2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 富樫の薔薇園が見頃になっていました | トップページ | 墓を建てるのも大変だ »

2011.05.29

7年半前の湯涌温泉

先日はのと鉄道 西岸駅へ行きましたので、次は湯涌温泉か、とも思いましたが、西岸駅には「湯乃鷺駅の駅標」というネタがあったのに対し、湯涌温泉には特に何かがあるわけでもありません。聖地巡礼(という言葉はあまり好きではないのですが)に訪れている人の数は湯涌温泉の方が多いようにも思えますが、個人的にはあまり湯涌温泉へ行きたいというモチベーションが沸かないんですよね。
いつでも行けるということと、以前に行ったことがある、というのも理由なのかもしれません。新しくなった「湯涌江戸村」へは一度行ってみたいと思っていたのですが、なんだか逆にこの時期には近づかない方がいいのかも、と思ったりもします。

そんなわけで、以前に湯涌温泉へ行ったときの写真を引っ張り出してきてみました。
日付は2003年10月11日となっていますので、約7年半前ですね。
最近の様子はあちこちのブログなどで見ることが出来ますが、温泉街自体はそれほど変わっていないように思えます。大きな違いは、玉泉湖が整備されたのと、白雲楼ホテルがすっかり無くなってしまったことですね。
個人的に変わったと言えば、カメラが変わっています。当時はOLYMPUS C2100 UltraZoomを使っていました。
カメラが変わっても腕の方はさっぱり上達していませんが(^^;)


温泉街入り口にある観光案内看板です。


Imgp1858


案内看板は新しくなっているような気もしますが、左にある大きな看板は今でもそのままですね。

メインの通りもほとんど変わっていないように思えます。


Pa116229


郵便局の看板もそのままですね。
ただし郵政民営化前なので、若干違ってはいますけど。


玉泉湖です。


Pa116267


看板と案内図は今でも残されているようです。


Pa116255


Pa116254


あづまや橋は朱塗りで屋根付きの橋でした。


Pa116293


傷みがひどく、渡るのがちょっと怖かったです。

氷室もまだ玉泉湖の奥にありました。


Pa116352


白雲楼ホテルが見えます。


Pa116286


既に営業はしていませんでしたが、建物はまだ残っていました。
この時期はちょうど玉泉湖へ入ることが出来たのですが、この少し前までは封鎖されていましたし、この後しばらくしてからまた封鎖されたように記憶しています。


白雲楼ホテルに向かって、坂を上っていきます。


Pa116227


敷地は封鎖されていて入ることは出来ません。


Pa116465


Pa116476


湯涌行きのバスは白雲楼ホテル前が終点で、封鎖後もバスはここまで走ってました。


Pa116468


当時は江戸村も封鎖されていましたので、ここまで乗ってくる人は誰もいなかったのではないかと思われます。
バスのロータリー代わりになっていたのではないでしょうか。


福神橋と稲荷神社です。


Pa116502


Pa116403


このあたりもほとんど変わっていないのではないかと思われます。

お店も変わっていませんね。


Pa116226


そして「雪印」のベンチも。


Pa116496


柚子サイダー は最近の物なので、まだこの頃にはありませんでしたけどね。


喫茶店(?)の前に2匹の猫がいました。


Pa116523


Pa116527


Pa116541


2匹並んで座っていたときの写真もあるのですが、何故か2匹揃ってこちらを向いている写真というのが無いのでした(^^;)

« 富樫の薔薇園が見頃になっていました | トップページ | 墓を建てるのも大変だ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/51794903

この記事へのトラックバック一覧です: 7年半前の湯涌温泉:

« 富樫の薔薇園が見頃になっていました | トップページ | 墓を建てるのも大変だ »

にほんブログ村

Amazon.co.jp