2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.11.30

ちょっと遅かった……

土曜は天気予報では曇り時々雨となっていましたが、日中は青空が見られるいい天気になりました。
そこで兼六園に紅葉を見に行くことに。


Imgp0304


いつもは桂坂口から入ることが多いのですが、今回は真弓坂口から入ることに。
まずは瓢池から。


Imgp0308


天気は良かったものの、肝心の紅葉はちょっと見頃を過ぎてしまっています。


Imgp0328


Imgp0347


Imgp0354


噴水の前を経由して徽軫灯籠のほうへ向かいます。


Imgp0362


徽軫灯籠の上の紅葉もかなり落葉が進んでました。


Imgp0417


全体的に色あせてきていて、落葉も多いです。


Imgp0432


Imgp0466


Imgp0595


山崎山への道にもたくさんの落ち葉が。


Imgp0551


Imgp0556


かなり落葉が進んでます。


Imgp0558


また、一番の見頃となる時期に天気が悪かったためか、真っ赤な紅葉がとても少ない気がします。
黄色や橙が多いですね。


Imgp0435


Imgp0583


Imgp0666


Imgp0702


黄色から赤になりかけのものはありましたけど。


Imgp0629


Imgp0517


モミジ以外のものは真っ赤なものもありました。


Imgp0697


それでも天気が良かったので、青空がとてもきれいでした。


Imgp0474


Imgp0493


若干風があったので、僅かに水面が揺れていますが、霞ヶ池もとてもきれいでした。


Imgp0637


栄螺山から見た霞ヶ池です。


Imgp0717


Imgp0749


先週末に来ていれば、かなり見頃だったと思います。
ただ、先週は鶴仙渓に行ってましたし、順番を逆にしていたら、今度は鶴仙渓のほうが見頃を過ぎてしまっていたと思われます。
もう少し見頃の時期がずれてくれるといいのですが、そんなに上手くはいかないですね。


ちなみに、2年前のほぼ同じ頃に行ったときの写真です。
このときは今回ほどいい天気ではありませんでしたが、紅葉は見頃でした。


それなりに堪能しましたが、予定していたよりはかなり短い時間で出てきてしまいました。
そこで、予定を多少変更して金沢市内を歩きました。
それについてはまた後日。

2013.11.28

那谷寺の胡麻豆腐

那谷寺でお土産に買ってきた胡麻豆腐です。


Img_1347


Img_1326


3個入り840円でした。


Img_1332


前から気になっていて、一度買っていきたいと思っていました。
しかし、実は胡麻豆腐ってあまり好きではなかったのです。
スーパーで売っているのを買ってきて食べたことがあるのですが、変なしつこさがちょっと苦手でした。なので躊躇していたのです。
わさび醤油かからし醤油で食べると良いと書かれていたので、わさび醤油で食べてみました。
すると、とても美味しかったのです。
濃厚ではあるのですが、以前に食べた物のような変なしつこさはありません。混じり物が少ないからなのでしょうか。


Img_1344


お寺の胡麻豆腐なので、祈祷されているとのこと。


Img_1337


御利益があると良いのですが。

2013.11.26

カニ汁大鍋と手作りコロッケ

山中温泉のゆげ街道では11月1日から来年の3月31日までの間、カニ汁大鍋の振る舞いが行われています。


Imgp9282


鉄人 道場六三郎が監修しているそうです。


Img_1303


1杯200円と手頃なお値段で、行列が出来ていました。


Imgp9280


せっかくなので列に並んで頂いてきました。


Img_1311


「カニ汁」ですからカニも入ってます。


Img_1312


カニやエビの出汁が出た汁はとても美味しかったです。


もう一つ、山中温泉と言えば「肉のいづみや」さんの手作りコロッケです。


Imgp9277


Img_1325


所謂お肉屋さんのコロッケというやつですが、普通の小判型のコロッケでは無く、丸いコロッとした形をしています。


Img_1316


Img_1318


サクサクの衣とふわっとした中身がとても美味しいです。
こちらも人気で、多くの人が買い求めていました。
ちなみに一つ100円です。

2013.11.25

那谷寺の紅葉

鶴仙渓の次は那谷寺です。


Imgp9912


Imgp9930


Imgp9957


奇岩遊仙境の紅葉は見頃でしたが、全体的にはちょっとピークは過ぎてしまっていました。


Imgp0029


Imgp0038


Imgp0176


特にモミジは落葉してしまったものも多かったです。


Imgp0236


Imgp0102


それでも天気が良かったので、とてもきれいでした。


Imgp9999


奇岩遊仙境が下の池に写り込んでいます。


Imgp0215


Imgp0223


風も無く水面がきれいだったので見事に写り込んでいます。
しかし、この池には大きな鯉がたくさん泳いでいます。


Imgp0092


時々その鯉が跳ねて波紋が出来たりしていました。


Imgp0086


奇岩遊仙境に登ろうとしたらこんな看板が。


Imgp9922


前日までの雨のせいで岩が濡れていてとても滑りやすくなっていましたので、いつもよりさらに厳しく、「登山ができるような靴」を履いてい人は登るなとのこと。
さすがに落ちる人はいませんでしたが、ちょっと滑ってひやっとする場面はちょくちょく見られました。
私もへっぴり腰になりながら(笑)登ってみました。


Imgp0149


登りよりも降りるときが怖いですね。滑らないように慎重に降りてきました。


護摩堂は修復工事中です。


Imgp0026


金堂華王殿近くではイチョウの葉が絨毯のようでした。


Imgp0272


その金堂華王殿の前にはなんと顔ハメ看板がww


Imgp9892


「なたちゃん」は那谷寺のオリジナルキャラクターだそうです。
そのうち着ぐるみも出てくるのかな?

2013.11.24

鶴仙渓の紅葉(後編)

前回の続きです。


ゆげ街道を黒谷橋へ向かって進みます。
途中にはこんな物も。


Imgp9311


黒谷橋の少し手前では、落ち葉の絨毯がきれいでした。


Imgp9399


こおろぎ橋から徒歩で20分少々くらいで黒谷橋へ到着です。


Imgp9460


昭和18年に作られた石製の橋です。


Imgp9388


温泉街の中心部からは僅かに離れているためか、あやとり橋やこおろぎ橋と比べると人が少ないです。
ここで一旦橋を離れて、さらに下流側の白鷺大橋まで移動し、橋を撮影しました。


Imgp9433


Imgp9440


こちらは黒谷橋からの眺め。


Imgp9335


Imgp9342


下流側には白鷺大橋が見えます。


ここからはまた遊歩道を通って、あやとり橋へ向かいます。


Imgp9477


Imgp9538


途中には頭上に飛び出した岩が。


Imgp9549


通っているときに崩れてきたら怖いですね(^^;)


廃墟となった建物もあります。


Imgp9546


Imgp9576


ホテルか旅館だったのでしょうか。
廃墟と紅葉という組み合わせもなかなかですね。


黒谷橋へ着く少し前から日が陰りはじめていたのですが、あやとり橋近くに来てまた日が差し始めました。


Imgp9755


Imgp9845


黒谷橋からあやとり橋まで遊歩道を歩いて約15分とのことですが、のんびりと写真を撮りながらの移動だったので、黒谷橋に着いてから1時間弱でようやくあやとり橋に到着しました。
朝はまだ余裕があった駐車場も一杯になっています。
20台くらいしか駐めるスペースが無いので、時間帯によっては駐められないこともありますからね。
この後は次の目的地である那谷寺へ向かいました。

2013.11.23

鶴仙渓の紅葉(前編)

土曜は前日までの荒天が嘘のように晴れ上がり、穏やかな天気となりました。
鶴仙渓の紅葉が見頃になっているということだったので行ってきました。


あやとり橋近くにある駐車場に車を止めて、散策開始です。
着いたのが9時ちょっと過ぎだったので、駐車場もまだ余裕で空いていました。


Imgp8719


Imgp8735


Imgp8797


遊歩道への怪談には落ち葉がたくさん落ちています。


Imgp8816


遊歩道から見上げたあやとり橋です。


Imgp8843


ジェットコースターのコースの一部のようにも見えますね。


ここから遊歩道をこおろぎ橋へ向かって進みます。


Imgp8907


Imgp8868


Imgp8957


遊歩道の紅葉は最盛期まであと一息という感じでしたが、遊歩道を出てこおろぎ橋へ向かう所の紅葉は最盛期を迎えていました。


Imgp8999


Imgp9020


こおろぎ橋に到着です。


Imgp9043


Imgp9128


Imgp9179


ここで一旦大通りに出ます。
途中の坂の所の紅葉も見事でした。


Imgp9219


ここから温泉街のメインの通りである「ゆげ街道」を黒谷橋へむかって進みます。


Imgp9237


(後編へ続く)

2013.11.20

あられ!

朝起きたらあられが降っていました。
車のフロントガラスに積もってます。


Img_1285


さすがに、まだ冬タイヤに交換しないと走れないなどということはありませんが、朝は道が混んでいて、いつもより10分くらい遅く会社に着きました。


もう冬ですね。
今年は秋がとても短かったような気がします……

2013.11.19

新猪谷ダム

岐阜県飛騨市にある新猪谷ダムです。


Imgp8556


Imgp8564


R41沿いにあるので、かなり行きやすい所にあります。
しかし、猪谷という名前なので富山にあるのかと思いましたが、猪谷からは少し離れたところにあります。


放水ゲートの位置がかなり高い所にあるように思います。


Imgp8616


放水している所を見てみたいですね。かなり迫力がありそうな気がします。


堤体上からダム湖川。


Imgp8587


こちらは下流側です。


Imgp8595


なかなか見事な景色です。


Imgp8584


もう夕方で暗くなりかけていたので、写真はあまりきれいな色は出ませんでしたけど。


最近あまりダムへは行っていませんが、久しぶりに初訪問のダムでした。

2013.11.18

道の駅スカイドーム神岡

神通峡から神岡方面へ向かい、昼食のために道の駅スカイドーム神岡へ行ってきました。


Img_1233


神岡といえばスーパーカミオカンデがあることで有名ですが、ここにはレプリカが展示されていたりします。


Img_1248


カミオカンデやJAXAに関連する物も。


Img_1257


Img_1260


Img_1262


Img_1274


Img_1264


入口近くには、小柴教授や宇宙飛行士の毛利さんのサインが入ったドアが展示されています。


Img_1240


神岡といえば鉱山ですから、石の展示もあります。


Img_1236


Img_1239


目的の昼食は「奥飛騨ラーメン」でした。
お土産屋さんには高山ラーメンがたくさん売られていましたが、フードコーナーで販売されているのはそれとは違って、鶏ガラベースのラーメンでした。


Img_1252


麺は極細の縮れ麺です。


Img_1254


たいへん美味しくいただきました。

2013.11.17

道の駅細入

神通峡へ行った際、ちょうど昼頃に道の駅細入に立ち寄りました。


Img_1185


Img_1186


メインの昼食は別の所で食べる予定だったので、軽く何か食べようということでいくつか頂いてきました。


まずは「飛騨牛串焼き」です。


Img_1190


1本350円とリーズナブルなお値段。400円~500円という所が多いですからね。


もう一つは「五平餅」です。


Img_1206


こちらも1本150円と、他の所より少し安い気がします。


予定ではこれで終了だったのですが、子持ち鮎の塩焼きという看板がとても気になりました。


Img_1182


1匹600円ということで頂いてきました。


Img_1192


子持ちということで、卵がたっぷりです。


Img_1199


どれもたいへん美味しくいただきました。

2013.11.16

紅葉の神通峡へ

土曜は神通峡の紅葉を見に行ってきました。
神一ダムや吉野橋と言ったところは何度か行っていますが、今回は庵谷展望台という所がある事が判ったため、そこをメインに行ってみることにしました。


最初に向かったのは「観光橋」です。


Imgp8024


名前が面白かったので行ってみました。観光用に作られた橋なのでしょうか?


Imgp8043


あまり観光用という感じもありませんでしたけど。
近くにはJR高山本線楡原駅があります。


Imgp8051


観光橋からの眺めです。


Imgp7963


Imgp7992


何艘ものカヌー(なのかな? カヌーとかカヤックとか区別がよく判らないのです(^^;))が見られました。少し下流側に富山国際大学ボート部合宿所というのがあるようですので、練習している大学生なのかもしれません。


観光橋を渡り、R41を一旦離れて神通川第一発電所へ向かいます。
発電所手前にある笹津橋を渡っていきますが、この橋は細くて車のすれ違いは出来ません。


Imgp8070


上流側は渓谷ですが、下流側は全く眺めが変わります。


Imgp8162


Imgp8166


Imgp8136


ここからまたR41へ戻って、神一ダムへ向かいます。


Imgp8178


堤体から見た下流側の吉野橋です。


Imgp8208


ちょっと下流側に戻って、吉野橋からの眺めです。


Imgp8301


上流側に神一ダムが見えます。


Imgp8260


ここへは何度か訪れていますが、放水している所を見たことがありません。一度放水している所を見てみたいですね。


次に、今回のメインである庵谷展望台へ。
こんな所があるとは今まで知らなかったのですが、細い山道を通って行かなければいけないので、あまり観光客が訪れることはないそうです。


Img_1212


こんな道を通って行かなければならないので、観光には不向きと言えるでしょうけどね。
山道を走ること約10分、登り口に到着です。


Imgp8310


駐車スペースは車1台分ですが、すぐ近くの待避スペースにも2台ほど車は駐められそうです。
前日は雨が降ったので、展望台への道は濡れた落ち葉でかなり滑ります。


Imgp8375


上りはあまり気になりませんが、下りはちょっと気をつけないと危険ですね。
展望台までは2~3分で到着します。


Imgp8376


しかし展望台からの眺めは今ひとつ。


Imgp8382


手前の木が邪魔になります。


Imgp8384


実は展望台よりも、展望台までの道からの眺めが素晴らしいのでした。


Imgp8346


Imgp8418


訪れる人は少ないと聞いていましたが、駐車スペースの戻るまでに2名の訪問者と出会いました。紅葉の時期なのでいつもよりは人が多かったのでしょう。
R41へ戻る途中でも2台の車とすれ違いました。運良く退避スペースがあったり、道幅が少し広めのところだったりしたので上手くすれ違えましたが、下手なところで出会うと苦労しますね。


次に向かったのは神峡橋です。
神峡橋からの眺めです。


Imgp8450


Imgp8473


JR高山本線猪谷駅の近くです。


Imgp8497


Imgp8512


最後は県境を岐阜県に入ったところから。


Imgp8714


Imgp8656


「神通川」という名前になるのはこの辺りからのようで、神通峡というのもこの辺りまでのようです。
上流側から2つの川が合流します。


Imgp8637


Imgp8673


Imgp8694




天気は良かったのですが、陽の当たるところと陰になるところの明暗差がありすぎて、写真を撮るにはちょっと辛いところでした。時間帯にもよるのでしょうけど。少し霞んでいたのも残念でしたね。
また、他にも眺めの良いところはあるのですが、近くに車を駐められそうな所が無くて通過してしまったところも多いです。
この先の高原川にも見どころはありそうでしたが、R41が工事中だったりして、パーキングが工事のため使えなくなっていたりしたので、こちらも車を駐めるところがなかなか見つけられず、やむなく通過してしまいました。
今度は高原川のほうでも写真を撮りたいですね。

2013.11.13

ワニの肉?

関ヶ原インターの近くにあったのぼりです。


Img_1101


シカのさしみやワニの肉も売っている精肉店なのでしょうか。
一度食べてみたい気もします。

2013.11.12

伊吹山の一等三角点

伊吹山の山頂には一等三角点がありました。


Imgp7750


Imgp7749


一等はなかなか見られないですからね。
いい物が見られました(^^)

2013.11.11

伊吹山のよもぎうどんと伊吹薬草ソフト

伊吹山の山頂駐車場へ着いたのがちょうど昼時だったので、昼食はスカイテラス伊吹山で食べました。


Imgp7565


うどんかそばかちょっと迷いましたが、「衣吹よもぎうどん とろろ」(850円)を食べました。


Img_1146


うどんによもぎがねりこんであります。
とろろはちょっと失敗だったかも。これならかけうどんで十分でしたね。
かけうどんやかけそばが750円と、値段は割高です。
水道が来ていないので、水を運んだりする手間がかかっていますから、その分高くなってしまうのでしょう。

山頂から戻って来た後は「伊吹薬草ソフト」を頂きました。


Img_1162


23種類の薬草を粉にして練り込んであるそうです。
ちょっとコーヒーのような味がして、甘さは控えめです。後味に薬草の苦みが若干ありますね。
こちらも一つ500円となかなかのお値段です。
売り場前のマスコット(?)は冬の装いでした。


Img_1151




【おまけ】
賤ヶ岳SAで食べた「ジャンボ焼き鳥(塩)」(400円)です。


Img_1178


焼いている所を見ていたら食べたくなってしまいました(^^;)


Img_1174


ちなみに塩とタレがあります。

2013.11.10

紅葉を見に伊吹山へ

土曜は伊吹山へ紅葉を見に行ってきました。
伊吹山へは20年以上前に一度行ったことがあるのですが、その時はひどい霧で、ドライブウェイを走っていても視界が数メートルという状況でした。山頂駐車場も一面霧で真っ白で、景色も何も見えないという散々な状況でした。
この日は朝から晴れていたので、霧の心配は無さそうでした。


名神高速道路関ヶ原ICから伊吹山ドライブウェイまではほんの数kmですが、インター出口の道路が混んでいて、ドライブウェイまで10分近くかかります。


Img_1102


伊吹山ドライブウェイの通行料は普通車3,000円となかなかいい値段です。
山頂駐車場までは約30分。あちこちにある待避所で車を駐めて景色を見たりしながら登って行きました。


Imgp7478


Imgp7493


ドライブウェイを走り始めた頃からちょっと曇ってきました。
紅葉は山の中腹辺りが一番の見頃のようです。
琵琶湖方面はちょっと霞んでいました。


Imgp7535


結局、40分以上かかって山頂駐車場へ到着。
近く渋滞も無くスムーズに進みましたので、直行すれば30分もかからずに山頂駐車場まで行けたと思います。


Imgp7562


琵琶湖方面は相変わらず霞んでいます。


Imgp7544


先日行ってきた竹生島が見えます。
こうやって見ると、小さい島ですね。


山頂駐車場には「恋人の聖地」が。


Imgp7599


Imgp7601


なんだか、どこにでもあるような気がしますね。


ここらか山頂まで歩きます。
今回は一番無難そうな西遊歩道を登っていきました。


Imgp7606


最初は砂利道だった遊歩道ですが、登って行くにつれてちょっとした岩場も。


Imgp7629


山頂近くの展望場所から。


Imgp7632


すっきりと晴れていればとても良い眺めでしょうね。


駐車場から30分ほど歩いたところで山頂に到着です。


Imgp7787


Imgp7697


Imgp7797


山頂には多くの人がいました。


Imgp7804


お土産や食事が出来る小屋もあります。


Imgp7691


山頂からの眺め。


Imgp7707


Imgp7767


ちょっと雲っていたり霞んでいたりしたのが残念でした。


帰りも同じく西遊歩道を通って駐車場まで戻りました。
帰り道もあちこちで車を駐めて写真を撮りながら下っていきます。


Imgp7848


Imgp7855


Imgp7944


帰り道は時折日が差すこともありました、


Imgp7863


Imgp7908


それでも少し若干霞んでますね。


全行程の95%近くが有料道路を走るコースという贅沢(?)な一日でした。

2013.11.09

九頭竜ダムの顔ハメ看板と水準点など

九頭竜ダムの管理事務所内に顔ハメ看板がありました。


Img_1065


7月28日の日付が入っています。今年のダム見学会の時に使われた物のようです。


管理事務所内には、各地のダムカードが展示されていました。


Img_1063


こういうのを見ていたら行きたくなりますね。


駐車場からダムへ向かう途中には水準点がありました。


Imgp6894


看板が一部割れてしまっていますが、割れた部分は水準点の所に置いてありました。


Imgp6896


ちゃんとしてるような、ちょっといい加減なような……


入口付近の法面を工事していて、駐車場の一部が使えなかったり、大野方面への道が通れなかったりしています。
法面工事では、高い所で作業されている方が大勢いました。


Imgp6886


みんな見上げて見ていたのがちょっと面白かったです。


ちなみに携帯は圏外でした。


Img_1067


LTEは無理としても、普通の通話は出来ると思っていたのでちょっと意外でした。

2013.11.08

10時前ならいいのか?

夜10時以降は花火禁止だそうです。


Imgp4286


10時までならOKなのでしょうか?

2013.11.07

ひるがの高原サービスエリアと道の駅白鳥

九頭竜ダムへは岐阜経由で行ったので、普段あまり行かないような所を通りました。
東海北陸道では「ひるがの高原サービスエリア」へ立ち寄りました。


Img_0993


地元で採れた野菜なども販売されていました。


Img_0994


サービスエリアからは「クックラひるがの」という施設へ直接行くことができます。


Img_1002


クックラひるがのには足湯もありました。


Img_1004


ひるがの高原ということで、サービスエリアには乳製品も多く売られています。
昼食にはまだ早いので食事はしませんでしたが、ドリンクヨーグルトを頂いてきました。


Img_0997


所謂飲むヨーグルトですが、かなり濃厚です。


休日は大変混雑するということで、この日も土曜の午前中でしたが多くの車が来ていて、車を駐めるところを探すのが一苦労です。
昼頃だったり日祝日だったりすると、もっと大変なんでしょうね。


高速を降りてから、昼食のために立ち寄ったのは、「道の駅白鳥」です。


Img_1034


Img_1017


裏には長良川が流れています。


Img_1009


Imgp6465


ベンチの木材は地元の物を使用しているそうです。


Img_1008


当初はこちらにあるレストランで昼食の予定でしたが、売店で売られていた鮎めしが美味しそうだったので、これを買って外で食べる事にしました。


Img_1024


川のほうへ降りていき、水の流れる音を聴きながらの昼食となりました。
デザートには同じく売店で売られていたフルーツほおずきを頂きました。


Img_1021


普通のほおずきと違って、色は薄いオレンジ色です。


Img_1027


ほおずき特有の香りは残っていますが、味は甘酸っぱく、食感もサクッとした感じでとても美味しかったです。


もう一つ、岐阜と言えば五平餅です。


Img_1036


ちなみにこちらの道の駅にはゴミ箱がありません。ゴミは各自お持ち帰り下さいとのこと。
飲み物の自販機もあり、それらの缶やペットボトルを捨てる場所はありますが、あくまでここで買った物を捨てるためということのようです。

2013.11.06

桂湖の紅葉

3連休最終日の月曜、映画を見に行った後で桂湖の紅葉を見に行きました。
前日の天気予報では一日中雨との事だったので、映画なら天気に関係無いからと映画を見に行ったのですが、明け方こそ大きな雨が降っていたようですが、朝起きた頃にはもう雨も上がって日が差しているほどでした。ひょっとするとこのまま晴れるかもしれないと思い、カメラを持って出かけました。映画が終わったのはお昼の12時を少し回ったところでしたが、外に出てみるといい天気です。そこで、桂湖まで行くことにしました。
ところが高速を走って五箇山トンネルを抜けたら雨が降っています。ここまで来て帰るわけにもいかないので、とりあえず境川ダムへ行きました。


Imgp7107


Img_1074


見事に紅葉しています。


Imgp6978


Imgp6994


ダムのちょうど中央辺りが県境になっています。


Imgp7070


ダムに着いた時には運良く雨も上がりました。


Imgp6964


Imgp7100


Imgp7129


ところが写真を撮っているとまた雨が降り出しました。
かなり本格的に降って来たので帰ろうかとも思いましたが、少し小降りになってきたので、桂湖の上流側へ移動しました。


Imgp7241


Imgp7235


その後も青空が見えたかと思えばまた雨が降ってくるという不安定な天気でした。
それでも桂橋とその先にある吊り橋の所まで行ってきました。
桂橋から上流側を望みます。


Imgp7278


桂橋の中央辺りも県境です。


Imgp7276


山道のほうへ行くと吊り橋があります。


Imgp7337


吊り橋からの眺め。


Imgp7373


その後はまた写真を撮りながらダムのほうまで戻って来ました。


Imgp7451


Imgp7464


Imgp7469


九頭竜湖のほうは紅葉の見頃まであと一息という所でしたが、こちらは十分に見頃になっていました。
これで天気が良ければ最高だったのですが……

2013.11.05

映画『劇場版 魔法少女まどかマギカ [新編] 叛逆の物語』

話題の映画『劇場版 魔法少女まどかマギカ [新編] 叛逆の物語』を見に行ってきました。
当初は1日の映画の日に仕事をさっさと定時で上がって見に行こうと思っていたのですが、どうしても抜けられない作業が入ってしまい、結局終わったのは22時半近く(T_T)
やむなく3連休最終日に見に行くことになりました。


「ネタバレ禁止」と言うことらしいので内容については書きませんが、面白かったです。
テレビシリーズが良い感じで終わっているので、あまり続編は作ってもらいたくないという思いはありました。しかも夢オチとか全く別のパラレルでの話とかいう話には絶対にして欲しくなかったですからね。
しかし、ちゃんとした続きになっていますし、その上メインキャラクターの活躍シーンはたっぷりあるし、上手く考えた物だと思います。
ただ、あのラストはどうなんだろうと思ってしまいますね。
全体としては十分に面白かったですし、見に行って良かったとは思いますが、どうしてああいう終わり方にしてしまったんだろう、あそこですんなり終わっていればいい話だったのに、と思わずにはいられません。
声優陣からの「賛否両論あると思います」という発言もありましたが、個人的な意見としては、映画そのものについては『賛』、ラストについては『否』という感じですね。
それともさらに続編があるのでしょうか?
[新編] ですからね。次は [終編] とか出てくるのか?
こんな終わり方で終わって欲しくないという気持ちと、もうこれ以上続きは作って欲しくないという気持ちがありますが、もし続きがあるのならやっぱり見に行ってしまうでしょうね……


来場者プレゼントはスペシャル原画ポストカードでした。


Img_1081


Img_1087


1週目の色紙は5種類でしたが、今回のポストカードは7種類もあるんですね。
それでも全部集める人はたくさんいるんでしょうけど。

2013.11.04

北濃駅の転車台

土曜に九頭竜湖へ行った際、東海北陸道を一つ手前の高鷲ICで降りて向かったのは、長良川鉄道越美南線の北濃駅です。


Imgp6394


Imgp6388


R156沿いにあるのですが、道路側から見た駅舎があまり駅っぽく無かったので、一度通り過ぎてしまいました(^^;)
無人駅ですが、駅舎内には軽食や地元で採れた野菜などを販売しているお店が入っています。

島式のホーム両側に線路がありますが、駅舎側の線路は今は使われていないようです。


Imgp6390


Imgp6414


駅舎の横には自転車置き場があります。


Imgp6392


通学で汽車に乗る中高生が使うようです。


Imgp6391


「専用」では無いようですが、わざわざ書いてあると、他の人は使ってはいけないのかと思ってしまいます。


さて、ここへ寄ったのは、この駅に転車台があるからでした。


Imgp6424


Imgp6368


1902年製の手動式で、国の登録有形文化財にも登録されています。


Imgp6380


地元の保存会の方々の手により、動かせる状態に手入れされているそうです。


Imgp6428


Imgp6426




転車台の写真を撮った後は周辺の写真を撮ったりしていました。
汽車が入ってくるところを見られたらいいなと思っていたのですが、2時間に1本程度の運行で、次の汽車が来るのは約1時間後だったので、諦めて移動したのでした。

2013.11.03

九頭竜湖と九頭竜ダム

そろそろ紅葉が見頃になってきたと聞いて、九頭竜湖へ行ってきました。
福井まで高速で行って、R157からR158を通るのが近いのですが、Googleでルート検索してみると東海北陸道経由で行くと距離は50km近く長くなるものの、高速を走る距離が長いため時間は10分ほど長くなるだけで行くことが出来るようです。そこで今回は、行きは東海北陸道経由、帰りは福井のルートを通ることにしました。石川-富山-岐阜-福井-石川と回ってくることになります。


3連休、2日目以降は雨の予報が出ていますが、初日はいい天気でした。
ただ、山のほうはちょっと霞んでいます。高山辺りでは霧に注意との掲示も出ていました。


Img_0982


東海北陸道を高鷲ICで降ります。
九頭竜湖へは白鳥ICで降りるのが近いのですが、今回ちょっと別の所にも寄り道したので。その話はまた後日。
九頭竜湖での最初の目的地は「箱ヶ瀬橋」です。


Imgp6498


別名「夢のかけはし」と呼ばれていて、瀬戸大橋のプロトタイプとなった橋なんだそうです。


Imgp6618


朝は晴れていたのに、ここへ来て雲が多くなってきました。
近くの駐車スペースに車を駐めて、歩いて橋を渡ってきます。
橋のたもとには歌の歌詞が。


Imgp6509


橋から眺める九頭竜湖です。


Imgp6566


すぐ先にあるドライブインの駐車場から。


Imgp6639


雲はまだ多いものの、日差しが戻って来ました。


Imgp6627


この後は、何カ所かで車を駐めて九頭竜湖を撮影しながら進みます。


Imgp6691


Imgp6712


最終目的地は「九頭竜ダム」でした。


Imgp6777


Imgp6762


高さ128メートルのロックフィルダムです。
取水口は2カ所あり、一つは駐車場のすぐ近くにあります。


Imgp6904


もう一つは堤体を渡った先にありますが、関係者以外立ち入り禁止となっていました。


Imgp6765


手前の取水口から下流を望みます。


Imgp6800


ロックフィルダムというのはダムとしてはあまり好きではないのですが……


Imgp6840


まだ夕暮れという時間ではありませんでしたが、湖面に陽が当たって輝いていました。


Imgp6917




九頭竜湖の紅葉は見頃になってきてはいるものの、ピークまではあと一息という所でしょうか。
空は秋の空という感じです。


Imgp6790


日帰りのドライブとしては十分に楽しめました。

2013.11.02

長浜にも祇園が

長浜にも祇園がありました。


Img_0704


京都の祇園と何か関連があるのでしょうか?

2013.11.01

能登食祭市場の顔ハメ看板など

能登食祭市場にあった顔ハメ看板です。


Img_0910


手作り感満載です。
大きな七輪の隣にありました。


Img_0912


七輪のほうは何年か前に来たときにもありましたが、その時は顔ハメ看板はなかったように思います。
青柏祭のでか山の車輪も展示されています。


Img_0913


こちらも大きいですね。


建物の中にもいろいろと展示されていました。


Img_0915


Img_0937


こちらは湯っ足りパークにあった顔ハメ看板です。


Imgp6346


こちらも手作り感満載ですね。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp