2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014.08.31

楽天から「パスワード初期化のご連絡」メールが来た

金曜の夜、楽天から「パスワード初期化のご連絡」というメールが届いてました。
「第三者によって不正にログインされた可能性があるのでパスワードをリセットしたよ、パスワードを再設定しないとログインできないよ」というような内容です。パスワード再設定ページのURLも記載されています。
ちょっと前ですが、スクウェア・エニックスや三菱東京UFJ銀行(口座持ってないのにww)を名乗るフィッシングメールが毎日のように届いていた事がありましたが、それらのメールは明らかに怪しい(htmlメールで送られてきて、本文はほんの数行で、記載されているURLとアンカーのURLが異なっているなど)もので、一目で判るものでした。
それらと比べると、今回の楽天からのメールは文面もしっかりしており、テキストメールで送られてきているのでアンカー偽装もありません。
それでも念のためにメール記載のURLではなくブックマークから楽天にアクセスしてログインしてみると、確かにログインできませんでした。どうやら本物の可能性が高いです。
そこで今度は「楽天 パスワードの初期化 メール」で検索してみると、大量にヒットします。新しい物では1日前、古い物では2009年というのも見つかります。
やはり本物のようなので、パスワードを再設定してログインしました。
購入履歴を見てみましたが、自分が購入した物以外は出てこなかったので一安心です。高額な商品を購入されていた人もいるようですので、運が良かったのかも。
それでも念のため、これまで登録していたクレジットカード情報は削除しました。毎回入力するのが面倒なので登録していたんですが、安全面を考慮すると登録しない方がいいですからね。


検索結果をいろいろと見ていると、楽天の不正アクセスによる被害というのはかなり多いようです。但し、楽天からユーザー情報が漏れたのではなく、何らかの方法で入手した他サイトのユーザーIDとパスワードを使ったりして(パスワードは総当たりとかかもしれないけど)ログインされたようではありますけど。
とは言え、楽天の対応に不満を持っている人も多いようです。
楽天としては、「うちから情報が漏れたのではないからうちのせいじゃないよ、カード会社やショップ等への連絡は自分でやってね」というスタンスなんですね。
楽天からのメール内容をそのまま載せたものも多く、2009年のメールを見てみると、
「弊社といたしましては、原因調査を早急に行ない、再発防止策の徹底を図ってまいります。」
とか、
「お客様に安心してご利用いただけるサービスを目指してより一層の改善に努めてまいります」
という記述がありましたが、今回送られてきたメールにはそのような事は全く書かれておらず、その代わり、
「弊社からのログイン情報の漏えいは確認されておりません。」
「お客様の会員登録に第三者がログインできた詳細は現状わかりかねます。」
といったという記述があります。
それは確かにその通りなんだろうし、悪くないのに下手に謝ると不利になるというような発想もあるのかもしれません。5年前と現在とではこの手の被害も比べものにならないほど増えていると思われますし、自分たちに不利益とならないような対応方法というのも確立してきているのでしょう。
でも、実際に被害に遭った人のブログなんかを見ていると、もう少しなんとか出来ないのかな、と思ってしまうのもまた事実なのです。

2014.08.30

晴れたのに……

今日は蘇洞門(そとも)めぐりへ行こうと小浜の若狭フィッシャーマンズ・ワーフへ行ってきました。


Img_4973


家を出る時は晴れていたのですが、三方五湖あたりで雨が降り出してきました。雨でも遊覧船は出るとのことですが、どうせなら船の上部の屋根の無い所に乗りたいと思っているので、曇っていてもいいから雨は降らないで欲しいところです。
小浜ICに着く頃には雨も上がり一安心。
目的地に到着すると、乗る予定の船の一つ前の船がちょうど出る所でした。


Img_4979


ところがここで第一の誤算。
遊覧船ということで、東尋坊のような場所をイメージしていました。なので、到着してしばらくは陸上で写真を撮ってから遊覧船に乗船、戻って来てから昼食、という算段だったのですが、船の乗り場から蘇洞門まではかなりの距離があり、乗り場からは写真を撮るような場所はありません。そもそも蘇洞門は船に乗らないと見られないようです。
しょうがないので、とりあえず船のチケットを買おうと売り場へ行くと、第二の誤算。なんと蘇洞門付近の波が高く、遊覧コースを変更しているという看板が。


Img_4987


どうしようか少し悩みましたが、気分は蘇洞門めぐりだったので船は諦めて少し早めの昼食にすることに。
若狭フィッシャーマンズ・ワーフの二階にはレストランもありますが、ここは一階の「とれとれ寿司」で昼食です。
持ち帰り用にパックされた寿司や刺身などを販売していますが、その場で食べる事も出来ます。味噌汁のサービスもあるのでかなりの人気で、まだ少し早めの時間ではありましたが、空いている席が無いほどでした。
いろんな種類がありましたが、どうせなら地物をということで、皮はぎ(780円+税)と地物づくし(800円+税)を頂くことに。


Img_4993


Img_5000


皮はぎには肝の軍艦巻きが一貫付いてます。


こちらはサービスの味噌汁です。


Img_4989


エビの頭が入っています。
食べるところは無いですが、いい出汁が出てますね。
レストランよりも安上がりだろうと思ったのですが、2種類も買ってしまったので結果的には高く付いてしまいました。それでも味には十分満足しました。


さて、船に乗らなかったのと、フィッシャーマンズ・ワーフで写真を撮らなかったことで、予定よりもかなり早く小浜を出ることになってしまいました。
次の目的地は敦賀ですが、帰りにちょっと寄るだけのつもりだったので、特にこれと言った場所があるわけではありません。行きたいところはこれまでにもう行っているか、あるいは時期的に合わないか(桜の時期に行きたいとか)なので、とりあえず海沿いをドライブです。
この頃には、すっかり晴れてきました。


Imgp0060


夏の終わりの雲って感じですね。


Imgp0067


敦賀での目的地は「敦賀昆布館」でした。


Img_5018


入口には顔ハメ看板が。


Img_5020


おみやげ売店には昆布や昆布を使った商品が多数並んでいます。
モデル工場では売店で販売しているおぼろ昆布などの包装が行われていて、二階の見学通路から見ることが出来ます(但し撮影等は禁止とのこと)。
昆布茶サービスコーナーでは昆布茶が無料で飲めます。


Img_5022


ボタンを押すと紙コップが出てくるのですが、その中に昆布茶が入っていて、そこにお湯を注ぐと昆布茶の出来上がりです。


Img_5023


当然、おみやげ売店では昆布茶も販売していますので、試飲のようなものでもありますけどね。


さて、ここへ来た目的は、昆布ソフトクリーム(250円)です。


Img_5028


きれいな緑色です。
食べるとほのかに昆布の味がします。
ちょっとキワモノっぽい感じがしますが、食べて見るとこれがなかなか美味しいかったです。

2014.08.29

スイカ限定?

穴水駅の待合室に置いてあったゴミ箱です。
「スイカをすてないでください」とのことです。


Img_4920


スイカ以外は捨ててもいいのか?
そもそもわざわざ駅の待合室でスイカを食べる人がそんなに多いのか?
別に駅の売店でスイカを売っている訳でも無いのですが……

2014.08.28

青汁ソフトクリームはそんなに青汁っぽくはなかった

以前から、ご当地ソフトクリームとでも言うか、行った先でちょっと珍しそうなものがあると食べてはいましたが、最近ではそれを目当てに出かけることもあったりします。
今回は、小松の「のむら農産 きのこの里」で青汁ソフトクリームを食べてきました。


Img_4835


Img_4830


しっかり緑色です。
若干青臭い感じがしないでもないですが、青汁が苦手な人でも全く抵抗なく食べられると思います。
甘さは抑えられていて、美味しかったですよ(^^)

2014.08.27

愛称決定! だそうです

JR松任駅前のモニュメントに愛称が付いたようです。


Img_4941


Img_4939


上手く付けたなとは思いますが、旧松任市以外の人にはどう思われているんでしょうかね。駅名は松任駅だからあまり抵抗はないのかな?

2014.08.26

能登の里山里海号

今回穴水行きに金沢駅から利用したのは、臨時快速の「能登の里山里海号」でした。


Img_4866


通常は(和倉温泉行きの特急を除き)JR七尾駅までしか行かない七尾線ですが、この臨時快速はのと鉄道穴水駅まで直通します。
今回はのと鉄道に乗るというのが目的の一つだったので、結局は七尾までしか乗りませんでしたが、ちょうど良い時間にあったのが偶然にこの列車だったのでした。
快速なので所要時間も普通列車より速くなります。


金沢駅のホームに列車が入ってきました。


Img_4870


七尾以降は非電化のため、気動車での運行となります。
車内には扇風機が。


Img_4874


冷房は装備されているので使われてはいませんでしたが。
金沢駅ではゆっくりと写真は撮れなかったので、七尾駅停車中に撮影です。


Imgp9504


Imgp9512


Imgp9496


快速なので、途中、羽咋、七尾、和倉温泉のみの停車となります。但し、七尾線が単線のため、途中何度か行き違いのために駅に止まることがありました。
また、通常七尾線を走る普通列車は3両編成ですが、この列車は2両編成です。それでも満席にはなりませんでしたが。
北陸新幹線開業に向けてのテスト運用という面もあるため、乗客にはアンケート用紙が配られ、後日郵送にて回答すると抽選で輪島塗の箸などが当たるそうです。
また、景品(?)としてメモ帳をもらいました。


Img_4961


こちらはJR西日本のノベルティで、鉄拳のパラパラ漫画が書かれています。


Img_4963


穴水まで行くのであれば、乗り換えの繋がりさえ良ければ七尾駅でのと鉄道に乗り換えることに抵抗はありませんが、快速電車の設定があると嬉しいですし、特急料金なしで金沢駅から和倉温泉駅まで直接行ける列車があると観光客には便利でしょうね。

2014.08.25

穴水といえば遠藤ですね

穴水出身の遠藤関、駅には等身大パネルが飾ってあります。


Imgp9710


駅前のさわやか交流館プルートにはのぼりが立てられていました。


Img_4916


穴水駅には遠藤グッズも販売されています。
今回はお土産にミニうちわを買ってきてみました。


Img_4944


「遠藤グッズを売ってるのはどこですか?」と聞きに来ている人もいました。
これを目当てに訪れている人もいるようですね。


急いで横綱になる必要は無いと思います。
長く活躍して欲しいですね。

2014.08.24

眠り猫

書くのを忘れていましたが、先日天橋立へ行ってきた時に買ってきたお土産です。


Img_0700


座布団(?)の上で猫が寝ています。
天橋立と何か関係があるのか? と思って後から調べてみたところ、成相寺に左甚五郎作の「真向きの龍」という彫刻があり、左甚五郎と言えば眠り猫という事なのではないかと思われます。
直接関係は無いですが、あまりに可愛らしい姿に思わず買ってきてしまいました。

2014.08.23

のと鉄道の「花咲くいろは」新型ラッピング車両

8月から運行を開始したのと鉄道の「花咲くいろは」ラッピング車両第3弾を見に行ってきました。
前日の天気予報では、突然の豪雨に注意などと言っていたのでどんな天気になるかと心配していましたが、朝から晴れてとてもいい天気になりました。
七尾までの移動用に「北陸お出かけパス」を購入済みだったのですが、豪雨になると電車が大幅に遅れたり、運行取りやめになったりすることもあるので、行くかどうかの最終的な判断は当日の朝に決めようと考えていましたが、予定通り出発することになりました。


七尾駅に到着すると、第2弾の車輌がJR側の係留線に止まっています。


Imgp9560


架線があるところにいる車輌は、ちょっと雰囲気が違って見える?


のと鉄道でいつものフリー切符を購入し、ホームで待つことしばし。第3弾の車輌が入ってきました。


Imgp9618


七尾駅ではホームの幅が狭く、あまり写真も撮れないので、撮影はほどほどにして車内へ。第2弾までのような番組に関連するパネルなどはありませんでした。


40分少々で穴水駅に到着。
折り返しの発車まで20分ほどありますので、その間に撮影です。


Imgp9846


Imgp9680


Imgp9925


七尾駅よりは撮影場所はありますが、柱があったりするので海側からの絵は全体が見えるように撮るのは難しいですね。
2番線へ移動して山側の絵を撮影。こちらはP.A.WORKS作成の北陸を舞台とした3作品のキャラクターが描かれています。


Imgp9651


第2弾は劇場版というネタがありましたが、今回はそのような動機的な物が無いので苦肉の策という気もしますが(true tearsは石川県の地上波では放送されてないし)、そんな状況でも新しいラッピング車両を作ってくれるのと鉄道は太っ腹ですね。ラッピング車両がそれなりに集客に貢献しているということでもあるのかもしれません。


乃絵と透子の間にはニワトリが。

Imgp9645


ニワトリ繋がりと言うことでしょうか。
緒花の横にはアオサギがww


Imgp9946


誰がこういうネタを考えるんでしょうね?


ここで昼食等で一旦駅から離れます。
今の所、天気が崩れるような様子はありません。


Imgp9718


Imgp9746


そして穴水駅に戻って来ると、2番線に第2弾の車輌が。


Imgp9749


奥にはマジンガー列車も止まっています。


Imgp9920


車庫に入っていた第1弾の車輌も外に出てきました。


Imgp9763


そして、先ほど乗ってきた第3弾がまた穴水駅に戻ってきます。


Imgp9852


ラッピング車両率が高くなりましたねww
花色ラッピング列車第1弾は8月一杯で終了の予定でしたが、10月13日まで延長となったそうです。湯涌ぼんぼり祭りの開催に合わせたのでしょう。最後となれば、祭りの集客にもプラスになるかもしれませんしね。


今回のお土産は「記念乗車券・入場券セット」です。


Img_4959


これまではフリー切符に500円分の商品券が付いていて、それが穴水駅でも使えたのですが、今回は施設の割引優待のみで商品券は無くなっていました。それがちょっと計算違いではありましたね。
計算違いと言えば、今回一番の誤算は昼食に行こうと思っていたお店が休みだったことでした。


Img_4902


ネギラーメンを楽しみにしてたんですけどね(^^;)

2014.08.22

消されてる……

森林公園の加茂池周辺案内看板です。


Imgp8421


良く見ると、白く塗りつぶされているところがあります。


Imgp8423


Imgp8424


「かもしか」と「展望台」というところが塗りつぶされていますね。
昔はカモシカもいたと言うことでしょうか。
展望台は老朽化で無くなってしまったのかもしれません。
ちょっと残念ですね。

2014.08.20

スカイ獅子吼にて

パーク獅子吼のほうへは数年前に一度行っているのですが、スカイ獅子吼まで行ったのは小学校の時以来でした。
当時はスカイ獅子吼なんて名前ではありませんでしたし、パラグライダーなんて物もやってませんでした。


ゴンドラを下りると、仮装(?)パラグライダーの展示が。


Imgp8616


実際にこれを付けて飛んだそうです。


外に出ると、大きな動物型の遊具が。


Imgp8693


誰も遊んでませんでしたけどww


スキー場もあります。
この時期、リフトは動いてませんけど。


Imgp8706


カートの周遊コースはゲレンデの周りを回ってくる感じです。


Imgp8727


Imgp8732


前に書かれているのはここのイメージキャラクターでしょうか。


ゴンドラに乗る時、スケボーを持った若者がいたので、そんなものを持って行ってどうするのだろうと思ってましたが、実はこんなものもあるんですね。


Imgp8730


建物の中には多くのサイン色紙が貼られていました。


Imgp8749


テレビやラジオの取材で来たタレントさん達のサインのようです。


Imgp8752


「千堂あきほ」などというずいぶんと懐かしい名前が。
仮面ライダー1号 藤岡弘、さんのサインも。


Imgp8754


獅子吼高原でも撮影が行われた映画「RISE UP」。


Imgp8576


主演のお二人のサインもありました。


Imgp8751


外にあった小さな小屋2つ。


Imgp8736


物置かと思ったら、ドアになにやら掛かっています。


Imgp8737


なんとお風呂なんですね。


スカイ獅子吼にはレストランもあるのですが、お昼は「高原のパン屋さん」のパンを頂きました。


Imgp9456


Img_4792


くるみパンとソーセージパンを頂きました。
ここのパンがとっても美味しいのです。
元々、パーク獅子吼のふるさと館で販売しているのですが、スカイ獅子吼でも買えます。


40年ぶりくらいと、ほとんど初訪問に近いスカイ獅子吼でした。

2014.08.19

菊姫大吟醸ソフトクリーム

獅子吼高原からの帰り、あまりに暑かったので、汐井酒店水戸町バイパス店へ寄り道して、「菊姫大吟醸ソフトクリーム」を頂いてきました。


Img_4816


Img_4819


「菊姫」は白山市(旧鶴来町)のお酒です。精米所/貯酒場は、獅子吼高原へ向かう道の途中にあり、これを見た時にソフトクリームの事を思い出していたのです。
濃厚なソフトクリームはほんのりと日本酒の香りがします。
日本酒が好きな方にはかなりオススメかも。

2014.08.18

スカイ獅子吼にはパラグライダーがいっぱい

お盆休みも今日が最終日。
休み中は雨が降っていることが多く、昨日も大雨で、県内でも電車が止まるほどの雨が降ったようです。
しかし今日はとてもいい天気になりました。
明日から仕事だし、あまり遠出をする気にはなれませんでしたので、獅子吼高原へ行ってみることにしました。


Imgp8575


ゴンドラに乗ってスカイ獅子吼まで上がります。
登山道もりますが、この暑い時に歩いて登る元気はありません(^^;)


Imgp8579


ゴンドラからの眺めもなかなかの物です。


Imgp8595


しかし、この時期ゴンドラの中は蒸し風呂のような暑さです。窓は開いているのですが、風が通らないので全く涼しくありません。
そのため、冷房装置としてうちわが装備されていますww


Imgp8607


うちわで扇ぎながら景色を眺めて約5分。山頂駅に到着です。


Imgp8609


山頂からの眺めは素晴らしく、眼下に手取川を見る事ができます。


Imgp8800


しかしこの日は晴れてはいたものの、ちょっと霞んでしまっていたのが残念でした。
すっきりと晴れていれば、日本海も見る事が出来るのですが。
また、手取川も昨日までの雨の影響で、茶色の濁流になっています。


Imgp8689


上空はすっきりと晴れ上がっているのです。


Imgp8814


なので、下から山頂のほうを見ると、とてもすっきりとした青空なんですよね。


Imgp9467


今度は下もすっきりと見える時に行きたいですね。


お盆休みは昨日までという人が多いようですが、それでも多くの人がパラグライダーで飛ぶためにやって来ていました。


Imgp8659


風を受けて……


Imgp8946


TAKE OFF!


Imgp8953


しかし時にはこんな事も。


Imgp9126


Imgp9136


パラグライダーでの空からの眺めも格別でしょうね。


Imgp8636


Imgp9328


風の具合によっては、離陸位置よりもかなり高い所まで上がって行きます。


Imgp9041


インストラクターとタンデムで飛ぶ体験コースなんかもありますので、ちょっと飛んでみたいと言う人にはオススメかも。


Imgp8743


ゴンドラからは着陸地点の目印も見えました。


Img_4812


初めて見た時はミステリーサークルかと思いましたけどww

2014.08.17

禁酒の碑

ナニコレ珍百景でも紹介されたりしてかなり有名になった「禁酒の碑」です。


Imgp8143


Imgp8123


最初に見つけた時には何だこれ?と思いましたが。
隣に建っている国道昇格記念碑のほうが立派で目立ってますし。


Imgp8132


Imgp8136


大滝へ行った時にはついつい寄ってしまいます。

2014.08.16

松任駅の新幹線高架

北陸新幹線の試験走行が石川県内でも始まって、新幹線が見られる場所が何かと話題になっています。
JR松任駅前の立体駐車場の屋上階からも新幹線の高架が見えるので、どんな感じかちょっと見に行ってみました。


Imgp8528


Imgp8537


防音壁に囲まれているので、ある程度高いところからじゃないと車輌は見えません。
屋上階からは十分に車輌が見えそうです。


Imgp8547


しかし、人が殺到するのを避けるためか、屋上階の駅側は車輌進入禁止となっていて使えなくなっていました。
壁にもこんな張り紙が。


Imgp8551


そんなに広いところでも無いので、大勢の人が殺到すると危険ですしね。


線路は、車両基地側の線路は先まで続いていますが、本線側の線路はここで終わっています。


Imgp8544


この先は敦賀までの工事が始まってからの設置となるのでしょう。


JR松任工場の様子も見えます。


Imgp8536


この日はあまりめぼしい物はいませんでしたが。

2014.08.15

森林公園の森林鉄道展示物

森林公園でのもう一つの目的はこの森林鉄道展示物でした。


Imgp8472


Imgp8502


Imgp8470


ここで使われていた物ではなく、長野で使われていた物だそうですが、これで木材を運び出していたんですね。


Imgp8484


痛みはかなりひどく、あまり人気も無いのか誰も見に来ている人はいませんでしたが(^^;)。


Imgp8477


Imgp8488


それでも大切に保管していってもらいたいですね。

2014.08.14

森林公園の動物園

流しそうめんを食べた後は、津幡の森林公園へ行ってきました。
森林公園といえば、小中学生の頃に遠足(正確にはバス移動だったのでバス旅行などと言ってましたが)で行って以来です。当時の森林公園のイメージは芝生の広場という感じだったのですが、無料の動物園などもあります。そこで今回は動物園のほうに行ってきました。


動物園近くの駐車場に車を駐めて、最初に現れたのはシカです。


Imgp8152


ちょうどお昼頃でしたが、だんだん暑くなってきていたためか、動き回っているシカはほとんどいません。みんな座り込んでいます。


Imgp8177


特に、屋根の下にはたくさんのシカが集まっていました。


Imgp8183


暑かったとは言え、雲が多くて日差しが強かったわけでは無いので、屋根の下にいてもあまり涼しくは無かったと思いますけどね。風もほとんど無かったですし。
シカせんべいの販売機もあります。


Imgp8181


日祝にはシカとふれあえるそうで、その時に使われるのでしょう。


次はサル園です。


Img_4760


かなりの数のサルがいます。


Imgp8200


今年生まれたという子ザルも3匹ほど見かけました。


Imgp8207


Imgp8237


次はイノシシ園です。


Imgp8255


イノシシは元々夜行性だと言うこともあるのでしょうが、寝ているか、立っていてもあまり動かないのが多かったですね。
こちらも今年生まれたといううり坊が3頭。


Imgp8261


2頭は寝てましたが、1頭だけは元気に動き回っていました。


Imgp8288


Imgp8300


その次はタヌキです。


Imgp8322


Imgp8351


かなり鋭い爪をもってますね。
屋外で飼育されているのはここまで。他にもキツネやリスなどがいますが、檻の中です。


Imgp8381


リスは何匹いるのか判りませんが、みんな巣箱の中に引っ込んでいるようで、ようやく一匹だけ巣箱から顔を出しているところが見られました。


Imgp8386


動物の種類は多くはありませんが、無料ですし、小さい子供を連れた家族連れが訪れていました。


この後は園内を散策。
移動は専らサイクリングロードを歩いて通ってきました。
森の中の遊歩道もありますが、こんな張り紙を見るとね。


Img_4785


Imgp8443


先日、金沢で熊に襲われて重傷というニュースもありましたし。

2014.08.13

大滝の流しそうめん

今日からお盆休みです。
休みとは言っても、お盆なので墓参りに行ったり、何かと家の用事も多く、なかなか出かけることは出来ません。
丸一日自由な時間が取れるのは今日とあと一日くらいです。平日とは言え、お盆の帰省ラッシュで道が混んでいたりするので、あまり遠出する気にもなれませんしね。
そこで、今日は津幡の大滝へ行ってきました。夏休み期間中は流しそうめんが行われています。始まった頃はそれほど有名ではなかったのでそんなに人も多くなかったのですが、今ではすっかり有名になってしまって、休日はとても混んでいるとのこと。今日は平日だけどお盆で休みの人も多いだろうし、ということで、ちょっと早めに現地に到着。


Imgp7730


流しそうめんが始まるのは午前10時からですが、到着したのは9時半少し前。それでも駐車場には5~6台の車が既に来ていました。
まだ準備中ですが、受付は始まっているようです。
流しそうめんは大人600円、小人500円で、15分間の食べ放題となっています。


Imgp7856


特別席というのもありましたが、あまり人気は無かったようです。


Imgp8000


朝食は食べてきたので、まだお腹も空いていません。とりあえず滝の写真を撮ります。


Imgp7754


Imgp7850


Imgp8076


Imgp7858


滝は水量も十分で、近くに行くと細かい水しぶきがかかってとても涼しいです。


1回目が終わったところで受付へ。
番号札をもらって順番を待ちます。


Img_4743


待っている間に、岩魚の塩焼き(500円)を頂きました。


Img_4745


流しそうめんをやっている下で岩魚としいたけを焼いています。


Imgp8040


岩魚は水槽に泳いでいます。


Imgp7943


しかし、これはつかみ取り用のものではないかと思われます。焼き用のものは串にさされて準備されていましたので。
つかみ取りは下流のほうで行われていました。


Imgp8093


1回500円で、捕まえた一匹を塩焼きにしてもらえるそうです。


2回目でもまだ番号は呼ばれませんでした。
そして3回目で番号を呼ばれて、ツユと箸をもらって席に着きます。


Img_4757


15分は短いですが、そうめんは次から次へと流れてくるので、食べられないと言うことはありませんでした。


Imgp7977


つゆのおかわりは出来ませんので、よく水を切って食べて下さいとの事。15分くらいですので、おかわりなしというのはしょうがないでしょうね。
昼食にはまだちょっと早めだったと言うこともありましたが、お腹いっぱいになりました。


食べ終わって帰ろうとする頃にはもうこの状態です。


Img_4759


まだ11時です。これからお昼にかけて、さらに人が増えてくるんでしょうね。
駐車場ももう一杯です。


Imgp8119


やはり早めに来たのは正解でしたね。写真もゆっくり取れましたし。
また、お盆休みは平日であっても平日だと思ってはいけないと言うこともよく判りましたww


大滝と駐車場の間には、小滝というのがありました。


Imgp8101


Imgp7718


滝と言うより段差のような気もしますが……
大と小の差が大きすぎますねww

2014.08.12

新湊きっときと市場

土曜の昼食は、新湊きっときと市場で頂くことに。


Img_4694


場所は海王丸パークのすぐ近くです。
こんなものがあると知ったのは、海の日に海王丸パークへ行った後でした。もっと早くに知っていれば、その時に行ったのに(^^;)


店内は海産物のお土産と食事が中心です。


Img_4696


観光バスも何台も来てました。団体バスツアーの昼食兼お土産購入場所として利用されているようです。
レストランで何か食べようかと思いましたが、千円以内で食べられる物はありません。ラーメン屋さんもありましたが、ここに来てラーメンというのもちょっとという気がします(特に食べたいと思うようなラーメンでは無かったということもありますが)。
もう少し軽食的なものがあるといいんですけどね。カフェはありますが、どうせなら海産物を食べたい気分です。
ぐるぐると回りながら、結局は鮮魚センターの裏側にある食事処で「おまかせ海鮮丼」(1,550円)を頂きました。


Img_4713


Img_4715


鮮度も味も十分ですが、もう少し財布に優しいと嬉しいです。かなり贅沢な昼食になってしまいました。


デザートは「白えびソフトクリーム」(350円)です。


Img_4700


ここへ来たのは、実はこれが目当てでしたww
白えびが一匹乗ってます。アイスの中にも白えびの粉が入っているそうです。
ちょっと生臭いという噂もありましたが、そのような事はありませんでした。乳脂肪分は少ないようで、かなりあっさりした味です。
生臭さの原因は、乗っているえびではないかと思われます。

2014.08.11

富山県中央植物園

もう一つのオニバスを見るためにやってきたのは「富山県中央植物園」です。


Imgp7228


存在は以前から知っていましたし、オオオニバスがあることも知っていましたが、入園料が大人500円必要なので、ちょっと躊躇していたのです。
メインの目的はオオオニバスでしたが、500円も払ったので他も見てこなくてはもったいないです。
まずは入口近くの温室内を見て廻ります。雨も関係無いですしww
温室だけでも5つもあります。
熱帯雨林植物質の入口には大きなラフレシアが。


Imgp7236


但しレプリカですけど。


ラン温室には、胡蝶蘭が咲いていました。


Imgp7302


胡蝶蘭って高いんじゃ無かったろうか?


熱帯果樹室には、バオバブの実が展示されていました。


Imgp7644


珍しい物なんだそうです。
その横には、「バオバブ開花中」の看板が。


Imgp7647


矢印に沿って上を見上げて見ると……


Imgp7649


これが花のようです。
横の階段を上がって見てみました。


Imgp7659


なんだか不気味な花ですねww


さて、まだまだ時間はありますし、オオオニバスを見るためには外に出なければいけません。
相変わらず雨は降り続いていますが、せっかく来たのだからと言うことで、外も全部とはいきませんが回ってくることに。
入場時にパンフレットと、今見頃になっている植物のマップが貰えます。園内はかなり広いので、地図を見ながら廻らないと、どこに何があるのか判りません。
園内にはバスも走っています。


Imgp7625


但し、有料で、入園料とは別に料金が必要です。しかも予約制で、バスが来たから乗ろうというわけにはいかないようです。
雨だからと言って入園料が割引になるわけでもありません。雨でも回れるようにということで、休憩所には無料の貸し傘が置いてあります。


Imgp7430


それでも雨の日に来る人は少ないですよね。
地図を見ながら歩き回って、写真を撮っていましたが、温室にはそこそこ人がいましたが、外では他の人には全く合わなかったです。誰もいなかった訳ではないようでが、広い所に少ない人ということで、会うことは無かったようですね。


Imgp7392


Imgp7530


Imgp7562


雨に濡れて芝生の緑がきれいでした。


Imgp7583


栗のイガもまだまだ緑で、大きさも小さかったです。


Imgp7597


中国雲南省から提供されたという石林というものもありました。


Imgp7593


Imgp7590


薬草コーナーへ行くと、なんだかセロリみたいな匂いが漂っていました。
匂いの元が何だったのかは判りませんでしたが。


Imgp7600


これがウコンだそうです。
良く写真などで見るのは根の部分なので、葉を見てもなんだか判らないですね。


じっくりと見て廻れば、500円というのはさほど高くは無いのでしょう。但し、晴れた時に行くのがオススメですけどね。
休憩所も何カ所かありますし、雨が降っていても屋根があるところで座って休むことは出来ます。ベンチはあちこちにありますが、雨だと濡れていて座れませんからね。
いろんな植物がありますが、花や実は自然の物ですので、見たい物がある場合はそれらが咲いている時期に行かないと見ることは出来ません。


Imgp7508


時季はずれになると、もう終わっているか、あるいは全く咲いていなかったりします(当然ですが)。


富山空港が近いので、飛行機が飛んでいくのが見えます。


Imgp7615


写真には撮れませんでしたが、着陸する飛行機はかなり近くを飛んでくるので、大きく見えました。


こちらはイメージキャラクターです。


Imgp7352


着ぐるみ版を作ったら子供達に人気が出そうですね。

2014.08.10

十二町潟水郷公園

土曜は朝からずっと雨でした。
台風の直接の影響はまだ無かったようですが、この雨も台風が関係しているのでしょう。
前日の予報では、日中は晴れはしないものの、曇りか、雨が降っても小雨程度という感じだったので出かけたのですが、かなり本格的な雨が一日中降り続けていました。


オニバスを見に行った十二町潟水郷公園ですが、目的のオニバスはまだ今ひとつだったので、他も少し見て廻りました。
まずはオニバスの池周辺のハス畑ですが、ハスの時期はもう過ぎていて、残っている花は僅かでした。


Imgp7155


雨が降り続いているので、あちこちでハスの葉に溜まった雨が流れ落ちていきます。


Imgp7152


Imgp7183


しかし、気がついた時にはもう遅い事が多く、やっと写真を撮れたとしてもタイミングが悪かったり、ピントが合ってなかったり、そんな写真ばかりになってしまいました(^^;)


オニバスの池の近くにある池にはスイセンがたくさん咲いています。


Imgp7158


こちらは見頃でした。


Imgp7119


Imgp7165


でも、咲き方がちょっとイメージと違います。
スイセンというと、水面から花が見えているというイメージですが、茎がすっかり水の上に出てしまっているので、普通の花みたいです。


Imgp7080


Imgp7127


別に、池の水が少なかったわけではありませんから、茎が長いのか、伸び方が普通と違うのか……


菖蒲園は当然ながらもう時期を過ぎていますが、残り菖蒲とでもいうように、数輪の菖蒲が咲いています。


Imgp7174


Imgp7179


どこにでも、マイペースなやつはいるものですww


その後は潟のほうのオニバスを見に移動。花壇の花も少し撮ったりしていました。


Imgp7212


しかし、雨脚がどんどん強くなってきたので、さっさと引き上げることにしました。
この後は昼食のために移動です。その後は、もう一つのオニバスを見るために富山市内へ移動しました。

2014.08.09

オニバス×オニバス

今年も氷見の十二町潟水郷公園へオニバスを見に行ってきました。


Imgp7020


いつもは8月の後半に行っているのですが、今年はいつもより早めの訪問となりました。
まだちょっと早いかなとは思ったのですが、この日を逃すと、次は8月末になりそうで、そなるとちょっと遅いかも、と言うことで行ってきました。
予想通り、まだちょっと早かったようです。


Imgp7023


葉の大きさも、大きい物でも50~60cmほどでしょうか。


Imgp7028


Imgp7026


数が少ないのは、数日前に間引きを行ったためです。
間引かれた葉の残骸が残っていました。


Imgp7017


花もまだほとんど咲いておらず、見つけたのは一つだけでした。


Imgp7067


やはりちょっと行くのが早かったようです。
それでも、今年は潟のほうにもいくつも見ることが出来ました。


Imgp7014


Imgp7202


去年は潟のほうには姿を見かけなかったのでちょっと心配でしたが、大丈夫なようですね。


もう一つのオニバスは、富山県中央植物園のオオオニバスです。


Imgp7628


Imgp7363


こちらは数もかなり多く、大きさも1mクラスの物がゴロゴロしています。


Imgp7367


Imgp7372


氷見のオニバスはアジア原産ですが、こちらは種類が違って、南米原産のオオオニバスです。
人が乗っている写真を見かけるのはこちらの方ですね。一般的にはこちらを想像する人のほうが多いかもしれませんね。
来週はこんなイベントもやってます。


Imgp7640


乗れるのは30kgまでの子供だけですけどね。
人は乗ってませんでしたが、カモが乗ってましたww


Imgp7415


池の周りあちこちに浮き輪が準備されています。


Imgp7360


やっぱり落ちる人がいるんでしょうか?

2014.08.08

ここにも視点場

最近あちこちに出来てきている白山手取川ジオパーク視点場ですが、おにゆりの里がある八田農村公園にも出来ていました。


Img_4626


Img_4622


こんなふうに見えると言うことですが……


Img_4625


さすがにもう雪も無く、さらに霞んでいたのであまりきれいには見えませんでした。


Imgp6354


何カ所か見かけた視点場ですが、きれいな白山が見えた記憶がありませんね(^^;)

2014.08.06

間違わないように?

金沢市内で見かけた「のとじま水族館」のラッピングバスです。


Img_4487


あくまで北鉄の路線バスですので、のとじま水族館行きのバスではありません。
中には間違う人がいるからなのか、前後にも横にも「北陸鉄道」とか「北鉄バス」とか書いてあります。


Img_4486


金沢市内を走っている分には間違うことは無いでしょうけど、もし七尾辺りでこれを見かけたら、水族館の送迎バスだと勘違いしてしまうかも(^^;)

2014.08.04

ツバメの子育て

鳥越の道の駅『一向一揆の里』ではツバメがたくさん飛んでいました(と言っても、飛んでいるところは撮れませんでしたが(^^;)。


Imgp6834


Imgp6680


しかも、8月になっても子育てが行われていました。


Imgp6707


Imgp6775


ツバメの子育ての季節と言えば、この辺りでは5月から6月というイメージです。
さすがにもう子育てが終わったツバメが多いのか、巣はたくさんありますが、雛を見かけたのは一つの巣だけでした。
雛もかなり大きくなっているようで、雛というより子ツバメという感じですけどねww


Imgp6801


一羽は巣からはみ出してますし、右端の雛は窮屈そうです。
それでもまだ親ツバメはエサを運んできています。


Imgp6944


Imgp6981


ちょっと山のほうへ行くと、こんなにも時期が違う物なんでしょうか?


駐車場には一向一揆まつりの大きな櫓が出来ていました。


Imgp6831


夜になったら提灯に灯りがともるのでしょうか?
道の駅は午後4時で閉まってしまうのですが。

2014.08.03

八田のオニユリはほぼ満開です

今年も八田の「おにゆりの里」へオニユリを見に行ってきました。
看板も新しくなっていて、いつの間にか「八田農村公園」なんて名前も付いていました。


Imgp6244


まだ少し早いかと思っていましたが、行ってみると多くの花が咲いていました。


Imgp6368


奥の方へ行くと萎れ始めている花がいくつもあるくらいです。


Imgp6271


入口近くのほうはまだきれいな花が多いです。


Imgp6258


Imgp6337


Imgp6349


Imgp6297


つぼみも所々に見られます


Imgp6356


いつ見ても、このつぼみが唐辛子に見えるのですが(^^;)


ちょうど今が見頃ですね。来週末だとちょっと遅いかも。


道路沿いにも多くの花が見られます。


Imgp6307


海岸のほうにもどんどん広がっていって、以前よりも増えたように思います。


Imgp6282


Imgp6293


前の畑には、今年もケイトウが満開になっていました。


Imgp6502


Imgp6381


Imgp6415


昨日の新聞(だったかな?)に、ケイトウの出荷が始まったという記事が出ていました。
ここのケイトウもこれから出荷されていくのでしょうね。

2014.08.02

掃海艇「のとじま」と「すがしま」の一般公開

金沢港で8月2日、3日に掃海艇「のとじま」と「すがしま」の一般公開が行われています。


Imgp6613


Imgp6605


Imgp6554


手前が「のとじま」で、奥が「すがしま」です。
この日の一般公開は、9:00~11:00と13:00~16:00の2回でした。
到着したのが12:40頃。午後の公開まで少し時間があるので、みなと会館の屋上から撮ってみようと思ったのですが、風があったためか、残念ながら立ち入り禁止になっていました。


Imgp6511


公開を待つ人の姿もちらほらと。


Imgp6513


時間まで外から写真を撮ります。


Imgp6595


Imgp6523


ほどなく午後の公開が始まったので、早速中に入ってみました。


Img_4662


中ではルートに従って進んでいきます。
小さな船ですが、あまり宣伝もしていなかったためか混雑するほどの人出ではなかったので、かなりゆっくりと見て廻ることが出来ました。
たくさんの旗が並んでいます。


Img_4667


操縦席にも入れます。


Img_4668


Img_4670


双眼鏡が棚にきれいに収納されていました。


Img_4674


掃海艇とは、機雷を除去するための船なので、船体は木製なんだそうです。
このような物も決して戦闘を行うための物では無いとのことでした。


Img_4648


船内には飲料の自販機まであります。


Img_4688


「想定外」ってどういう意味なのか?


この日もとても暑い日だったので船内は蒸し風呂状態かと思っていましたが、ちゃんと冷房が効いていて、かなり快適でした。

2014.08.01

天橋立・その他の小ネタ集

【その1】
観光船乗り場付近で、なにやら行列が出来ていました。


Imgp5203


何の行列かと思ったら、みんな「知恵の輪」の周囲を回って戻って来ているようです。
しかし、説明書きを読んでも、「輪をくぐり抜ける」とは書いてあっても、輪の周りを回るとはどこにも書かれていません。


Imgp5208


どこからそんな話になったんでしょう?
行列は団体の観光客が並んでいた物だったらしく、その団体がいなくなると行列も無くなりました。


Imgp5212


一応真似をして輪の周囲を回ってきましたが、御利益はあるでしょうか?


【その2】
マンホールの蓋も天橋立です。


Imgp5592


カラーバージョンも。


Imgp5086


デザインは同じですが、比べてみると線の太さなどが微妙に違います。型は別物ということですね。


【その3】
お土産屋さんの前にあった顔ハメ看板です。


Imgp4845


股のぞきの看板で、絵が逆さになっています。
ここから顔を出して写真に撮り、逆さにして見ると股のぞきをしているように見えると言うことのようです。


【その4】
ビューランドのモノレール乗り場付近にあった看板です。


Imgp5551


この日は平日なので使われる事は無かったようですが、わざわざ看板が用意されていると言うことは、土日など混雑する時には1時間待ちというのも珍しくないと言うことでしょうか。
モノレールは20分に1本運行されていますが、片道7分かかるため、これ以上の増発は難しいでしょう。乗車人数も40人とそれほど多くはないので、人が多い時にはどうしても待ちが発生してしまうのでしょう。しかし、リフトは随時運行していますので、どうしてもモノレールじゃないと、という人だけでこれだけの待ちが出来るということになりますが、山の上でそれほど広い場所では無いのにこの待ち人数ということは、いったいどれだけの人が同時にビューランドに来ているのでしょう? ほとんど身動きも出来ないのでは?
平日に行ったのは正解だったと改めて思います。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp