2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 道の駅マキノ追坂峠の顔ハメ看板 | トップページ | 中谷宇吉郎 雪の科学館と片山津温泉街湯 »

2013.12.14

高尾城跡見晴らし台

紅葉のシーズンも終わってしまい、どこへ行こうかと考えた結果、今日は未訪問の展望台を2カ所見てこようと決めました。
ところが前日からの雪がうっすらと積もっているうえに、時折あられに近い雪が降ってきます。


Img_1653


風もとても強く、行こうかどうしようかと少し悩みましたが、何とかなるだろうと出かけることに。
最初に向かったのは「森本IC展望台」です。
北陸道森本ICの近くにあり、森本IC周辺の様子が見渡せる場所になっています。
ここの存在を知ったのはつい最近で、そんなところがあるのならぜひ一度行ってみたいと思ったのでした。
ところが、展望台へ向かう道がまさかの通行止めです。


Img_1656


これはもう諦めるしかありません。
しかし、何の通行止めなんでしょうかね。いつまで通行止めなのかも不明ですし……


いきなり出鼻をくじかれ、今日はどうもついていない一日になりそうな予感を感じながら、もう一つの目的地である「高尾城跡見晴らし台」へ向かいました。
ここもその存在を知ったのはつい最近です。隠れた桜の名所らしいので、来年の桜の時期に訪れたいと思っているのですが、場所がちょっと判りにくいという話を聞いたので、一度下見も兼ねて行ってみたかったのです。


まずは石川県教育センターへ向かいます。


Imgp2374


入口の植え込みにはこんなデコレーションが。


Imgp2371


クリスマスだからでしょうか?


ここからは徒歩で目的地へ向かいます。
教育センターの入口に向かって右側へ進んでいきます。


Imgp2390


舗装が途切れた先を少し進むと、見晴らし台への登り口が見えてきます。


Imgp2392


Imgp2399


ここに来るまでは、案内版のようなものは一切ありません。距離は教育センターから100mちょっとくらいではありますが、そもそもここに入口があることを知らないと判らないですね。せめて教育センターの前にでもちょっとした案内版があれば良いのですが。


ここから300段弱の階段を登って行きます。


Imgp2405


途中には休憩用のベンチもあります。


Imgp2402


この日は雪で座れませんでしたけど(^^;)


10分少々かかって階段を登り切ると見晴らし台に到着です。


Imgp2416


Imgp2418


Imgp2420


パネルは雪に隠れて見えません。


Imgp2422


説明が書かれたパネルもうっすらと雪をかぶって、字が読めませんね。


Imgp2424


眺望はなかなかのものです。


Imgp2425


家の屋根にもうっすらと積もった雪が残っています。


Imgp2449


海もきれいに見えました。


Imgp2517


教育センターの建物も全貌が見渡せます。


Imgp2495


金沢で遠望台と言えば卯辰山が有名ですが、眺望としては卯辰山の展望台よりもこちらの方が見事なのではないでしょうか。
卯辰山の場合はすぐ近くまで車で行くことが出来るので、手軽さの点で人気なのでしょうが、こちらの方は苦労して階段を登ってきただけの価値があるように思います。
手前にある木は桜なので、桜の時期にはなかなか見事な景色が見られそうです。


登り始めた頃には降っていた雪も止み、雲の切れ間から日が差しているところもありました。


Imgp2429


しかし上空の雲は鉛色です。
県庁は雲に霞んでしまっています。


Imgp2439


雲と言うよりも、煙のように見えました。


そうこうするうちに、見晴らし台にも日が差してきました。


Imgp2465


パネルの雪も溶け、字が見えるようになってきました。


Imgp2473


上ってきたルートの反対側にもルートがあるようです。


Imgp2487


ただ、林間コースと書かれているだけあって、林の中を進んでいくルートになっています。


Imgp2491


雪のため足場が悪そうだったので、今回は帰りも来たときと同じルートで下ることにしました。


教育センターまで戻って来ると、青空が見えてきました。


Imgp2529


来るのが30分くらい早かったのかもしれません。

« 道の駅マキノ追坂峠の顔ハメ看板 | トップページ | 中谷宇吉郎 雪の科学館と片山津温泉街湯 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/58757494

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾城跡見晴らし台:

« 道の駅マキノ追坂峠の顔ハメ看板 | トップページ | 中谷宇吉郎 雪の科学館と片山津温泉街湯 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp