2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 夢のたいら食事編 | トップページ | 夕陽が沈む »

2014.10.15

水車の里

城端で善徳寺に続く目的地は「水車の里」でした。


Imgp9308


城端へは何度か来ていますが、ここへ行ったのは初めてでした。
ネットで何か無いかと探していたら見つかったので、行って見ようと思ったのです。
この辺りが水車の里となった理由は不明とのことですが、城端は意外と坂が多く、水車は昔から使われていたそうです。


善徳寺の山門を出てまっすぐ道なりに進むと、「水車ウォッチングロード」と呼ばれる通りに出ます。


Imgp9310


Imgp9327


ここにも水車が。


Imgp9390


小屋の中にあるのかと思ったら、手前の用水のところに水車がありました。


Imgp9395


これはちょっと判りにくいww


また、この辺りではそば畑をあちこちで見かけます。


Imgp9354


Imgp9360


そのためか、そば挽き水車というのもありました。


Imgp9362


木製の水車が多い中、この水車は鉄製です。


Imgp9372


そして、この通りの水車のメインと言えそうなのが、祖山発電所の水車ランナーです。


Imgp9337


Imgp9343


周りになにも無い所に大きな鉄の塊が置いてあるので、なかなかのインパクトです。


この水車ランナーがある交差点を南へ曲がると、体育館横にも小さな水車がいくつも並んでいます。


Imgp9402


体育館の壁にも水車の絵が。


Imgp9335


さらに進むと、木製の大きな古い水車が展示してありました。


Imgp9444


その先には「城端水車公園」なるものが。


Imgp9460


Imgp9468


神社の敷地内のような所にありますが、池に水も無く、手入れもされていない感じです。


Imgp9453


Imgp9463


これらの水車は観光に利用しようとしている訳でも無さそうで、今ひとつ存在理由も不明です。町おこしのようなものではあるのでしょうが。
観光で見に行くほどのものではありませんしね……

« 夢のたいら食事編 | トップページ | 夕陽が沈む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/60480811

この記事へのトラックバック一覧です: 水車の里:

« 夢のたいら食事編 | トップページ | 夕陽が沈む »

にほんブログ村

Amazon.co.jp