2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 【コマネタ】「キレたら困るもの」といえば? | トップページ | 高岡古城公園(前編) »

2011.02.26

映画「劇場版マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」

本日より公開の映画「劇場版マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」を見てきました。
イツワリノウタヒメ」の時よりも公開劇場数も増え、金沢でも全国公開の初日と同時に見られるようになりました。
初日は混みそうなのでどうしようか迷ったのですが、来週になるとそろそろ梅の写真を撮りに行けそうですし、今週のうちに見に行っておくことに。ただ、来週は天気が心配ですが……

劇場に着くと、予想に違わず、多くの人が見に来ていました。シネコンなので全ての人が同じものを見に来ている訳ではありませんが、開始時間なども考えると、この中の半数以上は間違いなく同じものを見に来ているんだろうな、という感じです。


まだ初日なので、内容については出来るだけ触れないようにして感想を書いてみます。
但し、全く予備知識を入れずに見に行きたいという人は以下読まない方が良いでしょう。

一言で言えば面白かったです。
前編よりも(またTVシリーズよりも)少し重いストーリーになっていますが、これでもかと言うくらいに何度もどんでんがひっくり返るような展開は楽しめました。
新曲も多く出てきますし、戦闘シーンも迫力十分です。
ただ、前・後編の後編ですので、これ1本だけで映画としての評価は出来ないと思います。それに、ストーリーがTV版とは全く違っているのでTVを見ていないと話がわからないということはないはずですが、それでもマクロスF自体を知らない人が見るとやっぱりよく判らないんじゃないかと言う気はしますね。いろいろと説明を入れたりして、知らない人が見ても判るようにしようとしてはいるのですが。

監督の公約(?)通り、三角関係にはちゃんと決着がつきます。ただ、だからといってハッピーエンドなのかというとちょっと……
サブタイトルの意味はここにあったのか、とは思いましたが。
まあ、決着がつくということはどちらかがふられる訳ですから、誰も(出来るだけ)不幸にならないような形という意味では上手い落としどころなのかもしれませんけど。単純にどちらかを選んでめでたしめでたし、では、どちらを選んだとしても批判がありそうですしww
主人公(だよね?)のアルトが、劇場版ではどうしても二人の歌姫に比べて影が薄くなってしまうところが、しっかりと主人公らしくなったとは言えるのかもしれません。

ナナセはこちらも監督の公約通り登場します。ただ、これは物議を醸し出すのではないかと言う気がしないでもない。ストーリーには全く絡んでこないですからね……
意外なところでは、艦長が大活躍でしたね。伏線もありますし。あのシーンには意味があったんだ、って。
前編ではあまり出番が無かった三島もTVシリーズとは違う形ですが、上手くキャラクターを使ってますね。逆にTVより影が薄くなってしまったのはミシェルでしょうか。死なないけれど出番も少ないです。ルカはしっかりと活躍してます。


特定のキャラに思い入れがある人は、そのキャラが活躍しているかどうかで感想も違ってくるかもしれませんね。

« 【コマネタ】「キレたら困るもの」といえば? | トップページ | 高岡古城公園(前編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/50975810

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「劇場版マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」:

« 【コマネタ】「キレたら困るもの」といえば? | トップページ | 高岡古城公園(前編) »

にほんブログ村

Amazon.co.jp