2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 梅小路蒸気機関車館の顔ハメ看板など | トップページ | タイタニックの顔ハメ看板 »

2012.03.18

映画「おかえり、はやぶさ」

今日も休出でしたが、仕事が午前中で終わったので、映画「おかえり、はやぶさ」を見に行ってきました。

はやぶさネタの映画も3本目。残念ながら、3本の中ではいちばん面白くなかったです。
他の2作とはまた違った視点からみた作品になっていますが、話の柱は三浦友和と藤原竜也の親子の話。はやぶさそのものの話は端折りすぎで感動も何もありません。森口瑤子の病気の話とか、ラストで、臼田でオペレーションをしていたカンニング竹山が同僚の女性にプロポーズしてたりとか、別にはやぶさじゃなくてもいいじゃないか、という気がします。
公開が3本の中で最後になってしまったのは不利な点もあるでしょうが……

CGは、3作品の中では一番きれいでしたね。
宇宙の3DCGはとても良かったですし、冨田勲の音楽とも合ってました。


今回、3D映画というのを初めて見ました。
既に多くの3D映画が作製されていますので、やたらと物が前に飛び出してくるような演出というのはほとんどなく、奥行き感を出すために使われているようになってきているのは良いことだと思います。
ただ、3Dカメラの映像というのはちょっと違和感がありますね。慣れの問題なのかもしれませんが。
また、3Dを強調するために、やたらと手前に不要な小物が配置されたようなシーンが目立ったのが気になります。
CGは3Dとの相性もいいですし、とても良かったです。

« 梅小路蒸気機関車館の顔ハメ看板など | トップページ | タイタニックの顔ハメ看板 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/54251278

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「おかえり、はやぶさ」:

« 梅小路蒸気機関車館の顔ハメ看板など | トップページ | タイタニックの顔ハメ看板 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp