2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 氷見の民宿で一泊宴会 | トップページ | 氷見と言えばハットリくん(その2) »

2010.08.01

氷見と言えばハットリくん(その1)

民宿一泊宴会の帰り、せっかく氷見まで出てきたのだからということで、市内を散策してきました。

氷見と言えばハットリ君です。
これまでにも何度か見に行っていますが、虹の橋のハットリくんのからくり時計です。


Imgk4991


午前9時~午後7時まで、平日は1時間に1回ですが、土日と休日のみ0分と30分に登場します。時間は約5分です。

まずは、煙に見立てた霧状の水が出てきます。


Imgk5004


ケムマキ登場。


Imgk5010


そしてハットリくんの登場です。


Imgk5019


噴水の水しぶきが風に乗って飛んでくるので、この時期には涼しげでいいですね。


Imgk5022


Imgk5027


もちろん他のキャラクターも登場します。


Imgk5033


Imgk5040


何故獅子舞を持っているのかはいまだに謎ですが。


ちょうど「ひみまつり」の開催と重なってしまったので、中の橋はイベントスペースとなっていました。


Imgk4995


イベント開始は12時からのようで、私が着いた時にはまだ準備中でした。
BGMに流れていたのは「ブリンスサンバ」でした(リンク先から聞くことが出来ます)。
なんだか聞いたことがある声だと思ったら、歌っているのは(40代以上には懐かしい?)伊藤敏博さんです。
伊藤敏博さんといえばデビュー後も国鉄の富山車掌区の車掌として働いていたことから富山とは縁が深く、現在でも富山を中心に活動されています。

« 氷見の民宿で一泊宴会 | トップページ | 氷見と言えばハットリくん(その2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/49024819

この記事へのトラックバック一覧です: 氷見と言えばハットリくん(その1):

« 氷見の民宿で一泊宴会 | トップページ | 氷見と言えばハットリくん(その2) »

にほんブログ村

Amazon.co.jp