2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 中央公園と尾山神社 | トップページ | 神戸の昼食はホルモン & 焼肉 »

2009.11.26

前田慶次郎

先週土曜の昼食は久しぶりのラーメンでした。
このところ新しいお店が次々とオープンしているのですが、なかなか行く機会がありません。
今回は今年の7月にオープンした「前田慶次郎」へようやくの初訪問です。


Dscf1053


注文したのは「トロ肉慶次郎」です。


Dscf1057


チャーシューの下にはもやしが山と積まれています。
そのため、量はかなり多めです。今回は昼食だったので問題ありませんでしたが、飲んだ後の締めにはちょっと多すぎるかもしれません。
チャーシューの上にはたっぷりとニンニクが乗っています。
開店当初はニンニク抜きには出来なかったそうですが、ニンニク抜きを希望する人が多かったためか、今ではニンニク入れるかどうかを聞かれるようになっています。
ニンニク入りが基本のようですので、今回はニンニク入りで頼みましたが、お客さんのほとんどがニンニク抜きで注文されていました。昼ということもあるのでしょうけど。

「トロ肉慶次郎」は1,000円と、かなりいい値段です。
普通の「慶次郎」でも800円ですから、安い方ではありませんね。
このところ金沢と近郊では「二郎系」と言われるお店が続けてオープンしており、ここもそのように言われています。
二郎系なんていうものがあるのかどうかは判りませんが、量の多さとこってりとしたスープに太麺というところからそのように言われているのでしょうか。
二郎は値段も安かったですし、野菜もキャベツが主だったような記憶があります。
スープの濃さや油の量も二郎よりは控えめに感じました。
それでもシャキシャキとしたもやしはとてもおいしかったですし、濃い味のスープにも合っていると思います。
しつこいのが苦手という人には「お松」というメニューもあります。豚骨醤油ということですので、あっさりした中華そばのようなものではないようですが、量もやや少なく、「女性にオススメ」と書かれていました。飲んだ後の締めにはこちらのほうがいいかもしれませんね。

« 中央公園と尾山神社 | トップページ | 神戸の昼食はホルモン & 焼肉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/46860674

この記事へのトラックバック一覧です: 前田慶次郎:

« 中央公園と尾山神社 | トップページ | 神戸の昼食はホルモン & 焼肉 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp