2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014.09.30

新湊の旧南島商行本店

9月の中頃に高岡-新湊や黒部-入善へ行ってきた時のネタがまだまだ残っているので、しばらくはその辺りのネタが続きます(^^;)


万葉線の六渡寺駅の近くに、古い西洋風の建物が建っていました。


Imgp0528


六渡寺駅にあった看板によると、大正4年に建てられた南島商行の社屋で、今でも別の会社が本社として使っています。


Imgp0535


レンガ造りのように見えますが、実際は木造レンガ張りなんだそうです。
国の登録有形文化財に指定されているそうで、建てられた当時は物珍しさから「新湊のロンドン」と言われていたと看板の説明書きに書かれていました。
高岡では富山銀行本店もレンガ造りの建物が今でも銀行として営業していますね。

2014.09.29

三國湊座の三國バーガー

三国の昼食は三國湊座の三國バーガーでした。


Imgp6308


ご当地バーガーというのもあちこちにありますが、三國バーガーもその一つのようです。地元の食材を使っており、三国産のらっきょが入っています。
単品もで販売していますが、今回は休日限定の「三國Sセット」を頂きました。


Img_5505


三國バーガーとドリンク、さらに「あげ酒まんじゅう」が付いてきます。


Img_5507


Img_5510


酒まんじゅうも三国の名物のようで、ここへ来る途中にも酒まんじゅうを販売しているお店を見かけました。


三國バーガーは福井産の牛と豚を使ったパティがとてもジューシーで、らっきょの食感も良く、美味しかったです。
酒まんじゅうも揚げることで外がカリッとした食感になって美味しかったです。

2014.09.28

三国で出会った猫たち

三国の町中を散策していると、あちこちで猫に出会いました。
漁港があるので港近くに猫がいるのでは無いかという期待はあったのですが、残念ながら漁港付近では見かけられず。
その代わりというわけでもありませんが、何故か町中ではよく猫を見かけました。


最初は三国湊座の横にある種苗屋さんの前を猫が歩いていました。


Imgp6328


飼い猫では無かったようですが、種苗屋さんの前にエサ箱が用意されていていました。人にも慣れていて、近寄っても逃げていくどころか、近寄ってくるほどでした。


三国湊城址にて。


Imgp6434


ほこらの中で寝ていた猫がいたのでカメラを向けるとこちらに気づいて起きてきました。
中からこちらを伺っている姿がなんだか可笑しかったです。


龍翔小学校跡へ登って行く坂の下で。


Imgp6599


耳が切られているので、飼い猫では無いものの地域猫のような存在でしょうか。
「何してるの?」って感じでずっとこっちを見てました。


町中にて。


Imgp6623


立派な首輪を付けてますね。この家の飼い猫なのでしょう。
動作がとても優雅でした。


こちらも町中で。


Imgp6647


前を通ると一瞬目を開けましたが、また寝てしまいました。


おそば屋さんの前。
黒猫の親子(たぶん)です。


Imgp6807


横には別の仔猫が2匹。


Imgp6804


みんなこのお店で飼われている猫たちのようです。
写真を撮っていると、親猫らしき猫が近づいてきました。


Imgp6814


「うちの子になにしてるの?」って感じで寄って来たのかと思いましたが、そうでも無かったようで、足元にまとわりついてきました(^^)
奥には黒猫の子供がもう一匹。


Imgp6834


全部で6匹の猫がいました。


最後は三国港の近く。


Imgp6852


奥の方には白いのも一匹見えますね。


不思議なことに、犬には全く出会いませんでしたね。
犬がいないと言うことでは無く、みんな室内で飼われているだけなんでしょうけど、全く見かけなかったというのもちょっと珍しかったですね。

2014.09.27

三国散策その2・三国駅編

午後は三国駅へ戻ってきて、三国の町中を散策。
最初の目的地は旧森田銀行本店でした。


Imgp6395


しかし残念ながら外観の工事中です。
本来ならこんな姿が見られるはずだったのですが。


Img_5511


中の見学は可能だったので、中を見てきました。案内員の方が中を説明してくれます。
なお、10月末からは内装の工事も始まるそうです。


町中を歩いていると、あちこちに大きな倉庫のような建物があります。


Imgp6404


三国祭の山車が保管されてます。
18基の山車があって、山番にあたった6基から7基が巡行するそうです。
ガラス張りになっていて、中の山車が見えるようになっている所もありました。


Imgp6408


Imgp6412


町中を抜けて次の目的地である汐見公園に到着です。


Imgp6502


桜が有名なところだそうですが、この時期はあまり人もいなかったです。
公園は九頭竜川と竹田川が合流する場所にあります。轍の草むらを抜けて合流地点へ。


Imgp6519


Imgp6527


水は海へ向かって流れているはずですが、海の波の影響か、あるいは風が海から吹いてきていたためか、海から山に向かって水が流れているように見えました。
戻って来る途中、九頭竜川側では彼岸花がきれいに咲いていました。


Imgp6571


彼岸花が咲いているところはあちこちにありましたが、もう終わりに近い所が多かったです。しかしここはまだ花が咲く前のつぼみの物もあるほどでした。
次の目的地に向かうためのまた町中を散策しながら移動していると、坂を登った先に空き地が出現。


Imgp6601


子供の遊び場に良さそうな所だなと思いながら見ていると、なんと単なる空き地では無く、龍翔小学校の跡地だったのでした。


Imgp6600


Imgp6603


今は保育所になっていると思われるような看板もありましたが、それらしい物はどこにも見当たりません。


Imgp6607


結局保育所はどこにあったのでしょう?


さらに歩き続け、目的地に到着。
しかしその前に隣にある成田山へ。


Imgp6747


Imgp6723


派手な本堂です。
商売繁盛の神様だということで、寄進しているのは企業が多いですね。
展望台もありました。


Imgp6738


広角レンズを持ってくれば良かったその2でした(^^;)


そして最後の目的地であるみくに龍翔館へ。


Imgp6752


Imgp6757


三国の歴史や文化を展示する博物館となっています。建物は龍翔小学校の建物がモチーフになっているそうです。
ここへは数年前にも一度来たことがありますが、二度目の訪問となりました。
4階には展望台もあり、三国の町を360度見渡すことができます。
隣の成田山の大駐車場も見えますww


Img_5521


ここが一杯になるほどの人が集まることもあるという事なんでしょうね。


これで今回の三国散策は終了……のはずだったのですが、ちょっとしたトラブル(笑)があって、三国港駅まで(今度は車で)移動しました。
幸いトラブルは解決し、三国港駅に戻ってくる頃には夕陽がきれいに見えていました。


Imgp6867


ちょっとしたトラブルはあったものの、そのおかげで夕陽も見られましたし、天気も良かったでので(暑すぎて歩いていると汗だくになるほどでしたが)、結果オーライですかね。
聖地巡礼と思われる方々にも数名遭遇しましたし、やはりそれなりに来ている人はいるようです。ただ、放送終了後もこれが続くとはちょっと思えないですね。

三国散策その1・三国港駅編

土曜は福井の三国へ行ってきました。
某アニメの舞台となっていて、所謂聖地巡礼に訪れる人がたくさんいると聞きます。
アニメのほうは正直よく判らない内容で、いまいち盛り上がりに欠けているようにも思えますし、本当にそんなに人が来ているのかかなり疑問だったので、ちょっと様子を見てこようと思って行ってきました。
また、アニメに出てくる眼鏡橋というのがなかなか雰囲気のある橋で、是非これを実際に見てみたいという事もあり、三国駅~三国港駅間はえちぜん鉄道の電車に乗って移動することにしました。


まずはえちぜん鉄道三国駅へ。


Imgp5725


駅ビルというより、雑居ビルの中に駅が入っているという感じです。
ここから三国港駅まで一駅だけですが電車に乗ります。


Imgp5763


そして終着の三国港駅に到着。


Imgp5862


終着駅ですが、車両基地のような物は全くありません。
駅構内は複線になっているので係留は出来なくはありませんが、そのような用途では使われていないのでしょう。到着した電車は全て10分ほど後には折り返しで福井へ戻っていきます。
駅から眼鏡橋へは徒歩1分くらいです。


Imgp5822


Imgp5818


大正2年に建設され、国登録有形文化財に指定されています。
橋を渡って坂を下り、駅の反対側から電車が来るのを待ちます。


Imgp6234


駅のホームからも見えるのですが、ちょっと角度が付いていてこちらからの方がよく見えました。
ちなみに電車の中からはこんな感じに見えます。


Imgp6290


駅の裏側にはこんな物もありました。


Imgp6270


Imgp6264


国鉄時代の遺構だそうです。案内看板が無ければただの古いコンクリートですねww
そのせいか、とても判りやすいところに案内版があります。


駅を出て次なる目的地へ向かうため、海沿いを歩いて行きます。
海沿いは三国港となっていて、多くの船が係留されています。土曜なので漁は休みだったようですが、時々海へ出て行く船がありました。


Imgp6030


少し歩くと、三国サンセットビーチという海水浴場があります。


Imgp5971


既にシーズンは終わっているので人はまばらですが、シーズン中は多くの人が訪れる人気の場所だそうです。
このビーチの端に突堤があります。


Imgp5986


竣工は明治15年で、国の重要文化財に指定されているとのこと。


Imgp6034


多くの人が釣りをしていましたが、重要文化財の上で釣りをしているという意識は無いでしょうねww


ビーチを歩いているとこんな物が。


Imgp6059


やはり来ている人はいるんですね。


ビーチの端にはヨットが。


Imgp6067


地元の大学のヨット部(?)という感じでしたね。


海とハトというのはちょっと珍しい?


Imgp6082


東尋坊も見えます。


Imgp6091


案外近いです。さすがに歩いては行けませんが(^^;)


広角レンズ(10-20mm)を持って行けば良かったですね。


Imgp6194


そして次の目的地である白山神社に到着。


Imgp6150


さすがに一般の観光客はわざわざ来ない場所でしょうから、ここに来ている人は確実にそれが目的の人でしょう。
ちなみに先客が一名おられました(^^)
境内には何故か化木石がいくつか置かれていました。


Imgp6140


この神社との関係は判りませんでしたが。


この後は三国港駅まで戻り、また電車に乗って三国駅まで戻り、午後は三国の町中を散策します。
(三国駅編へ続く)

2014.09.26

有磯海SAにも恋人の聖地が……

北陸自動車道有磯海SA(下り)です。


Img_5309


レストランはホテルニューオータニ高岡が経営しています。レストランで食べる事はまず無いので個人的には関係無いですが(^^;)


芭蕉の句碑もあります。


Img_5326


Img_5329


有磯海SAは、日本で初めて実際には存在しない地名を名称としたサービスエリアなんだそうです。


そして、ここにも「恋人の聖地」がww


Img_5312


写真撮影用の台も用意されています。


Img_5319


Img_5321


照明もハート型です。


Img_5323


恋人の聖地っていったどれだけあるんでしょう?

2014.09.25

越前竹人形の里は竹づくし

福井では「たけふ菊人形」というのが全国的にも有名ですが、丸岡町には「越前竹人形」というのがあるんですね。
その竹人形の展示・販売をしている「越前竹人形の里」というところがあると言うことで、ちょっと行ってみました。


Img_5442


Img_5489


入口には大きな勧進帳の人形がお出迎えです。


Img_5443


これも竹で作られています。


Img_5448


外にあった休憩用のベンチも竹製です。


Img_5462


一階は竹人形の展示・販売と、福井のお土産各種の販売を行っています。
商品の写真撮影は禁止(そりゃ常識的に考えてそうでしょう)ということで、商品では無いものを一枚だけ撮ってきました。


Img_5464


人形だけでは無く、竹を使ったいろんな物が販売されていました。
お手軽な値段のものではコースターや耳かきなんていうものもあります。珍しい物では、竹製の大根おろし器なんかもありました。
竹製の花瓶(当然、中には別の花瓶を入れるのですが)やバッグなんていうものもあります。これらがなかなかいいお値段で、数万円から高い物は20万円の値段が付いていました。
竹人形も小さなものは千円台からありますが、高い物はやはり10万円台とか、注文生産で値段が書かれていないものも。気軽に買えるお値段ではありませんね(^^;)


二階は食堂スペースになっています。
場所が丸岡インターから永平寺へ向かう途中にあり、団体バスツアーの昼食場所として利用されることを前提とした施設なんでしょうね(だから普通のお土産も売ってます)。
広い食堂のほとんどが団体向けの予約スペースとなっています。もちろん個人のお客さんも利用可能です。
食堂の箸入れも竹製です。


Img_5468


割り箸も竹製でした。


Img_5482


ちなみに、お茶も「ささ茶」でした。


今回は「揚げおろし笹うどん」というのを頂いてきました。


Img_5477


福井では蕎麦が有名で、おろしそばというのがありますが、こちらはそのうどん版のようなものでしょうか。
揚げは「竹田の油揚げ」では無いかと思われます。
うどんの麺には熊笹が練り込んであり、きれいな緑色になっています。


食後は一階の喫茶スペースで「笹ソフト」を頂いてきました。


Img_5488


こちらも笹パウダーが入っていて、薄い緑色をしています。
味は抹茶ソフトを少しあっさりさせたような感じでした。
なお、カップとコーンが選べますが、ソフトクリームはやはりコーンで無いと、ということでコーンを選びました。
カップの場合は笹の形をしたクッキー(これもお土産として販売されています)が1枚付いてくるようです。
また、「雪塩ソフト」というのもあり、宮古島の雪塩が入っているとのこと。
これも美味しそうでしたが、塩ソフトは以前他で食べたことがあったのと、塩が地物では無かったので今回は笹のほうを選びました。
ちなみに宮古島の雪塩を使ったソフトクリームが食べられるのは本州ではここだけとのことです。


食後は別棟にある越前竹人形工房へ。


Img_5460


こちらの入場は有料で、一般300円、中学生以下150円となっています。
中ではここで販売されている竹人形の制作を行っていて、職人さんが作っている所を見学出来ます。ただ、この日は祝日だったせいか、あるいはちょうどお昼休みだったのか、職人さんの姿はほとんどありませんでした。
他には創作竹人形館に竹人形作品が展示されていたり、製作体験が出来る工房(材料費等が別途必要)があったりします。


丸岡へは何度も行っていますが、竹人形の存在は知りませんでしたし、このような場所があることも知りませんでした。
何度も行くような場所では無いかもしれませんが、一度くらいは行ってみてもいいかなと思います。

2014.09.24

秋の交通安全かかし祭り

今年も知気寺で「秋の交通安全かかし祭り」が行われています。


Imgp5213


Imgp5210


Imgp5180


Imgp5193


地元の子供達が作ったかかしが並んでいます。
昨年はくまモンやふなっしーがいましたが、今年は「ひゃくまんさん」です。


Imgp5183


最優秀賞です。でもちょっと細め?


アイディア賞は「マツコデラックス」ですww


Imgp5181


是非ご本人に見せてあげたいですね(^^)


今年は絶対にあると思った・その1、アナ雪シリーズ。


Imgp5191


オラフっていう名前なんですね。他にも3ついました。さすが人気のアナ雪です。


今年は絶対にあると思った・その2、妖怪ウォッチ。


Imgp5203


やはり子供達に大人気ですね。


こちらのタイトルは「女の子」。


Imgp5208


他はみな何かのキャラクターですが、これは特に何かのキャラクターという訳でもなく、オリジナルなのかな?


みんな上手く作ってますね。

2014.09.23

お彼岸なので彼岸花を……

今日は秋分の日。
彼岸の中日ということで、彼岸花を見に行ってきました。


まずは樹木公園です。


Imgp5068


Imgp5071


かなり咲いてます。


Imgp5079


まだ朝の9時前でしたが、既に写真を撮りに来ている人がいました。
そして、私が写真を撮っている間にも次々とカメラを持った人がやって来ます。


日の当たる部分と陰の部分の明暗差が大きすぎてなかなか上手く撮れませんでした……


Imgp5155


たくさん咲いている場所の花はまだきれいでしたが、少し離れたところに咲いている花は傷み始めているものもありました。見に行くなら早めに行ったほうがいいかもしれませんね。


駐車場のカツラも色づきが進んでいました。


Imgp5046




次は狐山古墳です。


Imgp5218


入口近くのところはかなり隙間がありますが、奥の方はびっしりと咲いていました。


Imgp5238


ここ2、3年はあまりきれいに咲いている時に行けなかったので、久しぶりに見頃に行くことができました。


Imgp5227


Imgp5258


Imgp5299


花もきれいで、傷んでいるものはまだほとんど見当たりません。


Imgp5287


今が一番の見頃なのではないでしょうか。
まだ咲いていない芽も少しありましたので、今週末でもまだ十分に見頃だと思います。




最後は中野重治墓地です。


Imgp5340


こちらもたくさん咲いています。


Imgp5360


Imgp5507


しかし、近づいて見るとかなり痛み始めている花も多く、見頃は少し過ぎてしまっていたようです。
せめて先週末に来ていればもう少しきれいだったかも。


Imgp5405


Imgp5472


去年はどこへ行っても見頃を外してしまった感じだったので、それに比べると今年はまだ良かったです。

2014.09.22

改装中の金沢駅には待合室が無い?

北陸新幹線金沢開業に向けて改装中の金沢駅です。


Img_5384


あわよくば新幹線車両が見られないかと思って見てみましたが、やはり土曜だったので試験走行は行われていないようです。
線路上には作業をしている人がいました。


Img_5391


これでは走っていない事は確実ですね。


駅のコンコース、この奥に新幹線のホームがあります。


Img_5407


最終的にはここは壁になるんでしょうけどね。
隙間から、案内版が見えました。


Img_5409


開業日も決まり、ポスターや看板も増えてきました。


Imgp5042


Img_5393


Img_5434


それでも、新幹線開業そのものについての盛り上がりは富山に比べると低いような気がします。この辺りは中間駅の富山と終着駅効果が確実に期待できる金沢との意識の違いかもしれませんね。
対して、観光客への対応についてはかなり力が入っているように感じます。
金沢百番街のおみやげ館あじわい館が「あんと」としてリニューアルオープンしましたし、東口ではこんなサービスもやってました。


Img_5414


観光客の増加を見込んだサービスなどは増えて来ていますね。


さて、今回金沢駅へ寄ったのは「あんと」を覗いてこようと言うこともありましたが、一番の目的は昼食に久しぶりに駅の蕎麦を食べてこようということでした。
ところが、待合室の横にあった白山そばが見当たりません。それ以前に、そもそも待合室が無いのです。
以前待合室があった場所は新幹線ホームの工事で無くなってしまっています。どこかに仮設の待合室でもあるのかと探してみましたが、そんなものも無さそうです(単に見つけられなかっただけかもしれませんが、そうだとしても案内も無いのはあまりに不親切です)。
コンコースにはベンチの類いは一切ありませんし、どこかに座りたいと思ったらどこか飲食系の店に入るしかないのです。ホームへ入ってしまえばベンチはありますが、そんなに数が多いわけでもありません。
新幹線の工事が終われば待合室も復活するのかもしれませんが、暫定でもどこかに作る事は出来なかったのでしょうか。商業施設の拡充も必要でしょうが、乗客に対するサービスとしては待合室のほうが重要なのでは無いかと思うのですが……




【おまけ】
「あんと」の東口側の入口近くに、C58の動輪が展示されています。


Img_5403


Img_5395


七尾線を走っていたC58-140の動輪です。
これは以前からここにあったものですが、そもそも百番街へ行くことがほとんど無かったので、駅へは行ってもここへはほとんど来たことがありませんでした。
今回、「あんと」を覗きに行ったときに前を通ったので、ついでに写真に収めてきました。

2014.09.21

金澤烏鶏庵東山店の烏骨鶏卵ソフトクリーム(金箔入り)

香林寺からの帰り、ひがし茶屋街を通ってきました。


Imgp4849


相変わらずの人の多さと、明暗差の大きさで、写真を撮るには向いてないですねww
今回は写真を撮るのが目的では無かったのですが、せっかく来たのだからと少しは撮ってきました。


Imgp4898


Imgp4908


Imgp4865


Imgp4883


Imgp4881


Imgp4927


さて、今回の目的はこちら、「金澤烏鶏庵 東山店」です。


Imgp4834


金澤烏鶏庵といえば烏骨鶏の卵を使ったカステラが有名ですが、東山店では「烏骨鶏卵ソフトクリーム」を販売しています。


Imgp4835


烏骨鶏卵ソフトクリームが500円、金箔付きが700円ですが、せっかくなので金箔付きのほうを頂いてきました。


Img_5432


金箔がたっぷりと乗っています。
金箔自体には味はありませんが、烏骨鶏卵ソフトクリームはとても濃厚で、烏骨鶏カステラを食べているかのような味です。ミルクが濃厚なソフトクリームというのはよくありますが、それとは全く違っています。好き嫌いはあるかもしれませんが、他ではちょっと味わえない味ですね。
金箔付きというのが金沢らしい感じがしますし、観光に来られた際には話のタネにお一ついかがでしょうか?




【おまけ その1】
浅野川大橋交番横の「まちのり」ポートです。


Imgp4808


ここに「花咲くいろは」バージョンの自転車がいました。


Imgp4812


スポンサー広告のエリアに、湯涌ぼんぼり祭りの宣伝として出しているようですね。
祭が終わると広告も無くなってしまうかもしれないので、乗りたい方は早めに行ったほうがいいかも。




【おまけ その2】
東山河岸緑地から茶屋街のほうへ行く通路で猫を見かけました。


Imgp4829


緑地には、猫に餌を与えないでという看板も出ていましたので、この辺りに住み着いているノラかもしれません。
警戒はされているようでしたが、逃げていくことはありませんでした。

2014.09.20

キバナコスモスと白い彼岸花

土曜の午前中はIOX-AROSAのキバナコスモスまつりへ行ってきました。


Img_5379


Imgp1576


咲き具合は六分から七分咲きといったところでしょうか。


Imgp1583


Imgp1680


それでも、遠目には一面のオレンジに見えますし、枯れている花も無いのでとてもきれいです。


Imgp1659


Imgp1691


通路沿いには黄色いコスモスが植えられていますが、これもキバナコスモスなんだそうです。


Imgp1629


Imgp1712


ゴンドラがコスモスの中に沈んでいくようで面白かったです。


Imgp1797


キバナコスモスまつりは10月5日まで開催されています。来週末には満開になっているのではないでしょか。


午後からは金沢に戻ってきて、香林寺の白い彼岸花を見てきました。


Imgp4492


Imgp4669


Imgp4503


たくさんの花が咲いています。


Imgp4520


Imgp4633


こちらも花の状態が良く、今が一番の見頃かもしれません。


Imgp4584


Imgp4714


奥に一株だけ赤い彼岸花が咲いていました。


Imgp4645


イヌサフランも一部で咲き始めています。


Imgp4652


白い彼岸花は今月中は十分に見頃なのではないでしょうか。

2014.09.19

万葉線のネコ電車

先日高岡で万葉線に乗りましたが、その時の電車はネコ電車でした。


Imgp0403


万葉線自体、数えるほどしか乗ったことはありませんので、このネコ電車に乗るのも初めてでした。
正面に大きくネコの顔、側面にはいろんな動物たちの絵が書かれています。


Imgp1119


Imgp0619


車内の天井にも動物たちが。


Img_5287


Img_5288


シートの背もたれにもネコの絵が書いてありました。


Img_5291


車輌はかなり古い物のようですし、かなり前から走っているのは見ています。
それでも新しいアイトラムの車輌よりもこちらのほうが個人的には好きですね。
人気はドラえもんトラムにすっかり奪われてしまったようですが。

2014.09.18

冷やし小松うどん

ちょっと前の事ですが、加賀方面へ向かい途中、軽く昼食を食べようと「道の駅 こまつ木場潟」へ立ち寄りました。
カレーうどんでも食べようと思っていたのですが、いつのまにかメニューから無くなっていました。
しょうがないので別の物をということになりましたが、やはりうどんが食べたかったので、「冷やし小松うどん」(400円)を頂くことに。


Img_5158


とってもシンプルで、ネギとしょうが以外はカブッキーのかまぼこのみです。


Img_5162


ここに来ると、何故かうどんが食べたくなるのでした。
ただ、カレーうどんが食べられなかったのが、後に吉宗へ行こうと思い立った理由の一つではあったのですが(^^;)

2014.09.17

高岡城址公園の動物園

先週の土曜日、午前中は高岡城址公園を少し散策していました。
とてもいい天気で、青空と白い雲がきれいでした。


Imgp0140


気温はそれほど高くなかったのですが、晴れていて日差しはちょっと強かったので、日が当たるところでは気温以上に暑かったです。
動物園のペンギン舎では、上から水をシャワーのように放水していました。


Imgp0178


ペンギンたちも暑さのせいか、あまり動きません。


Imgp0169


Imgp0246


泳いでいたペンギンは元気でした。


Imgp0243


立っているとあまり鳥には見えませんが、泳いでいる姿を見ると鳥に見えますね。


カピバラもおとなしくぼーっとしているように見えます。


Imgp0268


しかし、飼育員のお姉さんが檻の中へ入っていくと、エサでも貰えると思ったのかみんな集まってきました。


Imgp0274


何か記録用の写真を撮ろうとしていたようでした。


ここへ来る度、手作りの説明書き看板の内容が変わっていて楽しいです。


Imgp0263


Imgp0264


Imgp0275


こちらも手作りの顔ハメ看板。


Imgp0277


目つきの悪いペンギンの絵がお気に入りです(^^)

2014.09.16

黒部宇奈月温泉駅

北陸新幹線の金沢開業まであと180日を切りました。
金沢までということで、石川県内にはまだ金沢駅しかありませんが、富山県内にはいくつもの駅が作られています。
北陸道を新潟方面に向かって走っていると、黒部インターの手前に黒部宇奈月温泉駅が見えてきます。


Img_5333


黒部インターで降りる予定だったので、目的地へ行く前に駅のほうへ寄ってみました。


Img_5343


Img_5342


まだ工事中で、当然中には入れませんが、外観の工事はかなり進んでいるように見えます。新しく作られる駅の中で、この駅が一番工事が進んでいるのではないでしょうか。


しかし黒部宇奈月温泉駅というのは随分と長い名前ですね。


Img_5338


文字数が7文字というのはフル規格新幹線の駅名としては最多なんだそうです。
「黒部」も「宇奈月温泉」も観光地としてどうしても駅名に入れたかったという気持ちは伝わりますがww

2014.09.15

宇奈月麦酒館のビールソフトクリーム

三連休もとうとう最終日。
連休中は天気が良かったのですが、最終日は雨こそ降らないものの、雲が多くてあまり青空は望めませんでした。すっきりと晴れ上がっていたら先日のリベンジで獅子吼高原に行こうと考えていたのですが、この天気では前回よりも訳が悪いです。
他には何も考えていなかったので、どうしたものかとネットをぼんやりと眺めていたら、黒部にちょっと面白いものがあるのを見つけたので行ってみることにしました。そこまで遠出する予定は全くなかったんですけどね(^^;)


そんな訳で行ってきたのは、道の駅うなづき宇奈月麦酒館です。


Img_5351


ここでは黒部は名水を使った地ビールを生産しています。
2階の休憩所からはビール工場の様子を見ることが出来ます。


Img_5355


思ったよりこぢんまりしていますが、地ビールなのでこんなものなんでしょう。メーカーの大量生産とは違うんでしょうね。
1階からも見える場所はありますが、2階からのほうが全体が見渡せるので、階段を登って2階まで行ってみることをオススメします。
私はビールはほとんど飲まないのでビールにはあまり興味はありませんでしたが、惹かれたのはここで売っている「ビールソフトクリーム」でした。


Img_5358


うっすらとビール色というか、茶色がかった色をしています。
一口食べると、ビールの香りがします。アルコールは入っていないそうですが、ホップの香りなんでしょうかね。食べたことのない味でした。甘さも控えめで、とても美味しかったです。
日本酒が入ったソフトクリームは案外あちこちにありますが、ビールというのは珍しいのではないでしょうか。
他にも軽食でビールカレーやビールカレーパンなんていうのもありました。


道の駅ということで、中にはレストランもあります。
また、向かいにはお土産やさん「うなづき食彩館」も併設されています。


Img_5348


もちろんここで作られている地ビールも販売していますので、ビール好きの方にはオススメの場所ですね(地ビールは宇奈月麦酒館、うなづき食彩館のどちらでも販売されています)。
また、ビール好きでなくても、ビールソフトクリームはぜひ一度食べて見て欲しいです。


何故だか外には黒部川の石が展示されていました。


Img_5347


黒部川のすぐ近くなのであってもおかしくはないのかもしれませんが、わざわざ石を展示している理由はよく判らなかったです……

2014.09.14

久しぶりの吉宗

土曜の昼は久々に吉宗のカレーうどんでした。


Img_5274


前回食べに行ったのは、もう何年前のことになるでしょうか。
相変わらずの人気と聞いて、少し早めの時間に行こうと考え、11時半少しには店に到着しました。しかし既に店の前には人が並んでいます。


Img_5273


それほど大人数ではないですが、店の中にも待っている人がいることを考えると、30分近くは待たないといけないかも。一応、その程度の待ちは計算のうちだったので、素直に列に並びました。写真を撮っているうちにさらに2組ほど前に並ばれてしまいましたが(^^;)


店の中に入るまでに15分ほど、さらに席に案内されるまでが5分ほど。思ったよりも早かったかもしれません。しかし、いつもの事ながら、席に着いてからものが出てくるまでがまた時間がかかります。さらに10分ほど待って、トータル約30分でカレーうどんにありつけました。


Img_5283


Img_5280


カレーうどんにトッピングのネギ増しとごはんです。
カレーの中には大きな鳥肉がたくさん入っています。


Img_5285


この鳥肉はカレーと一緒に煮込んでいるのではなく、別に煮込んでおいた物をカレーに混ぜています。そのため、中はまだ少し冷たいものもありました。煮込み自体は行われているので、火が通っていないと言うことではありませんが。この鳥肉は煮込む時に味付けがされていて、カレーの中に入れるにはやや味が濃すぎる気がします。カレーに入れるのだから味付けはなくてもいいくらいだと個人的には思います。


値段は先日の消費税8%時に値上がりしたようで、トータル金額は1,200となってしまいました。


Img_5278


また、以前と比べるとカレーのこってりさが若干薄まったようにも感じます。以前はもっと普通のカレーをかけたような感じだったような記憶があったのですが。
それに、以前はもっと熱々のカレーだったと思うのですが、ちょうど食べやすい熱さになっていました(それでもカレーなので食べていると汗が出てきますけどね)。
それらが理由なのかは判りませんが、以前に比べると客の回転が良くなったような気がします。店を出たのは12時20分くらいでしたが、店の前で待つ人の姿はそれほど多くはありませんでした。さらに10分くらい後に店の前を通ったのですが、そのときにはもう店の前で待つ人はいませんでした。店の中ではまだ待っている人はいたでしょうけど。それにしてもやはり以前より回転が良くなっていると感じます。変わらないので、席に着いてからうどんが出てくるまでの時間ですね。これはうどんをゆでる時間が必要になるためしょうがないでしょうけど。
前回訪問からはかなり時間が経っているので、思い違いと言うこともあるかもしれませんが……


値段は少々上がってしまいましたが、ボリュームたっぷりで美味しいカレーと言うところは変わっていませんね。
ご飯を注文するとちょっと量的に多すぎになってしまうのですが、カレーがたっぷりで大量に余ってしまうので、どうしてもご飯が欲しくなってしまうんですよね。

2014.09.13

万葉線徒歩の旅

土曜は高岡へ行ってきました。
目的はいくつかあったのですが、その一つが万葉線の線路沿いの道を歩くというものでした。
さすがに全線を歩く元気はありませんし、市街地は特に面白いものも無いので、まずは庄川口駅まで万葉線で移動し、そこからとりあえず米島口駅までは歩こうという計画です。その先は状況次第でということで。
というわけで庄川口駅に到着。ここからスタートです。


Imgp0423


ここでは万葉線は、国道415号と平行して走っています。


Imgp0426


国道の青い橋がきれいです。
志の輔さんの車内アナウンスで、写真を撮るのに良い場所だと言うようなことを言っていたので、車窓から写真を撮っていました。


Img_5292


国道の橋の上で電車が来るのをしばし待ちます。
日中は15分間隔で走っているので、特定の電車(ドラえもんトラムとか)を目的にしているのでなければ、かなり頻繁に電車は通ります。


Imgp0487


橋を渡って六渡寺駅へ向かいます。
しかし、駅の場所は判っているのですが、そこへ行く道が判りません。


Imgp0529


信号の所にあった看板に説明がありますが、「■い歩道」としか見えません。「白い」と書いてあるのかなと思ったりもしましたが、白い歩道っていうのがどれなのか判りません。


Imgp0529b


とりあえず線路のほうへ向かって歩いて行く事に。


Imgp0530


するとその先に駅はありました。


Imgp0533


ここからは線路沿いに道が無いので、少し離れて伏木港のほうへ進みます。
港には海上保安庁の船が停まっていました。


Imgp0700


道路には線路の跡が。


Imgp0716


昔は港の方まで線路があったんでしょうね。
少し回り道になりましたが、中伏木駅の手前で線路のほうへ戻って来ました。


Imgp0730


中伏木駅の少し先から、線路は専用軌道から併用軌道になります。


Imgp0758


ちょうど高岡方面からの電車がやってきました。


Imgp0757


それほど広い道では無いので、車用の車線はかなり狭いです。


Imgp0810


車を運転していると、もっと近くに感じるのではないでしょうか。
さらに、この区間にある吉久駅は、道路上の青いスペースです。


Imgp0821


ここで電車を待つのは怖いですね。


Imgp0834


土曜の日中だったためか、車の通りは少なかったですが、平日の朝夕なんかはもっと車も多いのではないかと思いますし。


吉久駅からは少し線路を離れて、「吉久さまのこの残る町並み」という所へ行ってみます。


Imgp0875


ここは万葉線のホームページにある観光施設として紹介されていた場所ですが、初めは何と読むのか判りませんでした。どこで切るのか判らないんですよね。なので、『吉久さま』の『こ』が残っているのかと思いました。しかし、『吉久さま』って誰だ? とか、『こ』って何だ? という疑問が。
調べてみると、『吉久地区』の『さまのこ』が残っている町並みという意味だったんですね。『さまのこ』というのは千本格子の事なんだそうです。それを知っていれば読み間違うことは無かったのかもしれませんが……


Imgp0884


Imgp0882


ただ、想像していたほどのものではなかったですね。確かに千本格子のある建物はいくつかありましたが、そうではない普通の家のほうが多かったです。その分、金屋町ほど観光地化はされていないのがいいところではありますが。
ただ、少し調べてはみたのですが、今ひとつどの辺りがそうなのかが判らなかったと言うことはあります。ひょっとすると、一本奥とかの別の通りにもそういう場所があったのかもしれません。


新吉久の手前からまた線路沿いに戻ります。
すると、ちょうどドラえもんトラムがやってきました。


Imgp0915


ドラえもんトラムは3回くらいは見かけましたが、ちゃんとした写真に撮れたのはここだけでした(^^;)。


新吉久を過ぎると、次は能町口駅です。
ここからはまた専用軌道に戻ります。


Imgp1152


ここは国道415号が高架になっているので、高架の上に線路を引くことが出来なかったから専用軌道になっているのではないかと思われます。


Imgp1182


高架の下はJRの貨物線が通っています。


Imgp1170


その先にはJR氷見線も通っています。


Imgp1198


万葉線とJR線の両方が走っているところが写真に撮れるといいのですが、そんなに上手いタイミングはなかなか無さそうです。それに、撮るとしたら国道からではなく、下からのほうがいいかもしれません。


米島口駅の手前からはまた併用軌道になります。


Imgp1214


さらに、線路は複線になって、高岡駅まで続いています。
米島口駅のそばには万葉線の本社があり、車庫があります。


Imgp1270


車庫には先日まで試験走行を行っていたハイブリッド型電車も停まっていました。ハイブリッド型電車は走っている時に見てみたかったですね。
既に営業運転には使われていない古い電車は除雪車として使われているのでしょうか。


Imgp1265


さて、ここまで約5kmを2時間半もかけて歩いてきましたが、かなり疲れました。
午前中も2kmほど歩いているとは言え、ウォーキングでは1時間で6km強を歩いているので、それに比べると全然楽なはずなんですが……
結局この後は少し寄り道も含めてさらに1kmほど歩いた後、、新能町駅から万葉線に乗って帰って来ました。この先はずっと市街地を走る路面電車になるので、特に面白い所もありませんし。


疲れましたが、天気にも恵まれ、なかなか面白かったです。今度は中新湊辺りを散策してみたいですね。

2014.09.12

航続可能距離0km

うちの車、メーター部にマルチインフォメーションディスプレイとやらが付いていて、燃費やバッテリー残量などが表示されますが、その中に航続可能距離の表示というのがあります。
どういう基準で算出されているのかは不明ですが、少なめに表されるのは間違いないようです。多めに表示されて、「まだ○○km走れると出ているのにガス欠になったぞ」というクレームが来ると困るでしょうからね。
この車になってから、燃料給油の警告灯が鬱陶しいこともあって、比較的早めの給油をすることが多かったので、これまで航続可能距離表示のの最低記録は3kmほどでした。その時も実際に給油してみると、まだ100km以上走れるほどの燃料が残っていたりした物です。
今回、久しぶりに航続可能距離が一桁表示になりました。


Img_5152


この後給油に行くつもりだったのですが、それでもスタンドまではまだ3km以上あります。
そしてついに表示が0になりましたww


Img_5153


表示が0になってから2~3km走りましたが、さすがにマイナス表示にはなりませんでしたね。
その状態で給油しましたが、まだ3リッターほど残っている状態でした。

2014.09.11

やましろすぱクロくん

山代温泉古総湯の向かいにある休憩所にあった古総湯の顔ハメ看板です。


Img_5233


新幹線云々と書かれているので、比較的最近作られたものだと思われます。
休憩所建物の中にはもう一つの顔ハメ看板が。


Img_5236


こちらは以前からあるものなのではないかと思われます。


古総湯の看板のほうには「やましろすぱクロくん」というキャラクターが描かれていて、このやましろすぱクロくんが山代温泉のイメージキャラクターになっています。
山代温泉開湯のきっかけとなったヤタガラスがモチーフになっているそうです。


Img_5250


休憩所のベンチにも。


Img_5242


また、お店の前には、その店に合わせた姿をしたやましろすぱクロくんの看板が置いてあるところもあります。


Img_5266


Img_5268


着ぐるみバージョンも存在しているようなので、ぜひ一度見てみたいですね。

2014.09.10

お風呂用メガネ

視力が悪いと、風呂に入る時に困るのがメガネです。
家の風呂ならかけずに入っても問題ありませんが、温泉や銭湯などではメガネが欲しくなります。
以前はいつもかけているメガネをそのままかけて入っていましたが、温泉のお湯は硫黄分などを含んでいたりするので、出来ればあまりかけて入りたくはないと常々思っていました。


先日ネットを見ていたら、お風呂用メガネというのがあるということで、値段もそれほど高くは無い(送料込みで1,600円)ので一つ買ってみました。
メガネのアイガンのお風呂用メガネ「FORゆ」です。


Img_4967


Img_4971


お風呂用ということで、レンズが曇らないというのが一番の特徴です。また、熱に強くサウナにも使えるとのこと。
材質はポリカーボネートを使用しているので壊れにくいとのことですが、ヒンジ部やパッド部はあまり頑丈そうには見えません。パッド部なんかは特に心配です。錆びることが無いのはいいんですけどね。レンズのコーティングなどもほとんど期待できないでしょうから、レンズに傷が付きやすいかもしれません。いずれも、値段を考えれば妥当なところだと思いますけど。
度数は出来合いの物しかありませんし、左右の視力差が大きい人には使えないかも。乱視にも対応していません。
私の場合、SHPが右-4.25、左-4.50だったので、度数-4.00のものを購入しました。かけてみると、若干弱いかなという感じですが、老眼も進んでいるので、少し弱いくらいのほうが近くも見やすいかも。
万人向けではないかもしれませんが、値段も安いのでお風呂専用と割り切れば問題はありませんね。


せっかく買ったのだからやはり実際にお風呂で使ってみないと、ということで、山代温泉古総湯へ行った時に使ってみました。
謳い文句通り、曇ることはありませんでした。
一つ気になったのは、普通のメガネならレンズに反射防止のコーティングが施されているのですが、このメガネはそのようなコーティングもほとんど無いようで、照明の光が屈折して複数になりレンズに映り込むという現象が見られました。状況によってはかなり気になるかもしれません。
多少の問題はありますが、温泉でも気兼ねなく使えるという点はとても魅力なので、買って良かったと思います。

2014.09.09

どうしてこうなった?

先日小浜へ行った時のこと。
行きに美川ICから高速に乗ったとたん、最高速度が50kmに制限されていました。
雨が降っているわけでも無いのに何でだろうと思ったら、根上の辺りで路肩に小型トラックが止まっていました。
事故か故障かは判りませんでしたが、警察が来ていたので事故だったのかもしれません。


そして帰り道。
今度は今庄ICから50km制限に。
また事故か、と思っていたら、今度は一目見て事故だと判る車が路肩に。


Img_5036


横倒しになってます。
しかも、対向車線でも無いのに車の前が見えてます。
長い直線部分ですし、路面も乾いていたのに、どうやったらこんなことになるんでしょうか?
車は一台しか見当たらなかったので単独事故だと思われますが。
乗っていたと思われる人たち数人が警察の聴取を受けていたので、怪我はなかったようでした。


事故には気をつけないといけないですね。

2014.09.08

今年の彼岸花はいつ頃が見頃になるか?

今年の夏も暑かったですね。ようやく朝晩はかなり涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑かったりします。
しかし8月は天気が不順で、雨で被害を受けたところもありました。特に多くの犠牲者を出した広島の土砂崩れは被害の大きさに心が痛みます。
幸い、うちの辺りでは被害はありませんでしたが、天気の影響で野菜が値上がりするなど、家計にも影響が出たりもしました。
この天気が秋の花の時期にどのような影響がでるか判りませんが、とりあえず彼岸花がいつ頃咲くだろうかと思って、現状を下見に行ってみました。


まずは樹木公園です。
駐車場のカツラがほんの僅かにですが色づき始めています。


Img_5141


Img_5144


いつも彼岸花が咲いている場所へ行ってみました。
さすがにまだ花が咲いているとは思っていませんでしたが、例年は9月の中頃には咲き始めているように思うので、早ければ芽くらいは出ているかもと思ったのですが、まったく気配すらありません。やはり下旬から月末くらいからが見頃になるのかもしれませんね。


もう一カ所、加賀市の狐山古墳へも行ってみましたが、こちらも全く気配がありません。


Img_5164


こちらも早い時には9月の中頃に花が見られるのですが、今年はやはり月末近くなのかも。

2014.09.07

山代温泉古総湯と温泉玉子ソフトクリーム

山代温泉には2つの総湯があります。
一つは地元の人たちが銭湯代わりに使っている普通の総湯で、もう一つは観光客向けに明治時代の総湯を再現した古総湯です。
今回は、古総湯のほうへ行ってみました。


Img_5207


Img_5263


Img_5253


場所は総湯のすぐ向かいです。
普通の総湯と違って、体を洗うところはありません。石鹸やシャンプーの使用も禁止です。純粋にお湯に入る場所ということですね。
独立した脱衣室も無く、湯船がある所と同じ空間に、衝立ひとつで区切られた場所が脱衣所になっています。
料金は普通の総湯が銭湯料金なのに対して、少し高めの大人500円ですが、古総湯は源泉かけ流しとなっています(どちらも加水はしていないとのこと)。総湯と古総湯両方に入れる共通券が大人700円でありますので、両方に入ってみたい人はこちらがお得ですね。
体を洗えないので銭湯代わりにはならないかもしれませんが、総湯と古総湯の両方に入るとか、温泉に泊まりに来た人宿の温泉とは別にが外湯として入るのであれば問題はないですね。
総湯は地元の人で混雑していますが、古総湯は(時間帯にもよるでしょうが)空いていて、私が入った時はほとんど貸し切り状態でした。ちょっと変わった風呂に入ってみたい人にはオススメかも。


総湯の横には無料の足湯もあります。


Img_5222


足湯の入口にあったのは、源泉を汲み上げているポンプでしょうか。


Img_5217


Img_5219


駐車場は魯山人寓居跡と共通で、総湯からは少し離れたところにあります。


Img_5185


看板はあちこちに出ていますが、事前に大体の場所を把握しておいた方がスムーズに行けると思います。


風呂上がりには、総湯横の売店で「温泉玉子ソフトクリーム」(350円)を頂きました。


Img_5210


Img_5258


カップに入ったソフトクリームの中央に、温泉玉子が一つ丸ごと入っていて、その上に醤油がかかっています。これをよくかき混ぜて食べるのです。
これがなかなか美味しいのです。
山代温泉に行った際には是非お試しあれ(^^)

2014.09.06

ドラえもんカーがやって来た

9月6日、7日に産業展示館1号館で行われているトヨタカローラ石川の「わがままカーニバル秋2014」というイベントで、5台のドラえもんカーが展示されていました。


Img_5111


映画「STAND BY ME ドラえもん」とのコラボ企画のようです。


Img_5078


ドラえもん以外は着ている服のイメージなので、車だけを見てそのキャラクターを感じるのは難しいか?


Img_5085


Img_5059


Img_5043


Img_5041


Img_5053


のび太の「のび・カー」はメガネをかけてますし、スネ夫の「スネ・カー」は前髪が立ってますけどねww


Img_5108


Img_5103


ドラえもんの「ドラ・カー」には鈴も付いてます。


Img_5046


後には尻尾も。


Img_5068


全車、屋根にはタケコプター装備ですww


Img_5058


空は飛べないでしょうけど。


作りとしては、最近流行のラッピングバスやラッピング列車と同じで、丁寧に作られた新型パッソのラッピングカーですね。


Img_5061


Img_5060


元々外を走ることは考えていないようです。
但し、エンブレム等はラッピングの上から貼り付けてあるので、かなり手間は掛かっていると思われます。


Img_5097


ナンバーは付いていないので当然公道は走れませんが、そもそも展示車に乗ることすら出来ません。触れることすら禁止されてます。


Img_5095


ドラ・カーのカラーリングは限定車で出せば売れそうな感じですね。


Img_5088


シャア専用オーリスを出したトヨタさんだから、塗装バージョンで実現してくれないかな?
ただ、実際に販売するとなると、タケコプターと尻尾は難しそうですけど。
ちなみに尻尾は磁石(?)でくっつけてあるようで、取り外しは簡単に出来そうです。


Img_5093


触ってはいけないので確認は出来ませんでしたけど。

2014.09.05

ひとつだけ小さいのが気になる

段差があるので注意しろということで張り紙がしてあります。


Imgp0054


一つだけ他より小さい文字で書かれているのが逆に気になりますねww

2014.09.04

敦賀の縞々信号機

敦賀市内で見かけた信号機です。


Img_5033


昔の信号機はこんな感じの縞々でしたね。
でも、これは昔の物が残っている訳では無いようです。横の信号機はごく普通の信号機ですし。


Img_5032


ここは五叉路の変則交差点になっている所でしたので、縞々信号機は意図的にこのデザインにしているのではないかと思われます。

2014.09.03

もうこのタイプは見かけなくなりましたが……

穴水駅近くの交差点で見かけた案内標識です。


Imgp9741


私が免許を取った頃はこのタイプの標識がまだまだ多かったですが、最近ではほとんど見かけなくなりました。
なんだか懐かしいです。

2014.09.02

警戒されてる?

道を歩いていたら猫発見。
しかし、かなり警戒されてます(^^;)


Imgp0043


案の定、逃げられてしまいました。
それでも気になるのか、ずっとこちらを見ています。


Imgp0037


でも、出てきてはくれませんでした……

2014.09.01

さばトラななちゃん

小浜から敦賀へ向かう途中、「道の駅若狭おばま」へ立ち寄りました。


Img_5011


看板に書かれているのは、小浜市公認キャラクターの「さばトラななちゃん」です。
数年前に小浜へ行った時にもここへ寄りましたが、当時はまだ出来たばかりでしたし、小浜ICも無かった頃でしたので、周辺の様子がすっかりと変わっていました。
道の駅自体も、軽食コーナーが出来ていたり、観光案内所が出来ていたりして、かなり雰囲気が変わっています。
観光案内所には、ななちゃんのパネルが。


Img_5004


横にはパンチング人形も。


Img_5005


木彫りのななちゃんは前回に来た時にもあったような気がします。


Img_5007


一度着ぐるみバージョンに出会ってみたいものです


【おまけ】
敦賀にあった看板です。


Imgp0093


敦賀でふぐが獲れるとは知りませんでした。
ゆるキャラではありませんが、なかなかいいキャラクターだと思います。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp