2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 名古屋城で見かけたキャラクターなど | トップページ | 名古屋(へ行った時の)土産 »

2012.04.09

天然とんこつラーメン 一蘭 名古屋栄店

名古屋での昼食はラーメンでした。
車を矢場町の駐車場に停めることにしたので、矢場とんにでも行こうかと考えていたのですが、ネットで検索してみると面白そうなラーメン屋さんが見つかったのでそちらに行くことに。
天然とんこつラーメン 一蘭 名古屋栄店です。


Img_5051


九州に本店があるお店で、その名の通りとんこつラーメンの専門店です。
注文したのは「天然とんこつラーメン」(790円)と、トッピングの「ねぎ追加」(100円)、「のり」(50円)です。


Img_5064


九州のとんこつラーメンということで、麺はストレートの細麺です。


Img_5065


秘伝のタレは、博多ラーメンのコチュジャンのようなもので、辛いタレです。


Img_5068


丼の底にはこんな言葉が。


Img_5073


とんこつラーメンですが、とんこつ臭さもほとんど無く、食べやすいものになっています。
大変おいしくいただきました。
ただ、基本のラーメンに入っている具材はねぎとチャーシュー(希望した場合のみ)ですので、きくらげや玉子も追加したくなりますが、いろいろ追加していくとあっという間に1,000円を超えてしまうというところがちょっと辛い所でしょうか。


さて、この店に行ってみようと思ったのは、お店のシステムがちょっと変わっていたからです。
九州・関東を中心に多くのお店を出していますが、基本は同じシステムとなっているようです。

まず入店すると食券を購入します。
そして、空席案内を見て空いている席を探して移動します。


Img_5053


席は両隣が仕切りで区切られた個別のスペースとなっていて、隣の人の顔はもちろん、店員さんの顔すら見えません。


Img_5060


席に着いたら味の濃さや麺の堅さなどの希望を用紙に記入します。


Img_5055


座席にあるボタンを押すと店員さんがやって来るので、購入した食券と記入した用紙を出します。


Img_5061


注文した品がやってくると前のすだれが降ろされ、見える範囲は完全に自分一人のスペースとなります。

水も席に着いたままセルフで注ぎます。


Img_5058


一時的に離席する場合は、カードを呼び出しボタンの上に置いておきます。


Img_5075


Img_5076


替え玉やトッピングの追加などは、箸袋に書かれたメニューに丸を付け、呼び出しボタンを押して店員さんを呼んで渡します。


Img_5406


おひとりさま用の焼肉か何かでこのようなシステムを導入している店があったように思いますが、ラーメン屋でもあるんですね。
希望を用紙に記入するのは判りやすくて良いと思いますし、個別のスペースというのは気兼ねなく食べられるかもしれませんが、一人分のスペースはかなり狭いですし、ちょっと窮屈な感じはします。田舎じゃこういうのは流行らないかも。都会ならではのシステムだと感じました。

« 名古屋城で見かけたキャラクターなど | トップページ | 名古屋(へ行った時の)土産 »

コメント

こんなラーメン屋さんができていたとは(@_@)
私が遊び歩いていた頃とは
ガラリと変わっちゃってます^^;
スペースが窮屈でなければ
おもしろいシステムですよね(^^)

アビさん>
最初は名古屋でラーメンを食べるつもりは無かったんですけどね。
一応ちょっと検索してみたら、面白いお店が見つかったので。
個のスペースという意味は判るのですが、ちょっと寂しい気もしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/54426501

この記事へのトラックバック一覧です: 天然とんこつラーメン 一蘭 名古屋栄店:

« 名古屋城で見かけたキャラクターなど | トップページ | 名古屋(へ行った時の)土産 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp