2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 【コマネタ】年賀状を出す派? 出さない派? | トップページ | 吟とんへ行きたかったのだが…… »

2010.12.11

映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

今年は会社の忘年会には参加できないので、昨夜は「一人忘年会」を決行し、ナイトショーで話題の映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を見てきました。
金曜の夜なので人が多いのかと思いましたが、それほどではなかったですね。30人くらいだったでしょうか。


内容についてはアニメ版と比べてしまうといろいろと気になるところや納得のいかないところはあります。特に、森雪のキャラ設定が大幅に異なっている時点で、もうアニメとは全く別物だと言ってもいいでしょう。
森雪は同姓同名の別人ですww
ただ、黒木メイサには似合った役柄でしたね。アニメ版のようなキャラだったら黒木メイサではやはりイメージが違いすぎたでしょう。

木村拓哉の古代進はやっぱり木村拓哉でしたね。
木村拓哉役の木村拓哉です、という感じでしょうか。予想していたとおりではあります。


【注意】
以下、ネタバレがあります。これから見に行こうという人は見ない方がいいかもしれません。

予告編やテレビの特番などで公開されているシーンからいろいろ推測出来た部分はありましたが、ストーリーは「宇宙戦艦ヤマト」をベースに、「さらば宇宙戦艦ヤマト」のエピソードを盛り込んだような構成になっています。
特に後半はほとんど「さらば」でしたね。彗星帝国をガミラスに置き換えただけのような。ラストは完全に「さらば」です。
スターシア(劇中で名前は出ませんでし、イスカンダルと言った方が正しいのか?)のいたところはテレザート星でテレサが幽閉されていたところに近い感じでしたし。
そもそもガミラスやイスカンダルに関する設定が大幅に変更されていて、ガミラス人/イスカンダル人というのは意思の集合体なんだそうで。デスラーも登場しますが、固有名詞というよりは地球がガミラスと呼んでいるものがデスラーであると本人が語っています。デスラーの声は伊武雅刀さんでしたが、なんだかデスラーが登場したという感じはしませんでしたね。これはちょっと残念なところでした。
星は二連星ではなくひとつの星の裏表となっています。

アナライザーもちゃんと登場しました。ただ、役所はかなり違っていて、R2D2 + トランスフォーマーという感じでしたが。声は緒方賢一さんでした(^^)v。

コスモゼロが変形するのにはちょっとびっくりしましたね。バルキリーになったのかと思いました。さすがにロボットには変形しませんでしたがww

脚本はなかなか良かったと思います。アニメとの違いは2時間18分の映画にまとめるために行われている部分も多いですし、放射能除去装置があるというのは沖田艦長の思いつきで加えられた嘘だった(もちろん単なるでまかせではないのですが)というところは良かったです。これは'74年当時のアニメではやろうと思っても出来ない設定なのではないでしょうか。
兄を見殺しにしたと沖田艦長を非難していた古代が、自らも仲間を見殺しにする命令を出さなければならなくなるところも(その前後のシーンも含めて)良かったと思います。

ネタバレ部終わり。


人に勧められるかどうかは微妙です。
個人的にはそれなりに面白かったと思いますが、「ヤマト」かどうかと言われるとちょっと微妙なんですよね。
ヤマトのオマージュではあるけれどヤマトではないというところでしょうか。
CGのヤマトは十分見応えがありますし、できれば劇場の大きなスクリーンで見たいと思いました。ただ、艦内のシーンが多いので、ヤマトそのものが出てくる場面はそれほど多くは無いんですよね。

とりあえずは見に行って良かったと思いました。

« 【コマネタ】年賀状を出す派? 出さない派? | トップページ | 吟とんへ行きたかったのだが…… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/50266479

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」:

« 【コマネタ】年賀状を出す派? 出さない派? | トップページ | 吟とんへ行きたかったのだが…… »

にほんブログ村

Amazon.co.jp