となっています。


Img_0813


NB-6LHはNB-6Lの容量が増えたもので、NB-6Lも使えるようです(当然撮影可能枚数は少なくなるでしょうが)。充電器も共通で、S120に附属のCB-2LYはS95に付属していた物と同じ物です。S100やS110ではNB-5Lというバッテリーを使っていましたが、S120では元に戻ったという感じですね。これはラッキーだったかも。
ただでさえ持ちがいいとは言えないバッテリーなので、容量が少ないNB-6Lでは心許ないですが、附属のNB-6LHを1個と予備のNB-6Lを2個の3個体勢となるので、問題はないでしょう。さらにバッテリーが必要な場面があれば、S95で使っていたROWAの互換バッテリー2個も動員すれば何とかなると考えています。
なお、NB-6LはS95購入時に単体購入した物が一つと、S95に付属していた物が一つです。まともな下取りであれば当然附属のバッテリーは付けて出す事になりますが、今回は壊れていたり付属品なしでもOKという下取り値引きなので、バッテリーだけは出さなかったのです。USBケーブルが附属していない事を知っていれば、USBケーブルも出さなかったのですが、これはちょっと調査不足でした。どうせ使わないから構わないと思ってますけど。


実際に使ってみることが出来るのは今度の週末になってしまいそうですが、とりあえず設定だけは一通り済ませました。
S95と比べて良くなっている所は、何と言っても焦点距離がS95の28-105mmに対して24-120mm(いずれも35mm換算)となっている事です。特に広角側が24mmスタートというのが嬉しいですね。
また、Pモード等でのAFフレーム選択が可能になったのも嬉しいです。
逆に残念なところは、ホイールでの露出補正が出来なくなったことです。S95ではホイールでダイレクトに露出補正が出来たのですが、S120では露出補正ボタンを押すという一手間が増えてしまいました。コントローラーリングへの割り付けは可能ですが、コントローラーリングへは別の機能を割り付けたいので……
また、あったらいいなと思ったのは、起動時の焦点距離指定です。広角側24mmスタートとなったので、起動時には28mmか35mmにしたいのですが、必ず広角端に戻ってしまうようです(【12/17 修正】 電源OFF時のズーム位置は記憶されていて、起動時には前回電源OFF時のズーム位置で起動します)。COOLPIX P340にはこの機能があるんですよね。XQ1には電源OFF時の焦点距離を覚えて置いて、起動時にはその時の焦点距離で起動してくれるように設定出来るようでした。
操作系のカスタマイズもS95より出来ることが多くなっています。今の所、RINGFUNCにはAFフレーム選択、動画ボタンにはNDフィルタ設定を設定しています。ただ、あくまでメニュー呼び出しをダイレクトに出来るだけなので、NDフィルタ設定などはそのメニューを選択した状態になるだけなのがちょっと残念ですね。直接ON/OFF切り替えになってくれるともっと良いのですが、2択の設定ばかりではありませんし、そこだけ特別扱いというのも難しいでしょうけどね。




【12/16 追記】
マニュアルを一通り眺めてみましたが、カスタムモードではズーム位置の指定も可能なようです。
これを上手く使えないか試してみようと思っています。




【12/19 追記】
起動時に前回ズーム位置を覚えているのは、ステップズームを使った場合のみのようです。
ズームレバーでズームした後で電源を落とした場合は、次回起動時には広角端になってしまうようです。

2014.12.13

ラブロ片町がなくなっていた

再開発のため3月に閉店となったラブロ片町ですが、ついに建物も壊されて、11月の末に行った時にはすっかり無くなっていました。


Img_0534


Img_0539


新しい建物は商業施設として2016年に開業するそうです。
5階建てになるそうなので、高さは半分くらいになるのでしょうか。

2014.12.12

それは間違ったことではないんだろうけど……

近所のパチンコ店ののぼりです。
チェーン店ですが、同チェーンの店にも同じのぼりが上がっています。


Imgp1080


間違ったことは言ってないのですが、こうなると車の中に子供を残したままパチンコに行く親というのがまた出てきそうです。
それは店の責任ではないですし、そもそも小さな子供を連れてパチンコに行く親の問題ではありますが、連れて行かざるを得ない理由というのもある場合はあるでしょうし(パチンコ屋に限らず)。
ショッピングセンターなどでキッズルームとか子供が遊べる場所があるところもあったりしますが、そのような一角を店内に設けると、流行ったりするかもしれません。
ただ、パチンコ屋さんがそのような集客を行うと、別の所から批判が出てきたりするのかも。難しいですね。

2014.12.11

カエルの大群

木之本宿にある木之本地蔵院です。


Imgp2140


Imgp2218


ここには「身代わり蛙」の言い伝えがあり、願をかけた蛙の焼き物が奉納されています。


Imgp2232


Imgp2226


大銅像の足元にも多くの蛙が。


Imgp2215


Imgp2230


手水舎は竜の口から水が出ているものが多いですが……


Imgp2235


ここでは蛙の口から水が出ていました。

2014.12.10

振ったり振らなかったり……

相変わらず「限定」の文字に惹かれて、「伊右衛門 抹茶の贅沢」というのを買ってきました。


Img_0422


抹茶が多く入っていますが、苦みはあまり無く、コクがあってまろやかです。


ところで最近の缶飲料は、振っていいのか悪いのかを確かめないといけなくなってきましたね。
昔は炭酸は振らない、炭酸以外は振る、と単純に判断できたのですが、今では炭酸ではなくても「振らないで」というものが増えて来ました。もちろん「よく振って」というのもありますから、蓋を開ける前に説明を探すのが習慣になってきています。ブラックの缶コーヒーですら、よく振ってというのもあれば振らないでというのもあるくらいなので、飲み物の種類だけでは全く判断不能です。
今回の「抹茶の贅沢」は、振る方向と回数まで指定されていました。


Img_0425


振るのか振らないのか、というのを書く場所を統一して欲しいなと思ったりしますね。

2014.12.09

木之本だったり木ノ本だったり……

JR木ノ本駅です。
こちらが東口。


Imgp2053


こちらが西口です。


Imgp2061


町名は「木之本」ですが、駅名は「木ノ本」なんですね。ちょっとややこしい。


駅舎はまだ比較的新しそうですが、近頃の新駅舎はどこも似たような物が多くなっているのに比べ、個性的な感じが出ているのは好感が持てます。
駅舎の一階は観光案内所になっていて、お土産の販売なども行っています。
券売機や改札がある二階に上がると、顔ハメ看板がありました。


Imgp2059


駅前のポストには兜が。


Imgp2056


東口の少し離れたところには、地震検知器があります。


Imgp2166


地震を検知すると電車が止まるようになっているのですね。


Imgp2164


こういうのはあちこちにありそうな気がしますが、駅の近くで見かけることはあまり無いですね。人目に付かないところにあるからなのか、駅とは離れたところにあるのか。これだけ目立つところにあるのは珍しいのかも。

2014.12.08

背中を見たのは初めてかも

高岡古城公園からJR高岡駅への移動中に立ち寄ってきた「高岡大仏」です。


Imgp0924


奈良、鎌倉に続く「日本三大大仏」の一つだそうですが、他の2つと比べると知名度は一気に落ちるような気もしますが……


Imgp0902


Imgp0908


お寺は「大佛寺」という名前で、そのまんまという感じですね。
近くには「大仏旅館」という旅館もありました。
高岡市指定有形文化財に指定されていますし、高岡にとっては重要な観光施設の一つでしょう。


高岡大仏へは何度か来ていますが、今回初めて後ろ姿を見ました。


Imgp0891


背中に扉が付いているんですね。
中には何が入っているのでしょう?

2014.12.07

映画「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」

土曜は映画「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」を見に行ってきました。
ちょうど、『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』と公開初日が重なっていましたが、NARUTOのほうが人が多いという印象でした。それに、ヤマトのほうが年齢層が高かったですねww


最初に劇場版公開という話を聞いた時は、こんどは『さらば…』のリメイクか? と思ったのですが(ガトランティスとか言ってたし)、そうではなくてイスカンダルを出発してから地球に着くまでの間に起こった出来事という事なんですね。
総集編の「追憶の航海」がちょっと中途半端な所で終わったように感じたのは、この映画に繋げたかったからなのでしょうか。


まだ公開されたばかりだし、あまり内容については書きませんが、正直わざわざ劇場版として作るほどのものでも無いように思いました。細かいネタは旧シリーズのヤマト全般から引っ張ってきているところもあるので、それを探す楽しみはあるかもしれません。
絵も、メカなどのCG部分はいいのですが、キャラクターはTVシリーズよりもクオリティが落ちているように見えます。
OPの葉加瀬太郎のバイオリン演奏のメインテーマは良かったですね。


予想していたことではありますが、やっぱり波動砲を打たないヤマトはちょっと寂しいですね。
OPのダイジェストみたいなところでは打ってましたけど、本編ではコスモリバースシステムとなったヤマトは波動砲を封印されているので打てないんですよね。波動砲を打たないヤマトはシリーズで初めてでしょうね。


今回、入場特典ということでこんなものをもらってきました。


Img_0695


TOP SECRETと書いてありますが、そんな大層なものではありません。ただ、「01」と書いてあるので、しばらくしたら今度は「02」や「03」が出てくるのでしょうね。でも、これを欲しさに何度も見に行く人がいるとはあまり思えないですが。よほどのコレクターで全部集めたいという人なら別ですが。




【おまけ】
富山のR41にずいぶん前からある看板ですが、たぶんパチンコ屋さんの看板だと思われます。


Img_0333


飛んで行くのはヤマトじゃ無くてお金だったりしますがww

2014.12.06

雪が降りました

早くも本格的な雪が降り始めました。
いつもは一度少し降った後、またしばらく降らなくなって、次に降った時には本格的に積もり出すという感じなのですが、今シーズンはいきなり積もりましたね。
JR金沢駅のもてなしドームの上にも雪が積もっています。


Img_0650


Img_0681


はくたかも屋根に雪を乗せてやってきました。


Img_0674


線路の上はスプリンクラーで水をまいているのでほとんど雪はありません。


Img_0683


その後も雪は降り続け、家に帰る頃にはすっかり一面銀世界でした。


Img_0691


家に帰ってからは今シーズン初の雪かきをすることに。
かなり水分の多い雪なので、溶けるのも早そうですが、重いので雪かきは大変です。寒いのに汗をかきながら雪かきしてましたww




【おまけ】
金沢駅前にかほく市の「にゃんたろう」と小松市の「カブッキー」が来ていました。


Img_0667


Img_0670


選挙管理委員会のイベント(と言っていいのだろうか?)で、衆議院選挙の投票を呼びかけていたようです。


Img_0673


北陸放送の取材も来ていましたので、ニュースで流れていたかもしれません。
ひゃくまんさん」は北陸新幹線の開業PRキャラクターなので、こういう場所には出てこないのですね。


北陸新幹線と言えば、開業まであと100日を切りました。ついに2桁です。
金沢駅の大きなパネルは観光客の記念撮影スポットになっていました。


Img_0634


確かに記念撮影には良さそうですね。

2014.12.05

バリィさんはふなっしーより安かった

先日、ふなっしーのポッキーを在庫処分で安売りしていたスーパーで、今度はバリィさんのポッキーが売られていました。


Img_0772


ふなっしーよりもさらに10円安いです。これが人気というか知名度の差なのか?


バリィさんも2012年のゆるキャラグランプリで1位に輝いていますが、それ以降はあまり名前を聞かなくなりました。
やはり、ひこにゃんやくまモンというのは特例と言っていいのでしょうね。

2014.12.04

久々のターバンカレー

土曜の昼食はターバンカレーでした。
近頃は「金沢カレー」などと呼ばれています。
今回行ってきたのは、広坂にある「ターバンカレー本店」です。


Img_0509


勤務地がそこそこ近くだったこともあるのですが、なかなかここへは行く機会がありませんでした。
注文したのはロースカツカレー(中)です。


Img_0531


「加賀野菜カレー」というのもありましたが、やはりここは定番のカツカレーです。
久しぶりでしたが、相変わらずの美味さでした(^^)

2014.12.03

混んでいるのは判っているのだけど……

土曜の昼食後は宝くじを買いに武蔵が辻へ。
当初の予定では宝くじを買って帰るつもりでしたが、予定よりもかなり時間が余ったので、ひがし茶屋街へ寄って来ました。


Imgp3127


Imgp3176


どうぜ人が多いんだろうとは思っていましたが、思った通りでした(写真はこれでも人が少なめの時に撮っています)。
でも、何故か立ち寄ってしまうのです。


Imgp3157


Imgp3150


今回はDA 35mmを付けていったので、小物メインで撮る事に。


Imgp3168


Imgp3193


Imgp3218


Imgp3222


午後になって晴れてきたのですが、茶屋街に着くと同時に小雨が降り出し、早々に退散することになりました。


茶屋街を出た所で人だかりが出来ていました。
何があるのかと覗いてみると、イチョウの葉が一面を黄色く染めていました。


Imgp3242


何度も通っている道ですが、ここにお寺があることすら気がついていませんでした(^^;)




【おまけ1】
彦三緑地では、ツツジに養生のための藁がけ作業が行われていました。


Img_0590


冬がすぐそこまで来ていますね。




【おまけ2】
イチョウの落ち葉で道が黄色く染まっています。


Imgp3273


ひょっとして、東別院のイチョウも……と思って行ってみました。
しかし、イチョウの木にはもう葉はほとんどありませんでしたが、落ち葉はそれほどではありませんでした。
どうやら、ちょうど掃除されてしまった後だったようです。


Imgp3283


ちょっと遅かったですね。

2014.12.02

北国街道 木之本宿

またまた話は金曜に戻ります。
鶏足寺を出て次に向かったのは北国街道 木之本宿です。


Imgp2075


古い建物が残っていて、風情があります。


Imgp2187


Imgp2205


酒屋と醤油屋が多かったのが印象的でした。


Imgp2129


醤油屋さんの裏も土壁の建物が残っています。


Imgp2179


薬屋さんの前には古い薬の看板が並んでいました。


Imgp2096


牛馬市跡には顔ハメ看板が。


Imgp2068


Imgp2067


大河ドラマ館では「黒田官兵衛博覧会」が行われていました。


Imgp2114


Imgp2117


滋賀相互銀行木之本支店は既に営業は行われていないようですね。


Imgp2190


Imgp2191


銀行も株式会社なんですよね。
銀行は社長じゃ無くて頭取だったり、社員じゃなくて行員だったりするので、株式『会社』という呼び方には何となく違和感があるのですが……


なお、「つるがパン」の店舗も北国街道沿いにあります。




【おまけ】
金沢の袋町に、「旧北国街道」の碑がありました。


Img_0584


北国街道はこんなところまで繋がっていたんですね。

2014.12.01

ニュースキャスターになろう!

JR高岡駅にこんなものが。
「ニュースキャスターになろう!」と書いてあります。


Img_0455


写真を撮ったら、Faceboolやtwitterにハッシュタグを付けて投稿してねということだそうです。


Img_0461


でも新幹線の駅はここではなく、約1.5km離れたところに建設中の「新高岡駅」なんですけどね。


北陸新幹線と言えば、JR金沢駅では新幹線ホームの壁に大きなパネルが出来ていました。


Img_0606


前に来た時はまだ工事中で、隙間から案内版が見えてましたが。


Img_5409


さすがにあのままという訳にはいかなかったのでしょうね。


金沢市役所前にもパネルが設置されていました。


Img_0515


後のツエーゲン金沢J2昇格のほうが目立っている気もしますがww

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp