2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« コスモアイル羽咋(その1) | トップページ | オニガリラー油ヌードル »

2011.09.06

コスモアイル羽咋(その2)

その1からの続きです。

2Fにある宇宙科学展示室へ向かいます。
展示されている物の多くはレプリカや展示用の模型ですが、使われている素材が実物と同じ物だったり、中には本物もあったりします。


2Fまではエレベーターで上がるようになっています。


Img_2574


というのは、このエレベーターにちょっとした仕掛けがあって、2Fに上がるまでの間、照明が消えて星が映し出されるのです。


Img_2576


2Fまでなのであっという間なんですけどね。


入口の横には、日本人宇宙飛行士の方々の色紙が展示されています。


Img_2581


10数年前に来た時はたぶん無かったと思います。


入ってすぐに目に入るのがマーキュリー宇宙船です。


Img_2580


中はとても狭いです。


Img_2589


座ったままの姿勢で、手以外はほとんど動かすことが出来ないのではないでしょうか。閉所恐怖症の人には耐えれませんね。


その隣にはボストーク宇宙船が。


Img_2598


これは実際に飛行し宇宙から帰還した実物だそうです。
譲渡された証明書もありました。


Img_2605




アポロ司令船の横には大きなオメガの時計が。


Img_2639


ディスプレイ用の物で動いてはいませんでした。これで動いていたら面白いのですが。

実物のオメガも展示されています。


Img_2677


宇宙へ行った物では無く、同モデルの実物だということでしょう。


アポロ月面着陸船です。


Img_2669


17号をモデルに組み上げられたものだそうです。


天井からはボイジャー2号がつるされています。


Img_2646


吹き抜けの部分に展示されていて、1階からも(お金を払わなくても)見えるようになっています。


天井にはもう一つ、旧ソ連のモニアル・サテライトが。


Img_2759


これは2型のバックアップの実物だそうです。


旧ソ連製のものでは、ルナ24号月面着陸船もあります。


Img_2682


こちらもバックアップ機の実物だそうです。


実物の隕石も展示されていて、実際に触ってみることができます。


Img_2706


ずっしりと重たかったです。


他にも宇宙服やロケットエンジンの模型など、いろいろなものがありました。
展示品の詳細はこちらで説明されています。


もちろんUFO関係の展示もあり、壁にはUFOの写真がたくさん並べられています


Img_2721


解剖された宇宙人の模型も。


Img_2726


Img_2734


テレビ番組で使用するために作成された物だそうですが、ちょっとグロいですね(^^;)


パソコンでUFOデーターベースを検索することも出来ます。


Img_2711


子供たちに人気のようでした。


わざわざこれだけのために羽咋へ行くほどの価値があるかどうかは判りませんが、入場料も大人350円と手軽ですし、近くへ行った時にはついでに寄ってみると楽しめるのではないでしょうか。

« コスモアイル羽咋(その1) | トップページ | オニガリラー油ヌードル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/52650499

この記事へのトラックバック一覧です: コスモアイル羽咋(その2):

« コスモアイル羽咋(その1) | トップページ | オニガリラー油ヌードル »

にほんブログ村

Amazon.co.jp