2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« リモートデスクトップのキーボード設定 | トップページ | 24G-AOK46の使用感 »

2010.02.17

コンパクトなキーボード

このところパソコン絡みのネタが多いですが、今日もまた(^^;)

サブPC用のキーボードを探していて、ちょっと面白そうなものを見つけたので買ってみました。
AOTECK24G-AOK46BKです。


Dscf2273


本体サイズはW85 x D135 x H10mm、重量は74gで、上部のタッチパッドが大きく感じるほどコンパクトです。


Dscf2287


パッと見はキーボードというよりPNDやスマートフォンのような雰囲気です。

レシーバーも比較的小さいです(20×54×9mm)。


Dscf2279


RFキーを2回押すことでバックライトが点灯しますので、暗い所でも操作可能です。
暗いところで操作することがあるかどうかは判りませんし、その分使用時間は短くなるでしょうけどね。


スクロール機能はありませんが、それ以外は私の要求を満たしています。
46キーなので、ほとんどの記号と数字キーはシフト操作しないと入力できません。
さすがに文章をガンガン打ち込むようなことには向いていませんが、日本語入力も可能ですし、サブPC用のキーボードとしては十分です。
電源は内蔵充電池で、USBで充電して使います。一度のフル充電で75時間使用可能だそうですが、使用頻度が低いので、一度充電したらしばらくは持つのではないかと思っています。
英語キーボードですが、日本語の説明書も付属しています。ただ、日本語がちょっと微妙ですけど。
価格は4,540円でした。使用頻度を考えるとちょっと高いかな?

しかし、これを注文した後でリモートデスクトップのキーボード配列問題は解決したんですよね……
買わなくても良かったのかも(^^;)

« リモートデスクトップのキーボード設定 | トップページ | 24G-AOK46の使用感 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/47588134

この記事へのトラックバック一覧です: コンパクトなキーボード:

« リモートデスクトップのキーボード設定 | トップページ | 24G-AOK46の使用感 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp