2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 映画「はやぶさ HAYABUSA」 | トップページ | 何故こんな所に? »

2011.10.09

ほぼ9年ぶりにプリンタ購入

3年くらい前からずっと考えていたプリンタの買い換えですが、ついに新しいプリンタを購入しました。
EPSONのEP-804AWです。


Img_3559


これまで使っていたEPSON PM-930Cは2002年の11月頃に購入したものなので、もう9年近く使っていたことになります。

色は白です。赤は元々対象外でしたし、黒はホコリなどが目立ちそうだったので白にしました。


地元の100満ボルトで購入。
購入価格は25,800円(ポイント除外)と、インクセットが5,113円(ポイント値引き)でしたが、ポイント52%セールというのをやっていて、手持ちのポイントが52%増として使えたのです。そこで全ポイント(10.751ポイント)を利用し、最終的な支払金額は14,571円でした。インクセットはプリンタ本体と同時購入だと5%引きで購入できるのですが、一部に発行したDMで10%引きセールをやっているそうで、うちにはDMは来ていなかったものの10%引きにしてもらえました。
本体もインクも、通販で買えばもっと安い値段で購入できます。Amazonで購入しても、本体とインク合わせて3,000円以上安くなるでしょう。しかし今回は最初からポイントを使って購入する予定だったので別の店での購入は考えていませんでした。
先週も購入を考えて見に行ったのですが、思っていたよりも僅かに値段が高かったため、支払金額が2万円を超えてしまうことからちょっと躊躇して帰ってきたのでした。すると、運良く今週はポイント52%増のセールをやっていたため、希望通りの予算1万5千円以内での購入が可能となりました。
年末から年明けになるとさらに値段は下がったのでしょうが、ポイントを良いタイミングで使えたので値段的には満足しています。


おまけとして貰ったのは、L版写真用紙80枚(20枚入りx4個)とA4普通紙2パックでした。


Img_3584


普通紙の枚数は「お試し枚数入っています」とだけ書かれていましたが、一つを開封して数えてみたら46枚入っていました。
せめてスーパーファイン用紙だったら良かったのに、と思いましたが、再生紙ではあるものの、厚みはそこそこあっていいものでした。
店員さんは、「今決めてもらえたら、メーカーから貰っているサンプル用紙があるのでそれを付けますよ」というようなことを言われたのですが、販促用にメーカーが提供しているものですし、「お買いあげ特典」と書かれてもいますので、プリンタ購入者みんなに渡しているのではないかという気もします。
それでも、使いもしないようなソフトがおまけに付いてくるよりはよっぽどいいですね。


まだようやくプリンタの設定が終わったばかりで何も印刷していませんので、画質などについては何も書くことはありませんが、音はこれまで使っていたプリンタに比べるとかなり静かです。
初回のインク装着時に行われるインクの充填は約7分かかります。


Img_3573


本体パネルにガイダンスが出るのは親切ですね。
別に本体パネルなんか無くてもいいのに、と思っていましたが、あると便利な場面はありますね。


接続は無線LANで接続することにしました。
設定は難しくはないのですがやや面倒です。簡単設定が使えると楽なのでしょうが、うちのルーターでは使えないようでした。手動設定するとSSIDやセキュリティーキーを入力しなければならないのですが、本体のパネルからこれらを設定するのはちょっと面倒です。また、ルーター側でMACアドレス制限をかけている(あまり意味が無いという意見もありますが)ので、まずはプリンタ側のMACアドレスを調べなければなりません。本体のどこかにラベルでも貼られているかと思いましたが、それらしいものは見つからず。結局、本体パネルの設定画面中に見つけることが出来ましたが、マニュアルの記述も手動設定についてはあまり親切とは言えませんね。
無線LAN接続がメインの使い方である想定の機種だと思うのですが、ネットワーク設定に関するマニュアルが電子マニュアルしか無いというのもちょっと不満です。ペラでもいいから紙のマニュアルを付けて欲しかったですね。あるいは、付属の冊子マニュアル中に無線接続についての記述も含めて欲しいです。


さて、プリンタ購入に躊躇していた理由の一つに、EP-801A以降の機種ではシール用紙の印刷がほとんど不可であるという事がありました。EPSON純正のミニシール用紙は使えることになっていますが、すべてのシール用紙が使えるわけではないですし、メーカーも保証していません。
今一番使っているシール用紙は、DVD/Blu-Rayの背ラベル用シールですが、これが使えないようになるのが痛いです。
DVD/Blu-Rayのタイトルラベルもメディアに付いてくるものを使っていますが、これもA4やハガキ、L版といったプリンタが想定しているサイズではないので使いにくさはあるものの、使えないことはないようです。
シール用紙については当面これまで使っていたプリンタを残しておいて使おうかとも考えていますが、置き場所がないのでちょっと困っています。この点はプリンタ買い替えを考え始めた頃から悩んでいるところなのですが、解決方法は見つかっていません。
Canonのプリンタや、EPSONでもEP-704Aなどの購入も考えたのですが、プリンタそのものの機能や巷の評判などを考えると、候補からは落ちてしまいました。
この点は早急に対策を考えたいですね。

« 映画「はやぶさ HAYABUSA」 | トップページ | 何故こんな所に? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/52948250

この記事へのトラックバック一覧です: ほぼ9年ぶりにプリンタ購入:

« 映画「はやぶさ HAYABUSA」 | トップページ | 何故こんな所に? »

にほんブログ村

Amazon.co.jp