2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 羽咋擬音石像 | トップページ | コスモアイル羽咋(その2) »

2011.09.05

コスモアイル羽咋(その1)

またもや前回の続きです。

羽咋でのもう一つの目的は「コスモアイル羽咋」です。
ここは十数年前に一度行ったことがあるのですが、その頃はまだ写真を撮ったりしていなかったので、久しぶりに行ってみることにしました。


Img_2855


ここは、図書館や大ホール、研修室などがある市の施設なのですが、羽咋がUFOの町ということで、2Fに「宇宙科学展示室」という施設があるのです(入館料 大人350円、小人200円)。


Img_2852


外には「マーキュリー・レッドストーン・ロケット」の実物大模型が展示されています。


Img_2569


顔ハメ看板はこのロケットを背景に撮影できるようになっています。


Imgp8674


第1段、第2段部分は実際に飛行したロケット胴体を使用しているそうです。


Imgp8701


芝生広場にはモニュメントもあります。


Imgp8682


「星の詩」というタイトルが付けられています。


Imgp8683


「ニュートンのリンゴの木」というのが植えられていました。


Imgp8706


寄贈された物だそうですが、どういう経緯の物かは判りませんでした。

隣にはお土産屋さんも。


Imgp8687


館内にもお土産屋さんがあるのですが、こちらは別の経営なのでしょう。


中に入ると、1階は図書館などがあるのですが、廊下には蓄音機や古いテープレコーダーも展示されていました。


Img_2796


Img_2800


ずいぶん懐かしい物です。


では、入場料を払って宇宙科学展示室へ行ってみましょう。

(長くなりそうなので続く……)

« 羽咋擬音石像 | トップページ | コスモアイル羽咋(その2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/52650404

この記事へのトラックバック一覧です: コスモアイル羽咋(その1):

« 羽咋擬音石像 | トップページ | コスモアイル羽咋(その2) »

にほんブログ村

Amazon.co.jp