2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 狐山古墳の彼岸花はまだ咲き始め | トップページ | 0227局番からのアヤシイ電話 »

2009.09.20

「桂花」のカップ麺

健康診断も終わったことだし、という訳でもないのですが金曜の昼食は、「桂花」のカップ麺でした。


Dscf9632


とかち麺工房といえば、これまでにも石神秀幸が唸った名店シリーズなどを食べてきました。
サークルKの店頭では新製品と書かれていましたが、ホームページを見ると発売は今年の2月になっています。


Dscf9637


桂花といえば角煮が入った太肉麺(ターローメン)のイメージが強いのですが、さすがにカップ麺では再現できないのでしょう。
レトルト具材に入っているのは、この手のものに良くあるチャーシューでした。
桂花拉麺(ケイカラーメン)の再現という事なんでしょうね。


Dscf9642


桂花は何年か前に池袋(だったと思う)で一度食べたことがあるのですが、何分昔のことゆえ、詳細は覚えていません。
なので実物と比較するのは難しいのですが、クリーミーなスープとマー油の入ったスープはおいしかったです。
麺もとかち麺工房ではおなじみの「氷結乾燥ノンフライ麺」で、コシのあるものです。

カロリーは388kcal、ナトリウム量は3.1g(うちスープ2.7g)となっています。


Dscf9648


どちらも以前に食べた「らーめん愉悦処 鏡花」のカップ麺よりも低い数値です。
あちらは醤油なのでこちらのほうが塩分は低そうですが、カロリーは高いのではないかと思っていたのでちょっと意外でした。

« 狐山古墳の彼岸花はまだ咲き始め | トップページ | 0227局番からのアヤシイ電話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/46258680

この記事へのトラックバック一覧です: 「桂花」のカップ麺:

« 狐山古墳の彼岸花はまだ咲き始め | トップページ | 0227局番からのアヤシイ電話 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp