2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 魚津の円筒分水 | トップページ | 万葉線のネコ電車 »

2013.09.16

映画「キャプテンハーロック」

とても気になっていた(というか心配していた)映画「キャプテンハーロック」を見てきました。


原作総設定 松本零士とのことですが、今回の映画にはどの程度関わっているんでしょうね?
「総設定」というのがこの映画の「総設定」なのか、それとも「原作」の「総設定」なのか。たぶん後者のような気がしますけど。
ちょっと前に公開された「ガッチャマン」ほどの惨劇ではありませんが、「キャプテンハーロック」なのかというとちょっと微妙です。
ストーリーそのものはそんなに悪くは無いと思いますし、既存のキャラクターを使うのでは無く全く新しい作品であれば良かったのにと思ったりもします。何でもかんでもホログラムかよ、とツッコみたくはなりましたが。


全編フルCGの映像ですが、やはり人物をCGで描くのはまだ違和感がありますね。ちょっと気持ち悪い感じがしますし、ゲームのムービーを見ているようにも感じます。今後こういのが増えてくれば違和感は少なくなっていくのでしょうけど。
しかし、アルカディア号のデザインは正直かっこ悪いと思いました。
また、今回は3D版を見たのですが、殊更3Dであることを強調したいが為の構図というのがまだまだあるところは気になりますね。3Dの出始めの頃のような前に出てくる描き方はほとんど無くなってきているので、こういうわざとらしい3Dというのもだんだん減っていくとは思いますが。


小栗ハーロックはちょっと作りすぎという感じはありますが、意外と違和感なかったですね。


前宣伝の割には、という点では予想通りではありましたね。

« 魚津の円筒分水 | トップページ | 万葉線のネコ電車 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/58205224

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「キャプテンハーロック」:

« 魚津の円筒分水 | トップページ | 万葉線のネコ電車 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp