2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今更COBOLの話 | トップページ | これもサクランボ? »

2010.06.15

とりあえず、UMK-RT66EBの使用感など

先日購入したUMK-RT66EBをようやく使ってみました。

キータッチは堅めですが、タッチタイプを行うようなキーボードではないので、しっかりと「押した」感があっていいと思います。
タッチパッドは面積が少ないので、一度で思ったところまで移動できないこともありますが、反応はいいですし、ブレもなく良好です。

ひとつだけ気になったのは、初回の認識(ペアリング?)がWindowsが起動した状態でデバイスを認識させてからでないと動作しないことです。
なので、一回目は別のキーボードを繋いでWindowsを起動させてから、レシーバーを繋いでデバイスを認識させる必要があります。いきなり繋いでも動作しないので、ログイン画面でにっちもさっちもいかなくなるのです。
過去にいくつかのワイヤレスキーボードを使用しましたが、そのようなことはなく、いきなりBIOS画面で使用することも出来たのですが。
認識されてしまえば、次回からはBIOS画面でも使用することが出来ます。
ペアリングが出来た組み合わせなら初回から認識するのかもしれませんし、強制的にペアリングさせてやればいいのかもしれませんが、そこまでは確認出来ていません(その理由は本記事の最後にて……)。
マニュアルを読めばいいのかもしれませんが、英語マニュアルのみなので真剣には読んでませんし(^^;)


バックライト点灯時はこんな感じになります。


Dscf3482


数十秒操作しないと、自動で消えます。
また、再度バックライトボタンを押すことで消灯させることも出来ます。


さて、実は一番の問題は、このキーボードを使おうと思っていた旧PCの調子が悪くなったことだったりします。
キーボードを繋いでいろいろやっていた時に、ブルーバックになってしまったのです。
その後、どういう訳か電源が入らなくなりました。M/Bの電源コネクタを何度か抜き差ししたところ、電源は入るようになったのですが、今度はWindows起動中に勝手に再起動してしまい、二度と起動しないようになってしまったのです……
メモリが怪しそうだと思って、メモリを抜き差ししたらまた電源が入らなくなったり、なんとか電源が入ったと思ったらBIOSが初期化されていたり、ようやくWindowsが起動したと思ったらShutdownが15分経っても終わらなかったり……
DVDドライブも認識しなくなっているみたいですし、いったい何がおかしいのかさっぱり判らなくなっています。

キーボードをもっといろいろ使ってみたかったのですが、それ以前にPCをどうにかしないと……


その後、とりあえずノートPCに繋いでみたところ、初めて繋いだ状態でもログイン画面で使うことが出来ました。
やはり出荷時にはペアリングされていないみたいですね。

« 今更COBOLの話 | トップページ | これもサクランボ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/48633320

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず、UMK-RT66EBの使用感など:

« 今更COBOLの話 | トップページ | これもサクランボ? »

にほんブログ村

Amazon.co.jp